清楚な人差し指で応援して頂戴ね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

ジャッジに異議あり!回転不足の基準て一体どうなってるのよ!?

皆様、おはようございます!

昨日のジュニアグランプリアメリカ大会の

アリサ・リウが跳んだ、4回転ルッツのジャッジ判定があたし納得いかなくてね。

14歳リウが衝撃V!史上初「4回転&3A」同時成功、米絶賛「ロシア支配終わらせた」

の見出しでマスコミは史上初の快挙だけをニュースとして報道しているのよね。




回転不足の基準て、どこからどこまでを測定すればいいの!?

まず、素朴な疑問として、

ジャンプの回転ってどこからどこまでを測ってジャッジするのか!?

これが明確でないと、

素人目で回り切ってるとか、さっぱりわからないものね。

ISUnの判定基準として、

踏み切る足のブレード(スケートの刃のことね)が氷から離れた瞬間から、着氷する足のブレードが氷に着くまでを測定するのよ。

なので、スローで再生する時には、

ブレードが氷から離れたところをまず見て、

着地するブレードがどの角度で氷に着いたのかを見るようにすればいいのよ。

ジャンプを測定する範囲がわかったから、

次は回転不足の種類と回転認定の基準について見ていきましょう。

回転不足の種類と回転認定との境目とは!?

ホント拙いドーナツグラフでごめんあそばせ。

ドーナツの頭(てっぺん)を起点として、反時計回りにジャンプを跳ぶイメージして(矢印)頂戴ね笑

・グレーの部分=1/2回転未満のジャンプがダウングレード判定

・オレンジの部分=1/2回転以上、3/4未満のジャンプがアンダーローテーション判定<<

・ブルーの部分=3/4回転以上のジャンプが晴れて回転認定判定

ここまでは大丈夫よね?

じゃあ、それぞれの判定になった時に、

ジャンプの基礎点に対してどのくらいもらえるのか見ていきましょ。

ダウングレード判定

1/2回転未満のジャンプ

ダウングレードの基礎点は、1回転少ないジャンプの基礎点が与えられるのよ。

例えば、

4Lz<<

※<<はダウングレードのことね。

こうプロトコルに表記されている場合は3Lz、すなわち3回転ルッツの基礎点しか貰えないの。

4Lzの基礎点が「11.5点」に対して、3Lzは「5.9点」

その差、なんと「5.6点」よ!

まさにトゥルソワもお手上げ状態よね~。

アンダーローテーション判定

1/2回転以上~3/4回転未満のジャンプ

・ジャンプ基礎点の80%が与えられるのよ。(昨シーズンの75%から5%引き上げのルール改正)

例えば、

4Lz<

4Lzの基礎点が「11.5点」に対して、基礎点の80%「9.2点」が貰えるのよね。

その差は「2.3点」よ。

とりあえず1/2回転以上回っていれば、

それなりの高得点がもらえるように緩和されたのよ。

これにはトゥルソワも絶句ね!

「バカヤロウじゃな~い 」by IKKO

回転認定判定

・3/4回転以上回っていれば回転認定よ!

・基礎点の100%が与えられるのよ。

・但しエッジエラーなどがつくと減点対象となるわね。この話はまた今度よ。

晴れて3/4以上回れば、回転認定!寿司ざんまい!!!

以上の点を踏まえて、昨日アリサ・リウが跳んだ4回転ルッツを見ていきましょ!

アリサ・リウの4回転ルッツは明らかにダウングレード判定なはず

これがアリサ・リウの着氷のブレードの角度。

ルッツは本来後ろ向きで着氷するので、ブレードがまっすぐ前を向いていなければいけないのよ。

黒い線にブレードが水平になる状態が理想よね。

けれども、このブレードは先程の判定に基づいて見ると、

1/2未満で若干それよりも内側で降りてきてしまっているわよね。

ブレードを着氷させてから、

氷の上で回転させているのがわかるわよね。

そして黒い線上に持ってきて、

左足を後ろに振って、ジャンプを終えているのよね。

これはどう見てもダウングレード判定なんじゃないかしら?

アリサ・リウに対して、あたしはどうのこうのじゃなくて、

これを判定しているジャッジ達に、

一体どういう基準で判定をなさってるのかお伺いしたいわ。

テクニカルコントローラーの方はこのジャッジを容認したってこと!?

GOE「+2.3点」も付いてますけど!?

そしてもうひとつ気になったのが、ジャンプの前に減速しているのよね。

ジャンプって、本来スピードの乗って、

そのスピードを活かした高さ、幅、流れのあるジャンプが美しく、見応えがあるとあたしは思うわ。

みどりはちょっと例外だけど笑

坂本花織は、ダイナミックでスピードを活かしたジャンプを見せてくれるわよね。




マスコミは衝撃の快挙と騒ぎ立てるばかりね!

米国の14歳がフィギュア界に衝撃を走らせた。リウは冒頭で3回転アクセル―2回転トウループの連続ジャンプを着氷させると、次に跳んだのは4回転ルッツだ。驚異の高さを記録したジャンプを完璧に成功。会場をどよめかせたが、これが女子フィギュア史上初の快挙の瞬間だった。

※THE ANSWERより一部抜粋

https://the-ans.jp/news/80950/

マスコミはやれ快挙だ!史上初だ!と騒ぎ立ててニュースの見出しにするだけなのよね。

ジャッジに対して疑問を呈するスポーツジャーナリストは皆無よね!?

物事の核心に触れずに、表面的なことばかりで騒いでいるから、

いつまでたっても、

フィギュアスケートの本質を記事にするスポーツライターや記者ってなかなか出てこないのよね。

どんどん時代が進化しているから、

今季の女子フィギュアは4回転がほとんどの主要大会で見れるはずよ。

それを躍起になって、足元ばかり見て、

やれ、回転不足だ、何分のいくつ足りないとか騒いでる自分に対しても嫌気がさしてくるのよね。

そんな足元ばかり見ないでさ、

回転数ばかり数えてないでさ、

高さがあって放物線を描くような素晴らしいジャンプを見上げて、

わー素敵!って素直にシンプルに歓声を上げたいもんだわね。

「ルール」を細分化するのはいいけれど、本来のフィギュアスケートの持つ美しさから、どんどんかけ離れていってしまっているような気がしてならないのよ。

いまの時代、こんな優雅なスパイラルタイムって見れないでしょ!?

やっぱりなんかおかしいのよね。

そしてこんなにもルールもジャッジも緩和するのなら、

浅田真央の時は一体なんだったの!?ってなるわよね。

この話はまた改めてさせて頂くわね。

4回転を助長しているのは間違いなく今の採点ルール。

それだけ、怪我のリスクも増えれば選手生命にも影響もしてくるもの。

今のルールは選手のことを第一に考えたものなのかしらね!?

皆様のご意見などもぜひ聞かせてほしいわ。

最後までお読み頂きありがとうございます。

共感して頂けることがございましたら、ぜひ下のブログバナー2つを宜しくよ!




【フィギュア界のレジェンド!】

羽生結弦と浅田真央のブログランキングバナー、

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

春よ、来いバナー!


フィギュアスケートランキング

蝶々夫人バナーはこちらよ!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.