スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネイサンチェン フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

くだらないサゲ記事!羽生結弦を書く文春は節穴だらけね!

皆様、こんにちは。

前回、文春にしては珍しく、

「やっぱり日本で滑りたかったんで、ずっと」 NHK杯優勝・羽生結弦の言葉に、なぜファンの心はつかまれるのか

という良記事を紹介したかと思いきや、

案の定、ネイサンと比較してくる「サゲ記事」をすかさずリリース。

ファイナルが近づき、こんな記事ばかり出てくるの目に見えてるわね。




必要のない比較をするのなら、お互いの選手にリスペクトを持つべきよ!

「正直悔しい」苛立ちを見せた羽生結弦は“最強の刺客”ネイサン・チェンに勝てるか

11月24日に閉幕したフィギュアスケートNHK杯で圧巻の優勝を飾った羽生結弦(24)。今季GPシリーズを連勝し、同シリーズ上位6名による大一番、GPファイナル(12月5日開幕)への進出を決めた。

「過去2年は怪我で出場できなかったため、ファイナル制覇への期待が高まっている。会見でも珍しく『勝ちたい』、『いい演技より結果を』と口にしていました」(全国紙五輪担当記者)

ただ、NHK杯のショートの演技後は、「もっと上を目指していたので正直悔しい」と苛立ちを見せた。

「ほぼ完璧な演技でしたが、それでも苛立ちを見せたのは、ファイナルを2連覇しているライバルの存在があるからです」(同前)

羽生の前に立ちはだかる最強の刺客が、ネイサン・チェン(米国・20)だ。

「チェンには今年3月の世界選手権で敗れ、現行ルールの下での世界最高得点、323.42点を目の前で叩き出された。羽生は『ファイナルは自分の中ではネイサン選手との戦いでしかない』と語っている」(同前)

両者の今季の最高得点を見ると、羽生はカナダ大会で出した322.59点。チェンはアメリカ大会の299.09点。点差を見れば勝利は堅そうだが、スポーツ紙スケート担当記者は「決して予断を許さない」と言い、こう続ける。

ジャンプだけではないチェンの強さ

「チェンは5種類の4回転ジャンプをこなす“4回転の申し子”で、高難度で高得点を出すジャンプを跳べる。羽生にミスがあったとはいえ、世界選手権ではショート、フリーとも4回転の本数は一緒だったのに20点以上の差がつきました。チェンは今季、ジャンプが万全ではありませんが、仕上がってくれば怖い。対する羽生は世界初の4回転アクセルを練習中ですが、本番で出せるか未知数です」

チェンの強さはジャンプだけではないという。

「チェンは昨年、米国屈指の名門・イェール大学に入学。統計学を専攻し、医学の道も目指す“文武両道”アスリートです。進学のために指導者と離れ、自分で試行錯誤しながら練習をする中で、自立心が芽生えてきている。平昌五輪の時は重圧に押しつぶされて自滅しましたが、昨季から演技に安定感が出てきました」(別のスポーツ紙記者)

一方、羽生のメンタルの強さも人並み外れているが、

「2012年からトロントの名門クラブで指導者も含めて優れた環境に身を置き、一緒に暮らしているお母さんに栄養面など手厚いバックアップも受けている。境遇が対照的なチェンが培ってきたハングリー精神は侮れません」(同前)

チェンは「羽生がいるから頑張れる」と語る。今季の王者は果たしてどちらか。

※文春オンラインより一部抜粋

https://bunshun.jp/articles/-/16268

まずNHK杯ショートの後の「苛立ち」って何よ?

ネイサンの存在があるから「苛立った」んじゃなくて、

自分の演技を冷静に自己分析していたと思うけど。

そもそもこの記事はネイサンがいかに素晴らしいか!って記事よね。

なら羽生結弦を引き合いに出す必要なんてどこにあるの?

ネイサンはジャンプも跳べるし、自立心が出てきて、安定感も出てきた!だけでいいじゃない。

なんで羽生結弦がクリケットでお母様のバックアップがなんて「比較」が必要なの!?

遠回しに自立できてないって言っているようなもんよね。

人間、お互い生活環境が違うのは当然のこと。それぞれの事情があるのに、

同じラインに無理やり「比較」させようとするのは全くもってナンセンスね。

この記事を書いたのは文春の編集部。

ネイサンファンがいるのであれば、ネイサンの記事だけに特化して書けばいいじゃない。

☆合わせてお読み頂きたいNHK杯ショートの記事よ☆

圧巻の羽生結弦もまだ出来る!NHK杯男子ショートの結果は?

☆NEW!羽生結弦関連の書籍ご紹介よ☆

↓ご注文はこちらから↓

・12月19日発売 

KISS&CRY 氷上の美しき勇者たち NHK杯2019総力特集号~Road to GOLD!!! (表紙・巻頭特集/羽生結弦選手)

・12月17日発売

【Amazon.co.jp 限定】フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2020 シーズン開幕スペシャル

ISUスケーティングアワード登録は12月1日夜20時まで!

ISUはスイスのローザンヌに本部を置くのよね。

なら時差を考慮すると、

本日12月1日の日本時間、夜20時が登録の締め切りよね。

まだ具体的にどういう投票なのか、

そもそもどう候補者をリストアップしてくるのか未定だけど、

後で自分の好きな選手に応募できなかった!ってことがないように登録だけはしてもいいんじゃないかしら?

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。

皆様のお陰でブログランキング素晴らしい順位にいることができています。

ぜひ下のふたつの「春よ、来い」バナーをポチっと頂けると励みになります!




 

【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です】

ブログランキング

【ブログ村第2位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

様々な想いを儚い桜の花びらに乗せて、天に舞う、、、

-ネイサンチェン, フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. ミントブルー 2019年12月1日 4:54 PM

    こんにちはおねえさま。
    案の定な記事を出せて文春もさぞかし美味しいご飯が食べられるでしょう。
    ネイサンの存在がなければ今期こんな素晴らしい演技は見れなかったかもしれないからファンとしてはもう、どうでもいい記事というか大して気にならないですが、よく知らない人が読むのがやっぱり嫌ですね〜
    静香の部屋の荒川さんの言うように元気に健康な姿を見れるだけで幸せですね。

    • オネエ 2019年12月1日 7:58 PM

      >ミントブルー様

      ファンはまたか?となりますが、
      フィギュアに詳しくない方々が読まれると嫌な内容ですよね。
      とにかく健康でいてほしい、それだけですね。

  2. MAOファン 2019年12月2日 6:03 AM

    おはようございますおネエ様
    文春って医者と弁護士が偉いって思いこんでるオヤジが作ってる雑誌なのね。医者も目指すネイサンは偉くて、通信制の大学でコツコツ勉強してる結弦君は駄目なんですかね?コーチと離れて自立?大学での学業はたいへんだと思います。アメリカは厳しいと聞きますし、でも大学に通いスケートとは違う人間関係があるのは、精神的には楽な場所があるわけで…
    スケーターはリンクの上の個々で記事にしてほしい。ネイサンが医者になることと結弦君の側でお母様がサポートしている事はあんぱんのけし粒程も関係無い自国のスケーターに対するサゲ記事、そこに愛は感じられない❗

    • オネエ 2019年12月3日 11:24 AM

      >MAOファン様

      そもそも人間みな育つ環境は千差万別で
      それを同じ線の上で比較しようなんて、いつの時代のやることか!って思います。
      皆バックグラウンドが違うんだから、それが素晴らしいことなのに。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.