スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 浅田真央

投稿日:

理不尽なルール改悪に対して驚くべき浅田真央の突破口とは!?

ファンタジーオンアイス、

羽生結弦のマスカレイドが
まだ脳裏から離れないあたしだけど、

仮面と言えば、そうよ!

浅田真央の仮面舞踏会じゃない!

日曜の朝は、2008年の仮面舞踏会から
始めようじゃないの.

 

浅田真央ヒストリー第11弾よ。




まさかのトリプルアクセル2回を組み込んだ鬼プログラム

浅田真央

彼女が演じたフリープログラムで
あたしが印象に残っているのが、この仮面舞踏会よ。

ルール改正で回転不足と踏切違反の
厳格化に対して、

真央はフリーから、

トリプルルッツと3-3のコンビネーションジャンプ

をプログラムから外させられることを余儀なくされたのよ。

これ致命的よ!

女子としての得点源であり、勝負の分かれ目となる
大技を使いたくても使えないんだから。

じゃあ真央が黙ってるかですって!?
そんなことあるわけないじゃない。

真央はフリーでトリプルアクセル2回!
内ひとつはコンビネーションを付けた、

女子としては異例の鬼プログラムで
ISUに真っ向から挑んでいったのよ!

トリプルアクセルはもっと評価されるべきだと
当時強く思ったわ。

あんなに難しい、女子で試合で跳べる選手は
ごくわずかなのよ。

成功してもあまりに低すぎる加点にどれだけがっかりしたか。

失敗のリスクを冒してまで、
一度のプログラムで2回も挑戦してきた真央の強さ。

そして来シーズンに控えたバンクーバー五輪への
並々ならぬ意気込みと気迫を感じずにはいられなかったのよ。

鬼プログラムなのはジャンプだけじゃない、怒涛のステップ!

相変わらず惚れ惚れするスパイラルよね!

浅田真央の仮面舞踏会は
見ていると休む間が全くといいほどないのよ。

そしてジャンプの要素をすべてやり切った後に
続く、タラソワ女史が振付で課した、

圧巻の30秒を越すストレートラインステップがあるのよ!

もう体力はそうそう残っていないはずよ。
真央は最後の力を振り絞って、

全身全霊であたしたちに魅せる怒涛のステップは
もう言葉を失くしてしまうほどのものだったわ。

このツイヅルがあたし長いステップの中でも
特にお気に入りなのよ!

このステップは足元だけが複雑なわけじゃなくて、
上半身も、もう全身よ!全身を使って、

これでもかっ!

タラソワの何か執念のようなものも感じたわ!

練習の時から、強い口調で真央に対して、
このステップを指導する様子があったから、

彼女もまた並々ならぬ想いと、
ISUへの挑戦状のようなものだったんじゃないかって。

まさかのフィニッシュでハプニングが!

あたしが一番印象に残っているシーンが、
NHK杯での最後のフィニッシュなのよ。

怒涛のステップで、あんた普通なら、

もうどっちが前で後ろなんだかわけわからなくなるわよ。
あたしがもしあんなステップ踏んだら、

目が回りすぎてしまって、
そのまま救急車に運ばれるのがオチだわ笑

このNHK杯、ほぼノーミスで、
スタンディングオベーションで、拍手喝采と思いきや、

最後のポーズで真央がなんと
よろけてしまうのよ。

思わず本人も失笑してしまったのだけど、

なんか最後のミスすら愛らしく見えてしまってね、真央ワールドなのよ。

これだけのトリプルアクセル2回、ジャンプ要素、
スパイラル、スピン、そして30秒越えのステップ。

真央とタラソワにしか創り出せない、
仮面舞踏会だわ!って唸らされたわけよ。

タノジャンプ美しいわ~。
トリプルアクセルのコンビネーションにこれ付けてんのよ!

ジャッジはどこ見てんのよ!
GOE低すぎるわよ!

※皆様、いつもご覧頂きありがとうございます。
ブログ上部にあるGOOGLEカレンダーが、ようやく始動致しました笑

フィギュア関連のスケジュールを随時更新して
参りますのでぜひこちらでチェックしてみてくださいね。

ぜひブログランキングバナーを

↓↓↓

☆人気ブログランキング☆


人気ブログランキング

☆にほんブログ村☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑

ポチっと押してくださいね!
励みになります!

