スポンサーリンク

スポンサーリンク

アレクサンドラ・トゥルソワ フィギュアスケート 紀平梨花

投稿日:

1日でも休めないなんて!女子フィギュアの過酷な現実とは?

皆様、こんばんは。

グランプリファイナルを前にして、

ロシアエテリガールズと紀平梨花の「点数差」をどうすれば打開できるかの報道が続くけど、

今は足の怪我が完治していない現状での、「1日でも怖くて休めない」。

そんな女子フィギュア界の過酷な現実とは?




1日でも休むと危ない!女子フィギュア界の過酷な現状

NHK杯で紀平を破ったコストルナヤと、“4回転”トゥルソワの強さ

女子の世界最高得点(合計)241.02の保持者は、フリーで3種類4本の4回転を跳ぶアレクサンドラ・トゥルソワだ。しかし、4回転は跳ばないがショートプログラムとフリーで合計3本のトリプルアクセルを跳ぶアリョーナ・コストルナヤがNHK杯で出した合計点が240.00と、トゥルソワの得点との差はわずか1.02。どちらもエテリ・トゥトベリーゼ コーチの教え子である二人だが、トゥルソワは男子顔負けの高難度ジャンプを複数投入し、コストルナヤは高さのあるトリプルアクセルとスケーティング・表現など演技全体の美しさで魅せるという、違う戦略に出ている。その結果、対照的な個性を持つ二人は、1.02の僅差で目下世界の先頭を走っているのだ。

トゥルソワ、コストルナヤと同様エテリコーチ門下のアンナ・シェルバコワ、アリーナ・ザギトワという顔ぶれのロシア勢に加え、アメリカのブレイディ・テネルが出場するグランプリファイナルに、日本選手ではただ一人出場するのが紀平梨花だ。紀平はスケートカナダでトゥルソワと、NHK杯でコストルナヤと戦い、いずれも2位に甘んじる結果となった。しかし、紀平がロシア勢と競り合える世界でも数少ないスケーターであることもまた、このグランプリシリーズではっきりしたといえる。

紀平は、演技構成点でも高い評価を得るオールラウンダーであり、また練習では4回転サルコウを成功させている。ただ9月に左足首をひねる怪我をしており、その影響で4回転サルコウの練習を十分に積むことができず、また3回転ルッツを構成に組み込めないままNHK杯までの試合を戦ってきた。

NHK杯のコストルナヤと紀平の合計点での点差は8.16。紀平が左足首の痛みのため回避している3回転ルッツを除けば構成に入れているジャンプの種類はほぼ同じだが、シニア1年目とは思えないほど完成度の高いコストルナヤが、出来栄え点などで少しずつ紀平を上回った蓄積が8.16という点差になった。

NHK杯のメダリスト会見で、コストルナヤの印象を問われた紀平は次のように語っている。

「コストルナヤ選手はトリプルアクセルを跳べることももちろんすごいんですけど、加点がつくような素晴らしいコンビネーションジャンプが跳べて、あと安定感もすごくある。私もどのジャンプでも加点がつくようにしないといけないと思うし、あとはスピンでもまだまだ足りないところがあると思っています。たくさん比較した時に、まだまだ(自分の)伸ばしたいところがすごく出てきた選手です」

「一日でも休むと危ない」紀平梨花が口にした現状と本音

紀平は、ポイントランキング上ではコストルナヤ、トゥルソワ、シェルバコワに次ぐ4位でファイナル進出を決めている。上位3人はすべて今季シニアデビューしており、グランプリシリーズ6戦でそれぞれ2勝を挙げ、結果的に3人で全勝したかたちとなった恐るべきロシアの少女たちだ。グランプリ2戦で昨季より成長した滑りを見せたにもかかわらず2位に終わった紀平は、ディフェンディングチャンピオンとして臨むファイナルでの厳しい戦いを覚悟している。

