スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

羽生結弦の一問一答からNHK杯ショートを振り返る!

皆様、おはようございます!

昨夜のNHK杯ショートの興奮冷めやらぬままよ~。

今日はフリーが!そしてグランプリファイナル行きも決定する大事な一日よ!

その前に、羽生結弦の一問一答から、皆様と一緒に昨夜のショートを振り返っていきたいわ!




羽生結弦のショート後の一問一答「曲を感じようと思った」

――きょうの感想とフリーへの意気込み

「きょうはありがとうございました。(カメラマンがポジションを取るために移動しているのを見て)ちょっと待った方がいいですかね。大丈夫ですか?

きょうは、及第点を出せるデキだと思っています。ベストだとは言い難いですけど、きょうの演技を糧に、またしっかり練習をして、次の試合ではいいショート(SP)をしたいなという風に思いました。明日は明日で別の演技ですし、また違う日なので、違う集中の仕方をして、健康で、最後まで滑り切れるように頑張りたいと思います」

――世界最高の更新を期待された。フリーで自身が満足する演技をするためには何が大事か

「特に何か変わったことをするつもりはないです。ただ、淡々と自分のやるべきことを、やりたいことを、常に見つけながら集中したいと思っています。世界最高得点についていっぱい言われますけど、特に今は意識するものではないとすごく考えていますし、きょうの演技を終えて改めてそう感じたので、このNHK杯というものをしっかりやりきって、その中で明日は明日のフリーがあるので、最後まで気持ち良く滑れるようにしっかり準備をしていきたいです」

――ロシアがスケートの原点と言っていた理由は何か

「えっとー、何でですかね。分からないです。ただ、僕がスケートを始めて、3つめのプログラムが“ロシアより愛を込めて”というタイトルが付いたプログラムで、都築先生が名前を付けたんですけど、ぼくの恩師である都築先生がロシアで勉強をしてきて、それで日本でフィギュアスケートのコーチングの礎を築いてきたというのがもちろんあります。それに僕自身、ロシアのスケートが好きで、表現の仕方とか、スケートの姿勢とか、スケートに対するストイックな姿勢がすごくかっこいいなと思っています。できれば、ロシア人のコーチの人にも習ってみたいなと思っていますし、隣にいるセルゲイ(ボロノフ)にもいろんなことを習ってみたいです」

――演技後の拍手は誰に、何に対してか、胸を叩くポーズの意味は

「まず、天を仰いだのはとりあえず良かった、ホッとしたという気持ちでいたのと、拍手は“パリの散歩道”、いつからか明確でないですけど、SPでいい演技をしたら拍手をすると決めていたので、それで拍手をしました。胸に手を当てたのは、とりあえずみなさんの応援を心で受け止め切れたよ、と自分自身に言い聞かせるというか、そういう感じでやっていました」

――緊張したと言っていたが、演技中は何を考えていたか

曲をすごく感じようと思っていました。どんなに緊張しても、どんなに会場が変わっても、曲だけは変わらないと思っていたので、曲に感情をもらって、いいイメージを持ちながら演技をしていました。やっぱり、曲に感情を入れすぎるとジャンプを飛ぶのが難しいですね、僕の場合は。曲に、ジャンプのテンポを合わせすぎちゃうから、それだと曲のテンポになってしまうので、そこが難しいところなんですけど、ただ、僕のフィギュアスケートはそういうとこが一番大事なところだと思っているので、そこができてこそ、僕は“羽生結弦”と言えると思うので、それを改めて感じながら…。緊張したからこそ、より曲を感じたというのはありますけど、曲を感じながらジャンプをするということの気持ちよさを改めて感じました」

――本番の緊張感に負けたと言っていた。ファンの方は羽生選手は強いなというイメージがあると思うが、強い自分を作り上げているのか、それとも自然に出てくるのか

「自分の中で明確なものはないです。僕も人間なので、弱いときはすごく弱いです。ただ、強い自分をみなさんが印象を強く持っていてくださることで、僕も常に強くないといけないと思っています。それは、ファンのみなさんや、スケートを見に来てくださる方が、“羽生結弦はこうだよね”っていうのを期待してくださるからこそ強くありたいと思いますし、それが時にはプレッシャーになって、弱い自分が露呈してしまうきっかけにもなることがあるんですけど、でも、そのプレッシャーがあるから強くありたいと思うんですよね。多分、人より人の何倍もプレッシャーを抱えていますし、僕自身、みなさんに強いと思われているからこそ、自分はすごく弱いと思ってしまうんですけど、だから、なんて言うんですかね、弱い自分を見せたくないなとすごく思っています。強くありたいとすごく思っています」

※スポニチより一部抜粋

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/11/22/kiji/20191122s00079000375000c.html

【ショート「Otonal」動画】

【プロトコル】

あたしが羽生結弦の「Otonal」を見て強く感じたのは、「表情」の柔らかさだったのよね。

この一問一答を通して、「曲をすごく感じようとして、曲から感情をもらった」というところに

彼の「表情」に「感情」がよく表れていたのに納得だわ。

解説の本田氏はいつもよりスピードがなかったと言っていたけれども、

あたしは曲をしっかりと感じながら、丁寧に丁寧に心を込めて大事に滑っていたように思えたのよね。

スピードがあることだけが演じることではないはずよ。

だって優しい曲って、心地よいテンポで表現から音を奏でるはずだものね。

☆合わせてお読み頂きたいNHK杯男子ショート記事よ。

圧巻の羽生結弦もまだ出来る!NHK杯男子ショートの結果は?