-フィギュアスケート, 浅田真央


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. マシュウ 2019年5月26日 8:50 AM

    おはようございます(^^)
    今日の朝日新聞に、真央さんが10代に向けてメッセージ書いてらっしゃいますね。
    真央さんが現役の頃、わたしは日本選手として応援していたくらいだったのですが、年齢が上がるにつれて、だんだん悲壮感が出てきちゃったな、大丈夫かなと思っていました。バンクーバーの時などは、3A跳ばなければもっと伸び伸びやれて勝てるかも!なんて…ただの一般人としてですが(-_-;)
    でも、おネエさまの真央さんシリーズを読んで初めて知ることがたくさん!
    今日の新聞読んで少し納得したことも。
    時は戻せない。その時戦うしかないんですね。
    カレンダーの機能?知りませんでした!教えてくださってありがとうございます♪

    • オネエ 2019年5月26日 11:51 PM

      >マシュウ様

      マシュウさんこんばんは!
      朝日新聞の記事情報、教えてくださってありがとうございます!
      真央のメッセージに思わずもらい泣きをしてしまい、
      これは記事にと早速上げさせて頂きました。
      マシュウさんの仰る通り、時は戻せない。
      けれどもその時を懸命に進んできた背中は見てきましたので、
      いまでも清々しく応援し続けることができるんじゃないかって思いました!
      カレンダー、これからスケジュールを入れて参りますね。

  2. くりかのこ 2019年5月26日 8:54 AM

    おはようございます、オネエ様。
    この時の試合、テレビで見てました!
    仮面舞踏会、好きなプログラムなんです。不倫の疑いをかけられて嫉妬に駆られた夫に毒殺される美しい若妻!ドロドロの話なんだけど、真央ちゃんが演じると妖しい美しさの中に可憐な感じもありました。真央ちゃんの黒いレースのコスチュームが美しくて…ジャンプ、真央ちゃんはどんなことがあっても果敢に挑戦し続けていましたよね。3アクセルはもちろん、いままでとんでいたジャンプの矯正まで…本当にすごい選手です。
    私もツイズルのところが大好きです。タラソワさんの指導を受けていた頃のプログラムは難しいステップがぎっしりで、一つもミスできない感じでした。
    最後の最後でよろけてしまった時の表情、可愛かったな…

    • オネエ 2019年5月26日 11:57 PM

      >くりかのこ様

      くりかのこさん、こんばんは!
      このシーズンからタラソワがコーチについて、
      ぐっと表現力の幅が広がったような気がします。
      あの30秒を超える怒涛のステップ、圧巻としかいいようがありません。
      あのツイヅルは天までクルクルと舞っていきそう!
      最後のよろおけたのはご愛嬌で!あんな鬼ステップの後でポーズを
      決めれる方が尋常じゃないです!笑

  3. しろみ 2019年5月26日 1:11 PM

    実はファンタジーの翌日にサンクスツアーを初観戦してまいりました。
    2日続けてゆづ、真央ちゃんのショーを鑑賞したので放心状態ですが、オネエ様のこの記事見ていて、なんだか泣けてきました。

    あの仮面舞踏会は無良君が滑ってくれました。もちろん冒頭の怒涛の3A,3A+タノもしっかり飛んでくれました!もちろんスパイラルでなく、イーグルに変えてたりして100%再現ではなかったのですが、ラストの曲調の変節、ここ3T躓いて飛べなかったんだよなあ、としみじみ思い出されまして・・・
    こんな鬼構成なのに、ヨナには勝てなかった(勝てないようにされた)あのバカげたルールはいったいなんだったのでしょうか?クワド、3-3は罰ゲームの時代でしたから、スポーツとしてのフィギュアの暗黒の歴史だと思ってます。(いまのフィギュアのファンはその時代を知らない人も多いと思いますが)

    でも翌シーズンはジャンプを一から立て直して、試合にも出続けた真央ちゃん。思うように結果を残せなくても挑戦し続ける姿は、真のアスリートとの姿とは、というのを私たちに示してくれたのではないかと思います。

    私も今季、一度は試合を見てみたいのですが、国内(N杯、全日本)ともに激戦でしょうね。

    • オネエ 2019年5月27日 12:08 AM

      >しろみ様

      しろみさん!
      なんですって!?ユヅの翌日はサンクスツアーをご観覧だなんて、
      贅沢すぎますわ!
      バンクーバー終えて、休むどころかジャンプを作り直してという
      姿勢に真のアスリートとしての強さを感じますよね。
      無良君が再現してくれたのですね、わたしもいつかサンクスツアーみたいと
      思っていますがいまだに当選したことがありません涙
      またぜひサンクスツアーのお話お聞かせくださいね!

