スポンサーリンク

スポンサーリンク

アリーナ・ザギトワ フィギュアスケート

投稿日:

使い捨ての女王はいらない発言に異論!年齢制限引き上げ問題

皆様、おはようございます。

露名伯楽、年齢制限変更を主張「使い捨ての女王はいらない!」

こんな見出しのニュースが出ていて、ラファエル・アルトニアンコーチの提言だったのね。

以前にもこのブログでも年齢制限の引き上げをすべきかお話したことがあったわよね。

ラファ氏の提言と共に、もう一度考えてみましょ。




ラファエル氏が「使い捨ての女王はいらない!」と年齢制限変更を主張

フィギュアスケート界の早すぎる世代交代、名伯楽のアルトゥニアン氏が持論

次々と新星が顔を出すフィギュアスケート界。ロシアでは平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)の一時的な活動休止が話題になるなど、17歳の若さで世代交代を突きつけられていた。そんな中、ロシアの名伯楽が年齢制限の引き上げを提言。同国メディアが報じている。

低年齢化が指摘されているフィギュアスケート界。「『使い捨てのチャンピオンは要らない』、フィギュアスケートのコーチが新世代スケーターを使い捨てカップに例える」と記事を掲載したのは、「russian.rt.com」だった。語ったのはロシアの名伯楽ラファエル・アルトゥニアン氏。年齢制限の引き上げについてこう話している。

「使い捨てのプラスチックカップでコーヒーを飲むのは好きじゃないんだ。陶器で飲むのとは味が違うだろ。チャンピオンが使い捨ての状態になるのも同じで、自分はそれが嫌なんだ」

ミッシェル・クワン、浅田真央、ネイサン・チェン、本田真凜らを指導してきたアルトゥニアン氏。若くして成功したスケーターを「使い捨てのプラスチックカップ」と例え、女子シングルスにおける年齢制限引き上げの必要性を主張している。記事では「女子スケーターは『よくトレーニングされて、なお且つ健康的』な肉体を持った状態でシニアの大会に出場すべきと同コーチは指摘」と記し、思春期を過ぎてからシニアに参戦するべきだと強調しているという。

フィギュアスケート界では、15歳のアレクサンドラ・トルソワとアンナ・シェルバコワ、16歳のアリョーナ・コストルナヤというロシアの天才少女3人が台頭。次々と若い選手が台頭し、ザギトワは活躍の場を失った。

現行は15歳でシニアに出場可能、同メディア「短命化に繋がっている」

年齢制限の変更は、これまで度々議論されてきた話題。現行の規定では、前年の7月1日時点で15歳になっていればシニアの大会に出られるが、同メディアは「それが結果的にプロキャリアの短命化に繋がっている」と指摘。ロシア誌「ボリショイスポーツ」に語った内容を引用する形でアルトゥニアン氏のコメントを紹介している。

「年齢制限は引き上げられるべきだ。スケーターとコーチはシニアの大会参加が可能なタイミングになったところで、よくトレーニングされて尚且つ健康的な肉体を手にするのはこれからだと分かるだろう。それはフィギュアスケートにとってなくてはならないもので、乱暴に扱われるべきではないんだ」

持論を展開した同氏。ルールが変更される日は来るのだろうか。

※THE ANSWERより一部抜粋

https://the-ans.jp/news/101137/

ラファエル氏の年齢制限の引き上げの提言で言いたいことはよくわかるのよね。

「女子スケーターはよくトレーニングされて、なお且つ健康的』な肉体を持った状態でシニアの大会に出場すべき」

確かにそうよね。

極限までの体重制限で細すぎる若い選手を見ていると、

厳しい競技の世界だから、それはある程度伴うことなのかもしれないけれど、

健康面はもちろん、精神面においても大丈夫なのかしら?って思う時があるわ。

でもラファ氏の「女王が使い捨て」発言には語弊があるし、あたしは異論だわ!

