スポンサーリンク

スポンサーリンク

アリーナ・ザギトワ フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

民度が低すぎるわ!口の悪いジャーナリストや私欲まみれなアワード発起人

皆様、こんばんは!

もう次から次へとフィギュア界ではおかしな事が出てきて、

先日のカート氏発言について、インタビューを行ったジャーナリストの民度の低さが露呈されたり、ザギトワのアワード受賞しない問題がニュースになったり。オフシーズンのフィギュア界は一体どうなってるのよ?

記事の後半では「羽生結弦展2019-20」のグッズの新情報もあるわよ~。

スポンサーリンク

カート氏のインタビューをしたジャーナリストの民度の低さに唖然だわ!

先日、カート氏の北京五輪についてのネイサンVS羽生結弦論は、全く理解できなかったのだけど、

それはあくまで個人的意見だから、仕方のないことと思っていたのよ。

そしたら、何よ!

このフェイスブックオンラインインタビューをカート氏に行った、ジャーナリストのジェイソン氏のツイートを見て、

あまりの民度の低さに唖然としてしまったのよ!

ネイサンの意志とは全く関係のないGIF動画を使って、

「あっかんべー!あたしは今ではネイサンを応援しているのよ!」ですって。

このオンナ、読むのも鬱陶しくなるぐらい長々と御託並べているのよ。

要点は、カート氏の発言に対して、怒った羽生ファンが、YouTubeのコメント欄に批判的なコメントや低評価ボタン押すから、あたしの動画が評価されずに多くの人に見られないじゃないの!高評価押しなさいよ!

そして羽生ファンのことを「もろい(Flagile)」だの「有毒(TOXIC)」だの言いたい放題。

そして挙句の果てには、このネイサンのあっかんベー!であたしはネイサンを応援しているんだから!と啖呵切る始末よ、、、

なんだかカート氏が気の毒になってくるぐらいだわ、、、

そしてネイサンに対してもすごく失礼。本当に彼を応援しているの?って思っちゃうもの。

こんな民度の低いオンナのインタビューをまともに聞いて、この場で、皆様と議論しようとしたあたしが間違っていたわ。

この件はこれで終了ね。

「ザギトワのマネジメントが手助けしない」というアリ氏の言葉が引っ掛かるわ

フィギュアの五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手(18)のファンは、国際スケート連盟(ISU)開催のISUスケートアワードでザギトワ選手に一つも賞を与えられなかったとして、大々的な不満に表明している。

同アワードの受賞者の発表内容に驚いた世界各国のザギトワ選手のファンは、インスタグラムに#WeVotedForAlinaZagitova(私たちはザギトワに投票した)や#BoycottAwardCorruptISU(不正まみれのISUアワードをボイコット)という2つのハッシュタグをつけて投稿。

ファンの1人はISUの公式インスタグラムで「あなた、ボーナスにいくら受け取ってるの?」とISUの特権的な体制に疑問を呈し、単刀直入な問いを投げかかけている。

ISUスケートアワードの表彰式は2020年7月11日に行われる。ザギトワ選手は「最も価値あるフィギュアスケーター賞」、「最も表現に富んだプログラム賞」、「ベストコスチューム賞」の3つにノミネートされていた。同アワードを主催したアリ・ザカリャン氏は、ザギトワ選手には何の賞も授与されていないことを確認している。

※sputnikより一部引用

https://jp.sputniknews.com/figure-skating/202006267566082/

sputnikまで記事として出してきているわね。

不正まみれのアリ・アワードをボイコットって、ホントその通りだわ。

でもなぜ、アリ氏はザギトワには何の賞も授与されないと言い切れるのかしら!?

本人はアワード選定には関わってないと言っておきながらよ。

そもそも、今最終候補3名が発表される前段階ですけど。

最終候補を発表して→アリ選考委員会が選んだ審査団が最終審査をするって流れでしょ!?

