ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

マスコミの本田姉妹アイドル扱いはもううんざりだわ!

本田紗来 令和のスターへ!
「新しいジャンプを確実に」新SP“美女と野獣”披露

こんな見出しにまたか!
と思ってしまうのよね。

本田真凛にしてもそうだけど、

日本のマスコミの報道のレベルの低さ。

呆れてしまうわね。




マスコミが掲げるスターって一体何よ!?

本田紗来はまだノービスよね。
彼女の演技を見たけれど、

3Lz‐3Tなども既にマスターしていて、
これからが楽しみな「選手」よね。

でもね、あたしにはマスコミが、

フィギュアスケートの才能を開花させて、

リンクで輝きを放つ「スター性」を
履き違えていないか?

って思わずにはいられないのよね。

若くして注目されるのは恵まれていることだと
思うのよね。

本田真凛もそうだったように。

でも若くして注目のされ方を間違えてしまうと、

純粋にスケートに集中できる環境の中で
滑ることが一体できるのかしら?

マスコミは才能ある選手たちをどうか、
そっとしてほしいと思うのよ。

決して「アイドル」としての
「スター性」をクローズアップ
するのではなく、

そのスケーターの技術、表現であったり、
フィギュアスケートとしての「スター性」に

スポットを当ててほしいなと願わずにはいられないのよね。

令和のスター。

口にするのは簡単だけれど、
人々の心に残るスターって一体何かしらね!?

本田沙来は北京五輪に出場資格がないのよね。
競える五輪シーズンは18歳で迎えるということよね。

その時までどんな成長をしていくのか
見ていくのは楽しみよね。

ロシアと日本のバックボーンの違いがハングリー精神の差

ロシアのスケーター達は小さい頃から

「国のため」、祖国の威信をかけて
滑っているのよね。

たとえばロシアの先生はとても厳しい。フィギュアスケートに限らず、ピアノ、バレエにしても、ロシアの教師は要求水準が高く、容赦しない。課題をこなせなければ、怒られかたも日本では考えられないくらい恐い。おおよそロシアには「精神的苦痛を受けた」などという考えは存在しないのではないかと思われるほどだ。

やる気のない生徒をなだめすかすなどということもしない。代わりはいくらでもいるし、そうでなくても競争相手が追い抜こうと狙っているのだ。生徒は自分が何をしているか、何をしたいか、何になりたいかわかっている。自分でできることは先生に会う前に習得しておくのがお約束だ。

ロシア教育で以前気になった記事を見かけたのよね。

日本のアイドル扱いして、
周りがなんでもお膳立てしてくれるような

なまぬるい環境とは根本から違うということよ。

日本のスケーターが良くない!
と言ってるわけではないわよ。

でもさいたまでの世界フィギュアでも
肌で感じた、

メダルへの執念。

日本女子とロシアの差は、
ここにあったような気がするのよ。

技術云々じゃないのよ。

何がなんでもメダル取ってやる!
っていうハングリー精神が、

日本とロシアでは違うなと

「懸けている」ものが違うなと
感じてしまったのがあたしの率直な気持ちなのよ。

新しい技を習得したい。

素晴らしいことよ。

難しい技を競技で成功させたい!
それで、その先は!?

ロシアは新しい技を習得して、
「国」の為に、全身全霊をかけて

結果を求めに来ているのよ。

4回転を成功させてしまうのは本当に
ひと昔前では考えられないほど凄いことよ。

でも、どんどんまわりは日々新しい技を習得して、
生き残りをかけて「命」を削って毎日を過ごしている。

日本はその点恵まれた環境でもあるわよね。

 

View this post on Instagram

 

Анна Щербаковаさん(@anna__shcherbakova_)がシェアした投稿 -

本田真凛がピカチューどうのこうのって
いうマスコミの報道レベルとは根本的に違うのよね、、、

最後までお読み頂きありがとうございます。
共感して頂けることがあれば、

ぜひブログランキングに清楚な人差し指で
ポチをお願い致します。

いつもありがとうございます!

-フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.