ファイナルでは昨年の(自分の)演技をしても、優勝には届かないくらい難しいと思う。それでも今回の自分の演技に満足せず、1位をこれから狙っていけるようにしたいと強く思っている。4回転(を入れること)や、ショートプログラム・フリーともにすべてのジャンプで加点がつくようにできたらと思うし、スピンやスケーティングもまだまだ足りない。体力をしっかりつけて、もっと点数をロシアの方にも近づけるように、ファイナルではその点数を狙っていけるようにしたいなと思っています」(NHK杯メダリスト会見でのコメント)

紀平の得点を伸ばす要因として、まず考えられるのは左足首の負傷以来構成から外している3回転ルッツを戻すことだが、そのことについて紀平はNHK杯の一夜明け会見で次のように話している。

「正直、ルッツをしない構成には満足はいっていない。本当は『もっと攻めた構成にしないと』と常に感じているシーズンでもあるので、ここでルッツがなかなか出せないのはすごくもったいない。自分の中で『本当にやりたいのにやれない、嫌だな』というところがあった。世界選手権までには持っていきたい。徐々に回復していけばとは思うのですが、まだ一番初めに痛めてから2カ月なので、焦らず、ケアを毎日慎重にやって、直していかないといけない

怪我をしている左足首は、ルッツを踏み切る瞬間に外側に傾けると痛いのだという。痛めているのは靱帯か腱かはっきりしないが、診察した医師の見立ては「症状が長引いていることから、腱の可能性が高い」というもの。そして怪我をしている箇所は、アクセルなど他のジャンプでも少し使ってしまう部位なのだと語る。

「本当は休めば治るんですけど、しっかり練習しないと……。今はやっぱりどの試合でもノーミスを狙うためには、一日でも休むと危ない状況なので、少しは長引かせてしまって“ルッツなし”でも、毎日練習する方がいいかなと。まだ痛みが残るのであれば、シーズンが終わってから少し休んでみようかなと思っています」
「痛めた時は(アクセルを跳んでも)痛かったんですけれども、今のところアクセルは痛みがなくて、ダブルルッツをしたら『やっぱりダメだな』って。最近も試合がずっとあるので、ダブルルッツをしてみて『今回もやめておこう』という積み重ねになってきています」

ルッツを戻すためには練習を休むことが必要だが、他のジャンプの精度が落ちるため休めない、というのが紀平の現状だ。「一日でも休むと危ない」という紀平の言葉には、危機感に近い切実なものがあった。

4回転サルコウの投入はあるか? 紀平が目指す先

そして注目が集まるのは、4回転サルコウの投入だ。NHK杯・フリーの紀平の予定構成表には最初のジャンプとして4回転サルコウが記入されていたが、実際の演技では3回転サルコウを跳んでいる。紀平は一夜明けの囲み取材で、この判断についても言及している。

「自分の予定では(4回転サルコウを)やるつもりだったんですけれども、昔無理をして失敗した試合もいろいろあったので、『そういうふうにはなりたくない』という思いで……。やりたかったんですけれども、冷静に考えて『もうミスだけはしたくない』と思った。4回転を入れることですごく衝撃があったり体力もきつくなったりするので、その他のジャンプをミスなくできる自信があるかというと『まだ4回転を入れての通し練習が少ないな』と思った。練習不足の内容をするより、しっかり練習してきたことをする方がノーミスできるんじゃないかと思ったので、やる予定ではあったんですけど、しっかり今の自分を見つめ直して『やめておこう』という判断を最後の最後にしました

過去にトリプルアクセルをなかなか試合で安定して跳ぶことができなかった経験を持つ紀平は、大技の投入に伴うリスクを熟知しているのだ。

ただNHK杯で、実際には3回転にしたとはいえ冒頭に4回転サルコウを跳ぶ前提の構成で試合に臨んだことには大きな意味がある。シーズン開幕前の6月に行われたアイスショー『ドリーム・オン・アイス』で「フリーは4回転サルコウを冒頭に持ってくる構成か」と問われた紀平は「そういう予定です」と話している。

「4回転サルコウ、トリプルアクセル-ダブルトウループ、トリプルルッツを挟んでトリプルアクセル(という構成)。(基礎点が)1.1倍になる後半にはならないですが、結構後半気味の場所にトリプルアクセルがあるので、そこもすごく難しいと思います」(紀平)