だからこんな段階踏む必要性なんて、全くないのよ。なぜなら最初から受賞者は決まっていたからね。

【最終審査団メンバー】

安藤美姫(日本)、エリック・ラドフォード(カナダ)、陳露(中国)、スルヤ・ボナリー(フランス)、タチアナ・ナフカ(ロシア)、トッド・エルドリッジ(アメリカ)

あたしずっと引っ掛かっていたんだけどね、

ナフカ氏が突如アワード最終審査員から外れたことと、

「アリーナは彼女のマネージメントが手助けをしないから、アワードでどの賞も受賞しない」

というアリ氏の言葉に、何か線がつながったような感じがしたのよ。

【タチアナ・ナフカ主催のアイスショー「眠れる森の美女」】

2019年末に始まった、ナフカ主催のアイスショーの主演はもちろん、ザギトワ。

「金」のことしか考えていないアリ氏が、日本でも人気があり、五輪金メダリストのザギトワを放っておくわけがないわよね。

けれどもザギトワ側のマネジメントがアリ氏のショー介入を断ったから、今回のような「マネジメントが手助けしない」という発言に至ったのでは?

当然ショーの主催をしていたナフカ氏がISUアワード審査員から弾かれたというのも、ザギトワが受賞しないというアリ氏の発言も

すべて合致するのよね。

真実はいずれ明らかになるでしょうけど、

アリ・アワードがいかに私利私欲にまみれた茶番レースだってことが、なんか手にとるようにわかるわよね。

アリ氏はアワード受賞者=北京五輪の金メダリストにしたいことが、大きな目的のような気がするのよ。

アワードでこのスケーターは、これだけフィギュア界で人気があり、価値のある(アリ氏の脳内では値打ちね)スケーターなんだ。

そして五輪で金メダルという「箔」をつけて、自身がプロデュースに携わるショーを広げていきたいという野望。

オスカーだかなんだか知らないけど、頭の中だけで勝手にやっていて頂戴よ、ホントスケーターを巻き込まないでほしいわ!

ISUにとって、今本当に根底から変わらなければいけない重要な時期に差し掛かってるというのに、

こんな八百長狸がフィギュア界に関わったらロクなことないわ。

スポンサーリンク

【羽生結弦関連書籍のご案内よ】

NEW! 6月30日発売

・KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち 2019‐2020シーズン総括&2020‐2021シーズン展望号

表紙:羽生結弦選手

別冊付録:羽生結弦樹脂製POPスタンド“Stand by me, Stand by you"1種(全2種よりランダムで1種)
綴込付録1:どこでもはれるステッカー式! 羽生結弦Hallelujah(ハレルヤ)グラビア
綴込付録2:羽生結弦高純度Wポスター

羽生結弦選手と家でも外でもいつでも一緒に過ごせる!
樹脂製POPスタンド「Stand by me, Stand by you」&
ステッカー“Hallelujah(ハレルヤ)"グラビア&高純度ポスター豪華付録つき!

フィギュアスケートファンのみなさまに、
羽生結弦選手& KISS & CRY編集部からスペシャル付録をお届けします!
付録としては初となる樹脂製POPスタンドは羽生結弦選手チョイスの「バラード第1番」「SEIMEI」の2種。
どちらの羽生選手がお手元に届くのかお楽しみに!
さらに、手帳、携帯電話などお手持ちのグッズを思う存分“羽生選手化"カスタマイズできるステッカーも!
スタンド、ステッカーともに“いつでも一緒に過ごせる"うれしい逸品です。

巻頭特集は、「オータムクラシック2019」から「四大陸選手権2020」まで、
2019-2020シーズンの羽生結弦選手の全試合をパーフェクトプレーバック!
「KISS & CRY」ならではの美麗写真と詳細レポートでおおくりします。

また、2019‐2020シーズンの羽生結弦選手の一大TOPIC、
「スーパースラム」達成記念特集も。過去の貴重写真で羽生選手のスーパースラムへの道を振り返ります。

ルール改正をふまえた新シーズンへの展望や、羽生選手の笑顔写真特集など、
コラムも読みごたえ&見応え満点! また、各団体から羽生選手への応援メッセージも。

このシーズンをあますところなく振り返る、フィギュアスケートファン必携の1冊です!