【ちょっと一息♪羽生結弦NHK杯関連の最新書籍よ!】

NEW! 12月13日発売よ!

「フィギュアスケートMemorial グランプリシリーズ2019 in NHK杯」

 

NEW! 12月9日発売よ!

「フィギュアスケート通信DX NHK杯2019 最速特集号」

羽生結弦、フリーは10番滑走スタート!

ショート後、抽選の結果で

羽生結弦10番滑走、山本草太5番滑走、島田高志郎7番滑走になったわよ!

【羽生結弦フリージャンプ構成】

4Lo/4S/3Lz/4T/4T-1Eu-3F/3A-3T/3A-2T

まずは冒頭の4ループよね!

そしてショートで少しミスが出てしまった4トーループ。

「原因は自分の中でわかっています。でも、言葉にするといいわけになるのでやめます」

すでに冷静に自己分析ができているのね、フリーではしっかりと修正してくるはずよ。

そして最後のジャンプ3本がコンビネーションって凄い構成よね。

リカバリーできないリスクもあるけれども、3アクセル2本に絶対の自信があるのよね。

日本の3選手にフリーもぜひとも頑張ってもらいたいわね!

最後までお読み頂き、いつもありがとうございます。

下のブログランキングバナー2つをぜひクリックお願いします、励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第8位です】


フィギュアスケートランキング

瞳を閉じたOtonal美に酔いしれたままポチっと!

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

美しすぎるOrigin美のポーズにポチっと!

-フィギュアスケート, 羽生結弦


 

愛のオネエサロン

  1. あじさい 2019年11月23日 7:29 AM

    おはようございます!
    トーループの話 もしや足の調子が?とドキッとしちゃいました。
    ほんとに穏やかな表情でしたよね 見ながら自分も両手をふわ〜んと広げてみたりして… トーループ ジスランの誕生日だから跳んだとか? 演技の中にいろんな考えや気持がこもってるのが驚きです。
    ステップのところのフラワーガール達のわぁって喜ぶ場面良かったなぁ。すごく嬉しそうでしたよね。ぷーさん拾うわよ!って気持になったかな?
    今の羽生君 「羽生結弦」を確立するために頑張っていますね。だから半端なことは嫌なのね。ロシアのコーチ習いたいですって! もしそうなったら 演技の幅がすごいことになるでしょうね。

    • オネエ 2019年11月23日 5:05 PM

      >あじさい様

      自分も両手を広げちゃうお気持ち、すごくわかります。
      Otonal最後のポーズは真似ましたわ笑
      羽生結弦であるためにプレッシャーをも力に変えるパワー、凄いですね!

  2. ローイ 2019年11月23日 7:49 AM

    おはようございます^_^昨日の大会は、笑顔が印象的でした。音楽を聴いてあわせてjumpしてしまうと、jumpが遅れる?とか……なので、音楽表現する事も必要だが聴いてはダメと……とあるスケーターさんが語っていたのを見た覚えがあります。音楽と同化して流れの中でjumpするという難しさを簡単に話してますね(笑)←って…私はスケートした事ない(ー_ー;)(^O^;)変わらない曲を聴いて、その場所、その時、その感情を表現するって、さすが……経験値が高いですね(^^♪集中の仕方同様、緊張感をポジティブにパワーにかえてますね(^o^)今は、落ち着いていますが……私。Origin、Origin、Origin様……Origin様(≧▽≦)神ってるカメラ、カメラマンさんでOriginがどんなOriginになるか…それも楽しみです。白い綺麗なリンクの氷……氷上のOrigin…(≧∇≦)b(≧▽≦)

    • オネエ 2019年11月23日 5:08 PM

      >ローイ様

      笑顔が印象的ですよね。
      曲から感情をもらうことはあっても、全部が音楽に合わせてしまうと
      ズレてしまうこともあるのですよね。
      う~ん、奥が深い競技ですよね、フィギュアって。
      曲を表現する場なのに。

  3. くりかのこ 2019年11月23日 8:23 AM

    私もスピードがないとは感じなかったです。
    音楽と一体化してるなって思いました。オネエさまがおっしゃるように本当に表情が柔らかくて、去年より仕草がさらに優雅になったと感じました。最後に歓声を浴びながら目をつぶっていた理由はインタビューでわかりました、なるほど……
    他の選手との雰囲気も良くて、試合全体が素晴らしいものになってますよね。

    • オネエ 2019年11月23日 5:10 PM

      >くりかのこ様

      NHK杯ストレスなく見れてます!
      BSと総合行き来するのが若干面倒ですが笑
      無駄な解説や実況もないので、演技に集中できますよね~。
      仕草や表情が優雅になってましたよね!