今までも紀平はフリーで2本のトリプルアクセルを成功させてきたが、いずれも冒頭に2本続けて跳ぶ構成だった。NHK杯という大きな試合で、前半最後のジャンプとしてトリプルアクセルを跳び、2.51の加点がつく出来栄えで成功させたことは、4回転サルコウの投入に向け大きな一歩だったといえる。

一夜明け会見の最後に、ファイナルで4回転を入れるか問われた紀平は「頑張りたい」と答えた後に「『明日から新しい靴で』と言われたので、ちょっと迷っていて」と付け加えた。靴に対するこだわりが強い紀平だけに、もし本当に靴を替えるのであればそれもファイナルでの成績を左右する鍵となりそうだ。

紀平がファイナルを連覇するためには、やはり4回転サルコウが必要なのかもしれない。ただ、昨季の世界選手権では4位だった紀平が今季の目標として挙げているのは、世界選手権の表彰台に上がること。そしてもっと長い目で見るのであれば、紀平の一番の目標は北京五輪(2022年)の金メダルだ。今季のファイナルで最強のロシア勢に挑む紀平の戦いを、北京への道程の一部として見守りたい。

※REAL SPORTSより一部抜粋

https://real-sports.jp/page/articles/330463524264346646

今はロシアのエテリガールズの点数差について、あれこれ考えるよりも、

まずは今の状態でできる構成をすべてクリーンに滑り切ること。彼女は自分のことを冷静によくわかっているのよね!

それでも、

「1日でも休むと危ない」

この言葉に今のあまりにも目まぐるしく、移り変わる女子フィギュア界の過酷な現状を表していると思うのよ。

そのうち男子の技術さえも追い越してしまいそうな勢いですもの。

この目まぐるしい進化と共にどんどん現役を短い期間で止めてしまう選手が多いことも、また知っておくべきことなのよね。

サバイバルだわね。

【2017ジュニアグランプリファイナルショート動画】

【2017ジュニアグランプリファイナルフリー動画】

ジュニアの頃から彼女を見てきたけど、最初の頃は彼女緊張感からミスが出ることが多くて、

シニアへ上がってきて、自分をうまくコントロールできる力がついてきたと思うのよね。

メディアやマスコミに4回転サルコウを!とあれだけ煽られたって、

今の状況を冷静に理解しているからこそ、投入してこない彼女はクレバーだわ。

ちなみにこのジュニアグランプリファイナル、名古屋ガイシホールはあたし会場観戦していたのよ。

やだ、何度も映ってるわ笑 アリーナ席にいたのよ~笑

☆合わせてお読み頂きたいグランプリファイナル2019の記事よ☆

グランプリファイナルの見どころは?スケジュールトリノグルメまで!

☆NEW!羽生結弦関連の書籍ご紹介よ☆

↓ご注文はこちらから↓

・12月19日発売 

KISS&CRY 氷上の美しき勇者たち NHK杯2019総力特集号~Road to GOLD!!! (表紙・巻頭特集/羽生結弦選手)

・12月17日発売

【Amazon.co.jp 限定】フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2020 シーズン開幕スペシャル

あくまで目標は北京五輪!ファイナルはその一歩!

まずはファイナルだけど、あくまで彼女が見据えるのは北京五輪よね。

ファイナルは4回転どうのこうのではなく、今の自分ができるプログラムに集中してほしいわね。

無理してルッツも入れて、怪我を悪化させても仕方がないもの。

それでも、今季のシリーズを通して、今の自分でも十分戦えることはひとつの自信になっているはずよ。

ファイナルは結果よりもまずは北京五輪への足固め、その第一歩だとあたしは見て、応援しているわよ。

頑張って!

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。

皆様のお陰でブログランキング素晴らしい順位にいることができています。

共感して頂けることがあったり、応援してくださるお気持ちを

ぜひ下のふたつの「春よ、来い」バナーをポチっと頂けると励みになります!




 

【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です】

ブログランキング

【ブログ村第1位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

様々な想いを儚い桜の花びらに乗せて、天に舞う、、、

-アレクサンドラ・トゥルソワ, フィギュアスケート, 紀平梨花

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.