ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 浅田真央

投稿日:

浅田真央には勝たせないぞ!ルールが敷かれた運命の年 vol.7

皆様、お待たせよ!

浅田真央のヒストリーを辿る旅、
いよいよ第7回目を迎えましたわ。

2006年、東京での世界選手権を終えて、
安藤美姫、浅田真央のワンツーフィニッシュ。

日本がまさに世界を引っ張っていく、
そんなあたしたちが憧れて、

夢にみていた時代がついに来たのよ!

と大喜びしたのを昨日のことのように
覚えているわ。

そんな喜びをよそに敷かれた、

2007ー08年シーズンからの
新たなルール改正。

すべてはここから始まったといっても
過言ではないわ、、、

前回の真央記事はこちらよ!

浅田真央の時代が来た!世代交代と新たな2人のライバル達vol.6




武器としていたルッツジャンプに「e」マークが付き始めた

真央の武器は「トリプルアクセル」

という認識が世間一般的に強いけれども、
ジュニアからシニアへ上がり、

すぐにグランプリファイナルでも優勝し、
一気にトップへ上り詰めた原動力は、

難易度の高いルッツ、フリップジャンプを
得意としていたからだとあたしは思うのよね。

2007年の世界フィギュアではショート・フリー合わせて、
実にルッツ3本をプログラムに組み込んでいたのよね。

そこにルール改正により、

ルッツの踏切エラーで「e」マークが付き減点となったのよ。

減点「‐1」という
わずかな点数だったけれども、

彼女はプログラムから外すことはせず、またジャンプの矯正を
せずに従来のジャンプスタイルでそのままシーズンを進んでいったのよね。

浅田真央の凄いところはジャンプひとつの減点を受けようが
受けまいが、それでも勝ててしまう強さにあったのよ。

加えて、ジャンプの判定が

・ルッツの減点が審判の裁量だったこと
・回転不足の判定がスロー再生を使わず甘かったこと

こともあり、真央がこれも得意としていた
連続ジャンプのセカンドに3回転ループを付けることができたのよ。

このシーズンのフリーでは実に、

3F-3Tと3F-3Lo

ふたつの高難度コンビネーションを取り入れて、
成功させていたのよね。

GPFフリーで見せた真央の才能と真骨頂

2007年グランプリファイナルのショート、

真央は前代未聞の最下位スタートとなってしまうのよね。

得意のコンビネーションのセカンドでつまづき、
続いて単独のルッツはなんとジャンプ自体が跳べず、、、

最初のコンビネーションの失敗の動揺なのか、
もしくは減点される何かイメージが頭にあったのか。

でも真央はフリーで、

奇跡的な鬼プログラムをすべてノーミスで、
滑りきったのよ!

見事な逆襲撃で、あたし鳥肌がおさまらなかったの。

プロトコルを見て頂くと、3Aはもとい、
3-3が2回でひとつは後半に入れてくる鬼プロなのがわかるわよね。

あんなにショートであたしは落胆したのに、
フリーではこんな感動の奇跡のプログラムでしょ!?

感情がもうジェットコースターのように揺さぶられて、
どうしていいのかわからなくなってしまったのよ!

真央から目が離せなかったのだけは間違いないわ!

これが真央の底力なの!?

彼女の諦めない姿勢こそが真骨頂だったのよ!

キスクラでのラファエルコーチの愛情に包まれて、、、

グランプリファイナル。

今何度見ても色褪せない彼女の

「最後まで攻める姿勢、諦めない姿勢」

どれだけの勇気をもらったか。

ほら真央も自分でもびっくりしたような表情でしょ!

印象的だったのは、リンクサイドで迎えるラファエルコーチ!

この抱擁見て、あたし大号泣したのよ~。

ラファエルパパが抱っこして、

ぜ~んぶ、包み込んでくれるのよ!

温かい抱擁じゃないの。

このときラファエルコーチに抱かれたいって

思ってしまったわ、やだごめんなさい笑

ちょっとラファエルコーチの腕のところ、
マイケルジャクソン意識されてる?笑

泣き止まない真央に、

ほら、あんなに高得点だよ!って。
(演技構成点もっと出しなさいよ、クソジャッジ!)

皆様覚えてる!?
ラファパパが肘で真央を小突くのよ。

ほれほれ、高得点だぞって!

やっと真央にも笑顔が戻ってきた瞬間ね。

笑顔が似合うわよ!

そしていよいよあの伝説の語り継がれる
世界選手権へと進むのよね。

つづく!!!

最後までお読み頂き、ありがとうございます!
ぜひブログランキングバナーを

ポチっと押して頂けたら嬉しいわ!

-フィギュアスケート, 浅田真央

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.