ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 紀平梨花 羽生結弦

更新日:

一体何が目的なの?ISUアワード創設する前にやることあるでしょ!

皆様、こんにちは!

ISUアワードを創設。フィギュアで最優秀選手賞など7部門表彰のニュースが!

ちょっとISUが何をしたいのか、理解できないんだけど、

一体どんなメリットがあるのかしら?

その前にもっとやることあるでしょう?って思ってしまったわよ。




何の誰の為のアワード!?AI導入やルール改正、ジャッジ教育が先では?

ISUアワードを創設 フィギュアで最優秀選手賞など7部門表彰

国際スケート連盟(ISU)は26日、フィギュアで最優秀選手賞や新人賞など7部門で表彰する「ISUスケーティング・アワード」を創設すると発表した。
12月1日に受賞候補者を発表し、同日から来年2月10日までインターネット投票を受け付ける。来年3月10日に各部門の最終候補者3人がノミネートされ、世界選手権を開催するモントリオールで同月22日に受賞者を発表する。

※スポニチより一部抜粋

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/10/27/kiji/20191027s00079000408000c.html

ISUスケーティング・アワード!?

何よ、これ笑

まず受賞候補者はISUが選出し、そこからインターネットであたしたちに投票をさせるってこと?

ねえ、こんな表彰するぐらいなら、

まずは競技の採点をしっかりと公正に同じガイドラインの元でできることに注力して頂戴よ!

そしてこんなアワードに力を入れるぐらいなら、

AI導入やジャッジの教育、そしてフィギュアスケートが良くなるためのルール改正に、時間とお金を費やして頂戴よ!

どうして採点競技である今のやり方に、わざわざ別にアワード作って7部門で表彰するわけ?

これも北京五輪後の、技術と芸術の審査を分けることと何か関連があるの?

それともフィギュア人気を盛り返したい国のため?

全くもって、ISUが何がやりたいのかわからないわ。

2022年北京五輪後に“2種目化”が実現する!?

失われる技術・芸術の「トータルパッケージ」

先日、あるニュースが出て話題となった。時事通信が報じたもので、国際スケート連盟(ISU)がフィギュアスケートの競技方式を、ジャンプやスピン、ステップの技術要素と、表現力などの芸術性を別のプログラムで評価する方式を検討しているというものだ。2022年北京五輪後の導入を目指しているという。

記事では、関係者のコメントとして「(総会で)反対する人はおそらくいないのではないか」ともあったが、もしそれが実現すれば、根本からフィギュアスケートが変わることになる。

フィギュアスケートは、これまでも様々な変化を遂げてきた。シングルで長年続けられてきたコンパルソリーの占める割合が変化した末に廃止されたのは大きな変化だった。2003-2004年シーズンのグランプリシリーズなどで導入されたISUジャッジングシステムがその翌シーズンから正式に採用され、現在の枠組みとなったのもまた大きな変化だ。これらだけでなく、採点の中身などを巡り、さまざまに変わってきた。

このような歴史を踏まえたうえで、もし、検討されている方式が採用されれば、その変化の大きさはまったく異なる。記事では「どちらかの種目だけの出場でもよい」とされている。それは2つの種目を作ることを意味する。つまり、過去の変化においては最終的にはあくまでも技術面と芸術面を合わせて競う方式の上での話であったのに対し、それを分けることになるから、質を異にしている。

そしてそれは種目を2つにするだけにとどまらない。技術、芸術双方を融合した競技であったのがフィギュアスケートだ。ときにいずれかに傾斜しているかのように見えても、その枠組みがあっての話だ。もちろん、選手によって持ち味は異なる。得意不得意とするところはあって、それでも、それぞれに総合的な力をつけようとし、競い合ってきた。その中に個性の違いも生まれ、さまざまな選手が存在する面白さがある。

2つの大きな方向に分ければ、そうした総合的な力をぶつける競技ではなくなる。想像の域を出ないが、あくまでも両種目に出たいと考える選手もいるだろう。一方で、どちらかに特化する選手も出てくるはずだ。競い合うにはアンバランスな面が生まれてくる。

長く2つに分けた方式が採られればそれだけ、特化する選手、あるいは両方取り組んでもどちらかに比重をかける選手がより増えてくることが考えられる。そのとき、今日のような「トータルパッケージ」という概念も失われかねない。

さらに言えば、一定期間、この方式を採用したあと、やはりうまくいかずにもう一度今日のような、技術性、芸術性をあわせて競う方式に戻そうとするとしよう。しかしそれは容易ではない。その頃には、選手たちの間から、今日のようにジャンプやスピン、ステップを磨き、スケーティングに取り組み、表現面を意識するというトータルでの取り組みが薄れていることが予想される。となると、相応のレベルを取り戻すのに相当の時間を要することになる。失うものは決して小さくないのではないか。

※VICTORYより一部抜粋

https://victorysportsnews.com/articles/3305/original

今回のアワードと2種目化とは何か関係しているのかしら?

いずれにしてもISUが何を目指して、フィギュアスケートをどうしたいのか全く見えないのよね。

もしも失われる技術と芸術のトータルパッケージが現実のものとなるのなら、

フィギュアスケートそのものがつまらなくなってしまうのは、もう目に見えているのにね。

皆様はどう思われるかしら?

【11月発売予定の羽生結弦関連書籍の紹介よ】

・11月8日発売、フィギュアスケートマガジン

 

・11月8日発売、Sportiva 羽生結弦 日本フィギュアスケート2019-2020シーズン序盤号

最後までお読み頂き、いつもありがとうございます。

下のブログランキングバナー2つをぜひクリックお願いします、励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です】


フィギュアスケートランキング

瞳を閉じたOtonal美に酔いしれたままポチっと!

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

美しすぎるOrigin美のポーズにポチっと!

-フィギュアスケート, 紀平梨花, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.