スポンサーリンク

スポンサーリンク

カレン・マグヌッセン ジャネット・リン フィギュアスケート

投稿日:

フィギュアスケートをTVで広めた美しすぎるふたりの天使!原点を知る

氷上にたくさんのおみ足が。
これって何だと思うかしら!?

あんた氷上でゲートボールよ!

そんなわけないでしょ笑

ちょっと異様とも見えるこの光景。
実はれっきとした
フィギュアスケートの競技、

規定演技=コンパルソリー

なのよ。

課題の図形を描きながら、

滑走の姿勢と
滑り跡の図形の正確さを競うのよ。

あら、ジャネット・リン!

笑顔もなければ、曲もなし、
衣装も地味の
見ていて退屈な競技と思われていたのよね。

でもね、
これこそが、

フィギュアスケートの原点だと思うのよね。

特に滑走の姿勢は
今でもとても大事だし、

エッジワークを正確に使えるように
なるというのも、
今に繋がっているはずなのよ。

インスタ映えならぬ、TV映えしない中で、
次第にコンパルソリーの比率も下がり、
1990年に廃止されてしまったのよ。

ツッコミどころ満載の
みどりの前髪の逆立ち具合と、

満知子のどデカ眼鏡だわ笑

このコンパルソリーがなければ、
カルガリーオリンピックでメダル確実と
言われていたのが、

伊藤みどりだったのよね~

そして1972年の札幌オリンピック。
この大会でもコンパルソリーがなければ、
優勝していたのは、

ベアトリックス・シューバでもなく、
(彼女フリーはなんと7位だったのに、
コンパルソリーで1位だった為にそのまま優勝したのよ。)

札幌の恋人、ジャネット・リンでもなく、

カナダのカレン・マグヌッセン

だったのよね。

この時の解説の方が
外国被れで喋りが優雅なのよ笑

この時はコンポウォスリィ(コンパルソリー)が6で、フォリースケイティン(フリースケーティング)が4だったんですね。

彼女の持ち味は

見ていて気持ちいいぐらいの

リンクを駆ける、
圧倒的なスピード感。

 

当時難易度の高いジャンプと言われていた、

ダブルアクセルを
軽やかに跳んでしまう

ダイナミックさ。

 

そしてこの跳躍力!

これは1970年の
ワールドの演技なんだけど、
その演技最後まで衰えぬスピード感に

彼女の持ち味であるアグレッシブさ
強く感じたのよね。

キスクラもまだなかった頃だから、
こうしてリンクで得点を待つのも
今では新鮮よね!

ピース!とか
お茶目なカレン。

この愛らしさで、

日本で絶大な人気を誇った、
ジャネットリンと共に、

テレビで皆が
フィギュアスケートを見るという

今では当たり前のことなんだけど、
その大きな流れを作っていったのよね。

余談だけど、
札幌オリンピックの聖火ランナー。

氷上を滑りながらの
当時高校生の辻村いずみさんよ~。

優雅な登場よね!

ぜひ下のバナーをポチして
頂戴ね。

スポンサーリンク

アナタの清楚な人差し指のポチでアタシの順位を押し上げて頂戴!

↓↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑

ここをクリックでオネエパワーがアップ!!

スポンサーリンク

-カレン・マグヌッセン, ジャネット・リン, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.