スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 山本草太

投稿日:

まさかの転倒アクシデント!山本草太の全日本フィギュア

皆様、こんにちは!

今日は全日本フィギュア男子フリー、山本草太が第2グループで登場するわね。

ショートでの巻き返しを信じて、最後まで諦めずに練習の成果を出しきってほしいわ。

ここで、ショートの演技を少し振り返っていきましょう。




状況が把握できないぐらい緊張していたショート

山本草太まさか…曲がかかった直後に転倒 「本番での緊張が自分の弱さ」

男子ショートプログラム(SP)で、山本草太(19=中京大)が悪夢に襲われた。曲がかかった直後、氷にブレードが引っかかったのか、転倒した。リズムが狂って、4回転サルコーは回転不足を取られた。続く4回転トーループは2回転になった。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も回転不足の判定だった。

「嫌だ、滑りたくないというくらい滑り込んだ」と自信を持って臨んだものの、予期せぬアクシデントをきっかけに負のスパイラルにはまり、68・16点で13位と低迷した。

「練習ではいつも通りだった。本番での緊張感が自分の弱さ」

潔く矛先を自分に向けた。22日のフリーへ「とにかくSPの点差を挽回できるように頑張る」と懸命に前を向いた。

※スポニチより一部抜粋

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/12/20/kiji/20191220s00079000480000c.html

【ショートプロトコル】

冒頭のブレードが氷に引っ掛かり、転倒というアクシデント。

思わず一瞬、見ていて何が起きたのかわからずパニック状態になってしまって、、、

それでも最初の4サルコウからのコンビネーションを決めてホッとしたのだけど、

単独3アクセルも回転不足判定。

肉眼では回り切っているように見えたけど、スローで見ると足りていないのかしら。

2本目の4トーループは2回転に。

ジャンプの助走から跳ぶまでのテイクオフが最近の試合では長くなっているのが、少し気になってはいるのだけど。

彼の実力はとても高いし、それが試合でいかんなく発揮されないというのがすごくもどかしいわよ。

全日本という一発勝負の舞台での難しさというのは改めて感じたわ。

それでも最後まで「エデンの東」を体全身で柔らかく、美しく見せて演じたのは素晴らしいわ。

振付師のカメレンゴ氏に振りを覚えたての頃は「いつも身体が力んでいる!」って注意されていたのよ。

演技動画2:22秒からの両手で身体の内から湧き起きる感情を押し出す振りが一番好きだわ~!

フリーではまだ挽回できると信じているし、最後まで諦めずに頑張ってほしいわ。

もうリンクで練習したくないほど頑張っているのよね涙

どうか練習通りの力が本番で発揮できることを願って止まないわ。

 NEW!12月24日発売!羽生結弦表紙!

・GOETHE(ゲーテ) 2020年 02 月号【表紙:羽生結弦】

12月23日発売!グランプリシリーズ大特集!

・フィギュアスケートファン2019-20 2020年 02月号

【一部内容紹介】

羽生結弦
2019 GRAND PRIX FINAL HIGH LIGHT
「人類未踏への夢」
GPファイナル一夜明けコメント全文
GPシリーズ完全プレイバック
2019-20 ショートプログラム『秋によせて』
2019-20 フリースケーティング『Origin』
2019-20 エキシビション 『春よ、来い』 『星降る夜』 『パリの散歩道』
column 「プログラムに秘められた物語」(『パリの散歩道』)

↓ご注文はこちらよ↓

草太の才能と個性がいかんなく凝縮された演技に注目!

【山本草太プログラム振付密着動画】

氷上を彩る魔術師たち パスカーレ・カメレンゴ氏インタビュー

―90年代から振付をされてきましたが、今の振付師の役割というのは?

現在の振付師には、以前にもまして毎年ISUが変更するルールに対応する能力が求められてます。振付師として、毎シーズン学ぶことは尽きません。また来シーズンはどういうトレンドになるのかを読み、準備をする必要もあります。男子は4回転を3度も4度もやる時代です。シングルの振付は、ジャンプのタイミングが鍵になります。

―振付をするうえで、あなたにとっての最優先は何ですか?

技術的なバランスを考えた上で、選手本人がどんなことをしたいのかですね。

私にとって、ストーリーボードで順を追いながらどんなことを伝えたいのかをはっきり描く、というのは最優先です。

―インスピレーションはどんなところから得るのでしょう。

スケーターたちの才能と個性が、インスピレーションを与えてくれます。あるいはたまに音楽を聴いて、突然何かがひらめくこともあります。音楽は常に私のほうで準備しておくわけではなく、選手から持ち込まれた曲で良いアイデアが湧くこともあります。

――今のルールにおいて、良い振付とはどのようなものでしょう?

スケーターの良さを引き出しながら、本人に合ったステップやターンなどを作り上げていくこと。シングルなら例えば4回転を跳ぶ前のトランジションを入れていくのはとても難しいことですが、同時に本人の自信と良さを引き出すバランスのとれたものが良い作品だと思います。

↓アイスジュエルズVol2より一部抜粋↓

このインタビューのカメレンゴ氏、とても良いことを言っていて、

今のルールにおいて良い振付とは、

「本人の自信と良さを引き出すバランスのとれたものが良い作品だと思います。」

ついでにどうしたら、それを邪魔する「緊張」に打ち勝つことができるのかを教えてほしいわよ涙

こうした振付についてのプロセスや選手の想いを知ることで、また演技を見る時に、

深い感情を持って見ることができるのよね。

今日のフリー山本草太は、18:38から第2グループ5番滑走よ。

最後までお読み頂きありがとうございます。

皆様のお陰でブログランキング素晴らしい順位にいることができています。

共感して頂けることがあったり、応援してくださるお気持ちを

ぜひ下の全日本フィギュア新バナーをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です】

フィギュアスケートランキング

いざ決戦へ!ブラブリを引き連れて!

【ブログ村第2位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

ジゴロブリ「先行くぜ!」

 

-フィギュアスケート, 山本草太

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.