  4. ジゼル 2019年11月23日 9:20 AM

    さすが強い!ベストではなくても及第点の範囲にいつでも収まるというのが、もう一流のトップならでは・・。であります。
    普通の選手の振り幅より遥かに狭い。凄いことです。強さの秘密ですね。
    些細なミスの原因も経験値からわかっているし、音を感じながら入り込んで演技する中で、溺れないいぎりぎりのラインを見極めてるんでしょうね・・
    ジャンプってベストな自分のタイミングがある、て前言ってました。そのタイミングと音楽の流れのベストとの兼ね合いが凄くて。なんだかもうその領域に達してしまうと、「達人」、「道」て感じですわ
    ロシアで勉強したいという羽生君、もうロシアの方が「羽生結弦」を学ばせて欲しいんじゃ?なんてね。

    • オネエ 2019年11月23日 5:11 PM

      >ジゼル様

      音を感じながらもギリギリのラインって、
      そこまで考えて演じているのか!と改めて驚きました。
      ただ曲に合わせて滑るのでなく、音楽すら操ろうとしている
      そんなように感じました。

  5. ローイ 2019年11月23日 9:22 AM

    「スピードがなかった」←世界最高得点に響く事なのか?…響かないのか??私には、まったく(@_@)(?_?)(@_@)(?_?)(+_+)ですが(汗)ゆったりとした動きは、とてつもなく……映像に映った、紐を締めているフィギュア靴から見えた…長いくつ下。あの…長いくつ下……気になるわ(笑)(・o・)

    • オネエ 2019年11月23日 5:12 PM

      >ローイ様

      スピードだけがフィギュアの魅力でないですからね。
      緩やかな空気の中で優しさが沢山伝わってきました。

  6. おばちゃん 2019年11月23日 10:52 AM

    オネエさま書いてらっしゃるように丁寧に、より要素を明確においていってる印象でした。それでスピードがってまとめてちゃう本田氏解説は、ちょっと物足りないかな?
    きっと現地じゃヒューって風のようにリンクを過ぎていくでしょうね(^.^)
    自分の弱さを人の何倍も感じて、強くあろうとする羽生くんは立派です。
    先日チラ見したイチローのインタで、そりゃ1番になりたいでしょ⁉︎(野球ね)最初から2番目指してどうするんですか?ってニコニコしてました。求道者は素敵ですね、originが楽しみ!

    • オネエ 2019年11月24日 3:57 AM

      >おばちゃん様

      そうですね、要素を明確に丁寧に滑っている印象を受けました!
      演じたいことってその時、状況や空気感、気持ちなどで微妙に
      変化していくものですよね。スピードがないって括られてしまうのは
      どうかなって思いました。

  7. あい 2019年11月23日 10:53 AM

    おはようございます! 羽生君のクリケットには参考になる表現力の先生、スペシャリストが沢山見えます。フェルナンデス、メドベージェワ、ジェイソンブラウンなど。指先まで伸びて神経が行き届いて表現しています。最後まで役柄を演じきるような人達が。そういう美しさを取り入れれば、十分ロシア的になると思います。羽生君のジャンプはピカ1で、美しい曲も得意ですが、来シーズンは変わった曲調もチャレンジされては?と、思います。タラソワコーチは真央ちゃんに恋をしなさいと助言をした位ですから、色々な生活上の経験が表現力に役立つかも?

    • オネエ 2019年11月24日 3:59 AM

      >あい様

      ロシア的要素はバレエのようなクラシカルな部分のことを
      指しているのかなとも思いました。
      タラソワが真央に恋をしなさい!といったの印象的でしたね。
      年齢と共にどんどん演じ方も変わってくる変化も見ている側は楽しみたいですよね。

  8. 乙部のりえ 2019年11月23日 2:09 PM

    男子ショートが始まる頃に迂闊にも寝てしまいましたわ(涙)
    酒のせいよ!酒が悪いのよ…
    しかし、ジェイソン・ブラウンの演技からは見れたので良しとしましょう! と思う
    今夜はアルコールを少し控えて…、控えられるかしら?
    ショートの羽生くんは2人で滑ってましたよね? 二人の羽生くんがしっかりシンクロして滑ってました。素晴らしかったです。

    • おばちゃん 2019年11月23日 3:17 PM

      のりえさん‼︎やっぱり、飲んじまったのね!
      そんな有様で紅天女狙うとは‥‥出とちりなんて100年早いわ オーホホホ 
      アタクシはコレからチキンの赤ワイントマト煮込みを作るのよ。

    • オネエ 2019年11月24日 4:09 AM

      >のりえ様

      酒のせいよね!今回はビールばかり。
      サモ江のせいでビールが進んだわ!笑

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.