●表紙/羽生結弦選手
●巻頭総力特集/羽生結弦選手「2019‐2020シーズン全試合パーフェクトプレーバック(仮)」
●羽生結弦選手「スーパースラムへの道(仮)」(コラム/松原孝臣)
●山本草太選手インタビュー「決意と覚悟、山本草太が歩む道(仮)」
●鍵山優真選手&佐藤駿選手対談実現! 「躍進の2019-2020シーズン、そしてシニアデビューへ! (仮)」
●TVオンエアスケジュール~地上波・BS・CS各局関連番組
…and more!!!

↓ご注文はこちらからよ↓

「羽生結弦展2019-20」のグッズが続々と追加!「仙台巡り」もグッズに同封!

女性を主なターゲットとし、観光客の誘致および市内回遊促進を図ることを目的として作成した、観光ガイドブックです。冊子の前半では、本市の観光アンバサダーである羽生結弦選手にご登場いただき、仙台への想いや伊達文化について語っていただいているほか、後半は「女子旅」をテーマとして、様々な観光スポットや飲食店などをご紹介しています。

これは嬉しいわ!!!

仙台市の心遣いを感じるわね!

そしてオンライン羽生結弦展の新たなグッズも紹介されたわよ!

・写真5枚のポストカードセット 全2種類

・演技中のワンシーンマグネット 全4種類

皆様、マグネットってどのようにご活用されてるかしら?

昔はさ、スポーツスタジオのエアロビクス(昭和風に)のスケジュール表を冷蔵庫に貼り付けてたわ笑

今じゃスマホで管理できるものね。

でもあえて、冷蔵庫に貼り付けたいわ~笑

アクリルスティックキーホルダー 全6種類

こちらは先日発表されたものよね。

あたしはいつもなくしそうなキー関係をまとめたいわ。

これからもどんどん新たなグッズを順次紹介していくそうよ!楽しみが増えるわね。

こちら、べすぼーるマガジン社のフォトギャラリー 「氷を降りた」羽生結弦、厳選オフショット10!

ぜひ意外な羽生結弦の表情を堪能したいわね。

それでは皆様、良い週末を迎えてくださいね、ジメジメ暑いわ~。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。

共感して頂けることがあれば、ぜひぜひ

下のブログランキングバナー2つをクリックして頂けると励みになります。

【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つ押していってくださいまし!

【ブログランキング第6位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第5位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-アリーナ・ザギトワ, フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. nao 2020年6月26日 10:31 PM

    オネエさん、こんばんは。
    純粋に、ひたむきに競技に取り組んでいる選手達とは対照的に、なんと腹黒く汚れた大人達が多いのでしょう。アリ氏は相変わらず怪しさ全開で、失言でザギトワ選手を深く傷つけたのでしょうね。彼女が気の毒です。やはり、このアワードには何の価値も感じられませんね。明らかに北京五輪でネイサン選手を優勝させスターにすることで、北米のフィギュア人気を取り戻すためのシナリオが用意されていると感じます。北米にフィギュア人気が戻る事には何の異論もありませんが、なぜ、羽生選手や、彼のファンまでもがそのシナリオに誹謗中傷されるような形で巻き込まれなければならないのでしょう。カート氏の羽生選手についての発言も、2度の五輪王者への敬意もなく、言う必要がないことをよくもあそこまでと唖然としてしまいました。これまでの褒め言葉は表面上のことで、心の底では嫉妬のようなものがあったのでしょうか。人の心は、本当に分からないものですね。
    でも、五輪の王者になれるのは、心技体が揃う事の他に、運も大事ですよね。そして、真の王者でなければ真に称賛されることもないと思います。
    本物のスターは、本人が意識せずとも人々に強い印象を与えるものです。それは自然と多くのファンを生み、そして、本人の努力、ファンの応援が相乗効果となって世の中を明るい方へ向かわせていくのではないのでしょうか。
    フィギュア界でその存在になっているのは、羽生選手以外にいないでしょう。
    選手同士が、お互いに尊敬しあいながら純粋に競い合えるフィギュア界であって欲しいです。
    それには、やはり、ブレずに、不正のない、正しい評価が出来るジャッジが求められます。
    そして何より、クリーンなフィギュア界であるよう、心から願っています。
    アリ氏の描く北京五輪へのシナリオは、おそらく、上手くいくことはないでしょう。天はいつも、正しいものに味方をすると信じています。

    • オネエ 2020年6月27日 3:45 PM

      >nao様

      naoさん、こんにちは。
      アワードの価値って一体なんなんでしょうね?
      「価値」とは見るものの心に残る演技であって、フィギュアそのものであると思います。
      わたしも北京五輪のアリ氏のシナリオは決して思い通りにならないと確信していますよ!

