ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 宇野昌磨 本田真凛

投稿日:

フィギュア全日本強化合宿で見えた選手達の今季とは一体?

愛知県豊田市、中京大アイスアリーナで、

フィギュア全日本強化合宿

が行われたわね。

各選手が今季に懸ける思いや、指導を仰ぐコーチ、

どんなプログラム構成で臨むのか、そして今後の方向性など様々な部分が見えてきたわよね。

それぞれの選手を早速見ていきましょうよ!




宇野昌磨は今季メインコーチ不在で臨む姿勢を話した

キャッ、ランビ様!

散髪されたのね、素敵だわ。

全日本合宿が行われて、宇野昌磨が今季はメインコーチ不在でやるとのこと。

「今季はメインコーチを決めるつもりはない。僕一人でやっていくと思う。所属がないからいろんなところが見られる」

と話したそう。

いいんじゃない。

メインコーチ不在と言ってもジャンプ、スピン、ステップなどの要素ごとにアドバイスを頂けるコーチは付いてくると思うし、

何より恩師である砂かけババア、いや満知子に

「家族のような関係の中で今までやってきたので、環境を変えてもいいんじゃないか」

とアドバイスをもらい、ひとりで自立しようとしているんでしょう。

メンタル面での支えを心配する声もあるけれど、宇野昌磨のこれまでの様々な経験がそれを支えてくれるはずよ。

どんなコーチがいようとも最後の決断をするのは自分自身。

強くなろうという彼の姿勢をあたしは素直に応援したいわね。

ただひとつ心配なのが、メインコーチ不在が続くと、なんでも自分の物差しだけで判断しようとして、

人の話を聞かなくなってしまうケースがあるのよね。

昌磨に限ってそれはないと思うけど、

何かあれば、その時は満知子と美穂子に咆哮じゃなく、叱咤してもらわないとね。

本田真凛、今季拠点は日米半々にしたい?

本田真凛が今季の練習拠点を、

「米国と日本を半々くらいにしたい。メインコーチは引き続きラファエル・アルトゥニアン氏で、日本では1か月前から本田武史氏に指導を仰いでいる。言葉もわかりやすい。」

なんで米国に一大決心をしたのに、日本と半々なの!?

って思う方もいるでしょうけど、

あたしは日米半々にしたいじゃなくて、せざるを得ない状況という方が正しいと思うわ。

彼女はもう主要な国際大会への出場はないに等しい。これからは国内の地方大会にも出て、

結果を残していかなければいけないんだから。

本田武史氏をコーチに付けたのもそういうことでしょう。

同じ日本人なので言葉がわかりやすいっていう発言は不要だと思うわ。

あんたアメリカにどんな覚悟で行こうとしたの?

どうしてもマスコミがアイドル的な扱いをしてしまい、軽く見られがちなのよね。

アルトニアンがジャンプの矯正に2,3年かかると言っていたけれど、

合宿で真凛は、

「昨季、米国でジャンプを習っても、日本で過ごす間に自分のジャンプに戻って、その状態で米国に帰ることを繰り返した」

まだまだ矯正の途中段階に聞こえるわよね。

1シーズン棒に振っても構わないから、米国だけに身を置いて徹底的にジャンプ矯正に専念してもよかったんじゃないかって。

日本に帰ってくれば、マスコミがちやほや、アイスショーでもちやほや、

姉妹でかわいい、変顔しましたっていうぐらいでニュースになるんだもの。

あんたはなりふり構わず、練習の中で矯正!矯正!で変顔になってしまうぐらいやるべきなのよ!

ハマコーが練習不足を指摘していたように、米国と日本の行き来で本当に矯正ができるのか疑問だわ。

浅田真央が血の滲むような努力でジャンプ矯正してきたのを見てきているからね。

あたしなんか真凛の中での一貫した目標というか芯の強さというのが見えてこないのよ。

今季の彼女の演技をしっかり見ていきたいとは思っているんだけどね。

良いものをたくさん持っているだけに惜しい逸材よね。

つづく、、、




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-フィギュアスケート, 宇野昌磨, 本田真凛

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.