スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦 鍵山優真

更新日:

一日密着!羽生結弦の公式練習初日を振り返る!四大陸フィギュア

皆様、こんばんは!

今日5本目の更新となったわ笑

押し寄せる情報量を自分でも、時系列毎に追うのが精一杯で、

わかりづらいところがあったら申し訳ないわ~。

今日一日の羽生結弦の公式練習初日を改めて、振り返っていきましょう。




羽生結弦の公式練習初日を時系列で振り返る!

13:53 pm

青空の下、爽やかに会場入り!

15:15 pm

リンクイン。

おお、この指先は「SEIMEI」のポーズ!!!

NHK杯、グランプリファイナルと世界記録を立て続けに塗り替えて、

平昌五輪では五輪2連覇の偉業を成し遂げた、まさに「伝説」の曲を、

こうして新たな息吹と共にまた見れることが本当に嬉しくて、久々に震えたわ。

鋭い眼差しが相変わらずかっこ良すぎるわ~。

一瞬ほどけた表情も。

あれ、首のネックレス変えたかしら?

☆詳しい公式練習の様子はこちらの記事で☆

曲かけノーミス!羽生結弦バラード1番で魅せた!四大陸フィギュア

16:15 pm

「もう少しだけ、この子たちの力を借りてもいいかな」

【羽生結弦と一問一答】

――練習を終えて状態は

「まあ、感覚は良かったです。あの~、まだつかみきれていないところもあるんですけれども、まあ徐々につかみきれたらなという風に思います」

――ジャンプをがんがんいかなかったのか

「まあ、初日の練習だったので、ま、しっかり感覚を確かめながらという感じでした。まあ、まだスケート自体もしっくりきている感じはまだないので、それを1つ1つ確かめながら。この氷にはこういう風なタッチで行けばいいのかなとってことをあらためて考えながら、きょうの練習は滑らせていただきました

――「バラード第1番」は滑っていて気持ちがいいか

「まあ、それは見ている方の感性に任せるとしか言いようがないんですけれども、まあ、やっぱり、きょうすごく緊張しましたけれども、でも、なんかあらためて、まあ、平昌以来、初めてバラード第1番を通すことは初めて皆さんの前でやったので、すごい緊張したとともに、あらためてこのプログラムを滑るという覚悟をさせられたという感じはしました

――プログラム選択の理由は

「えっと、たぶんこの話だけで、たぶんこのインタビュー終わると思うんですけど。まず、グランプリファイナル、全日本とあって、やっぱり難易度を難しくすることはすごく自分自身にとっても楽しいですし、それを達成できた時の喜びは計り知れないものではあるんですけれども、なんか、自分が目指しているスケートっていうのは、ただ難しいことをするスケートじゃないなって思ったんですよね。その、オリジンをやったりオトナルをやっていてもそうなんですけれども、自分の呼吸じゃないな、と。

あの、まず技術的なことに関して言えば、やっぱり高難易度のものを入れれば入れるほど、やっぱりまだ僕にはスケートの部分がおろそかになってしまったりとか、曲から1回頭を変えて、曲を1回外して、そのジャンプにセットしにいかないといけないというのがやっぱり嫌だった。それがやっぱり耐えきれなかったっていうのが大きいです。

で、また音楽に関して言えば、この曲をオリジンとオトナルっていう選択をした時はオリンピックが終わった後だったので、自分自身、すごくふわふわした気持ちでいましたし、何かジョニーウィアーさんとプルシェンコさんの背中をずっと追いかける少年のままいたような感じがしたんですよ、すごく。だから、確かに全日本のオトナルは良かったと思いますし、スケートカナダのオリジンも良かったと思うんですけど、

でも、やっぱり、自分の演技として完成できないなっていう風に思ってしまいました。あまりにも理想が高いがゆえに。で、その理想がたぶん僕じゃなくて、プルシェンコさんだったり、ジョニーさんの背中がたぶん理想だったと思うんです。だから、そう考えた時にやっぱり、僕のスケートじゃないのかなということを、メダリスト・オン・アイスのSEIMEIをやった時にあらためて思いました。だからこそ、なんだろ、SEIMEIを滑った時、なんかカバー曲とオリジナル曲じゃないですけど、そのくらいの違いをなんか自分の中ですごく感じて。

ホントにSEIMEIもバラード第1番も、ホントはなんか、もう伝説として語り継がれるような記録を持ってしまっている子たちなので、できれば寝させてあげたかったんですけど、でも、それでも、メダリスト・オン・アイスの時に力を借りた時に、あの時の精神状態だったからこそかもしれないですけど、ものすごく自分でいられるなって思って。それで、うん、もう少しだけ、この子たちの力を借りてもいいかなって思いました、はい

――4回転半の完成度、世界選手権での挑戦は

「う~ん、まあ跳べなければやっぱり入れることはできないので、まあ、跳べたらかなとは思っているんですけど。ただ、練習は結構、この1カ月間できたとは思っています。まだ跳べてないですけど、でも、なんとなく形は良くなってきたかなと思います」

※スポニチより一部抜粋

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/02/05/kiji/20200205s00079000234000c.html

16:30 pm

会場を後にする姿が、友野と優真を従えてのボス感が半端ないわ笑

「おまえら、俺についてこい!!!」

後を付いて歩く優真の顔がマスク越しにも嬉しそう。

全日本の時のダブルプーさん引き連れた時のショットも好きだわ~。

公式練習の6割はすごいなと思って見ていた!

鍵山優真、羽生結弦の演技見つめる「すごいなと思って」

午後の公式練習では、羽生結弦(ANA)と初めて一緒のリンクで滑った。「さっきの練習で6割くらいは見学というか、すごいなと思って見ていた。見て学べるものがあったらいいと思って、ずっと見ていた」。羽生が「バラード第1番」に乗って滑っている時、その演技を真剣な眼差しで見つめ、羽生がトーループの4―3回転を決めると拍手。「スピンの回転速度とか、ジャンプの滑らかさとか、どのくらいスピードを出せば、あんな流れが出るんだろうというのを自分の目で見られた」と話した。

※スポニチより一部抜粋

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/02/05/kiji/20200205s00079000295000c.html

優真、6割も見学してたの?笑

このような機会にひとつでも多くの偉大な先輩の姿を学んでほしいわね。

技術もそうだけど、周りへの気配り、人との接し方、そして立ち振る舞いすべて。

そして優真らしさを失わずに、良い部分を吸収して今大会飛躍してほしいわ!

優真も友野と切磋琢磨して、公式練習で4サルコウの2種類目にもチャレンジ!見事に決めたわね。

明日2月6日は女子ショート!そして男子SP滑走順抽選も!

2月6日(木)

12:15~ 男子SP滑走順抽選

13:30~16:20 男子公式練習

18:45~21:55 女子ショート

明日はいよいよ女子ショートよね。

日本女子選手達の状況も本番前に、お伝えできたらいいのだけど、、、

そして男子ショートの滑走順抽選と目白押しね!


 

皆様、いつもコメントありがとうございます。

大会期間中は返信できなくなることがあるかもしれませんが、きちんと読ませて頂いております。

この場をお借りして、改めて感謝の気持ちを伝えさせてください。

いつも本当にありがとうございます!!!


 

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

ぜひ下の「ユヅハビ」ブログランキングバナー2つをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第8位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦, 鍵山優真

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.