スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネイサン・チェン フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

なぜネイサンと比較するのよ?羽生結弦と国内大会の得点差は無意味!

皆様、おはようございます。

東スポが「フィギュア全米優勝ネーサン・チェンの演技に見えた羽生結弦との差」という見出しで、

全米フィギュアと全日本の二人のスコアを単純比較し、その「差」はどうしたら?という内容の全く無意味な記事を書いているのよ。

米メディアの報道も合わせて、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

なぜネイサンと比較する?羽生結弦と国内大会の得点差は無意味でしょ

フィギュア「全米優勝」ネーサン・チェンの演技に見えた羽生結弦との差

17日(日本時間18日)にフリーが行われたフィギュアスケートの「全米選手権」男子は、2018、19年に世界選手権を連覇したネーサン・チェン(21)が優勝し、71年ぶりの5連覇を達成して幕を閉じた。

まずはショートプログラム(SP)で圧巻の演技を披露。フリーは冒頭の4回転ルッツこそ着氷でステップアウトして手を突くミスがあったが、その後は4回転フリップ―3回転トーループのコンビネーションを無難に成功させると、3回転ルッツ、4回転サルコー、4回転トーループからの3回転フリップ、4回転―3回転トーループのコンビネーション、最後はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も鮮やかに決めた。ステップ、スピンも全てレベル4を獲得。合計322・28点で、2位のビンセント・ジョウ(20)に30点以上の大差をつける圧勝だった。

こうなると、3月末に開催予定の「世界選手権」(スウェーデン・ストックホルム)で羽生結弦(26=ANA)との決戦の行方に注目が集まる。五輪2連覇中の王者・羽生は一足先に昨年12月の「全日本選手権」で優勝。その時の得点が合計で319・86点で、今回のチェンのスコアに2・42点及ばない。この差をどう見るか。

周知のとおり全日本選手権も全米選手権もローカル大会のため、得点は国際スケート連盟公認にはならない。そして、ローカル大会の得点はやや甘めに出る傾向があるため、今回の両者のスコアがどこまで世界選手権に反映されるかは微妙だ。

まずは羽生。全日本のSPは103・53点にとどまり、技術点は56・21点と低かった。この原因はスピンの一つがまさかの0点。これはシットポジション(足を替えて座るスピン)の不成立という理由だった。これは羽生自身も修正可能という見解を示しているため、同じミスを繰り返すとは考えにくい。

フリーは全てのジャンプを成功させ、大幅な加点を獲得。215・83点をたたき出したが、これでもまだステップはレベル3止まりだった。これが今季初戦、しかもコーチ不在だったことを考えれば、かなりの伸びしろが期待できる内容だった。

一方、今回のチェンはSPが抜群の出来だった。ジャンプのノーミスに加え、ステップは全てレベル4。フリーの冒頭のジャンプさえミスしていなければ330点台に届いていた。

ただ、SP、フリーともにスピンがやや甘めの採点。特にSPについてはレベル3と思われたものが、最終的にはレベル4に引き上げられていた。さらにフリー前半のジャンプもあまり高さが出ていなかった。世界基準の採点では厳しく見られる恐れがある。

羽生にない多彩なジャンプで得点を重ねるチェンに対し、フィギュアスケートの本質でもある「演技」の部分でチェンを凌駕(りょうが)する羽生。新型コロナウイルスの猛威が収まらない中、まずは世界選手権が無事に開催されることを願うばかりだが――両者のハイレベルな戦いはステップやスピンといった細かな部分が勝敗を分けそうだ。

※東スポWebより一部引用

「見えた羽生結弦との差」。タイトルからして印象操作してるけど、

そもそも国内大会なんだから、スコアなんてまるっきり比較にならないし、あんな爆盛り米ジャッジと一緒にされても迷惑な話よ。

冒頭でヴィンスに30点以上の大差をつける圧勝だったと書いているんだから、

どうか同大会、自国の選手達同士の比較だけしていたらどう!?