  2. こけもも 2020年6月27日 4:11 AM

    オネエさま☆こんにちは!

    羽生さんグッズ追加情報ありがとうございます♡
    ポストカードは勿体無くて使えな~い(/≧◇≦\)
    マグネットは絶対冷蔵庫ですよね~(笑)。
    キーホルダーの柄、全種見たいなぁ。

    この写真展の売り子になる妄想をちょっぴりしてみました。
    お客さん:「あのー、オトナルのキーホルダーは…、」
    こけもも「はいっ、こちらですね(サッ)!」
    みたいな。プログラム名で伝わる関係(フィギュア観ない売り子さんだとわからないですもの~)♪

    もし実際に開催されてたら、前回より更にお客さんが増えてただろうなぁ~(*´▽`)v

    • オネエ 2020年6月27日 3:46 PM

      >こけもも様

      まだまだ続々とグッズ情報がきそうですね!
      その都度ご紹介していきますね~。
      わたしも喜んで売り子して見たい笑
      演技名だけで伝わる商品て素敵!

  3. TonTon 2020年6月27日 11:03 AM

    ジャーナリストってこんなゴミみたいなヤツでもなれる、という見本ですね。
    資格も何もないですからね、自称した段階でもうその肩書きをもつのです。
    世界で最もいい加減な職業じゃないですか笑。
    プロフィールにトロントスターとかVICEとかあって、あぁやっぱり・・wって感じでした。

    日本の新聞記者だって大学の文学部あたりを適当な出席で適当な成績で卒業した輩が取材対象について一般書を2,3冊読んだ程度であとは先輩から指示されながら書くような与太記事がほとんど。
    こんなもんですわね、じゃーなりすと、とかいっちゃっても。

    このバカ女も自分の取材がブログレベル以下だってことを自身のTwitterで明かしちゃました。ネイサンも迷惑でしょうね、こんなのに応援されたって。

    アリのアワード、ザギのエージェントが〜っていうところで、金まみれ、利権まみれ、ってのが明白ですわね笑
    ばっかばかしい。
    昭和のレコード大賞の方がまだずっと説得力あったわよ。
    百恵とピンクレディー、どっちが獲るのか!?
    アタクシ的には百恵のプレイバックPart2でしょう、ともあったけど曲のスケール感的に大賞にふさわしいのはUFOかしらぁ!?っって固唾を呑んで見守ったものよ〜。
    今振り返ると、研ナオコの「かもめはかもめ」、大橋純子の「たそがれマイ・ラブ」、ジュリーの「LOVE (抱きしめたい)」、ヒデキの「ブルースカイブルー」等々、
    どれもこれも珠玉の名曲、昭和歌謡史に残る年だったわね。
    って話がそれたわw
    まったく不要なアリアワードと比較するのも失礼すぎたわね笑。

    サッカーのMVPみたいのを想定しているのかもしれないけど、チーム競技で個人がトロフィーを獲らないからやる、みたいのと違って最初から個人 or ペア競技。
    それぞれ各試合でちゃんとポイントも順位もつくんだからこんなアワードいらないですね。
    衣装も振り付けもファンやら通やらがそれぞれのお気にをTwitterとかでワチャワチャやりあうのが楽しいんだし。権威づけとかいらない世界ですわ。

    • オネエ 2020年6月27日 3:52 PM

      >TonTon様

      キャー、さすがアワードから一転、昭和のレコード大賞に持って行かれるところが
      TonTonさんのふり幅の広さだわ~!笑
      あたしは百恵一択だったわ!UFOには未来的な可能性も感じたけど、
      エリマキトカゲを見られないのを知った時に、UFOも実在しないと見限ったから、百恵よ!笑
      ジャッキー氏がアワードに疑問を呈しているので、夜にまたお話しますね。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.