スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

ルールを変えてもダメ!ジャッジの意識を変えなければ!

皆様、おはようございます!

ISU(国際スケート連盟)が10月の理事会で、「演技構成点の項目が多すぎる。5つの項目間で重複しすぎている」

と北京五輪後に変更案を出す意向を示しているようね。

今季謎のシリアスエラーの導入もそうだけど、技術点にも不可解なGOEなど、問題は山積みよね。

演技構成点について、とても興味深い記事があるので、ご紹介するわね。




フィギュアスケートの芸術採点はどこへ向かうのか?

フィギュアスケートの芸術採点はどこへ向かうのか

◇ISUが演技構成点改革へ

フィギュアスケートの採点は分かりにくい。ジャンプやスピン、ステップの技術だけでなく芸術を含めて競うスポーツであるだけに、特に芸術性を内包する表現力の採点にはしっくりこない感覚が大なり小なりつきまとう。五つの項目を各10点満点から0.25点刻みで評価する「プログラム・コンポーネンツ・スコア(演技構成点)」にはジャッジの主観が入り込む余地が大きく、ジャンプの基礎点のような数字による明確な規定がないこともあり、点数の根拠を説明しづらい。

国際スケート連盟(ISU)も演技構成点の採点に改善の余地があると考えている。10月の理事会で作業部会を設置して改革へ動きだした。シングル、ペア、アイスダンス、シンクロナイズドの各種目の専門家が集まって現状を検証し、必要なら北京五輪後の2022年総会に変更案を示すという。具体的な議論はこれからだが、ISU幹部は「演技構成点の項目が多過ぎるかもしれない。採点するための基準や尺度も多く、五つの項目の間で重複し過ぎている」と私見を述べた。

◇表現と芸術、基準多過ぎ

演技構成点はスケーティングスキル、トランジション、パフォーマンス、コンポジション、インタープリテーション(・オブ・ミュージック)の5項目に分かれ、和訳すればスケーティング技術、技のつなぎ、演技、構成、音楽の解釈。スケーティング技術なら「流れと滑り」など、シングルでは各項目について三~六つの尺度があり、5項目で計23もの基準に照らして採点する。ISU幹部は「人間の脳で、これほど多くの基準を全て網羅して採点することは可能だろうか。それこそが作業部会が調査する論点だ。多過ぎると判断したら減らすことになるだろう」と語った。

ジャッジは5項目の演技構成点だけでなく、短い時間でジャンプとスピン、ステップの出来栄え点(GOE)も付けなくてはならない。ISUはかつて、演技構成点と技術点を別々のジャッジに評価させることも検討したが、より多くのジャッジを抱えると経費もかさむことなどから断念したという。別の関係者によると、演技構成点を3項目に減らす案が浮上したこともあった。

◇ジャッジすら区別付かず

スケーティングスキルは他の四つとの区別が明確だ。評価尺度は(1)ディープエッジ、ステップ、ターン(2)バランス、リズミカルな動き、足の運びの正確さ(3)流れと滑り(4)パワー、スピード、加減速の多彩さ(5)あらゆる方向へのスケーティング(6)片足でのスケーティング―の六つ。あるベテランの国際ジャッジは「そのスケーターが持っている基本的な力(の評価)に限りなく近い」と説明した。一方でフィギュアスケート界には、コンポジション(かつては「コリオグラフィー(振り付け)」と併記)とインタープリテーション(曲の解釈)の区別が付きにくいという声がくすぶり続けている。

前出の国際ジャッジは「音楽をどう表現するかというとき、インタープリテーションは音の構造に動きが物理的に合っているかというニュアンスに近く、コンポジションは何を表現しようとしているかを見る」と言う。フィギュアスケートでよく使われる曲のパイレーツ・オブ・カリビアンを例に「音に合っていても動きが海賊に見えなければ、インタープリテーションは評価できるが、コンポジションは評価できない。見るからに海賊を表現しているが音からずれていれば評価は逆になる」と解説してくれた。この違いを若いジャッジが把握しきれていないケースもあるという。

◇「バズワード」で言い換え?

演技構成点改革の狙いについて、ISU幹部は「会場や映像でフィギュアスケートを見る人にとって分かりやすいこと。なぜこの結果になったかを理解しやすくなるように」と語った。ただ、ジャッジにすら認識が難しい評価基準で採点をしても、見る人には伝わらない。項目数や各項目の採点尺度を減らせばジャッジの負担は減るかもしれないが、分かりやすさにつながるだろうか。

ISUはある時期、ジャッジセミナーなどで演技構成点の5項目への理解をより深めるために「バズワード」のような発想で言い換える取り組みをしていたという。米国の元国際ジャッジでピアニストのジョー・インマン氏らが考案し、5項目をバランス、コネクション、デリバリー、デザイン、フィーリングと言い換えていた。表層的な分かりやすさを求めるというなら、これは悪くない。

※時事通信より一部抜粋

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019113000422&g=spo

SS スケート技術
Skating Skills
プログラム全体の、スケーティングの質やスピード、その変化など。
TR 要素のつなぎ
Transitions/Linking Footwork
要素と要素の間の、ステップなどのつなぎ。要素への出入りの特所など。
PE 動作/身のこなし
Performance/Execution
音楽に合った身のこなし、スピードの変化、演技をしているか。
CH 振り付け/構成
Choreography/Composition
調和のとれたプログラム構成、またハイライトの分布になっているか。
IN 曲の解釈
Interpretation
音楽を理解し、それに合った動き・表現がされているか。

そもそもISUが自分達で作ったルールでしょ!?

