スポンサーリンク

スポンサーリンク

アンナシェルバコワ フィギュアスケート

3人目の金メダル候補 どう化けるかしら、アンナシェルバコワ

更新日:

技術のトルソワ、
完成度の高さが美しい、コストルナヤ。

そして、わたしがもうひとり、
ジュニアのロシアで
注目をしているのが、

アンナ・シェルバコワ。

通称、バコ美!




初めて彼女の演技を見たとき、

なんて可憐な子なのかしら!!

って絶句したのよ、あたし!

可憐て言葉を使ったの、

昭和の可憐アイドル、伊藤つかさ以来だわ笑

「昭和」に吸い込まれそうになるから、
話を戻すわよ笑

アンナって名前も、
すごく可憐さを引き立たせるわよね。

あたしも、アンナって呼びたいし、
呼ばれたいわよ!笑

「アンナ、今日のお紅茶はクイーンメリーにして頂戴!」

・・・・・

手足が細くてね、
ジャンプなんか跳べるのかしら!?って
あたしオネエ心に心配に思っていたのよ。

4回転ルッツ×3トーループ、

4回転ルッツ単独

あたし顎が外れそうになったのよ。

この細くて可憐な少女が4回転、
しかもルッツですって!?

ルッツはあたしジャンプの中でも
一番好きなのよ。

もっと評価されてもいいと思う
高難度ジャンプよ。

ルッツを制するものは
女子フィギュアを制す!

今でもあたしはそう思っているのよ。
一昔前のオリンピックは、
ルッツ2回が金メダル必須だったじゃない!

ジャンプにも驚きだったんだけど、
何よりも品の良さが、
彼女から溢れ出ているのよね。

このポジションよくご覧になって。
あたしはものすごいオーラを感じたのよ。

彼女の背中から
オーラを感じたのよ!

品の良さは一日やそこらじゃ決して、
身に付かないとあたしは思っているのよね。

女子フィギュアにおいて、彼女の品格は
ひとつの武器となるはずよ。

上品で可憐でジャンプも跳ぶ、
そして表現力も
まだ粗削りな部分があるけれども、

もしかしたら
化けるんじゃないかしらって。

ジャンプの技術、魅せる芸術性、
そして元々生まれ持った品格。

可憐な少女がどのように変わっていくか、
あたしは楽しみで仕方ないのよ。

ロシアジュニア女子、

トルソワ、コストルナヤ、シェルバコワ。

彼女たちがどう成長し、
誰が光り輝き、
あたしたちを魅了していくのか、

これはもう
本物の戦いなのですよ!
by スルツカヤ(月影千草バージョン)

 

最後にビールマンで通るわよ!
ちょっとどきなさいよ、マスコミ!!!笑

ロシアの次世代のスケーターに
未来を感じたアナタ!

ぜひ下のランキングバナーをポチって頂戴。
        ↓

スポンサーリンク

アナタの清楚な人差し指のポチでアタシの順位を押し上げて頂戴!

↓↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑

ここをクリックでオネエパワーがアップ!!

スポンサーリンク

-アンナシェルバコワ, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.