スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

ジャッジは気付いてない?羽生結弦の凄さはとっくに知ってて不正よ!

日本のメディアが世界フィギュア男子ショートで、羽生結弦の首位発進を伝える中で、

唯一東スポだけが、元審判員小川氏の「審判は羽生の本当のすごさを分かっていない」という疑問を呈する記事を取り上げてくださった。

ぜひ皆様と共有させて頂くべく、ご紹介していくわね。そして先程「ひるおび」で解説の本田武史氏も、ジャッジの採点に疑問の声を上げていたけれど?!

スポンサーリンク

ジャッジは気付いてない?羽生結弦の凄さはとっくに知ってて不正よ!

スポンサーリンク


元審判員・小川勝氏が断言 審判の理解を超越する羽生結弦の本当のすごさ

まだまだ“過小評価”されている! フィギュアスケートの世界選手権(スウェーデン・ストックホルム)の男子ショートプログラム(SP)で五輪2連覇の羽生結弦(26=ANA)が106・98点をマークして堂々の首位発進。4年ぶり3度目の世界王者へ大きく前進した。そんな中、全日本選手権4連覇(1983~86年)の記録を持つ元審判員の小川勝氏(56)は「審判は羽生の本当のすごさを分かっていない」と本紙に断言。絶対王者の驚くべき潜在能力とは――。

銀盤の中央に立った絶対王者は腕を組み、ほほ笑みを浮かべた。無観客の会場に軽快なロックナンバー「レット・ミー・エンターテイン・ユー」が流れると、まるでファンの視線を全身で感じるかのように四肢を動かした。

冒頭の4回転サルコー、続く4回転―3回転の連続トーループを着氷させると、後半のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は出来栄え点3・43点を加算。ステップでレベルを取りこぼしたものの、100点超えを果たした後輩の鍵山優真(17=星槎国際高横浜)を上回る得点で貫禄を見せつけた。

試合を終えた羽生は「全日本(選手権)の時(昨年12月)よりもすごく精神的にも安定して、一つひとつ丁寧にできていると思う」と充実の表情を浮かべ、フリー(27日)へ向けて「曲自体、プログラム自体から感じられる背景、皆さんの中に残っている記憶、思い出が少しでも想起させられるように」と話した。

3度目の頂点取りに大きく前進したが、もはや絶対王者は勝敗を超えた存在として世界の頂点に君臨している。その魅力について、小川氏はこう分析する。

「なぜ彼が長年、王者のポジションを保っていられるのか? それは“省エネジャンプ”という、ものすごい技術を身につけているからです。力任せに跳ぶのではなく、踏み切りからランディング、降りるところまで力ずくのエッジで跳んでいない。力任せに跳ぶ人は瞬間的に良くても、数年で消えてしまう

さらに小川氏は採点する側にも注文をつけて「よくゴルフで力を抜いたほうが球が飛ぶって言われるでしょ。それと一緒で、力を抜いて高い質のジャンプを跳ぶって本当に難しい。机上で学んで見たままの採点をしている審判は、そういう羽生選手のすごさを分かっていない」と話す。

また、羽生に厳しい採点がつけられる傾向について「彼の最高の演技をみんな知っている。その強い記憶があるから、どうしても比較してしまう。そこが採点の難しいところ」とも指摘した。

3連覇がかかる来年の北京五輪は27歳で臨むことになる。とかく年齢的なことを言われるが、小川氏は「省エネジャンプを身につけているから、彼は力が衰えても跳べる。26歳の今も歯切れのいいジャンプだし、引退しても節制すれば40歳で4回転を跳べるでしょう。50歳までプロスケーターをやれるかもしれません」と驚きの未来を予測した。“力を抜く”という見えない技術は選手寿命にも大きな影響を与えているのだ。

今大会を制し、夢の続きは来年の北京へ。絶対王者が挑戦し続ける限り、見る側の楽しみも尽きることがない。

東スポより一部出典・引用

よくぞ言ってくださいました再び小川氏! そしてよくぞ取り上げてくださいました再び東スポ!!

「机上で学んで見たままの採点をしている審判は、そういう羽生選手のすごさを分かっていない」

いやいや、選手の才能、資質、努力、そしてその成果を正しく評価すべきあるジャッジが、わかっていないだなんて、はっきり言って遅すぎよ!

遅すぎるわよ!!!

