ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 本田真凛

投稿日:

あんた今更?本田真凛の今が踏ん張りどころって一体いつ!?

げんさんサマーカップが終わって、

あたしはふとエントリーに、

本田真凛の名前がなかったことを疑問に思ったのよ。

彼女はこの大会にエントリーすると聞いていたから。

彼女自身も語る「今が踏ん張りどころ」って、彼女は一体どこを着地点に見据えてるのかしらね?




本田真凛は過去の栄光をキッパリ捨てるべきだわ

今季は試合数を増やすつもりでいる。「精神面が強くないと去年感じた。お客さんの前で滑る機会を増やして自信を持ちたい。いろんな試合に出て鍛えていきたい」。初戦は8月のげんさんサマーカップを予定しており、ブロック大会や東日本選手権も視野に入れている。

※スポーツ報知より一部抜粋

本田真凛のインタビューを見て、

彼女、あたしが言いたいことを全部自分に戒めるように話していてね、

全部わかってるのよね、もう。

でも、わかっているんだけど、多分過去のなんでもできてしまった輝かしい記憶を

全部きっぱり捨て去ることができないところに、

彼女の「今」の現実といつまでも隔たりを埋めることができていないと思うのよ。

それに加えてマスコミは彼女をいつまでもアイドル扱いし続け、

彼女自身もそれに応えようとしてしまっているんじゃないかしら。

そこが彼女が世間から「軽く」見られてしまう誤解が生まれてしまうのよ。

あたしは彼女の「華」をこのまま、マスコミの思うように

違うベクトルに持っていかれてしまうのはすごく惜しいと思うし、

彼女が今シーズンを踏ん張りと決めたなら、

マスコミをシャットアウトしてでも、彼女のスポンサーや所属事務所は競技に集中できる環境を作るべきよ。

ジャンプの苦手意識は転んでも転んでも泥臭さの中で克服よ!

今、海外試合の派遣が減ってしまった彼女は、

日本の試合をメインに出ていく為に、国内を拠点に練習している彼女。

一般客に交じって練習していることは初めて知ったのよ。

このぬいぐるみに突っ込みは、、、やめておくわ。

練習は映像の断片的な部分しか見ていないから、なんとも言えないけど、

彼女のジャンプ苦手意識は技術的なものではなく、メンタルなものだという

今季のコーチとしての本田武史は言うけれど、

あたしが競技を見ていつも思うのは、

彼女のジャンプの高さが出ていなく、特にループジャンプは回転不足を取られがちなのよね。

もちろん本田氏はそういった技術的なアドバイスもしているだろうけど、

やっぱり練習量だと思うのよね。

失敗したって、あんた氷被っても、みっともない尻もちついても(怪我は気をつけてよ)

彼女は泥臭いところをもっと出していってほしいわ。

あたしはたとえそれが競技のリンクの中でも、彼女がもっと魅力的に見えるはずだと思うわ。

あんたもうイナバウワーから、あたしを見てカメラ目線だもの!笑

彼女の踏ん張りどころは間違いなく、「今季」そして全日本フィギュア。

大激戦の日本女子。

ジュニアからも3Aをポンポン跳ぶ選手も出てきてるわよね。

でも、彼女にしかない魅力である「華」やかさを活かすもだめにするのも彼女次第。

「華」は決して容姿ではなく、そのスケーターが醸し出す圧倒的オーラの事よ。

周りから綺麗に思われなくてもいいのよ、泥被りなさい、泥を!

マスコミなんてインスタ映えなんてどうでもいいのよ、あんた!

いまやらなきゃ、今よ!

ショーよりも試合数をこなしなさい。どんな小さな大会でもいまジャンプに自信を持てないのなら、

出れる試合に出るべきよ!

あんたカメラ目線、どんだけ~~!笑

なんだかんだいっても応援してるのよ、しっかり泥被って頑張って頂戴よ!





人気ブログランキング

↑↑↑

お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひ2つのブログランキングバナーを
ポチっとお願い致します!

↓↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 本田真凛

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.