スポンサーリンク

スポンサーリンク

アリョーナ・コストルナヤ フィギュアスケート ユ・ヨン

更新日:

愕然としたわ!選手生命を削っても4回転ジャンプを跳びたい!

皆様、こんばんは!

韓国フィギュア代表ユ・ヨンが「クアドラプル・ジャンプに挑戦…たとえ毒が入った聖杯だとしても」

という見出しのニュース。毒が入った聖杯=高難度4回転ジャンプのことだそうだけど、

あたしは毒が入った聖杯=ISUが主催する国際大会のことだとすっかり勘違いしていたわ~笑




選手生命を短くしても4回転ジャンプ!の意識を植え付けたのは今のルール

高難度ジャンプは「毒が入った聖杯」とも言える。若いころから高難度ジャンプをしすぎると、身体がそれに耐えることができない。高得点を取ることはできるが、それだけリスクも高い。男子選手よりも筋力で不利な女子選手の選手生命はさらに短くなる。

ユ・ヨンもその事実をよく知っている。ユ・ヨンは「高難度ジャンプを引き続きやっていくのが難しいのは明らかだ。でも、私の夢は五輪で金メダルを取ること」としながら「最近、ロシア選手たちはクアドラプル・ジャンプを4~5つ飛ぶ。金メダルを取るには私もそういうジャンプをしなければならない。選手生活を長くできなくても私は高難度ジャンプを飛ぶ。(私が選んだことなので)仕方ない」と話した。

ユ・ヨンのトリプル・アクセルの完成度もとても高いというわけではない。それでも今回のシーズンが終わったらすぐにクアドラプル・ジャンプに集中する計画だ。ユ・ヨンは「クアドラプル・ジャンプを集中的に訓練して1年超えたが感覚は忘れていない。昨日一度飛んだが成功した」としながら「以前はクアドラプル・サルコウを飛んだが、このごろはクアドラプル・ルッツのほうが合う。負傷さえなければ次のシーズンには必ずクアドラプル・ジャンプを飛ぶ。それでこそ五輪で金メダルを取ることができる」と話した。

※中央日報より一部抜粋

https://japanese.joins.com/JArticle/262534?servcode=600&sectcode=600

ユヨンの五輪に懸ける意気込み、心意気はアスリートとして、素晴らしいものであると思うけれども、

やはり選手生命を短くしてでも4回転を!と聞くと、少しでも長くその選手の演技の成長過程を見ていきたいあたしとしては、すごく複雑な心境であるわね。

でもいま、世界のトップに立つためには、もう4回転ジャンプありきという、

これはユヨンの考えが間違っているとかそういうことではなく

選択の余地すらないのが、今の女子フィギュア界の現状となってしまっているのよね。

ISUは選手生命のことを考えずに、ルールをコロコロ変えてきているのだもの。

でも怪我をしてでも、選手生命を短くしてでも、高難度のジャンプを!という考え方。

考え方はひとそれぞれ、価値観も違うから一概にはこれと言えないけど、

フィギュアスケートの方向性としては間違っているような気があたしはするのよ!

NEW! 2月18日発売

フィギュアスケートマガジン2019-2020 Vol.6 四大陸選手権2020特集号

内容紹介

フィギュアスケートマガジン
2019-2020vol.6
四大陸選手権特集号

羽生結弦世界初の主要6大会制覇!
世界に向かって叫ぼう。「羽生結弦は最高だ」と。

The History Started
頂点へ。モントリオールが呼んでいる。

羽生結弦
世界初の主要6大会制覇
息づくSEIMEIの世界観
四大陸選手権2020徹底リポート
密着・ソウルの5日間
完全収録空港到着からエキシビションまで
恒例記者座談会&フォトエッセイ

紀平梨花成長の証のリカバリー
鍵山優真「北京」が見えた、銅メダル

↓ご注文はこちらよ↓

☆合わせてお読み頂きたいルール改正についての記事よ☆

ISUが馬鹿げたルール変更案を!フィギュアスケートは一体どこへ?

北京五輪までは確実に続くジャンプ偏重、クワド主義の女子シングル

あたしは4回転ジャンプを跳ばないコストルナヤが出てきたときに、

彼女こそが今のジャンプ偏重の時代の救世主がやっと現れた!と大喜びしたものよ。

とは言っても3アクセル3本跳ぶけどね笑

今、ルール改正案が騒がれてはいるけれども、北京五輪まではクワド至上主義であるのは間違いないわね。

語弊がある言い方かもしれないけれども、

今北京五輪を目指す選手達はある意味、ISUのご都合主義ルールに振り回されている犠牲者なのかもしれない、、、

10代の時よりも20代では表現力に磨きをかけて、、、なんていう選手のコメントはもう期待できない。毎シーズン毎シーズンが正念場。選手生命を削って、怪我のリスクを負いながらも、今のルールの下で金メダルを目指す。

そこにフィギュアスケートは本来どうあるべきか?という疑念が常につきまとってしまうのよね。

あたしが以前から、北京五輪はコストルナヤと紀平梨花の一騎打ちになると言っているのは、

ジャンプだけでない、芸術性も取り入れたトータルバランスで勝負できる希望の光と思っているからなのよ。

ルールって一体何の為に、誰の為に存在するのかしら?

「たとえ毒が入った聖杯だとしても、、、」

毒が入った聖杯は4回転ジャンプじゃない、ご都合主義のISUの大会のことだわ!って

やっぱり勘違いじゃないような気がするのよ。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ下の新ブログランキングバナー「バラ1」と「SEIMEI」2つをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング↑第8位↑です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村↑第1位↑です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-アリョーナ・コストルナヤ, フィギュアスケート, ユ・ヨン

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.