使い捨てかどうかは、そもそも他人が決めることじゃないし、

スケーターの競技人生が短いか長いかは、選手本人が決めることであるはずよ。

アメリカのタラ・リピンスキーは長野五輪で15歳の若さで金メダルを取り、直後の世界フィギュアを欠場し、

とっとと引退してしまい、プロに転向したわよね。

あたしは彼女が、次のビジョンを見据えたしっかりした決断だったなって思ったわ。

ザギトワは五輪女王になり、世界女王にもなり、大きなタイトルはほぼ手にしてきたんだものね。

そこに辿り着くまでの努力は計り切れないだろうし、これを「使い捨てのプラスチックカップ」と例えるのは違うわよ。

ロシアがとりわけ低年齢化と選手の入れ替わりが激しいことばかりクローズアップされるのに対して、

日本女子は成長期にもしっかりと対応して、息の長い現役生活を送るスケーターが多いのよね。

これは健康面とメンタルにおいてのバランスが他の国よりも優れているからじゃないかしら?

ロシアは確かに技術、技術が最優先で、健康面とメンタルのバランスが崩れてしまうことが多いから、

入れ替わりが激しいことがクローズアップされてしまうのではないかしら?

そんな中で、エロスは「短命化している」というメディアの概念とは逆走している、

ロシアにとってはひとつのロールモデルよね。

どこまでも我が道を突き進んでほしいわ~。

☆合わせてお読み頂きたい年齢制限引き上げの記事よ☆

ザギトワ引退報道に疑問! 年齢制限の引き上げをタラソワが提唱

年齢制限の引き上げばかりで、ジャッジ判定の曖昧さが技術に拍車をかけている

年齢制限よりここはやっぱりAI導入が一番良いのでは?

と言うのも、今のジャッジ、特に技術点に関しては、旧型カメラシステムや人間が判定する限界を超えてること、人間ならではの利害が絡むことで、技術点が信頼できなくなっている状態だよね?
スピード競技で不正確なストップウォッチで測っているようなもの、なんだな~。

技術だけでもAI導入すれば、多種類四回転ジャンパーは激減すると思われるわ。
一種類の4回転だけならトータルパッケージで上回ることは可能だし、選手も正確なジャンプを跳べるまでは試合に入れても無駄だから、今の様にとにかく3A、ちょっと足りないけど4回転、踏切りも踏み分けもちゃんとできないけど多種類ジャンプ申請して3本、4本跳んじゃえ!という風潮は無くなるはず。
多種類多回転ジャンプはシニア男子でも大きな負担で、ましてやジュニア選手の健康を考えると無視できない。
現在の回りが跳ぶから跳ばざるを得ないっていうのは大きい問題だよね。

AI判定にひるまず多種類の4回転を決めれるなら、それは本当の女王&王者。正確なジャンプが跳べる選手にはどんどんスケート界の未来を切り開いてもらおう。

そして、観客も技術判定が信頼できれば左上のカウンターは不要。演技に集中できるよ。どう?選手、観客双方にいいんじゃな~い?

どうしても年齢別で区切りたいなら、ジュニア年齢の引き上げではなく、女子20歳以上、男子24歳以上くらいで【アダルト】【マスターズ】ってジャンルの新設も面白いかも? ルールも変えてさ。
シニアに残りたい人は残り、表現で勝負したい人はこっちで勝負、とかね。
ジャンプの葛西さんみたいなバケモノがフィギュアで見られるかも(笑)
まあ現実的にはAIを支持するけどね。

※読者様から頂いたコメントより一部抜粋

以前、年齢制限の引き上げについて書いた記事の時に頂いたコメントの中で、

年齢制限の引き上げばかりに着目するのではなく、今の「技術の高度化」はジャッジ判定によるものという別の角度から見た、

貴重なご意見だなというのをご紹介させて頂くわね。

あたし自身も年齢制限の引き上げばかりを提言してきたところはあるけれど、

そこばかり唱えて、今のジャッジ判定の曖昧な部分というものが変わらなければ、

結局のところ何も変わらないんじゃないかって最近思うのよね。

また皆様のご意見などもお待ちしているわね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ下のブログランキングバナーをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第11位↑です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-アリーナ・ザギトワ, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.