スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

感動!涙なしでは見れない羽生結弦のCBCインタビュー来たわよ!

皆様、こんにちは!

羽生結弦のCBCロングインタビューが来たので、ここにご紹介するわね!

ホントに凄く良いインタビュー。

思わず涙ボロボロになって、彼の発する言葉、ひとつひとつを大事に噛み砕きながら、

今シーズンこれで終わってしまうのかという、ポッカリ心に空いた穴に染みわたる素晴らしいインタだったわ!




羽生結弦CBCインタビュー「自分らしいスケートをするために生まれてきた」

【CBCインタビュー動画】

【羽生結弦CBCインタビュー全文】

※赤字部分は英語での回答をオネエが英訳したわ。ニュアンスが違ったら、ごめんあそばせよ。一部日本語で言い直しているところの英訳は省略してるわよ。

スケートを心から愛していて、パフォーマンスすることを愛しています。

自分のファンの方々の為にスケートをしたいです。

チャンピオンと思ったことは一度もなく、いつでも挑戦者だと思っています。

勝ちたいですし、多くのパフォーマンスを皆さんに見せたいです。

フィギュアスケートはひとりで大きなリンクで滑ることができて、

皆さんがそれを見てくださるので、それがすごく特別だなって思いますし、

他の競技だったら、ひとりだけを見てくれることがあまりないかなって思いますし、

表現したいことを表現するっていうことができないかなって思うんですよね。

だからフィギュアスケートはすごく特別だなって思うし、

フィギュアスケートがすごく好きだなって思います。

もちろん、多くのプレッシャーはありますけど、プレッシャーはエネルギーだと思っていて、

エネルギーは自分をもっと力強くしてくれます。いつもエネルギーを感じています。

全日本の後は、プライドやスケートに対しての自信を失っていました。

スケートに対してのモチベーションを見つけたかったのです。

自分のスケートを見つけました、何故フィギュアスケートなのかを。

フィギュアスケートをどれだけ愛しているかを語る事ができます。

曲を変更したことで、自信も取り戻しましたし、プログラムが自分のものになっているように感じました。

自分の為にスケートを心からしたいと思いましたし、自分にとってのスケートは何なのかを示したいと思いました。

どんな時でもすべてをフィギュアスケートに捧げてきました。

それが自分の使命であり、生まれてきた意味だと。自分のスケートをする為に生まれてきたんだなと。

トロントでのスケートができることを愛していますし、より集中できる環境にあります。

ここでスケートができる幸せを感じています。なぜなら良い友達や良いスケーター、ブライアン、トレーシー、ジスランが自分にとって多くの経験をもたらしてくれます。

経験はとても大事ですし、自分をもっともっと良くしてくれます。

プーさんはカナダの森から来たんじゃないかな笑

プーシャワーは特別な瞬間でありますし、見るのが好きです。

プーさんはコーチのようなもので、いつもパフォーマンスを見守ってくれるし、どの大会でも側にいてくれます。

彼の顔を見るのが嬉しいです。

いろんな方々が僕の演技を見た時に勇気を感じたとか、何か幸せになったとか言ってくださって、

それが自分にとってのスケートのモチベーションだと思っていますし、

それが僕が今、最後までスケートをやり通す「意味」になっていると思います。

特に何もいつものシーズンと変わらなくて、チャレンジャーということを言われますけど、

でもいつも他のスケーターの良いところを追いかけてるし、他のスケーターに対して、チャレンジしたいなと思っているし、

だからいつも自分はチャレンジャーだと思っていて、

今シーズンの世界フィギュアでも昨シーズンの世界フィギュアでも何も変わらないと思います。

皆さんの期待に応えようとすることがやっぱり楽しいです。

でもそれができないときはすごく悔しいし、すごく大変で、それを達成する為には、

練習もすごく積まなきゃいけないし、それもすごく苦しいんですけど、

その苦しさを乗り越えたら、きっとまた皆さんの期待に応えられる演技ができるかもしれないって思えるし、

それが楽しいです。

だから、自分にとっての自分の人生の使命だと思っていますし、

その使命を最後までやり通したいと思っています。

ジャンプもすごい大事だと思うんですけど、芸術の面でもすごく成長したいなと思っていますし、

結果については満足はしているんですけど、4回転半のジャンプを頑張りたいなって思っています。


ちょっと、ボロボロ涙が止まらないわよ。

動画の3:12秒からの「I found! I found my skating!」

という時のユヅがうるうる来ているのを見て、こちらはダーッて号泣よ涙

インタビューで、フィギュアスケートを深く心から愛していてるのが伝わってくるし、すべてをフィギュアスケートに捧げ、ファンの期待に応えることが自分の使命だと!

まさにスケートをやるために生まれてきたフィギュアの申し子なのよね。

でもどうか、これからは自分のために、自分を大事にしながらスケートをどうか続けていって頂戴ね。

CBCインタビュー、本当に素晴らしい!

コーチとの関係性、トロントでの生活、フィギュアに懸ける想い、すべて羽生結弦自身の言葉で話しているんだもの。

☆合わせてお読み頂きたいプログラム変更の理由についての記事よ☆

変更理由が明らかに!羽生結弦は自分らしさを求めて四大陸フィギュア

読者様の歴代の世界フィギュア名演技をプレイバック part.2

【2019世界フィギュアザギトワフリー】

ちょうどあたしも埼玉の会場で見ていたザギトワの2019世界フィギュアフリー「カルメン」。

平昌五輪で女王となったものの、すぐに翌年、ジュニアの若い天才達の台頭で、

国内選手権で表彰台に上がることができなかったりと、様々な紆余曲折を乗り越えて、勝ち取った世界女王の称号!

「カルメン」と言うとどうしてもカタリナ・ヴィットのイメージが強すぎて、

シーズン最初はザギトワにはまだ早いんじゃないかって、あたしは思っていたのよ。

でもスケーターにとってひとつのシーズンはあまりにも多くの経験をもたらして、彼女は強くなったわ。

世界フィギュアでは気高い女王のプライドがより演技にも出ているような気がしたのよね。

ぜひ来季以降、いつかのタイミングでまた円熟された「カルメン」をもう一度見たいと思うわ。

演技後のエテリとグレイヘンガウス氏に抱きつくシーンに涙してしまうわよね。

【読者様からのコメント】

最近の世界選手権なら、2019年ザギトワのフリー。
リンクに入る前から猛烈な存在感とエネルギーが漏れてました。女性であること、美しさ強さプライド、何もかも真っ直ぐで気持ちいい。若さっていいな。

皆様のこれまでの世界フィギュアの名演技があったら、ぜひ教えて頂戴ね!

ブログでぜひ共有させて頂きたいわ!

最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ下のブログランキングバナー「バラ1」と「SEIMEI」2つをポチっと頂けると励みになります!

皆様のお陰でいつも素晴らしい順位にいることができております、ありがとうございます!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第10位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第1位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.