昨日今日出てきた新人のスケーターではないのよ?一体いつになったらISUは気付くの?

いや訂正させて頂くわ。

実はもう気付いているでしょう、とっくに。よっぽ~~~(もっと伸ばして!)鈍感で演技中に寝ているジャッジでもない限り!

正しい採点ができないだけなのでは?

正しくしようとする時が来るときには、もう彼は恐らく競技にいないと思う。

だから、余計なフィルターなんて通さずに、彼の演技だけを、誰がどういう採点をしようが、彼の伝えたいこと、そして表現することを

自分の感性だけで受け取るしかないと言い聞かせて見ているのよ。

これだけ多くの日本のメディアが羽生結弦のショート首位を取り上げながらも、ジャッジ採点に疑問を呈したのは、東スポだけ。

これこそが、今のメディアが真実を伝えようとしない姿がはっきりとわかるのよ。

そして更に言うと、どのメディアとして、ネイサンの採点には一切の疑問を投げかけない、、、

海外メディアはどのように捉えているのか?また詳しくソースを調べて、お伝えしていくわね。

小川氏の最後の言葉。40歳で4回転を跳べ、50歳までプロスケーターをやれるかもしれない。

なんだかすごくワクワクしてきたわ!笑

NEW!【羽生結弦写真集が新発売に】

☆羽生結弦写真集 The Real 山と溪谷社

↓ご予約はこちら↓

羽生結弦写真集 The Real

価格:2,860円
(2021/3/26 05:41時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

本田武史氏「ネイサン転倒も演技構成点が思ったより出てた。羽生選手もっと加点あっていい」

さきほどなにげなく「ひるおび」を見ていたら、

本田武史氏が「ネイサンは転倒もあったけれど、演技構成点が思ったより出てた。羽生選手は質も良く、もっと加点があっていい」

と言っていたわよ~。

あたし競技中の実況や解説なしのライストで静かに見ているから、実際どんなことを話しているのかわからないんだけど、

地上波で解説ありきでご覧になった方々にお聞きしたわ。

これ昨日の羽生結弦やネイサンの演技の時にも言っていたのかしら!?

実況、解説ってどこに忖度してるのかわからないけれど、ありきたりのことしか言わないでしょ?

だから、これを地上波で演技の時にもし言ってたら、本田氏よくぞ言ったわ!ってなるんだけど。

最後までお読み頂きありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. miyu 2021年3月26日 4:21 PM

    新しい曲、久しぶりの世界大会で、あれだけの演技です。
    物凄く難しい事を、さりげなく簡単そうにやってしまう人って、なかなか正当に評価されにくいものなんですよね。真央ちゃんの時もそうでしたけれども。

  2. ドラゴンバアさん 2021年3月26日 4:41 PM

    皆様のおっしゃる通り! 羽生君のあの素晴らしい演技とネイサンの転倒有り演技で、演技構成点
    1点差?! ジェイソンがネイサンより低い?!
    ジャッジがネイサン盛りしても、記憶に残る演技がどちらかは観る目が有れば明らかです。

  3. おばちゃん 2021年3月26日 5:01 PM

    オネエさま 小川氏の又良記事ですね(^.^)
    誰がどう見ても、羽生くんのテクニカルのレベルの高さ、技術が圧倒的に優れ年々進化していると、趣味のフィギュア好きでも思いますよ。だからこそ音楽や世界観を十二分に表現出来ると。
    昨夜の4Sはちょい詰まっ斜めったかとは言え、羽生比です。
    助走とは言えないバックカウンター3Aの高さ、美しさに迫力、着氷は音とリンクさせて‥‥加点5以外考えられません。
    アクセルは得手不得手がありますが、普通は長い助走に確認動作付きが殆どですし。
    フィギュア史上最高のアクセルジャンパーだと思います。
    全日本で軸が細くとご自身も本田さんも言ってましたが、全てのジャンプが急に跳ぶから今や浮いてるみたいです!
    ご自身がステップは踏むタイプじゃないしと全日本の「天と地と」で仰ってましたが、プログラムの見せ場の踏み踏みじゃなく、滑って表現出来る技術力の高さも素晴らしいですよね。
    プログラムに想いを込める感性の表現や音楽性は技術が高くてこそ、そこ書いてくれる語ってくれるメディアが少ないのがズーッとモヤりますが。
    プルシェンコだって、スケートはユヅルの方が上手いって言ってたじゃんね(^。^)v

