ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 宮原知子 本田紗来

投稿日:

マスコミは本田紗来と真凛の抱き合わせ報道をやめるべきよ!

大会ばかり追っていたら、コーチ変更のニュースが立て続けにあって、

皆、模索しながらも、前を向いて進んでいるのね~!と感心していたのよね。

本田紗来、真凜ゆずりの華。26年五輪へ姉真凜と同じコーチに変更

それにしてもさ、マスコミはなんでも「真凛」を引き合いに出すのね笑

まだ小学生の少女が本気で将来を見据えての英断に真凛は必要ないんじゃないの?




本田紗来は4回転時代ワリエワ、アリサリウとどう戦っていく!?

 フィギュアスケート女子の本田紗来(さら、12=京都醍醐FSC)が今夏、メインコーチをラファエル・アルトゥニアン氏(62)に変更したことが17日、分かった。複数の関係者によると日本スケート連盟へ申告済み。夏休みなどを利用し、姉真凜(18=JAL)も担当する同氏の指導を米ロサンゼルスで受けている。

イタリアで行われる26年オリンピック(五輪)を目指す「金の卵」が、小学生選手としては、異例の決断を下した。昨季まで関大(大阪府)を拠点とし、18年平昌(ピョンチャン)五輪女子4位の宮原知子(関大)らを育てた浜田美栄コーチに師事。17年全日本ノービス選手権では「ノービスB(6月末日時点で9~10歳)」で日本一に輝き、今年2月には国際大会デビュー戦のチャレンジ・カップ優勝で豊かな才能を示した。

旧ソ連(現ジョージア)出身のアルトゥニアン氏は、かつて浅田真央を指導。現在は世界選手権男子2連覇中のチェン(米国)を成長させている。年齢制限で22年北京五輪に届かない本田だが、一貫性のある同氏の指導を受けながら、世界トップ選手の技術を間近で学べるメリットもある。

ノービスの競技会は国内が中心のため、日本ではジャンプ指導に定評がある本田武史コーチ(38)に師事。国内外で“英才教育”を受けながら、その可能性を伸ばしていく。かねて本田は元世界ジュニア女王の真凜、女優業と両立する望結(15)の姉2人から「一番、才能がある」と評されてきた。スケート一家でのびのびと育った末っ子が、未知なる世界へと飛び出す。

※日刊スポーツより一部抜粋

https://www.nikkansports.com/sports/news/201909170000640.html

マスコミが報道して騒いでいる「真凛と一緒」だからではなく、

彼女や周りで支える方達が、将来を見据えてのコーチ変更であるのなら、良いことだと思うわ。

同年代のジュニアグランプリでその才能を一気に知らしめたカミラ・ワリエワ。

もう自分のスタイルをすでに確立しつつあるわよね。

全く隙のない彼女にどう太刀打ちしていくの?

4回転ルッツや3アクセルで、アメリカの将来を担っているアリサ・リウと

戦っていかなければならないものね。

他にもロシアではどんどん有望な選手が出てきている。

彼女たちは高難度のジャンプもすでに自分のものにしつつ、大会でどんどん跳んできているわ。

もちろん自国でもノービスでライバルはたくさんいるわよね。

それでも彼女は話題になるんだから。

マスコミなんかにちやほやされてアイドル扱いされている暇なんてありゃしないわよね。

日本人でまだ小学生で海外へ出ていくのは異例なのかもしれないけど、

いまがギリギリなんじゃないかしらね。

【本田紗来演技動画よ】

まだジャンプだけ跳んでる印象しか残らないわ。

ラファコーチの元でジャンプ技術を磨くのかしらね。

同時に技と技の繋ぎや表現力をどんどん身に付けていかなければならないわよ。

マスコミが「金の卵」と評するなら、どうかアスリートとして、彼女の成長を見守っていってほしいわね。このままだとマスコミが成長する前に卵割ってしまいそうだけど!

多分無理でしょうけど、、、笑

本田姉妹はチヤホヤされてきてるじゃない、インスタに姉妹の写真を投稿するものなら、

それすらもニュースになってしまうんだから笑

12歳の英断、あたしは海外へ出ることは刺激にもなるだろうし、良いことだと思うわよ!

頑張って!

でも真凛とは離れた方がいいわね笑 まだ小学生の少女には酷だけど、自立しないとね。

宮原がジャンプ改善へトロント拠点のバーケル氏に師事

 フィギュアスケート女子で平昌五輪4位の宮原知子(21)=関大=がカナダ・トロントを拠点に指導するリー・バーケル氏に指示することが18日、マネジメント会社のIMGから発表になった。浜田美栄氏と共にメインコーチを務める。

関係者によると「理由はジャンプ改善と、さらなるレベルアップを目指して」のもの。夏から師事しており、今季初戦のUSインターナショナル(19~21日、ソルトレークシティー)にはトロントから向かう。

今後はトロントと関大のリンクを定期的に往復しながら、レベル向上を目指していく。

※スポーツ報知より一部抜粋

https://hochi.news/articles/20190918-OHT1T50082.html

宮原は自分に何が足りないのかを、冷静に自己分析できていることが素晴らしいわ。

トップ選手にもくるからこそ、なかなか自己分析をできる選手って多くないと思うのよね。

そしてすぐに有言実行できるんだもの、応援したくなるわね。

スイスでの合宿で、ルッツ、そして3アクセルの練習を見たけれど、

やはりジャンプは高さが致命的になっているわね。どんなに回転軸を速くしても、

回り切ったかどうか、ジャッジの恰好のターゲットになってしまうものね。

それでも向上心で前へ進む彼女に大きな変化が出ますように。

チューはやめて~~~by極道

日本のスケーターは世界の技術を求めに海外へ皆出ていっているけれど、

日本にいながらでもそうした各分野に優れたコーチっていないのかしらね?

特に、今回取り上げた本田や宮原は日本と行き来するわけでしょ?

それだけでも大きな負担だものね。

皆様、最後までお読み頂き、ありがとうございます。

共感頂けることがあれば、ぜひ下のブログバナーをポチッとお願いします。




【オータム優勝おめでとう】

羽生結弦と紀平梨花のブログランキングバナー、

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!


フィギュアスケートランキング

紀平梨花バナーはこちらよ!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 宮原知子, 本田紗来

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.