ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

五輪で見せた採点より大事なフィギュアの醍醐味とは一体?

皆様、こんばんは!

トリノ五輪、女子ショートの明暗を分けたものとは!?

いよいよ完結編ですわよ。

スルツカヤ、荒川静香が同じ66点台と横一線上に並び、

最終滑走で登場したのはご存知、アメリカ代表の

サーシャ・コーエン!

さあ、2006年にタイムスリップして、彼女の演技に引き込まれて参りましょうよ~




会場が一番沸いた!「黒い瞳」で魅せたコーエンのショート!

トリノ五輪、女子ショートの最終滑走で登場したのは、

サーシャ・コーエン

彼女、いつも大きな大会の肝心なところでミスを連発してしまい、

シルバーコレクターと言われていたけれど、この日の彼女にはそんなこと微塵も感じさせない、

何か五輪特有の目に見えない雰囲気を自分のパワーに変えていたような気がしたのよね。

そして注目したいのがこのお衣装よね。

青が映えるわよね~。

結果的にショートはスルツカヤ、荒川静香、コーエンの3人とも、

トリプルルッツーダブルトーループのコンビネーションで来たけど、

あたしなら、コーエンの連続ジャンプに一番加点を付けたわね。

ビシッと指先まで伸ばした着地フォーム、まるで体操の選手が演技の〆でビッ!てポーズ取るでしょ、

コーエンは元々体操をやっていたから尚更よね。

ただフィギュアって、あまりカチッとしすぎちゃうとこの演技硬いな~って見えちゃうのよね。

さじ加減が難しいところだわ。

彼女、曲を捉えるのが本当に上手でね、

次のフィリップジャンプに行くときの曲の盛り上がりと言ったら、

見ていてワクワク感が止まらないのよね、これから何を見せてくれるんだろうっていう。

このダブルアクセル、危うくは転倒しかねない際どい着氷だったと思うわ。

けれども彼女、抜群の運動神経と

言い方悪いけどさ、曲の盛り上がりをうまく利用して、ミスをミスに見せない流れを作っていたわね。

こういうところが他の選手との「差」なのよね。

これが見所です!

「これが見所です!」

佐藤有香が演技中、解説で唯一発した言葉よ笑

もうね、この言葉にすべてが凝縮されているのよね。

刈屋アナも最初に曲紹介してあとはだんまり。だから演技そのものに集中できるのよ。

民放のくだらない解説&実況の連中にぜひお手本にしてもらいたいわね!

NHKの有香&刈屋アナのゴールデンコンビが恋しいわ~。

でも樋口豊姐のあのねっとり絡む濃厚なオネエ解説も捨てがたいし、

昭和の古き良き、言いたい放題毒舌の佐野稔&渡部絵美コンビも受けるわよね笑

やだ、話が脱線したわ、、、

はい出た、泣く子も黙る!あたしだけを見てスパイラル横断!

このコーエンの一連の流れは群を抜いているわね。

何よりも自分を魅せるべきところをきちんと押さえているのよ。

観客の歓声を一番受けていたのもコーエン!

スパイラルから最後、怒涛のステップ、

ここね、一瞬チラ見エクソシスト状態!って呼んでるのよ、あたし笑

これね、いまでもシェルバコワがきちんと引き継いでいるのよね~

皆様、ご存知だった!?

ほら、あたしは見逃さなかったわよ~笑

すごいのけ反りね。

エクソシスト姉妹と呼ぼうかしら。

やだ、本家はトルソワだったわ笑

そしてフィニッシュポーズに入る前のI字スピン!

スピンだけで言うと、ロシアのリプニツカヤも凄いんだけど、

コーエンはそこに貫禄が乗っかるのよね笑

ほら見て頂戴!

この自信満々のドヤ顔!

あたし最後に滑ったけど文句あるかしら!?今からゴールドコレクターとお呼び!!

と言わんばかりの表情、大好きだわ~。

完全に会場の空気と観客を味方につけて、彼女自分が魅せるべきエレメンツを遺憾なく発揮したわよね。

ワンアイスクリーム、ツーアイスクリーム、スリー、、、(しーちゃん風な数え方)

あんたいつまでポーズ取って自分の余韻に浸ってるの!?笑

後ろで手を叩いている爺さん、あらやだ、ジョン・ニックスコーチだわ!

御年90歳になるのよね、お元気かしら!?

66.73点でショート首位!

コーエンはその日、一番の声援を受けて会場を盛り上げたわ。

そしてひとつひとつの要素が大事になってくるショートにおいて、どの選手よりも自分の「見せ場」を作った。

ショートの要因を分けたものはここにあったようにあたしは思うのよね。

なかなか得点として目に見えない部分ではあるけどね。

スルツカヤが66.70点、荒川静香が66.02点。

なんと66点台に3人が同時に並んだのよね。

こんなに僅差な得点差で3人が並ぶ五輪はあったかしら!?

コーエンは、

・最終滑走で観客から一番の声援をもらうほど盛り上げた

・自分の「見せ場」を存分に発揮した

スルツカヤはショート後に、また一位になれないのかと嘆いたのよね。

フリーに心理的に影響した部分があるはず。

そしてコーエンはショート1位に立つことによって、フリー最終グループ1番滑走で、

プレッシャーからか、前半のジャンプをことごとく失敗してしまうのよ。

そして僅差ではあったけど、荒川静香はショート3位でプレッシャーを感じずに伸び伸びと演技した。

なんとも数奇なフリーへと向かう序章になったショート。

けれどもこのショートに限ってみれば、あたしはコーエンが一番輝いていたと思うし、もっと得点差が付いてもよかったんじゃないかなって。

コーエンの演技は純粋に見ていて、ワクワクしたし、これぞ五輪のフィギュアスケートだ!って

いうドキドキ感も感じたわ。

なんていうのかしら、

五輪の独特の雰囲気の中でのワクワク、ドキドキさせてくれる高揚感溢れる演技って、とにかく凄いのよね!

点数なんてもので片付けらない、ここにフィギュアの醍醐味があるのよね!

それにしても、66点台に3人て偶然なのか、そうでないのかはジャッジのみぞ知ることよね笑




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.