スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 紀平梨花 羽生結弦

投稿日:

原因がわからないだなんて!世界フィギュアで果たして選手を守れるのか?

皆様、おはようございます。

ハンガリーのフェンシング国際大会に出場した日本人選手3名が、現地から出国の際の検査で陽性と判明。

外部との接触を遮断するバブルシステムを採用していたにもかかわらず、感染経路は不明という、、、

スポンサーリンク

原因がわからないだなんて!世界フィギュアで果たして選手を守れるのか?

スポンサーリンク

ハンガリーでフェンシング大会出場 日本3選手 コロナ検査 陽性

ハンガリーで行われたフェンシングの国際大会に出場した日本代表選手3人が、出国時に現地で受けた新型コロナウイルスの検査で、陽性と判定されました。3人は今後、隔離のための施設に移され、検査で陰性と確認されれば帰国するということです。

ハンガリーのブダペストで14日まで行われたフェンシングの「サーブル」という種目の国際大会には東京オリンピックの出場をかけて、日本から選手17人とスタッフ7人が参加しました。

日本フェンシング協会によりますと、3月8日の入国の際に受けた新型コロナウイルスの検査では全員が陰性でしたが、出国時の検査で日本代表の選手3人が陽性と判定されたということです。

感染経路は不明で、2人は頭痛や軽い発熱の症状があるものの1人は無症状で、3人は隔離施設に移され経過観察をしたあと、検査で陰性と確認されれば帰国するということです。

大会は新型コロナウイルスの影響でおよそ1年ぶりに行われた国際大会で、選手や大会関係者と外部との接触を遮断する「バブル」と呼ばれる方法で行われ選手は期間中、宿泊施設と試合会場だけを行き来していたということです。

フェンシングは今月下旬にも「エペ」と「フルーレ」の2つの種目で東京オリンピックの出場権をかけた国際大会がロシアとカタールでそれぞれ行われる予定で、日本から選手団が派遣されることになっています。

NHKニュースより一部引用

ショッキングなニュースが入ってきたわよね。

ハンガリーのフェンシング国際大会に出場した日本人選手3名が、現地から出国の際の検査で陽性と判明。

「選手&大会関係者」と「外部」の接触を遮断するバブルシステムを採用したにも関わらず、感染経路は不明。

ここでもう一度、先日ISUが発表した世界フィギュアのガイドラインを振り返ってみましょう。

・レベル1・・・オンライン登録システム(ORS)を利用してWC2021に正式に登録された全てのイベント参加者を「レベル1」

ISU イベント・オフィシャル、ISUオフィス・ホルダー、ISU スタッフ、ISU メディア・チーム、リザルト・サービス・プロバイダー、チーム・リーダー、アシスタント。選手、コーチ、振付師、チーム・メディカル、メンバー・プレス・オフィサー、チーム・オフィシャル。
メンバー・プレジデンツ

※チームの到着は3月20日、もしくは3月21日まで(翌日から公式練習の為、隔離なし)

・レベル2・・・チームに所属していない(ORSに入力されている)が、「レベル1」の参加者と密接または定期的に接触しているすべての人

※レベル1&2はホテルとリンク内の行き来のみ。バブル外の人達との接触は一切不可。

競技運営、IMG職員、主要ボランティア、会場の主要担当者、アンチ・ドーピング・コントロール・チーム

・レベル3・・・チームには所属していないが(ORSに記入)、イベントで役割を持っている人。これにより、時折レベル1+2と接触する

リンク管理者、OCメディア、バス運転手、警備員など

・レベル4・・・イベント開始前のケータリング、配送、建設チーム、メディアの代表者など。

定期的な健康診断を含む特定の対策とプロトコルを確立。

PCR検査は到着前と到着後。レベル1&2は追加で到着後4日以内に再検査。

毎日の問診と会場入りする前に毎回体温チェックあり。

帯同は選手1人(1組)につき、コーチ1人まで。付き添いは不可。

フェンシングでもほぼ同様のレベルごとの振り分けをしているはず。

選手達はレベル1でホテルと会場内の行き来のみ。

感染経路が不明だとしても、選手達と接触できるのはレベル2まで。

だとしたらレベル2までの内部で感染したということになるでしょうね。

PCR検査でも、バブル内での陽性者を見つけることができなかったとしたら、「隔離」期間が不十分だった可能性が高いわよね。

世界フィギュアへと向かった日本メディアの関係者は、すでにストックホルムで現地入りしていて、7日間の隔離をしているという。

でも、レベル1の選手達はどうかというと、「隔離」なしで、大会公式練習が始まる直前の21日までに会場入り。

いくら追加で到着後4日以内に再検査したとしても、

フェンシングと同じようにPCR検査で正しい判定が出ない可能性があるわよね。

そしてバブル内でも、コロナ対策に対する意識が違う国が混在しているということ。

同じレベル1で一括りにすること自体、問題があるんじゃないかしら?

公式練習などや6分練習で同じリンクに立つのだから、バブル内でも安全とは言い難い。

純粋に選手達の演技を応援したいのに、今は演技よりも何よりも、選手達の健康を願い、その気持ちが強くなればなるほど、ISUのバブルシステムに対する不安が募るという悪循環。

見ている側も競技に集中して楽しめないし、選手達も演技でなく、コロナに対する不安を抱えながら迎える世界フィギュアって、

「今」本当に開催する必要性があるのかしら?

スポンサーリンク

☆合わせてお読み頂きたい☆

ISUが発表した、世界フィギュアバブルシステム運営のガイドライン

選手にコーチ1人なのに?世界フィギュアバブルシステムの疑問点とは?

スウェーデン1週間あたりの感染者数は減少傾向にあるものの、、、

※出典:WHO

スウェーデンはここ1週間の感染数は、前週と比べて、▲13.94%と減少はしているものの、

いまだ10万人あたりの1日の感染者数は、世界ワースト1位であることには変わりないわよね。

2年後の欧州フィギュアが、フィンランドの首都ヘルシンキで開催されることが発表されたわよ。

この時には、何の制限もなく競技会が開催できる世の中になっていると良いわね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

清楚な人差し指で、1日1回応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-フィギュアスケート, 紀平梨花, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.