清楚な人差し指で応援して頂戴ね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アレクサンドラ・トゥルソワ フィギュアスケート

投稿日:

女子4回転時代は一体いつまで続くのか?

皆様、こんばんは。

スケートカナダ、女子シングルでは一番の注目を集めているトゥルソワ。

4回転時代の申し子と呼ばれ、時代をひた走る彼女に対して、賛否両論の意見があるわよね。

女子フィギュアがただのジャンプ大会になってしまう、いつまでも跳べるのかわからない等、、、

今宵はスポーツライター小宮良之氏のトゥルソワ記事をご紹介したいわ。




跳べるなら限界にチャンレンジしてひとつの時代を極めてほしいわ!

度肝を抜く4回転を見逃すな。トゥルソワが世界を「炎で焼き尽くす」

「トリプルアクセルも、そろそろ導入するつもりです。いつから?えっと、跳べるようになったらかな?」

アレクサンドラ・トゥルソワ(15歳)はそう言って、恥じらう笑みを洩らした。隣に座る世界女王、アリーナ・ザギトワ(17歳)に「これでいいのかな?お姉ちゃん」と伺うような様子があった。人前で話すことに慣れていない、あどけない少女だ。

しかし氷の上でのトゥルソワは、まるで魔力でも得たかのようだった。

4本の4回転ジャンプ、すべて着氷した。難易度の高い4回転ルッツは、14.46点。4回転トーループからの連続ジャンプでは、オイラーを入れたあと、3回転サルコウを跳んだ。

技術点だけで、97.51点。2位のザギトワがそつなく跳んでも80.08点だけに、常軌を逸している。男子世界王者のネイサン・チェンと変わらないプログラムだった。当然、女子6選手中1位の得点。世界トップのザギトワ、紀平梨花、宮原知子らを引き離した。

ただ、アクセルジャンプだけはまだダブルだ。

これでトリプルアクセルを入れられるようになったら、トゥルソワは無敵どころか――。フィギュアスケートの形そのものまで変えてしまうかもしれない。

2018年の世界ジュニア選手権、トゥルソワは鮮烈な連覇を飾っている。2本の4回転ジャンプを成功。4回転サルコウは安藤美姫以来、女子で2人目になった。そして、2本の4回転を成功させた史上初の女子選手になっている。その後の大会で4回転ルッツも決め、女子ジュニアにして男子シニアのトップレベルの構成を組めるようになった。

そして今シーズン、トゥルソワは満を持してシニアデビューしている。9月のISUチャレンジシリーズ「ネペラメモリアル」では、238.69点で世界記録を更新。いきなり度肝を抜いた。

軽量を生かしてふわりと舞うジャンプは、特徴的だろう。ルッツでは上体を急角度に倒しながら、ロケットのように垂直に高く跳ぶ。跳ぶ、よりも、飛ぶ、に近いか。そして、駒のようにくるりと回転。体が軽いこともあるのか、着氷では落下する力をそらせる。

他の星から来たような異質さだ。

―身長は伸びているのか?

会見では、そんな質問が出た。成長期に入る中、同じように跳び続けられるのか。その不安はある。

毎年、身長は伸びています。でもそれ以上に、ジャンプ力も上がっていますよ。今の身長は何cmだっけ? うーん、155cmぐらいだと思います」

トゥルソワは無邪気に答えた。団子に束ねたブロンドの髪を気にしながら、体を少し縮め、横にいるザギトワの顔色を見て、”どうしてそんなこと聞くのかな”と頬を赤らめる。本人は、「跳べなくなる不安」など意に介していない。

大人になる段階で、試練はあるだろう。多くの女子選手が、成長期の難関をくぐっている。会見では、ザギトワ自身が成長期に体が大きくなって「一時は、自分の手足がどこにあるか、わからない感覚に陥った」と不振を振り返った。その姿を見て、トゥルソワも神妙な顔を浮かべていた。

