ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ザギトワ フィギュアスケート

投稿日:

ザギトワ世界女王に!今季最後のカルメンとエテリガールズ達

ザギ子、世界女王おめでとう!

あたし会場でショートの6分練習から
安定して落ち着い滑りを

見せていたから、
彼女は大丈夫だって安心していたわ。

「オペラ座の怪人」見て、
感極まって号泣してしまったのよ。

今季、歯がゆい思いをたくさん
噛みしめてきたものね。

壮大な曲をしっかり丁寧に、

そしてドラマティックに
滑っていたと思うわ。

今日のこの日まで乗り越えてきたんだって!

いままで感じたわちゃわちゃ感は
会場からは感じられなかったのよ。

世界フィギュアにしっかり
照準を合わせてきたのは、

ロシア国内でのレベル激化が、
彼女を一回りも二回りも

強くしたはずよ!




ザギトワの演じるカルメンから感じたものとは?

あたしね、ザギ子に
「カルメン」はまだ早すぎるって

ずっと今季、苦言を呈してきたのね。

「カルメン」て人を選ぶ曲だと
思うのよね。

そして往年のフィギュアファン
の方なら誰しも、

カタリナヴィットのそれと
比較してしまうと思うのよ。

あたしそれじゃだめだ、
ザギ子が創り上げる「カルメン」像を

見なきゃっていう気持ちで
余計なもの削ぎ落として、
見てきたんだけどね。

彼女、様々な要素を
たくさん入れてきていて、

淡々とこなしていく詰め込み感が、

どうも引っかかっていて、
これは今のルールのせいでもあるんだけど、

彼女の演じる「カルメン」、
最後まであたしはしっくりこなかった。

カルメンは魔性のオンナでしょ。
余裕の表情を所々見せてこそ
カルメンなのよね。

でもね、

彼女、女王のプライドなんてもの
かなぐり捨てて

昨日のカルメンの後半、3Lz-3Loを

何が何でも絶対降りるって
がむしゃら感と意地が見えたのよね。

今季初めて見たのよ。

「意地」こそが

彼女の伝えたい「カルメン」だったんじゃないかって。

エテリからも「カルメン」は早いと言われ、
ご承知の通り、後から後から彼女の

五輪金メダルという輝かしい称号さえも
かき消してしまうぐらいのエテリガールズが
出てきていて、

でもあたしはまだここにいる!あたしが女王よ!

という意地のようなものを昨日のフリーから
あたしは感じたわ。

来季、トルソワ、シェルバコワ、
コストルナヤが来ても、

まだまだザギトワここにあり!

っていう底力を見た、そんな大会だったわ。

エテ公に抱きついて、

こちらまで泣いてしまったわよ。

まだ16歳なのよね、
背負うものが多すぎるわよ。

最後に笑顔を見せてくれたわね。
でもあんた、最後の優勝インタビューの

同時通訳の宮村真知子さん、

早口すぎて、聞き取りづらかったわよ!
黙んなさいよって思ってたわよ、あたし笑

隣に座っていたロシアの通訳のメンズで
良かったんじゃない?

あと解説、インタビューの最中に
荒川さんどうでした!?

なんて振るんじゃないわよ。
人の話をお聞きなさい!

世界女王、ホントにおめでとう

-ザギトワ, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.