スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 本田真凛

投稿日:

あんた今更?本田真凛の今が踏ん張りどころって一体いつ!?

げんさんサマーカップが終わって、

あたしはふとエントリーに、

本田真凛の名前がなかったことを疑問に思ったのよ。

彼女はこの大会にエントリーすると聞いていたから。

彼女自身も語る「今が踏ん張りどころ」って、彼女は一体どこを着地点に見据えてるのかしらね?




本田真凛は過去の栄光をキッパリ捨てるべきだわ

今季は試合数を増やすつもりでいる。「精神面が強くないと去年感じた。お客さんの前で滑る機会を増やして自信を持ちたい。いろんな試合に出て鍛えていきたい」。初戦は8月のげんさんサマーカップを予定しており、ブロック大会や東日本選手権も視野に入れている。

※スポーツ報知より一部抜粋

本田真凛のインタビューを見て、

彼女、あたしが言いたいことを全部自分に戒めるように話していてね、

全部わかってるのよね、もう。

でも、わかっているんだけど、多分過去のなんでもできてしまった輝かしい記憶を

全部きっぱり捨て去ることができないところに、

彼女の「今」の現実といつまでも隔たりを埋めることができていないと思うのよ。

それに加えてマスコミは彼女をいつまでもアイドル扱いし続け、

彼女自身もそれに応えようとしてしまっているんじゃないかしら。

そこが彼女が世間から「軽く」見られてしまう誤解が生まれてしまうのよ。

あたしは彼女の「華」をこのまま、マスコミの思うように

違うベクトルに持っていかれてしまうのはすごく惜しいと思うし、

彼女が今シーズンを踏ん張りと決めたなら、

マスコミをシャットアウトしてでも、彼女のスポンサーや所属事務所は競技に集中できる環境を作るべきよ。

ジャンプの苦手意識は転んでも転んでも泥臭さの中で克服よ!

今、海外試合の派遣が減ってしまった彼女は、

日本の試合をメインに出ていく為に、国内を拠点に練習している彼女。

一般客に交じって練習していることは初めて知ったのよ。

このぬいぐるみに突っ込みは、、、やめておくわ。

練習は映像の断片的な部分しか見ていないから、なんとも言えないけど、

彼女のジャンプ苦手意識は技術的なものではなく、メンタルなものだという

今季のコーチとしての本田武史は言うけれど、

あたしが競技を見ていつも思うのは、

彼女のジャンプの高さが出ていなく、特にループジャンプは回転不足を取られがちなのよね。

もちろん本田氏はそういった技術的なアドバイスもしているだろうけど、

やっぱり練習量だと思うのよね。

失敗したって、あんた氷被っても、みっともない尻もちついても(怪我は気をつけてよ)

彼女は泥臭いところをもっと出していってほしいわ。

あたしはたとえそれが競技のリンクの中でも、彼女がもっと魅力的に見えるはずだと思うわ。

あんたもうイナバウワーから、あたしを見てカメラ目線だもの!笑

彼女の踏ん張りどころは間違いなく、「今季」そして全日本フィギュア。

大激戦の日本女子。

ジュニアからも3Aをポンポン跳ぶ選手も出てきてるわよね。

でも、彼女にしかない魅力である「華」やかさを活かすもだめにするのも彼女次第。

「華」は決して容姿ではなく、そのスケーターが醸し出す圧倒的オーラの事よ。

周りから綺麗に思われなくてもいいのよ、泥被りなさい、泥を!

マスコミなんてインスタ映えなんてどうでもいいのよ、あんた!

いまやらなきゃ、今よ!

ショーよりも試合数をこなしなさい。どんな小さな大会でもいまジャンプに自信を持てないのなら、

出れる試合に出るべきよ!

あんたカメラ目線、どんだけ~~!笑

なんだかんだいっても応援してるのよ、しっかり泥被って頑張って頂戴よ!





人気ブログランキング

↑↑↑

お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひ2つのブログランキングバナーを
ポチっとお願い致します!