    何だかわかんないジャッジでイライラから、前向きなコメしてしまいました。
    ヴィンスの全滅演技で荒れる‥‥と最初から疲労してたんですが、PCS40とか付けてんだもん押してしるべしですよ(イラ)

  4. リン 2021年3月26日 6:06 PM

     おねえさま、本当にもう、不正採点は、あからさまですよね。 ス○ニチの“ハイスコア”には、ひきましたね。情けなくて。 不正採点隠しでしょうか? 今まで 羽生結弦を利用しただけだったのかな?と悲しく・・・。   でも、今回で、逃げ道はなくなったはず!羽生結弦のシリアスエラーばっちりとって ネイサンは加点?意味不明! 鬼畜くずジャッジング宣言!本田さん勇気を出してくれましたね。全日本時の小塚さんもナイスでした。  今 首の皮一枚で繋がっているだけね 魑魅魍魎は、風前の灯火。 明日のフリーが、生き残る最後のチャンスなのに!お分かりかしら?    小川さん 荒立てずに 兜をぬぎやすいように逃げ道をつくってあげている? でも、無理があり過ぎますね。 騙されるファンは、さすがに・・・? おねえさま、今回のジャッジはどんな方たちなのかしら? 個人攻撃というより、責任は、負わなきゃね。人の人生に関わる仕事ですよ。
     コロナ禍のなか、二度の地震に見舞われ、リンクの一時閉鎖や、交通機関トラブルを健気に乗り越えてはるばるやって来たレジェンドになにしてくれるんかい!
     着いてみたら バブルも、試合も 無法地帯さながら? 
     どうか、明日のフリーの舞で、ルール無用の○党たちに 正義の一太刀を! 謙信公お願い!
     

  5. ひめ 2021年3月26日 7:04 PM

    オネエ様
    連日の更新ありがとうございますm(_ _)m
    宇野選手ファンの私から見ても、昨日の羽生選手とネイサン選手の採点はおかしいと思いました。
    羽生選手、さすがです!!!
    他選手の追随を許さない素晴らしい演技でしたね(*^^
    なのに点数が低すぎる!
    ネイサン選手は転倒の他にもあれ?と思うところがありましたよね。
    途中ヨロヨロしていたように見えました。
    私は92~93点くらいだと思ったので、順位で言えば、宇野選手の1個上か下くらいの出来だったと思いました。

  6. nao 2021年3月26日 8:55 PM

    オネエさん、こちらにもおじゃまします。
    小川氏の採点への指摘ですが、昨日の演技も最高に素晴らしかったと思います。過去の最高の演技と比較と言っても比べられないです。どれも素晴らしくて。でも、厳しい点を付けられれば付けられるほど、もっと良い演技をしようと頑張るのでしょうね。そして、どんどん心身共に強くなっていくのでしょう。40歳になっても50歳になってもスケートで魅了してくれる彼を見てみたいですね。

  7. rago 2021年3月26日 11:36 PM

    試合って選手のためのものですよね…。
    ネイサンもシェルバコワも甘く採点してもらわなくったって凄い選手なのに、ジャッジのイミフな採点で演技以外のところで騒がれて、傷つかないわけないと思う…。
    前の投稿で、シェルバコワは自分のジャンプをどう思ってるのだろうかと書いてしまいましたが、ジャッジが認めているのだから、いいか、…となってしまいますよね。
    本当に何も選手のためにならない!! 誰のためにこんなことやっているんでしょうね…。

  8. 通りすがり 2021年3月27日 3:24 AM

    羽生選手は確かにもっと点数出てもよかったと思います。
    やっぱりネイサンの点数は高過ぎ!まあ想定内だけれども…

    前に滑った鍵山君やキーガンに比べると一歩一歩の伸びがなくスピードもないし、リンクの使い方も小さいし繋ぎも薄いし、なぜこれで高い演技構成点出るのか謎です…

    じゃあ普段は安定感のあるといわれるジャンプは?といえば、高さもそれ程ないし、流れもそんなにないのに高いGOE…
    彼、以前は今よりもっと大きいジャンプ跳んでいたと思うんです…

    ただ勘違いしないでもらいたいのは、問題はジャッジであってネイサンが責められるべきではないという事です!

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.