スポンサーリンク

スポンサーリンク

アンナシェルバコワ フィギュアスケート 坂本花織

投稿日:

大混戦のグランプリシリーズ予想第一弾!スケートアメリカ女子編

皆様おはようございます。

フィギュアニュースを見れば、「変顔」だの、「離婚プログラム」だの、

フィギュアスケートからあまりにもかけ離れたどうでもいい話ばかり。

そんなことは華麗なステップでさらっとかわして、

本題の「リンク」での熱戦、グランプリシリーズについて喋りつくしましょ!

まずは第一戦、スケートアメリカから見ていくわよ~。




女子は大混戦の予想!シェルバコワ参戦でアメリカ勢はどう迎え撃つか?

ちょっと!エクソシストにしか見えないわ!笑

すごい柔軟性よね~。

スケートアメリカ、先陣を切って登場するのがエテリガールズの一角、

アンナ・シェルバコワ(バコ美)

あたしジュニア時代から彼女の柔軟性、そして細い体に見合わないジャンプのしっかりとした軸に

注目してきたのよ。

そしてなんといっても圧巻の4回転ルッツ!

彼女ね、ビシッとジャンプが決まるとね、

着氷のあとグン!て加速するかのように流れるのよ。

ロシア選手権で魅せた完璧な4回転ルッツのGOEは「+4.44」

なんと基礎点だけでも、15.94点

3-3のコンビネーションよりも高い得点やないか~い!汗

彼女、来季はおそらく、4回転からのバリエーションを増やしてくると思うわ。

4Lz‐3Loの超銀河コンビネーション!

を練習では成功しているし、

4Lz-3T‐3Loなんていう未知の宇宙3連続

も跳んでいるのよね。

最初の4Lzの成功した後、

タラソワが大興奮で絶叫してるのよ笑

このジャンプは高さ、幅、流れと完璧!

着氷の後、先程話したグン!て伸びるのご覧いただけたかしら?

そしてなんと言ってもすべての動作で手が休んでいるところが全くないのよ。

あまりにも緻密すぎて、わちゃわちゃしてるって散々言ってきたぐらい笑

彼女ってトルソワの力強さとコストルナヤの美しい表現力の

ちょうどいいところを詰め合わせたようなエテリガールズの中でも、

一番バランスの取れた所作が美しく、素晴らしいスケーターなのよね。

来季、「パフュームある人殺しの物語」をどう演じるのか、いまから楽しみよね。

あたしスケートアメリカの大本命はシェルバコワと見ているわ!

エロ女帝も黙っちゃいないわよ!

ひいいいん!

氷上でお股開脚!

そう簡単にはジュニア上がりのヒヨッコにタイトル取らせてたまるもんですか!

エロスの魅力はなんと言っても、

彼女にしか出せない、女のフェロモン!

あたしおふざけばかり言ってるけど、

彼女のルッツジャンプの正確性と美しさは女子フィギュア随一!だと思っているのよ。

そしてショートでトリプルアクセルが決まれば、首位からのフリーでそのまま逃げ切る強さもあるわ。

なんか失楽園ポーズってあたし呼んでるんだけど、伝わるかしら?笑

エロス、ロシアの年長組(と言ってもまだクソ若い)の希望の星よ!がんばって!

虎視眈々と頂点を狙うエテリっ子ツルシン!

そんな中、虎視眈々と頂点を狙うのはこちらもエテリガールズの

ツルシンことトゥルシンバエワ

彼女、あまり表情に感情を出さないタイプよね。

4Sを世界フィギュアで決めた瞬間、

いよいよ女子4回転時代への鐘音が聞こえたのよね。

来季はショートで「死の舞踏」を。

これエテリが選んだ曲なのであれば、彼女はツルシンのことよくわかっていると思うわ。

どちらかというと感情を押し殺して涼し気な顔で演じることでマッチする曲でもあるからね。

でも見ているものの感情が揺さぶられるような、ツルシンの沸き起こってくる喜怒哀楽の表情もいつか見てみたいのよね。

世界フィギュア銀でジャッジも一目置いているはず。

スケバンテネ公は地元開催の声援を力に変えれるか?

おい、バコ美!エロス!ツル江!

てめえら、許さねえ!

手にヨーヨーが見えてしまうのはあたしだけ?ビヨ~ン。

鷹の羽学園2年B組麻宮サキ、またの名は“スケバン刑事”!!

スケバンまで張ったこの麻宮サキが、何の因果か落ちぶれて今じゃマッポの手先。

笑いたければ笑うがいいさ…

やだ、斎藤由貴!若っ!

あ、違ったわテネ公じゃない!

彼女はアメリカのエースとして、地元開催の「利」を活かせるか!?

ノーミスであれば、相当有利な点数が出ることは間違いないわよね。

日本勢はどう迎え撃つ!? 坂本花織はトリプルアクセルの完成が近い?

あんた、スケバンとくれば、

こちとら極道が黙っているわけないじゃない!

神戸中野組、組長園子と若頭グレアム充子に

おとしまえ(トリプルアクセル)つけてこい!

言われてそうな笑、坂本花織。

今月24日未来のスーパーアスリート授賞式で、

「昨季は結果を求めすぎた。今季は思うがままに滑りつつ、しっかりやるべきことをやりたい。(3A)はずっと後ろに倒れていた回転の軸が真っすぐになり、ぶれは無くなったかな」

3Aの習得に向けて大きく前進しているような感じだわ。

現行ルールであれば、ショートに入れることでエテリガールズに差をつけてフリーに望むこともできるのよね。

ぜひ極道魂ならぬ、忍者魂ならぬ、

園子魂で表彰台に割って入ってきてほしいわよ!

そしてジタバタダンスで魅せた樋口新葉、

コミカルな演技の「セビリアの理髪師」で幅を広げた山下真湖にもぜひ頑張ってほしいわね。

さて、皆様のトップ3の予想を聞かせて頂戴!

あたしは、

1位シェルバコワ

2位トゥルシンバエワ

3位坂本花織o or エロス。うーん、坂本で!

と予想しているわよ~!

ちょっとのミスで順位が大きく入れ替わることもありそうね。大混戦だわ!




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-アンナシェルバコワ, フィギュアスケート, 坂本花織

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.