↓↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 本田真凛


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. ゆっここ 2019年8月13日 1:51 PM

    オネエ様、こんにちは!
    オネエ様の、真凛ちゃんに対する愛を感じる文書に、今シーズンは真凛ちゃんも応援しようと思いました。せめて、全日本で、一つでも順位を上げられたら…‼︎
    確かに、昔から真凛ちゃんのジャンプは低いですが、宮原もそうだし、浜田組はあまりジャンプが高くないと思っていました。浜田コーチ自身が、ブリアンコーチに依頼したりするところをみると、ジャンプ指導は他コーチの指導も必要と思っているのでしょうか。

    確かに、真凛ちゃんのような華のあるスケーターは、マスコミの恰好の餌食にされちゃって、本人が余程しっかりしていないと辛い結果で終わり、後は二流のタレントになってしまう。
    彼女が、素直すぎるのかもしれないですが、もう少し芯のある女性になって欲しい。
    オネエ様の言うとおり、ショーより試合ですね。真凛ちゃん、コスプレは見飽きたぞ‼︎

    • オネエ 2019年8月14日 9:24 PM

      >ゆっここ様

      確かに濱田組はジャンプの低さ、そして回転不足が
      気になるところではありますよね。
      ジャンプ指導においては外部でという選択肢もあるのかもしれませんね。
      全日本が勝負ですから、ひとつでも順位を上げて来年のグランプリ2戦を自力で
      取らないと厳しいでしょうね。

  2. せりな 2019年8月13日 6:56 PM

    オネエ様、何度も失礼します。
    今シーズンは、野心むき出しの本田選手が見たいです。

    なんか、カメラが入ってきたけど無視していいか!
    衣装も髪もメイクも、練習したいし適当でいいや!
    最近インスタ投稿してないけど、いいや!
    というか、マスコミ無視していいか!
    こんな感じで、がんばってほしいです笑

    一度泥をかぶらないと、本当の華は咲きません。
    髪が乱れるぐらいの高速スピン、
    ジュニアの頃のような軽やかなジャンプを見せてほしい。
    全日本で生まれ変わった本田選手を、ぜひ全国に見せつけて!

    アスリート本田真凛選手を応援したいと思います。

    • オネエ 2019年8月14日 9:27 PM

      >せりな様

      今シーズン、本田真凛には期待をしています。
      だからこそ辛口になってしまうのですが、
      彼女は才能ある選手なので、ぜひ這い上がってみせるぐらいの根性を
      見せてほしいです。

  3. ななこ☆ 2019年8月13日 8:07 PM

    おねえ様ななこ☆です。

    まりんちゃん 泥臭くなくても 今のままでいいと思います。

    きっと彼女は 今 世間が求められていることに 必死で答えてるんだと思います。

    今 彼女は どうしたらよいのか 自分で自分がわからなくなってるんじゃないかな?

    スケートが好き…。素のまりんちゃんに戻った時 きっと まりんちゃんの大輪の華を

    咲かせるのじゃないかなって信じてます。 生まれもって あんな 華をもってる彼女

    だから。 そして おねえ様が応援してるんですもの(笑)

    • オネエ 2019年8月14日 9:29 PM

      >ななこ☆様

      ななこ☆さん、コメントありがとうございます。
      マスコミからはこうあってほしいという彼女の本田真凛像がどこかに
      あるのかもしれませんね。
      彼女の素でぜひリンクでの真剣勝負を期待してます。

  4. TonTon 2019年8月13日 10:45 PM

    オネエ様の真凛への深い愛と期待に胸を打たれちゃいましたわぁ。
    ああああああ、んもう、このオネエ様のブログを真凛に見せてやりたいですわ!

    練習中の時の真央は、顔はスッピン(若いからアリ、だけど)、髪はボサボサで、
    まったく他からの目を気にしていませんでしたよね。
    目はまっすぐに滑る先を見てて、辛く地味な作業をひたすら繰り返していましたよね。
    その姿の神々しさはファンは覚えていますよね。
    真央が引退を表明したとき、漫画家の江口寿史さんが、オマージュとして、
    衣装を着てメイクをした試合中の美しき真央ではなく、味気ない練習着のボサ真央を描いてくれました。
    あれにファンは、「わかってる〜〜〜!」と絶賛しました。
    本当に彼女の素晴らしさがわかる人間のチョイスですよね。
    そういう全力で困難に立ち向かう姿に、遠い距離や馬鹿高いくせに入手が超困難なチケットを物ともせず応援してきましたよね。