今更、演技構成点の項目が多すぎって、自分達の決めたルールで迷っているなら、見ている側は困惑するに決まってるじゃない。

人間の脳で、これほど多くの基準を全て網羅して採点することは可能だろうか、、、

そんなの無理に決まってるじゃない!

こんなに項目多いしさ、限られた時間で技術点、演技構成点それぞれの審査なんて無理よ。

そのくせ難クセジャッジは下げるところだけはしっかり下げてくる始末でしょ。

多くのジャッジで審査すると経費問題がかさむのなら、

技術点にとっととAI導入したらどう!?肉眼でエッジエラーとか回転不足とかって、正確な判定は無理よ。

スケーターが日頃から練習を重ね、

大きな舞台で正当な評価がされないほどやるせないことってないわよ。

シリアスエラーのジャンプ転倒と「振付」「曲の解釈」って連動してるの?

【オータムクラシック羽生結弦フリープロトコル】

【NHK杯羽生結弦フリープロトコル】

なんでこうも大会によって演技構成点に大きな差があるわけ?

オータムで「89.70」→NHKで「94.14」。

その要因?のひとつに、あたしが今季、理解に苦しむのは「シリアスエラー」。

要はジャンプ転倒が続くと演技構成点を下げますよ!っていう謎のルール。

今シーズンから規定されたシリアスエラーとは、、、

「プログラムが中断され、構成や音楽との関係、連続性、流れるような美しさに影響を与えるもの」を指す。 転倒は確実に含まれ、ステップアウトは演技の動きを途切れさせるようなものであれば、重大なエラーになる。

1転倒or1シリアスエラーでSS、TR、CO9.75以上不可。PE、IN9.5以上不可。
2転倒or2シリアスエラーではSS、TR、COは9.25以上不可。PE、IN8.75以上不可。
トップ以外の選手についても本来のその選手のPCS比で下げる。

ジャンプでのミスがあろうがなかろうがよ、曲の振付や解釈が損なわれることなんて決してないはずよ!

パイレーツオブカリビアンを例えるとよ、そこが船上の上で大きな波が来て、

バランスを崩して倒れることだってあるわけでしょ。そんなの世界観壊してないわよ笑

ISUはただでさえ、項目が多いと嘆いているのなら、何故そこにさらにややこしくするこんなシリアスエラーを被せてきたの?自分たちのルールで自分たちの首しめてるだけよ。

☆合わせてお読み頂きたいシリアスエラーの記事よ☆

ISU謎のルール改正!シリアスエラーの基準って一体何?

☆NEW!羽生結弦関連の書籍ご紹介よ☆

↓ご注文はこちらから↓

・12月19日発売 

KISS&CRY 氷上の美しき勇者たち NHK杯2019総力特集号~Road to GOLD!!! (表紙・巻頭特集/羽生結弦選手)

・12月17日発売

【Amazon.co.jp 限定】フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2020 シーズン開幕スペシャル

演技構成点改革の前にジャッジの再教育が先じゃない!?

「ジャッジにすら認識が難しい評価基準で採点をしても、見る人には伝わらない。項目数や各項目の採点尺度を減らせばジャッジの負担は減るかもしれないが、分かりやすさにつながるだろうか。」

まさしくその通りよね。

でもね、そこにジャッジの誠意と公平性があって始めて、見る側に伝わるんじゃないかしら?

意図的に点数を操作したり、回転しているジャンプに刺したり、コンビネーションジャンプを正しく認定しなかったりと、

誠実さが全く伝わらないのよね。

ジャッジのセミナーで「バズワード」に変換してとあるけれど、そんなことよりも、

まずは選手の立場に立って、「物事」を判断できるそんな根本的な部分を教育した方がいいんじゃないかしら。

【ブッテルスカヤ姐さんキスクラ放棄動画】

いまのスケーター達はジャッジの採点を素直に真摯に受け止めているけれども、

こんなおかしなジャッジばかりが続くようじゃ、ブッテルスカヤ姐さんのように。

キスクラ放棄するスケーターが出て来てもおかしくないわよ!

フィギュアの未来を生かすもダメにするもISU次第。呑気にアワードなんてやってる場合じゃないと思うけど。

努力しているスケーターが真っ当なジャッジを!これが一番大事なことよ!

皆様のご意見も聞かせて頂戴ね!

グランプリファイナルのトリノリンク、着々と準備が進んでるわね、あともう少し!

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。

皆様のお陰でブログランキング素晴らしい順位にいることができています。

共感して頂けることがあったり、応援してくださるお気持ちを

ぜひ下のふたつの「春よ、来い」バナーをポチっと頂けると励みになります!




 

【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です】

ブログランキング

【ブログ村第1位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

様々な想いを儚い桜の花びらに乗せて、天に舞う、、、

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.