ネイサンのスコア2.42点及ばない差をどう見るかよりも、ジャッジの点数のズレをどう見るかでしょう。

またスピンだけが甘いとあるけれど、ジャンプやステップに対しても今回甘々だったと思うわよ。

国内大会の得点が甘めに出るのは、わかりきっていたこと。

問題なのは、羽生結弦に厳しい日本ジャッジと、米甘々ジャッジを無意味に比較することだわ。

どこまで世界フィギュアに反映されるかって書いてるけど、そんなことあったら、フィギュア競技自体崩壊してるわ!

このライターは何もわかっていないのよ。

羽生にない多彩なジャンプって、お互いに4種類だけど、、、

ステップやスピンが勝敗を分けるですって!?

いかに忖度なしの公正なジャッジが、まともな採点するかどうかが、まずは大前提でしょうが!

ジャッジには到底期待できないし、方向性の違う二人を同じ土俵に比べるってどうなの!?

お互いが認めているように、それぞれの良さがあるんだし、

もし「差」があるとすれば、それは見ている人それぞれが思うこと。

何度でも見たくなり、感動といつまでも心に残る演技かどうかだとあたしは思うわ。

スポンサーリンク

米メディアは全米フィギュアについて、どのように伝えているのか?

6.0満点の旧採点システムでは、権威を振舞うようなまるで戴冠式のようなものでした。最も輝かしい成績を持っていたスケーターは、当時ほとんど何でも逃げることができたジャッジから優遇されることがよくありました。

フィギュアスケートには常に不正行為が存在しますが、スポーツの悪名高いジャッジシステムの基盤は現在、ポイントシステムに基づいているため、スケーターは勝つチャンスを得るために本当に良い「質」を届ける必要があります。

※参照:USAtoday

あまりに日本の一部メディアが酷いので、実際に米メディアは今回の全米フィギュアについてどう伝えているのか?

USAtoday記事の中から一部をご紹介するわね。

・・・・・

旧採点は確かに実績を重視され、そこが点数に反映されることは多々あったわよ。

なんだか自分達の国のことを自虐で言ってるわけではないわよね!?笑

でも今のスコア制になってからの方が、

GOEだの演技構成点だのガイドラインに反した不透明な部分が多くて、より不正しやすい状況になってるんじゃないの?

それでは、皆様どうか本日も良い一日を。

最後までお読み頂きありがとうございます。

【ブログランキングバナー2つを押して頂けると励みになります】


フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-ネイサン・チェン, フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. しろみ 2021年1月19日 9:51 AM

    うたしん解散はショックでしたけど
    お互いに良きパートナーと巡り会えることを祈ります。

    ナショナルの点は昔からまともに比較するのはナンセンスと
    いわれてますが、マスコミはあいかわらずですね~
    6点満点時代と比べて、加点とGOEの調整で上げ下げ
    でいかようにもできる(以下略)
    ファンの皆様は分かってらっしゃる方が
    多いでしょうし、選手も最後は自分との戦いなので、
    ワールドか五輪で決着をみるしかないのでは?
    と思います。
    しかしワールド本当にするんでしょうか???

    • オネエ 2021年1月25日 6:53 PM

      >しろみ様

      しろみさん、こんばんは。
      全米について、ちょっとまた夜の記事に書いて見ましたので、
      感想頂けたら嬉しいです。
      世界フィギュアは無観客で開催する可能性もありますけど、
      スウェーデンに渡航できるのかが問題ですよね。28日にはISUから発表があるそうです。

  2. konami 2021年1月19日 10:19 AM

    オネエ様 こんにちは!
    記事の内容ありがとうございます。
    あ、また変なタイトル記事ある、東スポね、と思ってスルーしてました(^.^)
    私は相変わらず試合は見てなくて、皆様の詳細なブログ等で知る次第です(^_^;)
    だって想像つくし。
    皆さんのネイサン選手の衣装コメント笑ってしまいました。
    しかし、男子の衣装は昔に比べると地味~になりましたな(^_^;)
    高難度化のせいでしょうが寂しい…そのうち、全身タイツか?でもタイツは違反かな。
    舞台衣装の様なゴッツイやつ見たいわ~
    そんな中でも羽生選手の衣装は楽しませてくれますね。
    あんなにハードなプログラムなのに。
    話はそれますが、ザギトワ選手の衣装好きでした。赤いチュチュとか、黒地に何だろ?クレオパトラみたいな素敵なのありましたよね?

