スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネイサンチェン フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

採点がおかしすぎる!ジャッジの主観で決まる加点や演技構成点

皆様、こんばんは!

欧州フィギュア、全米選手権と見てきて、ジャッジのあからさまな点数の付け方に疑問しかないわ。

もう怒りを通り越して、呆れてしまうぐらいよ、、、

「ルール」って何のためにあるの?「ジャッジ」って誰のためにあるの?

話し出すとキリがないので、まずはGOEと演技構成点について、あたしが思ったことを聞いてほしいわ。




トップ選手のGOE平均値って1年で297%も増加するもの?

【1年毎のジャンプGOE平均値の伸び率】

※medium.comより一部引用

グラフで見てみるとわかるのだけど、

ネイサンの2018年→2019年の、

1年間のジャンプGOE平均値が、なんと297%も増加しているのよ!

これ仮に営業成績だったら、異例の出世街道間違いなしね笑

【ジャンプGOE加点のガイドライン】

1 高さおよび距離が非常に良い
2 踏切および着氷が良い
3 開始から終了まで無駄な力が全く無い
4 ジャンプの前にステップ,予想外または創造的な入り方
5 踏切から着氷までの身体の姿勢が非常に良い
6 要素が音楽に合っている

ガイドラインに「安定感」て項目があれば話は別だけど、

ジャンプの「質」が一年で劇的に変わったの?

GOE加点が7段階「-3~+3」→11段階「-5~+5」まで幅を広げた結果、ジャッジの主観性だけが目立つようになり、ジャッジングのばらつきが浮き彫りになったのよね。

【グランプリファイナル羽生結弦フリープロトコル】

多くの選手にも当てはまるので、挙げたらキリがないのよ。

もちろん「人」が採点する部分ではあるので、すべて一致は難しいのだけれど、

ホントに加点のばらつき、その幅の大きさが酷すぎ!一体いつになったら、あんたら足並み揃えるようなジャッジの目を持てるようになんのよ!?

ジャッジミーティング、研修って何?

欧州フィギュアのように、パパシゼに満点出さないようにしましょうっていうような足並み揃え!?

こんなことばかりやってるから、いつまで経っても旧採点時代から、

な~~~~~~~~~んにも変わらないのよ。(長いわ伸びが笑)

そしてGOEのさじ加減によって、基礎点なんて、もはや崩壊寸前よね、

GOEの方が点数の形成を成しているんですもの。

ネイサンがファイナルで優勝したことには何の異論もないわ。

昨季のワールドだってそう。

でも、正しいGOEで評価し、正しい演技構成点でスケーティングスキル、そして芸術性を正しく評価すれば、そこまで「差」は出ないはずなのよね。

☆合わせてお読み頂きたいジャッジ点数操作の記事よ☆

大問題!ジャッジが採点を操作していることを選手も理解してる

NEW!昨日1月28日発売!

氷上に舞う! Special フィギュアスケート日本男子ベストフォトブック2019-2020」

【内容紹介】
★2019 SKATER REVIEW―氷上の戦士たちの魅力に迫る

羽生結弦
新たな挑戦 ——さらなる高みへ

宇野昌磨
髙橋大輔
友野一希
島田高志郎
田中刑事
山本草太

★Report―フィギュアスケート日本男子、前半戦の軌跡
2019/2020ISUグランプリシリーズ
スケートアメリカ
スケートカナダ
フランス国際
資生堂中国杯
ロステレコム杯
NHK杯

グランプリファイナル

全日本選手権

★Photo Gallery―豪華スケーターが集う、夢のひととき
FANTASY ON ICE 2019
★Cameraman's Interview
スポーツ写真家が明かす リンクの外で見たスケーターたちの素顔
氷上の世界を“カメラマンの目"で捉える

★View
2020年世界選手権展望 新時代の頂点を目指して

↓ご注文はこちらから↓

ジャンプを失敗すれば演技構成点も下がる傾向はどこに行ったの?

【欧州フィギュアエイモズショートプロトコル】

欧州フィギュアでケビン・エイモズ(フランス)がフリーに進めなかった衝撃が大きすぎて、

その時はプロトコルなんて見る余裕もなかったんだけど、

冷静に見てみると、ジャンプがすべて決まらなかったにも関わらず、演技構成点出過ぎよね。

技術点のミスを演技構成点でカバーさせて、

なんとしてもフリーに進ませようというジャッジ達の意図を感じてしまうのよ。

でもJ7だけ妙に一部低いわね笑

こういうところもジャッジの選手を見る目があまりにもズレていてね。

今季大躍進を遂げたエイモズであるけれど、

欧州フィギュアに限らず、今季演技構成点が少し高いんじゃないか?って疑問に思っていたのよね。

エイ子は表現力の素晴らしさも目を見張るものがあるわ。

でもまだ粗削りな部分も多く、これからどんどん伸びしろのある、成長してほしい選手!

一国の期待を背負い、本人は感じてなくともどこかでプレッシャーになっているんじゃないかしら?

今、トップ選手達の演技構成点は、

技術点と連動していて、ジャンプが決まれば演技構成点もそれに応じて高くなっていく傾向にあるわよね。

あたしは本来、「技術点」と「表現」や「音の解釈」などが連動しているのはあまり好ましくないと思っているのよ。

ジャンプ転倒したって、そのスケーターが演じる世界観が損なわれないこともあるじゃない。

でも、今のジャッジはトップ選手に、とにかくジャンプを跳べば、高い演技構成点を!

っていう演技構成点の項目ひとつひとつをきちんとジャッジしてますか?状態なのよね。

それが欧州フィギュアでは技術点がなくとも演技構成点が高いというところで、

ジャッジの一貫性のなさが浮き彫りになって目立ってしまうのよね。そしてこれもジャッジのさじ加減でどうにでもなるものなんだと。

今季、シリアスエラーという訳のわからないルールが導入されたけれど、

こんなのジャッジの意図的な点数操作を公にルールとして容認させるだけのクソみたいなルールよね。

羽生結弦は見えない敵とも戦っていかなければならない

羽生結弦に、演技構成点でもうアドバンテージはないと言ってもいいでしょうね。

まずは四大陸でジャッジがどのような評価を下すのかに注目だけど、

世界フィギュアではジャッジの思惑、競技とはかけ離れた部分とも戦っていかなければならないのだから、、、

本人が目指すかは明言していない北京五輪には、もっと大きな敵があるのよね。

そのお話はまた改めて。

GOEや演技構成点が公平で公正なジャッジングの為に使われるべきものが、全く別の方向に向かっている現状、

皆様はどう思われますか?

ゴールドは言った言葉、

「スポーツの美しさは結果が分からないところ。そして知る必要がないところだと思う」

だからこそ、競技するものも、見るものも、ずっと惹きつけられて止まないんだと思う。

それがなくなったら、もう誰かが書いたシナリオなんてつまらなすぎて、結果なんてなくていいわ!

選手の頑張っているひた向きな演技だけを見る、真実の眼を自分で養っていかなきゃだわ。

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

ぜひ下の「ユヅハビ」ブログランキングバナー2つをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-ネイサンチェン, フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.