スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

世界ランキングを徹底比較!フィギュア日本男子の黄金時代が見えてくる

皆様、おはようございます!

今日はISU世界ランキングについてお話したいと思うわ。

世界ランキングとはなんぞや?というところから、実際にISU公式戦でどのように運用されているのか?

そして、2000~2020年までの20年間の推移から、それぞれに君臨した王者達についての興味深い歴史を見てみましょう。




ISU世界ランキングとは一体何のために発表されるのか?

世界ランキングについて、基本的なことをシンプルに少しお話するわね。

世界ランキングってなに?

「世界ランキング」と「シーズンランキング」のふたつがあって、

「シーズンランキング」はその名の通り、今シーズン分のランキングで、

「世界ランキング」は過去2シーズン分を含む過去の複数の大会をポイント化して、合計算出されるものなのよ。

ランキングポイントを獲得するためには?

世界選手権・五輪>欧州・四大陸>グランプリファイナル>グランプリシリーズ>一部チャレンジャーシリーズ

※ジュニア大会でも獲得できるわよ!

世界選手権と五輪が一番高いランキングポイントを獲得できるのよね。

獲得数の高い大会ほど、ISUが重要視しているものだっていうのが見えてくるわね。

世界ランキング結果で何が決まる?

ここが一番重要よね。

・グランプリシリーズに優先招待される条件のひとつになる

グランプリシリーズに出場して、ファイナルを目指す=ランキングポイントを獲得し、世界ランキングを上げていくことに繋がるのよね。

・ショートプログラムの滑走順

グランプリシリーズはランキングの低い順から滑走

世界フィギュアと五輪はランキングの低い順から早い滑走グループに振り分けられる

ここなのよね。ショートにしてもさ、滑走グループが後になればなるほど、点数が上がっていく傾向があるじゃない。

大きな大会のフリーではそれが特に顕著よね。

いまのジャッジ傾向から考えると、最終グループで滑ることが表彰台への近道になっているものね。

・賞金の支給

シーズン世界ランキング上位3名。賞金額は世界フィギュア上位3名のものと同等

☆合わせてお読み頂きたい身長の違いを徹底比較!の記事よ☆

身長の違いを徹底比較!男子フィギュアの4回転ジャンプへの影響は?

本日4月15日発売よ!

Ice Jewels(アイスジュエルズ)Vol.12~フィギュアスケート・氷上の宝石~羽生結弦スペシャルインタビュー

↓ご注文はこちらよ↓

Ice Jewels(アイスジュエルズ)Vol.12~フィギュアスケート・氷上の宝石~羽生結弦スペシャルインタビュー(KAZIムック)

20年間の世界ランキングを徹底比較!日本男子の黄金時代が見えてくる!

とても興味深い推移表よね。

男子フィギュア界の王者達の歴史が手に取るように時代の流れと共にわかるものね。

2000年代前半はプルシェンコが皇帝として君臨してるわね。まさにプル時代!

2000年代後半に入ると、高橋大輔が躍進しトップに。

2010年からはパトチャンが強さを見せたわね。

2013年からは五輪2連覇の羽生結弦が圧倒的な存在感として、光放っているわよね。そして今も尚頂点に立ち続ける凄さ。

世界ランキングトップ10に日本人が何人も入る日本の黄金時代が来るなんて!

伊藤みどりを初めとした日本女子が存在感を示す中で、

日本男子がこんなにも注目され、強くなるなんて、昔は夢にも思わなかったから感激だわよ。

これから先、どのように世界ランキングが時代と共に変化していくのか、また楽しみね。

それでは皆様、良い一日を過ごして頂戴ね!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

ぜひ新しくなった下のブログランキング2つをポチっとして頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つ押していってくださいまし!

【ブログランキング第7位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第1位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦


 

愛のオネエサロン

  1. ローイ 2020年4月15日 7:25 AM

    おはようございます。「……のNo.1」地方、国内、世界と繋がっていく、こだわりの数字。オネェ様~、YouTubeアップ宜しくお願いします。

    • オネエ 2020年4月15日 8:16 PM

      >ローイ様

      ローイさん、こんばんは。
      まずは地方でNo.1、そして国内、そして世界は広いですからね~。
      楽しい動画があればまた紹介します。

  2. ローイ 2020年4月15日 8:32 AM

    追記…「コロナ」←先生の発言、AIロボットに話させましょう。

  3. ジゼル 2020年4月15日 11:48 AM

    おお~!この推移表動画凄いです。ウィ~ンと下から昇ってきたり上下や留まったり引退したり流れが動きで見えて興味深いですし、意外な選手が頑張ってたりあ!いたいた、とか怪我して試合出れなかったよなーとか感慨深かったり。アップありがとうございます
    プルはやっぱり凄いなあ・・(^^;)

    • オネエ 2020年4月15日 8:19 PM

      >ジゼル様

      作られた方、ほんと凄いですよね。
      20年の男子シングルのフィギュア界の流れが手に取るようにわかりますね。
      日本男子の活躍が嬉しい!

  4. 杉姉 2020年4月15日 7:20 PM

    オネエさま

    すごい推移動画ありがとうございます。
    素晴らしいのは、羽生くん町田くんが1位2位ですかね?
    そして、本田先生が6位で食い込んでたのも懐かしいです。
    今のクワド時代の象徴がある意味解説にもあると思ってます。
    ソチの頃は「次は4回転」で、種類なんか言わなかったし、私も実は見分けなんてあやふやでしたが、その3年後は
    「冒頭は4回転lo を予定」「これから4回転sからのコンビ」って、すごくないでしか?その流れを作りいまだにトップ君臨する羽生くんはレジェンドですよね!
    あ、プルさまもです。

    • オネエ 2020年4月15日 8:59 PM

      >杉姉様

      杉姉さん、こんばんは。
      仰る通りですよね。この長い歴史の中で、
      フィギュア自体もクワド1本から多種へと変化していく中でも、
      トップに君臨し続けるユヅはまさにレジェンドですよね。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.