しかし、時代の寵児はしばらく突っ走るだろう。

ジャパンオープン、演技構成点は6人中5番手だった。逆説すれば、スケーティング技術の上達によって、まだまだ加点が見込める。ジャンプの難易度を落としても、力の差を見せつけられる状況だ。

「(生まれ故郷のリャザンから遠く離れた)モスクワに家族で拠点を移しました。この決断をしたことが大きかったです。サンボ70 (ロシアのトップアスリート養成学校。フィギュアスケート部門はエフゲニア・メドベデワ、ザギトワなど有力選手を輩出)で練習を始めたことで、”自分はスケーターとしてやっていける”と思えました」

トゥルソワは言う。郷土から一家で引っ越し、競争に揉まれる日々を過ごした。同世代で同じサンボ70 所属のアリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワとの接戦を制し、世界ジュニア連覇。シニア挑戦に向け、すでに覚悟はあるはずだ。

フリープログラムは、まさに世界に挑む気迫が見える。

人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の『Pray』と『The Night King』を合わせた曲を使用。トゥルソワ本人が、ドラマの主人公のひとりであるデナーリス・ターガリエンを意識しているという。言いなりの人形のように見えて、正義感が強く、志も高く、敵を打ち破るときは無慈悲になるキャラクター。ドラゴンにまたがって、狂気に満ちた世界を焼き払う女王だ。

演技の最後、赤い炎が体に巻き付いたような衣装を身にまとったトゥルソワは、氷の上にしゃがみこみ、睨むようなポーズを決める。

「ドラカリス」

それは女王が、世界を炎で焼き尽くす時の呪文だ。

※Web Sportivaより一部抜粋

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/figure/2019/10/23/___split_14/index.php

最後の睨みポーズは「ドラカリス」という呪文を唱えていたのね笑

ひとつのフリープログラムに4回転4本なんて、確かに常軌を逸しているわね。

でもあたしはトゥルソワを心から応援したいわ。

この先いつまで跳び続けられるかわからないという声は、どうでもいいと思うのよ。

だって、今だって跳べない選手がほとんどの中で、跳べてること自体が凄いことだし、先のことなんてトゥルソワに限らず、どの選手もわからないわよ。

なによりも、周りがどんなに騒いでもよ、

現行のISUが決めたルールに基づいて、彼女は最大限の限界に挑戦しようとしているだけでしょ。

それはアスリートとして素晴らしいことであるとあたしは思うわよ。

女子フィギュアが4回転時代はいつまで続くのか?

フィギュアスケートの本来の表現力の美しさよりも、ジャンプ偏重の時代にもうなってしまってきているって、

あたしも時々嘆くんだけどね笑

これはね、ISUが勝手にそういうルールを作っただけよ。

あたしは近い将来、大きなテコ入れが入って、

4回転の基礎点が下がり、本数制限などがなされるのではないかと見ているわ。

選手達はISUが定められたルールに基づいて、競技を行っているだけなんだから、

フィギュアスケートをどういう方向性に向かって進めていくのかは、結局はISU次第なのよね。

4回転を跳ぶのも、決して一辺倒の言葉で片付けたくないのよ。

あたしはそれを「個性」だと思ってる。

「個性」を大事に、今を大切にしてほしいなって。

また、北京五輪後には「技術」と「芸術」とを分けた競技になるかもという話もあるけれど、

あたはそれに対しては反対意見だわ。

揺るぎない技術の礎があって、その上に芸術が成り立つ!

これこそがフィギュア競技の醍醐味よね。

そして時には、技術や芸術さえも超えて、直接訴えかけてくるような

誰かに祈りを捧げる滑り、感性を揺さぶられる魂の滑りを見た時に、

フィギュアスケートは人生そのものだ!って感動があるのよね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ下のブログバナーをクリックして頂けると励みになります!




 

【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

「人気ブログランキング」と「ブログ村」バナー。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

フィギュアスケートランキング

儚くも美しい羽生結弦の舞いをポチっと!

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村

昨季のOriginから進化を遂げる羽生結弦をポチっと!

-アレクサンドラ・トゥルソワ, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.