ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

ISU謎のルール改正!シリアスエラーの基準って一体何?

皆様、おはようございます。

今季、オータムクラシックから始まり、フランス杯までのジャッジの中で、

いまいち釈然としないのが、シリアスエラーの基準とそのルールの目的なのよね。

シリアスエラーの基準が明確でないが故に、採点への混乱が生じ、ジャッジに対する不満が噴出しているんじゃないかしら。




シリアスエラーの基準を明確にしてほしいのよ!

ジャンプ偏重にならないための別のルール改正も

別のルール改正からは、理想とするフィギュアスケートは、ただ高難度ジャンプを跳ぶだけの演技ではないこともうかがえる。今季からの変更として、技術面で転倒や重大なエラーがあった場合の演技構成点(いわゆる芸術性の評価)における上限を明記することで、ミスがなく完成度の高い演技にこそ演技構成点でも高い得点が与えられることを示している。昨季も同じ趣旨の改正があったが、それをより具体化し強める変更だ。具体的には、転倒・重大なエラーが1つあった場合、演技構成点5項目のうち3項目の最高点は9.75、2項目の最高点は9.50と決められている。さらに転倒・重大なエラーが複数あった場合、3項目の最高点は9.25、2項目の最高点は8.75と定められた。(国際スケート連盟コミュニケーション第2254号より)。このルール改正には、破綻のないプログラムを目指してほしいという国際スケート連盟からのメッセージがこめられている。

また、今季からジャンプ偏重にならないためのルールがもう一つ加えられている。音楽の表現が問われるコレオグラフィックシークエンスの評価観点を増やし、マイナスの出来栄え点を出しやすくしたのだ。高難度のジャンプを複数入れることで選手の体力は消耗するため、できればプログラム中に呼吸を整える部分がほしい。独創的な表現を促す狙いから難易度は問われず、レベルが“1”に固定されているコレオグラフィックシークエンスだが、ともすると “休憩時間”になっていることもあった。その状況も考慮してか、今季から出来栄え点がマイナスになる要素として“エネルギーがない”などの項目が追加された。またステップの評価観点にも、“流れやエネルギーがない”などの項目が新たに加わっている(国際スケート連盟コミュニケーション第2254号より)。転倒などの分かりやすいミスだけでなく、質が下がるさまざまな要因もエラーとして減点することで、コレオグラフィックシークエンスやステップを重要な要素として位置づけ、力を入れて滑ってもらう狙いがあると思われる。

※REALSPORTSより一部抜粋

https://real-sports.jp/page/articles/321581670073369681

今季導入された「シリアスエラー」。

もう一度わかりやすく、ここでおさらいしておきましょう。

今シーズンから規定されたシリアスエラーとは、、、

「プログラムが中断され、構成や音楽との関係、連続性、流れるような美しさに影響を与えるもの」を指す。 転倒は確実に含まれ、ステップアウトは演技の動きを途切れさせるようなものであれば、重大なエラーになる。

1転倒or1シリアスエラーでSS、TR、CO9.75以上不可。PE、IN9.5以上不可。
2転倒or2シリアスエラーではSS、TR、COは9.25以上不可。PE、IN8.75以上不可。
トップ以外の選手についても本来のその選手のPCS比で下げる。

※略語は以下のPCS項目を参照して頂戴ね。

SS スケート技術
Skating Skills
プログラム全体の、スケーティングの質やスピード、その変化など。
TR 要素のつなぎ
Transitions/Linking Footwork
要素と要素の間の、ステップなどのつなぎ。要素への出入りの特所など。
PE 動作/身のこなし
Performance/Execution
音楽に合った身のこなし、スピードの変化、演技をしているか。
CH 振り付け/構成
Choreography/Composition
調和のとれたプログラム構成、またハイライトの分布になっているか。
IN 曲の解釈
Interpretation
音楽を理解し、それに合った動き・表現がされているか。

その目的は、

ミスがなく完成度の高い演技にこそ演技構成点でも高い得点が与えられることとあるけれど、

そもそも演技全体の各要素を成す演技構成点こそが、ミスに関係なく、各要素ひとつひとつが独立して採点されるべきなんじゃないの?

例えばさ、ジャンプで転倒してもさ、その入り方に工夫があったら、「要素のつなぎ」は評価されるべきだし、

曲の解釈と転倒ってどう考えても結びつかないのよね。

今回のシリアスエラーになる条件として、「転倒」は確実と明記されているけれども、

ステップアウトは演技の動きを途切れさせるようなものであれば、重大なエラーになる

という一例しか述べられてないのよね。

このシリアスエラーの基準が明確でないから、今季ジャッジに対する疑問点が生じている、そもそもの原因なんじゃないかしら。

「エネルギーがない」という項目作るぐらいなら演技時間なんで短くしたの?

もうひとつ。腑に落ちないのが、

今季から出来栄え点がマイナスになる要素として“エネルギーがない”などの項目が追加されたことよ。

そもそも男子フリーの演技時間が短くなって、4分30秒→4分になって30秒短縮されたでしょ。

本田武史氏が以前、この点について、

「30秒減ったことで、ジャンプとジャンプの繋ぎがタイトになった。呼吸を整えたり、心拍数を抑えたりする時間が減った。どの選手も4分の方がキツイって言いますね。時間が短い分、失敗した時のリカバリーも難しいので、どうしても悪循環に陥りやすいです。」

と言っているのよね。

確かにそうよね、選手は短くなった演技時間の中で、やらなきゃいけない要素てんこ盛りなわけでしょ?

例えば後半に向かう呼吸を整える時間だって、ままならないわよ。

そこにエネルギーがないっていう審査項目作るぐらいなら、演技時間を元に戻した方がよっぽど選手の為になるんじゃないの?

どうもあたしには、ルール改正やジャッジの評価観点の追加が選手ファーストには到底思えないのよね。

一体、誰の為?何の為のルールなの!?

ISUの謎は深まるばかりだわ、、、

【羽生結弦ポストカード2枚付きバスクリン】

↓ご注文はこちらからよ↓

最後までお読み頂き、いつもありがとうございます。

下のブログランキングバナー2つをぜひクリックお願いします、励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です】


フィギュアスケートランキング

瞳を閉じたOtonal美に酔いしれたままポチっと!

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

美しすぎるOrigin美のポーズにポチっと!

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.