スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

ショー中止の判断は?羽生結弦コーチのオーサー氏独占インタビュー

皆様、おはようございます。

ブライアン・オーサー氏のAERA独占インタビューは、もうご覧になられたかしら?

そして海外でコロナ感染拡大が続く中で、日本のアイスショーは今開催すべきなのか?

今、主催者に適切な判断が求められているわよね。




「結弦は答えがもうわかっている」ブライアン・オーサー氏インタビュー

──羽生結弦選手(25)は四大陸選手権の優勝で、五輪や世界選手権などシニア、ジュニアの全主要大会を制すスーパースラムを達成しました。

嬉しいことです。結弦がずっと望んでいたタイトルですから。今季は、シーズン初戦で優勝、スケートカナダも初優勝し、良い流れの中で、四大陸は初タイトルとなりました。

全日本選手権が一つのターニングポイントになったと思います。フリー演技が終わってリンクサイドに戻ってきた瞬間、結弦は「疲れた」と言いました。それは4分の演技で疲れたのではなく、この8年間走り続けてきた日々に疲れたという意味だと感じ取りました。2度の五輪王者、2度の世界王者のタイトル、さらに多くの試合のタイトルを保持しながら戦う精神力は、計り知れません。全日本選手権でタイトルは逃しましたが、むしろちょっとホッとして、やっと落ち着いて仕切り直せるな、という気持ちになりました。

──NHK杯、グランプリ(GP)ファイナル、全日本選手権の連戦は負担になりましたか?

いつもの結弦なら、試合が連続すればアドレナリンをどんどん出して調子を上げていきます。しかし今回は、日本、カナダ、イタリア、日本と移動も多く、GPファイナルでは帯同予定だった(別の)コーチがアクシデントで間に合わず、コーチ不在という予定外のドラマまで加わって、精神的に疲れがありました。結弦に必要なのは、体力回復よりも、心を落ち着かせていつもの環境に戻ることでした。

──平昌五輪シーズンのプログラムに戻した経緯は?

年明けに結弦から「昔のプログラムに戻す」と聞いて、コーチ陣はみんな賛成でした。すぐに振付師のシェイリーン・ボーンに電話して、(昨季から演技時間が短縮されたため)4分半を4分にするリニューアルをお願いしました。チームメイトで韓国のチャ・ジュンファン(18)のプログラムの手直しもあったので、すぐに都合をつけてリンクに来てくれました。

──2年ぶりに「バラード第一番」と「SEIMEI」を見た感想は?

一言でいうと「これぞ正真正銘の結弦だ」という気持ちでした。もちろん昨季から使ってきたプログラムを嫌いだったわけではありませんが、あくまで「オマージュ」ものです。誰かへの敬意というのは、自己主張を押し込めることになりかねない。結弦が、彼自身について語り、彼の心の中をそのまま表現できるプログラムは、やはり見ていてワクワクしました。曲を戻した直後に楽しそうに滑っている様子を見て安心し、1週間もしたら威厳がにじみ出てくるようになり、感銘を受けました。

──ファンも、再演をとても楽しみにしていました。

ソウルでの公式練習では、曲をかけずに結弦がポーズをとると、それがどの場面のどのポーズかがわかり、観客から拍手が起きました。見る者の想像力を広げさせ、目で見えない部分までも感じとらせる。傑作とはそういうものです。

※AERAより一部引用

https://dot.asahi.com/aera/2020031800017.html?page=1

全日本フィギュアが終わった後の羽生結弦が「疲れた」という言葉に対して、

オーサー氏は4分間の演技ではなく、競技生活8年間をひたすら走り続けてきた日々に対してのことと受け取ったのよね。

どんな時も彼を見てきたからこそ、気持ちや心理がわかるものよね。

あたしが思う「疲れた」という言葉は、

ずっとトップを走り続けることの大変さというのはもちろんあるけれど、

ここ数年のISUのルールや、ジャッジ採点であったり、メディアや週刊誌のありもしない憶測記事などによる中傷もあるんじゃないかと思うと胸が痛いわ。

昨季、プル様とジョニ子にオマージュの意味を込めた「Origin」と「Oronal」のプログラムを発表した時に、

「初心に帰って、スケートを楽しんで、スケートを自分のためにやるために選曲しました」

と言っていたのを思い出したのよね。

【2019スケートカナダショート Otonal】

オーサー氏はインタビューで、「誰かへの敬意というのは、自己主張を押し込めることになりかねない。」

と言っていたけれど、今季の「Otonal」を見て思ったのは、もうオマージュというよりも、

羽生結弦自身の曲になっていると感じたのよね。

【2019スケートカナダフリー Origin】

昨季の黒衣装も素敵だけど、あたしは今季の「Origin」のパープル衣装の方がより好きだわ!

スケートを楽しむ原点に戻って、そこから勝負師としての血も騒ぎ、

今季に入り、「より自分らしくいられる」ためにプログラム曲変更に至った。

自分らしくいられることで、より自己表現をできるようになった、彼の四大陸はフリーでミスもあったけど、どこか達観しているような表情も見えて、落ち着いていたように見えたのよ。

まずは精神的な疲れを取って、ゆっくり休んでほしいとも思うわ。

そして来季、新プログラムで、まだあたしたちが知らない引き出しで、また驚かせてくれるのが今から楽しみなのよ。

☆合わせてお読み頂きたい羽生結弦CBCインタビュー記事よ☆

感動!涙なしでは見れない羽生結弦のCBCインタビュー来たわよ!

海外スケーターを招いてのアイスショー開催は難しい状況に!

ようやくIOCのバッハ氏も、東京五輪の延期、またその他の可能性についてを述べたわね。

米国ではすべての海外渡航中止の勧告も。

これにより、米国からのスケーターをアイスショーなどで日本に呼ぶことができなくなったわね。

カリフォルニア州では外出禁止も。

海外の感染拡大は広がる一方よね。

日本でアイスショーを開催する場合、海外スケーターを招くことすら不可能になってきている現状。

もし日本スケーターのみでアイスショーを開催するにしても、

選手、観客の会場感染でのリスク、また移動、宿泊先などでの感染リスクも踏まえると開催は中止にするのが、今の段階では一番の選択だとは思うのよね。

スターズオンアイス、いつになったら開催可否発表があるのかしら?

今、日本のアイスショーは開催すべきなのか?

けれども政府見解の後で、今主催者側に適切な判断が迫られているのよね、、、

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

ぜひ下のブログランキング2つをポチっとして頂けると、励みになります。




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第3位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.