ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

羽生結弦は五輪2連覇の毒舌爺も唸らせる!アナザーストーリーズpt.1

皆様、
BSで放送された

アナザーストーリーズ

みたかしら!?

あたしは録画でさっき見たばかり。

ま、眩しいわよ!

菜々子ちょっと目立ち過ぎじゃない!?
なによ、このオープニング!

女優にナビゲーターなんて
やらせちゃだめよ~笑

あたしがメインよ~って
言わんばかりのツラしてたもの笑

さて、アナザーストーリーズ。

羽生結弦のオリンピック2連覇
という偉業を達成した彼を

歴代メダリスト3人のキーパーソンが
語るといった内容で見どころ盛りだくさん。

今回紹介するのは、

フィギュアスケートは採点競技である以前に観客を魅了するもの

羽生結弦からさかのぼること66年前、
オリンピック2連覇を達成した偉人、

ディック・バトン

御年89歳。
一見穏やかと思いきや、

このクソ爺、

言いたい放題の毒舌爺!笑

ここまで来るともう清々しいくらいだわ!

「プルシェンコ!?
スピン無駄に回りすぎだろ。

突き出た頭がいつか大砲の弾みたいに
氷の上に転がってくるんじゃないかって、
ヒヤヒヤしたよ。」

皇帝プル様になんてことを!笑

「クーリック、まず衣装が最悪だよ。
黄色に黒の斑点てキリンじゃないんだから。」

演技以前に衣装批判笑

確かにこの衣装は、本田武史氏
以来の衝撃が走ったわよ!笑

バトン爺、大好き笑

でもね、バトン爺はただの毒舌ではない、
フィギュアの本質を
きちんと見抜いているもの。

彼曰く、結果なんておまけ。

演技がちゃんと「劇場」になっているかどうか。
独創的でお客を呼べるかどうか。

まさに観客ファースト!が重要なのよ。

重要~~~! by IKKO

バトン爺が金メダルを取った1948年、
サンモリッツオリンピック、なんと
屋外だったのよね~。

いま振り返ると斬新だわ、逆にね!

バトン爺の演技を見ると、
まず姿勢が素晴らしいのよ。
スピンの軸も全くぶれなくて、

「基礎」を大事にしているなというのが
伝わってくるわよね。

基礎をしっかりと築いた上で、
新しいことにチャレンジして、

観客を喜ばせよう、あつと驚かせようと
いうスピリットはまさに、

フィギュアの革命児と呼ぶにふさわしいわね。

3回転ジャンプを初めて
成功させたのも彼だもの。

このジャンプがフィギュア界を
後に大きく変えることになったのよ。
すごいことじゃない。

バトン爺と羽生結弦の共通点は

常に観客を喜ばせたい、
新しいものを
魅せたいという観客ファーストの気持ち

だと思うのよね。

「採点スポーツである以前に
観客を魅了するもの!
観客をがっかりさせちゃいけないんだ」

まさしくそのとおりよ!
時代は変わったとか、言ってることが古臭いと
いう輩は、

屋外リンクでトリプルジャンプでも決めてから、
出直してきなさいよ!

風邪ひくわよ!笑

「4回転、4回転、どいつもこいつも
点数目当てに雑巾絞るみたいなジャンプばかり。
あんな見苦しいものはみたくない。」

バトン爺、飛ばし過ぎ!笑

「例えば見たい選手は
ジャネットリン、伊藤みどり、浅田真央。」

ジャネットリン記事はこちらよ!

伊藤みどり記事はこちらよ!

浅田真央記事はこちらよ!

あたしと着眼点同じじゃない、バトン爺!笑

「その中でも羽生結弦は別格。
いま見逃すともう二度と見られないような演技だよ。」

バトンは感動をひと一倍重視してきた
スケーター。

点数を超越した感動を与えられるかどうか
ユヅルにはできる!本物のスケーターだ!

この大舞台で、見せうるで最高の「劇場」を見せてくれた。

これぞ金を超えてダイヤモンド級の演技だね。

バトン爺、ベタ褒めじゃない!

フィギュアの本質をわかっているバトン爺の
言葉には説得力があるわね。

第2の視点につづく、、、1/31夜公開予定よ笑
あたしなりにしっかり噛み砕いて、
皆様にお届けさせて頂戴!笑

-フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.