スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

更新日:

リメンバー長野五輪!ミッシェルクワンVSタラリピンスキー

今宵は皆様を、
1998年の長野オリンピック
いざなうわよ。
いくわよ~~~




マダムバタフライみどり!!!

あたしは宙吊りで、
トリプルアクセルしながら、
聖火に点灯するもんだと
てっきり思っていたのよ!!!

天女!?
白塗りのお化け!
あんた顔白く塗り過ぎよ!

あまりに神々しくて、
あたしTVの前で正座しながら、
見たの覚えてるわ笑

スケールでかすぎるわよ、
みどり!

このまま宇宙まで飛んでおしまい!笑

女子フィギュアでは
アメリカがやはり黄金時代を
引き継いでいて、

ミッシェル・クワン。

ミスパーフェクトの異名で、
彼女が優勝候補大本命だったのよね。

気品があり、優雅で
豊かな表現力。

大人びた風格さえも漂わせてよ。
この、確かまだ17歳よ!?

指のつま先まで神経が
行き届いたかのような繊細さよ。

音楽がなくても、
彼女の動きから
音が奏でられるような、

そんな表現力に長けた、
スケーターだったのよね。

ジャンプですら、演じている表現の
一部かのよう。
そのぐらい自然体なのよ。

いつもは冷静沈着なのに、
フリーでは、

拳を握りしめて、自分を鼓舞するように
出てきたときには、

金メダルに並々ならぬ気迫を感じたわよ、あたし。

これぞ元祖スパイラルよ!
クワンが横断するわよ~~~

優雅~!

思わず見とれる時間来ました!って感じよ。

金メダルを取るための必須条件が
トリプルルッツ2回、
入れることだったわよね。

最終グループ第一滑走で、
このプレゼンテーションでオール5.9!

ホントに感性豊かな表現力よ。

敢えて言うなら、

彼女の芸術性が桁外れで、
ジャンプが埋もれて見えてしまうことかしらね。

演技全部がひとつのストーリーになのよね、彼女。

 

そして、もうひとりの優勝候補、、、

タラ・リピンスキー。

出た、出たわよ!!!

顔芸じゃなく、技術はピカイチ、

弱冠15歳で彗星のごとく現れた天才少女。
ツラはとてもじゃないけど、10代に見えないわ!

これぞアメリカンドリーム!
っていうサクセスストーリーのヒロインよね。

彼女の持ち味はなんといっても、
3回転ー3回転の、

連続ジャンプの多彩性!

3Lo-3Lo

連続ジャンプをワンレグ
(片足ワンレッグで)でやるのよ。
これは見応えあるわ~

そしてジャンプを決めた後の、
ジャッジへのこれみよがしのドヤ顔!

あたし決めたわよ!
あたしの顔みなさいよ!

あたしに6.0つけなくて、
誰につけんのよ~~~

ってツラ笑。

んまあ!
大きなお口あんぐりあけて!

下品なオンナだわ、タラ江!

いつまでお口あけてんのよ、
閉じなさい!

オリンピックのフリーでは
もうひとつトドメで、
3-3の連続ジャンプも最後決めて、

渾身のガッツポーズ。
ジャンプテクニックなどを前面に出した、
アグレッシブなプログラムだったわよ。

またお口あんぐり!
マントヒヒみたいだわ。

タラ江!よくお聞き!!

 

あんた、ドヤ顔していいの明子だけよ!

皆様のジャッジはどちら!?

感情豊かで表現力のクワン!?

顔芸、技術のタラ江!?

皆様のジャッジを聞かせて頂戴!
みどり笑

タラ江の金メダルが、

年齢制限のルールを作る

きっかけとなったのは間違いないわね。



 

第3回オネエ杯受付中よ、
気軽に参加して頂戴!
間もなく締め切りよ!!!

スポンサーリンク

アナタの清楚な人差し指のポチでアタシの順位を押し上げて頂戴!

↓↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑

ここをクリックでオネエパワーがアップ!!

スポンサーリンク

-フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.