  4. おばちゃん 2019年5月26日 1:20 PM

    オネエさま この数日のユヅ脳に真央ちゃんの記事!頭クラクラですよ〜。

    タラソワさんと真央ちゃんが挑戦してる、戦ってる、そんな道のりでしたね。
    怒涛のステップは何度見ても感動!上下左右回って足さばきに手にスピードに もうわかんない⁉︎あたしゃ書けない笑 仮面舞踏会は最高です!
    ジャンプもスパイラルも高いしポジション綺麗だし、何なのさこの点数は‼️
    何なんでしょうフィギアの点数って…
    可憐で品があって、まっすぐな真央ちゃんだからこそ愛されるスケーターだと思うんですが、仮面舞踏会に鐘からバンクーバー…戦う真央ちゃんに心揺さぶられます。

    • オネエ 2019年5月27日 12:13 AM

      >おばちゃん様

      おばちゃんさん、こんばんは。
      ただでさえ猛暑のような暑い日が続くのに、
      ユヅ&真央の怒涛の記事でわたしも頭がクラクラしておりますわ!
      仮面舞踏会であたし特に見ているのが、真央の首振りなんです。
      確か体全体を大きく使うことで評価される採点システムになっていたので、
      タラソワがここも意識しつつ、鬼プログラムの振りをぶっこんできたわけですから。
      わたし完全にこの時に点数は年齢と同じ、ただの記号だと思うようになりました。

  5. 敏感汗 2019年5月26日 6:55 PM

    仮面舞踏会、あの鬼ステップ、特にツイヅル大・大・大好きです!
    オネエ様のこの記事で「タラソワの何か執念のようなもの」「ISUへの挑戦状のようなものだったんじゃないか」と読んで、何度も見たくなるプログラムには、メッセージ性が込められているのか!と納得した次第です。
    だから今は私、坂本花織に込めた中野園子組長の執念にも惹かれるのかも…

    私、スケーターの映像を見るときに実は「この人はどんな演技をする人なのか」という目的でさらっと見てしまうことも多いのですが、真央ちゃんの仮面舞踏会、鐘、ソチのラフマニノフのタラソワの執念シリーズは定期的に動画を見てしまいます。
    比べては失礼かもしれませんが、「美味しいラーメン屋探し→行きつけの店になる大好きな味」のようなものかもしれません。

    • オネエ 2019年5月27日 12:19 AM

      >敏感汗様

      敏感汗さん、こんばんは!
      あのツイヅル、いいですよね!なんて言うのでしょう、休み間もなく、
      様々なテクニックが凝縮された怒涛の中で、中盤でツイヅルを決めにいく、
      これでもか!的な勢いというか凄みを感じましたもの。
      園子組長の執念!
      どんなんでしょう?どんなんでしょう?
      トリプルアクセル込の来季、期待したいです。
      わたしも行きつけの店というかまた何度でも見たいと思う演技というのは
      それぞれの見る方の感性によって違うもの。だからあーだこーだネット上で
      賛否両論意見が出るわけなんですよね。だから、その人、自分自身の感性を大事に
      して自分がまた見たい演技を求めるのは必然なのかもしれませんね!

      • 敏感汗 2019年5月27日 3:28 AM

        これでもか!なツイヅルの「切ない舞踏会感」、たまらないですね!
        園子組長は「この娘ならできるはず」と難しい課題を与えて、それを花織ちゃんがクリアする!みたいな背景が見えるのが大好きです!
        背景や技の凄さがわかると、さらに味わい深くなって、最初はさらっと見ていたプログラムも更に見たくなる!オネエ様のブログに何度もリピート作品を教えてもらってます!

        • オネエ 2019年5月27日 7:51 PM

          >敏感汗様

          そうですね、園子が与える課題、来季はトリプルアクセルですね、
          どんどんクリアして強くなっていく過程のスポコンドラマがたまらないですわ!
          演技もその曲のルーツを知ったりするだけで、ぐっと深みが
          増して楽しくなりますよね、そして味わい深くなりますね。
          一緒に素敵な作品をこれからも探して参りましょうね!

  6. どら猫 2019年5月27日 7:36 AM

    姐さん
    私もツイヅル大好きです。鬼ステップも
    それなのにあの低いGOE(^◇^;)
    そうそう、最後に少しよろけて可愛く微笑んだのを見て
    息もつかずに見ていた私もホッとしたのを覚えています。

    それと仮面舞踏会といえば
    グランプリファイナルが韓国の高陽市で開催された時
    SP2位からの逆転優勝!
    韓国でそれもトリプルアクセルが2回とも認定され、本当に嬉しかったです。

    あのルール中 3-3をどんなに完璧に跳んでも回転不足
    しろみ様がおっしゃるように
    スポーツとしてのフィギュアスケートの暗黒時代に入って行きましたね。
    本当にファンとしても辛い時代でした。

    • オネエ 2019年5月27日 9:32 PM

      >どら猫様

      韓国で開催されたグランプリファイナルの優勝は見事でしたね。
      その時、たしかフリーの後半フリップで転倒があってコンビニならずに
      それでも優勝したのですから、トリプルアクセルをしっかり決めれたのが大きかった
      と思います。でもGOEが低すぎでした、すべてにおいて!
      3-3の回転不足の厳格化はフィギュアの進化に歯止めをかけたといっても
      いいと思います。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.