    ネイサン選手のバクセル見ました。
    …こ、これは…アウトだ…
    ほんとにバクセルでした。
    これが認められるなら完全にジャンプの跳び方が変わりますね。
    ジャンプの質以前に跳び方・チートテイクオフとは何ぞや となります。
    これ、スケーターなら尚更 皆分かると思いますが、皆さん何も言わないんでしょうか。
    不思議、謎。。。

    • フラット 2021年1月22日 12:43 PM

      ”komami"さん、バクセルなんて言ってるのは一部の熱心なファンだけですよ?
      みっともない行為は止めましょう。
      検証画像を何度も確認しましたがあれがプレロテで後ろ向きに見えるのが
      不思議でなりません。思い込みは良く無いですよ。

    • オネエ 2021年1月25日 6:56 PM

      >konami様

      konamiさん、こんばんは。
      私もザギトワの衣装好きでしたよ!彼女は曲に合わせたテーマで、
      衣装にもこだわっているのがよくわかります。
      衣装も演技の一部と言いますから、見ている側としても大切にしたいところですよね。

  3. ちょび助 2021年1月19日 11:02 AM

    オネエ様、こんにちわ。
    全米も終わり、またしばらくスケーター達の演技が見られない時間が続き、寂しいですね。コロナ渦においてもメディアの煽りは通常運転。でもなんだか今回、点数がまさにただの数字にしか感じなかったというか。今回ネイサンの両プロを見た後、あらためて全日本の演技を見てみた、見たくなったという人がとても多く見受けられ、結果感じたことは「ああ、やっぱり羽生結弦は別格だ」ということ。そう呟いている人が本当に多いこと多いこと。やっぱり、羽生結弦が羽生結弦の演技をした時、誰もかなわない、そう感じました。また、五輪まで約1年と迫ってきたせいか、あらためてジャンプの質などについて言及する声も多くなってきてますね。中国ではまさにネイサンとゆづを比較して、真に高品質の高難度ジャンプとはどういうものかというのをTV番組でやっていたそうです。同じ比較して煽るのも日本とは真逆ですね。自国は下げ煽り、海外は上げ煽り。滑稽です。

    • オネエ 2021年1月25日 6:57 PM

      >ちょび助様

      ちょび助さん、こんばんは。
      後は3日後に決定する世界フィギュアがあるかどうか、その後の国別対抗も、
      世界フィギュア次第でしょうね。
      五輪まであと1年。フィギュア競技がただのジャンプ大会になってしまってきていることが非常に残念です。
      また夜の記事に想いを書いてみました。

  4. ゆきっちょ 2021年1月19日 11:48 AM

    国内で一番の反日はメディアっていう言葉があるくらいですからね。

    それにしても全米の放送ではNBCがいちいち羽生の名前を出していたそうで、
    あぁそれだけそうしないとネイサンは注目してもらえないんだろうなぁと
    米スケ連とネイサンが気の毒に見えてきました。

    見た目と点数が余りにかけ離れた印象操作も何度もやっちゃうと
    見ている側が怒りや呆れを通り越して、もはや「失笑」レベルの域まで
    到達している事に当事者達は気が付いてないんでしょうね。
    ネイサンと羽生の2人しか見えてないからそうなる。

    そうしている内にOut of眼中だった人が台頭する可能性は大いにありえます
    羽生くんには勝てなくてもネイサンなら勝てると踏んでる選手が何人か。

    あとアメリカのやってる事は、アメリカアンチを増やすだけで
    他の一生懸命に努力している選手まで応援してもらえない危険な行為ですよ。

    • オネエ 2021年1月25日 7:00 PM

      >ゆきっちょ様

      ゆきっちょさんの仰られる通り、
      ネイサンにスポットを当てている間に台頭してくる選手が出てくる可能性ありますよね!
      そうなるともっと競技的には楽しいのでしょうけど、
      いまアメリカのしている採点は、ただフィギュアをフェアな競技でなく、意図的な操作で
      どうにでもできるものになり下がってきていますものね。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.