スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

羽生結弦の一問一答からNHK杯ショートを振り返る!

皆様、おはようございます!

昨夜のNHK杯ショートの興奮冷めやらぬままよ~。

今日はフリーが!そしてグランプリファイナル行きも決定する大事な一日よ!

その前に、羽生結弦の一問一答から、皆様と一緒に昨夜のショートを振り返っていきたいわ!




羽生結弦のショート後の一問一答「曲を感じようと思った」

――きょうの感想とフリーへの意気込み

「きょうはありがとうございました。(カメラマンがポジションを取るために移動しているのを見て)ちょっと待った方がいいですかね。大丈夫ですか?

きょうは、及第点を出せるデキだと思っています。ベストだとは言い難いですけど、きょうの演技を糧に、またしっかり練習をして、次の試合ではいいショート(SP)をしたいなという風に思いました。明日は明日で別の演技ですし、また違う日なので、違う集中の仕方をして、健康で、最後まで滑り切れるように頑張りたいと思います」

――世界最高の更新を期待された。フリーで自身が満足する演技をするためには何が大事か

「特に何か変わったことをするつもりはないです。ただ、淡々と自分のやるべきことを、やりたいことを、常に見つけながら集中したいと思っています。世界最高得点についていっぱい言われますけど、特に今は意識するものではないとすごく考えていますし、きょうの演技を終えて改めてそう感じたので、このNHK杯というものをしっかりやりきって、その中で明日は明日のフリーがあるので、最後まで気持ち良く滑れるようにしっかり準備をしていきたいです」

――ロシアがスケートの原点と言っていた理由は何か

「えっとー、何でですかね。分からないです。ただ、僕がスケートを始めて、3つめのプログラムが“ロシアより愛を込めて”というタイトルが付いたプログラムで、都築先生が名前を付けたんですけど、ぼくの恩師である都築先生がロシアで勉強をしてきて、それで日本でフィギュアスケートのコーチングの礎を築いてきたというのがもちろんあります。それに僕自身、ロシアのスケートが好きで、表現の仕方とか、スケートの姿勢とか、スケートに対するストイックな姿勢がすごくかっこいいなと思っています。できれば、ロシア人のコーチの人にも習ってみたいなと思っていますし、隣にいるセルゲイ(ボロノフ)にもいろんなことを習ってみたいです」

――演技後の拍手は誰に、何に対してか、胸を叩くポーズの意味は

「まず、天を仰いだのはとりあえず良かった、ホッとしたという気持ちでいたのと、拍手は“パリの散歩道”、いつからか明確でないですけど、SPでいい演技をしたら拍手をすると決めていたので、それで拍手をしました。胸に手を当てたのは、とりあえずみなさんの応援を心で受け止め切れたよ、と自分自身に言い聞かせるというか、そういう感じでやっていました」

――緊張したと言っていたが、演技中は何を考えていたか

曲をすごく感じようと思っていました。どんなに緊張しても、どんなに会場が変わっても、曲だけは変わらないと思っていたので、曲に感情をもらって、いいイメージを持ちながら演技をしていました。やっぱり、曲に感情を入れすぎるとジャンプを飛ぶのが難しいですね、僕の場合は。曲に、ジャンプのテンポを合わせすぎちゃうから、それだと曲のテンポになってしまうので、そこが難しいところなんですけど、ただ、僕のフィギュアスケートはそういうとこが一番大事なところだと思っているので、そこができてこそ、僕は“羽生結弦”と言えると思うので、それを改めて感じながら…。緊張したからこそ、より曲を感じたというのはありますけど、曲を感じながらジャンプをするということの気持ちよさを改めて感じました」

――本番の緊張感に負けたと言っていた。ファンの方は羽生選手は強いなというイメージがあると思うが、強い自分を作り上げているのか、それとも自然に出てくるのか

「自分の中で明確なものはないです。僕も人間なので、弱いときはすごく弱いです。ただ、強い自分をみなさんが印象を強く持っていてくださることで、僕も常に強くないといけないと思っています。それは、ファンのみなさんや、スケートを見に来てくださる方が、“羽生結弦はこうだよね”っていうのを期待してくださるからこそ強くありたいと思いますし、それが時にはプレッシャーになって、弱い自分が露呈してしまうきっかけにもなることがあるんですけど、でも、そのプレッシャーがあるから強くありたいと思うんですよね。多分、人より人の何倍もプレッシャーを抱えていますし、僕自身、みなさんに強いと思われているからこそ、自分はすごく弱いと思ってしまうんですけど、だから、なんて言うんですかね、弱い自分を見せたくないなとすごく思っています。強くありたいとすごく思っています」

※スポニチより一部抜粋

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/11/22/kiji/20191122s00079000375000c.html

【ショート「Otonal」動画】

【プロトコル】

あたしが羽生結弦の「Otonal」を見て強く感じたのは、「表情」の柔らかさだったのよね。

この一問一答を通して、「曲をすごく感じようとして、曲から感情をもらった」というところに

彼の「表情」に「感情」がよく表れていたのに納得だわ。

解説の本田氏はいつもよりスピードがなかったと言っていたけれども、

あたしは曲をしっかりと感じながら、丁寧に丁寧に心を込めて大事に滑っていたように思えたのよね。

スピードがあることだけが演じることではないはずよ。

だって優しい曲って、心地よいテンポで表現から音を奏でるはずだものね。

☆合わせてお読み頂きたいNHK杯男子ショート記事よ。

圧巻の羽生結弦もまだ出来る!NHK杯男子ショートの結果は?

【ちょっと一息♪羽生結弦NHK杯関連の最新書籍よ!】

NEW! 12月13日発売よ!

「フィギュアスケートMemorial グランプリシリーズ2019 in NHK杯」

 

NEW! 12月9日発売よ!

「フィギュアスケート通信DX NHK杯2019 最速特集号」

羽生結弦、フリーは10番滑走スタート!

ショート後、抽選の結果で

羽生結弦10番滑走、山本草太5番滑走、島田高志郎7番滑走になったわよ!

【羽生結弦フリージャンプ構成】

4Lo/4S/3Lz/4T/4T-1Eu-3F/3A-3T/3A-2T

まずは冒頭の4ループよね!

そしてショートで少しミスが出てしまった4トーループ。

「原因は自分の中でわかっています。でも、言葉にするといいわけになるのでやめます」

すでに冷静に自己分析ができているのね、フリーではしっかりと修正してくるはずよ。

そして最後のジャンプ3本がコンビネーションって凄い構成よね。

リカバリーできないリスクもあるけれども、3アクセル2本に絶対の自信があるのよね。

日本の3選手にフリーもぜひとも頑張ってもらいたいわね!

最後までお読み頂き、いつもありがとうございます。

下のブログランキングバナー2つをぜひクリックお願いします、励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第8位です】


フィギュアスケートランキング

瞳を閉じたOtonal美に酔いしれたままポチっと!

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

美しすぎるOrigin美のポーズにポチっと!

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.