清楚な人差し指で応援して頂戴ね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エリザベータ・トゥクタミシュワ フィギュアスケート

投稿日:

ロシア代表選考の衝撃!トゥクタミシェワに捧げる愛の讃歌

衝撃のロシア女子代表どんでん返しから
一夜が明けたわね。

皆様、よく眠れたかしら?

あたしはただひたすら、
昔のリーザの
演技を見漁っていたのよ。

いつもエロスと親しみを込めて
呼んでしまうけれど笑

彼女の演技を初めて見たのは、
いまから9年前のこと、、、




幼さの中にも妖艶さが漂った「アストゥリアス」

2010年、まだジュニアだった彼女の
演技を初めて見た時、

衝撃が走ったのよ。

技術もさることながら、
幼さの中にも

なんて妖艶な瞳を
しているの!?

ちょうどこの頃、ロシア女子は
低迷期で国をあげて、

かつてのフィギュア帝国を再度築こう
という強い意志の元、選手の強化が
始まったのね。

その時に台頭してきたのが、

ソトニコワとトゥクタミシェワ

だったのよ。

あたしの中では、

ソトニコワは正統派で

「陽」

のイメージ、

エロスはミステリアスで

「陰」

なイメージだったのよね。

正確な技術とエッジの使い分け
が完璧でね。

さすがミーシンコーチ
の秘蔵っ子と

言われるだけあったのよ。

フリー冒頭でルッツ2連続入れてくるのよ。
すごいわよね。

当時、女子のトップ選手でも
苦戦していたジャンプよ。

正確なエッジと高さ、幅、流れ。

すべてにおいて
彼女のルッツは
一番美しいもの!

スペインの「アストゥリアス」は
とにかく攻撃的で攻める曲よね。

戦闘曲みたいなのよ笑

前半怒涛のジャンプが続き、
曲がスローになった瞬間の

なんともいえない
この妖艶な腰つき、

手先の絡ませ具合!

この時からエロスの素質、
満載だったのよね笑

このオンナはいつかカタリナ・ヴィットを
超えるような「カルメン」を

演じることができるかもしれないって、
ワクワクしたのを

昨日の事のように覚えてるわ。

ステップではツイズルも織り交ぜて、
技術の高さを見せつけるのよね。

ツイズル好きだわ~

手首のところに付いている
赤いフリルのようなデザインがいいわよね。

ミーシン氏も相当な力の入れようで
早くから彼女の持つ「才能」に
気付いていたんだわね。

あれからもう9年経つのね。
あまりにも多くの出来事があって、

記事ひとつじゃ語り尽くせないわ。

でもね、9年経った今でも
こうしてリンクでトップ選手として

君臨していることがただ凄いことだと思う。
ロシアの選手としては異例よね。

スルツカヤ以来だと思うのよ。

トリプルアクセルという大きな武器も
手にして、年齢を重ねて妖艶さに

大人の女性の色香を加えた彼女は、

あたしの中で
「陰」から「エロス」

にスイッチして、全開放されたのよ!

今季、体調不良というアクシデントが
なければ、、、

彼女はロシア選手権でも好成績を収め、
欧州選手権でも表彰台に
立っていたに違いないわ。

これだけあたしが断言できるのは、
今季の彼女は特に安定していたし、

9年経った今でも不動の「ルッツ」を
持っているからなのよ。

「ルッツ」を制するものは
五輪を制す。

今はジャンプも多様化しているから、
一概には言えないけど、

でもあたしの中では
今でもこれが勝利の方式なのよね。

あたしはファイター、
また必ず戻ってくるわ。

埼玉での世界選手権で
彼女が見られないのは

残念だけど、非常に残念だけど、

北京を見据えた時に、
今のエロスの安定感は確実に
強みを増してくると思うのよね。

前だけを見て進む貴女に
愛の讃歌を送るわね。

誰がなんと言おうと、
貴女は今季あたしの中で

最高のエロス、

最高の女帝よリーザ!!!



 

さあ、第5回オネエ杯スタート!

皆様世界女子フィギュアの
表彰台&初の試みキスクラ選手権を
同時開催よ~。

ぜひ参加して一緒にワイワイしましょ!

↓↓↓投票はこちら↓↓↓

-エリザベータ・トゥクタミシュワ, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.