ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 横井ゆは菜

投稿日:

もっとマスコミに取り上げてほしいフィギュア女子優勝者!

皆様、おはようございます。

お盆はいかがお過ごしかしら?

げんさんサマーカップの女子フリーの結果が出たわね。

横井ゆは菜が見事に2年連続で近江牛獲得の優勝!

マスコミはどうしても坂本花織、そしてジュニア6位の本田望結の記事ばかりだから、

大会を振り返りつつも、横井ゆは菜にあたしがスポットを当てるわよ!笑




優勝の横井ゆは菜は表現力の大きさが持ち味!

※画像は昨季

女子1位 フリー131.29点 計198.30点

構成:2A/3Lz-2T/3Lo/3F/3S-3T/3Lz/2A-3T-2T

曲:オペラ座の怪人

昨季から「オペラ座の怪人」2シーズン目ということもあり、

初戦からよく滑り込んできているなというのが印象だったわ。

ジャンプ構成も昨季と全く変わらず、ちょっと持ちこたえるジャンプが

単独のフリップとトーループであったけど、

彼女の持ち味である表情の多彩さと表現力の大きさが存分に活かせるプロだなって思うのよ。

このプログラムの特徴は、中盤優しい表情になりながら、

終盤に向かってはどんどん盛り上がっていく中で、ジャンプが盛り上がりを決める

重要な要素となっているのよね。

3Aを武器にという声もあるけれど、まずは今のジャンプ構成を確実にノーミスで

こなしてから、次の段階に難易度を上げてさらに高い得点を狙いたいわよね。

表現力においても、あたし的にはまだまだもっと後半に向けて表情を、

こんなツラをすることもできるんだ、横井ゆは菜は!

ってぐらいドラマティックに女優顔になりきっていいと思う。

表現力においては鈴木明子と比較されがちなのよね~。

これから多くの作品を演じていく中で、

ぜひ様々な表情を身に付けて、これぞ横井ゆは菜っていうカラーを見つけていってほしいわ。

劇団四季では1点でも逃したくない根性を垣間見るも表現はまだまだ!

劇団四季、、じゃなくて、ライオンキングね。

あたし彼女の昨季のショートが好きなのよ。

この全日本で演技終了後、彼女がノーミスでガッツポーズ!と思いきや、

すぐに気になったのは髪飾りが落ちていないか!という仕草を見せたこと!

現ルールでは髪飾りなどの装飾品を演技中に落としてしまうと、1点減点されてしまうルールがあり、

彼女はただちにこの髪飾りを確認し、

落ちていないことを確認したら安堵の表情を見せたところに、

1点でも惜しむ彼女の勝負にかける強い想いを感じたわ!笑

でもね、比較されてしまいがちなアッコこと鈴木明子は、

髪飾りはつけていなかったけど、そんなこと気にするような素振りも見せずに、

髪を振り乱し、必殺ボクサーパンチを何度も繰り出し、

究極のこのポーズ!

完全に表現者としての自分の世界に入っているのよ。

ゆは菜もこのくらい演技に表現の世界に没頭なさい!笑

まだまだ彼女は物足りないわ。

今季、オペラ座の怪人はあたしの為にあるのよ!ぐらいにぶちかましてほしいのよ~。

この優勝を弾みに頑張ってもらいたいわね。

そして2位に付けたのは坂本花織。

3位には白岩優奈。

そして樋口新葉はフリー棄権とまずは体調を戻してほしいわ。

またゆっくり他の選手については改めてお話させて頂くわね。





人気ブログランキング

↑↑↑

お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひ2つのブログランキングバナーを
ポチっとお願い致します!

↓↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 横井ゆは菜

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.