    演技直後の「きゃぁ〜〜〜〜!」だけをTVで観てたら絶対に伝わらない「何か」です。

    真凛にもぜひ、私たちにこういう想いを抱かせてほしい・・・・・んだけどなぁ・・。

    • オネエ 2019年8月14日 9:35 PM

      >TonTon様

      江口氏の練習着のボサ真央、わたしも拝見しましたよ!
      彼女をずっとよく見てきたんだなっていうのが伝わりました。
      選手が輝くのはリンクですけど、練習での何気ないスッピンの
      遠くを見つめる表情にぐっと惹かれるときがあるんです。
      選手をフィルターを通してお茶の間に届ける方達の観点やセンスもあるのでしょうけど。

  5. りりか 2019年8月13日 10:57 PM

    はじめまして、オネエ様。
    真凜ちゃんについてのご意見、概ね賛同します。特に出られる試合には出るべきという部分は全く同意見です。
    ショーは別に構わないと思います。花織ちゃんも直前に真凜ちゃんと同じショーに出ていましたが、サマーカップにも出場しました。日程的に何も問題ありません。
    では、なぜ真凜ちゃんがサマーカップに出なかったのか?それは、出られない事情があったからです。本人のインスタで、月曜にはアメリカで練習していたことが分かっています。どうやらサマーカップが行われている先週末のうちに渡米したようです。コーチも先週JTのギャラガー氏との電話インタビューで、来週(今週)自分のところに戻ってくると話しているので、今週からまたアメリカでトレーニングすることは前々から決まっていたのだと思います。
    なら、なぜ最初にサマーカップに出るようなことを言ったのか?それは分かりません。本人がエントリー締切り日を間違えていたのか、本人はてっきり出られると思い込んでいたけど、手続きをご家族に任せていて、渡米日と重なっていたからご家族が機転を利かせてエントリーしなかったのか、最初からマスコミの誤報だったのか…このあたりの事情は本人サイドにしか知りえないことです。
    はっきりしているのは、サマーカップの日は渡米していて、物理的に出られる状態ではなかったこと。それを、本人のやる気の問題のように言われてしまうのは、いくらなんでも可哀そうです。

    • オネエ 2019年8月14日 9:37 PM

      >りりか様

      コメントどうもありがとうございました。
      りりかさんの真凛への愛が伝わってきました。
      わたしは出る試合を定めてから、練習のスケジュールを組んでいくのが
      通常なのではないかなと思っていました。
      けっしてやる気のないとは思っているわけではなく、ひとつでも多くの試合を経験して、
      彼女が不安に抱えるジャンプに自信が持てればいいなという気持ちから辛口になってしまいました。

  6. ジゼル 2019年8月14日 12:14 AM

    競技者は試合の実績、結果があってこそ。
    もしマスコミ露出が多くてもインスタ投稿しても、そこさえあれば認められるというか。実力の世界ですから
    (個人的には、くだらないマスゴミはシャットアウト!ソチのリプの様にカメラをにらみつける位で丁度いいかとw)
    彼女も今結果が出せなくて苦しいですねえ。ジュニアで華々しくてもシニアで消えていく選手は多い訳ですが、そうなって欲しくない選手ですし、ここが正念場。まずは小さな試合でも表彰台に上がって欲しいです。

    • オネエ 2019年8月14日 9:39 PM

      >ジゼル様

      そうですね、厳しい世界ですが、どんどん次から次へと
      才能ある選手が出てくるわけですから。
      その厳しい世界の中で自分の立ち位置を見つけるのはとても大変です、
      そして維持してさらに上を目指していかなければいけないのですからね。

  7. さくらんぼ 2019年8月15日 11:22 AM

    オネエ様
    はじめまして、ブログ楽しく拝見しています!
    本田選手、今季の勢力図にどこまで絡んでいけるかが見どころですよね。
    ぜひ表現も一皮剥けてほしいです。
    「可愛く見せる」「可愛く演じる」ことを意図したような表情や動きが多いですが、自分をいかに見せるかというアプローチではなく、
    宮原選手や紀平選手が腕や脚の動き1つ1つに意味を持たせ、ある世界観を表現しているような、身体を通したフィギュアの表現が見てみたいです。

    • オネエ 2019年8月16日 8:33 PM

      >さくらんぼ様

      はじめまして、さくらんぼさん。
      いつもブログをご覧頂いてありがとうございます。
      インスタのストーリーに真凛のステップが公開されていましたね。
      これにジャンプが入ってくるとグンと上に行けると思うんですが。
      そうですね、さくらんぼさんの仰る通り、いかんい世界観を表現するかが
      大事ですよね。

オネエ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.