スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 佐藤駿 鍵山優真

投稿日:

スケーターに失礼よ!ポスト羽生結弦とメディアはすぐに呼びたがる

皆様、おはようございます。

イタリアのOAスポーツ紙で、21歳以下の次世代の有望な男子シングルフィギュアスケーター5人を特集していたのよ。

嬉しい事にその中でも日本から、鍵山優真と佐藤駿も入っていたのだけど、

海外からはどのような期待をされているのかを見てみましょう。




誰の代わりでもない、唯一無二の存在でいればいいのだから

イタリアOAスポーツが、注目の次世代スターとして、

21歳以下の男子シングルスケーターから5名を選出した記事が出ていたのよ。

鍵山優真、佐藤駿、チャ・ジュンファン、ダニエル・グラスル、アルトゥール・ダニエリアン。

どうして彼らを選んだのか、日本期待の若手2人の記事をご紹介するわね。

参照:イタリアOAスポーツ

佐藤駿

良い演技をした時には、ライバルも打ち負かす選手であり、ジュニアグランプリ・ファイナルでの優勝が証明している。

ファイナルでのクワド2種類のジャンプは素晴らしかった。

真のスターになるための要素をすべて持っている。安定した成績を残していくことが今後の彼のキャリアに繋がるだろう。

佐藤駿が来季の特別強化選手に選ばれなかったことに、なんで!?って気持ちが強かったわ。

今季ジュニアシリーズではレークプラシッドで優勝、クロアチア杯では3位となり、ファイナルでは見事に優勝したのに!

イタリアOAスポーツが言う、安定した成績という面において、

世界ジュニア6位、全日本5位とシーズン後半にかけての成績を、スケ連は評価対象にしたのかなとも思ったのよ。

俺を特強に選ばなかったことを後悔させてやるぞ!っていうぐらいの強い気持ちで、シニアで大いに暴れてほしいのよ。

ここであれこれ言ってもスケ連には届かないでしょうから笑、

ぜひ選ばれるに、ふさわしい才能を見抜けなかったスケ連をリンクの中で、見返してやって頂戴!

【2019JGPFフリー】

ロミジュリ鳥肌立ったわよ~。

そしてキスクラで祈る駿に、日下コーチの「わあああ~~~!」が大好き笑

鍵山優真

多くの人にとって、彼はポスト羽生結弦の最有力候補であり、四大陸選手権で銅メダルを獲得したあとは特にそうだ。

優れた技術と芸術性を併せ持つ、いわゆるトータルパッケージの可能性を持った数少ない選手だ。

エフォートレスで、高いジャンプ能力は目を見張るものがあり、トリプルアクセルは見ればわかる。

日本ももちろんだけど、メディアとか記者って、何がなんでもポスト○○、○○二世とか付けるのが好きよね。

それぞれのスケーターに対して失礼じゃないかしら。

この部分においては、あたしポスト羽生結弦は断固違うと否定したいわ!

もっとそのスケーター自身を見て評価してほしいわよ。

こんなもの、選手にとってプレッシャーにしかならないし、優真は優真らしくいけばいいと思うわ。

滑らかな着氷のジャンプは美しいわよね。来季はきっとクワドサルコウも入れてくるでしょう。

駿と一緒に、これからふたりがシニアに上がって、

それぞれのカラー、個性をどう出していくかということに注目したいのよ。

羽生結弦はただひとり、唯一無二の存在よ。

誰も代わりにはなれないもの。

↓自粛中スーパーに行けない時は宅配もお薦め↓

2001-2020までの最新版世界ランキング推移と来季競技について

最新版の世界ランキングよ。

羽生結弦が長い間トップで居続けること、そして2020-21シーズン第1位に返り咲いたことの重みがわかる動画よね。

どっかの米記者には、この積み重ねてきた重みはきっとわからないんでしょうね~。

さて、いよいよ明日はISUのオンライン理事会がある日よね。

焦点は来季の競技が予定通り開催なのか否かという点よね。

先日お話した、アリ氏のインタビュー記事では触れなかったのだけど、

彼はジュニアグランプリの噂に対して、こう述べているわね。

「私はそのような決定に驚かないでしょう。リンクがいつ開かれ、いつトレーニングが始まるかを理解する必要があります。この瞬間から、未来について初めて語ることができるでしょう。現在、すべてのスケーターが自宅でのトレーニングをしています。状況が今後数か月で改善しない場合、実際には、8月までに、スケーターはプログラムを準備する時間がないです。すべてをできるだけ早く正常に戻したいのですが、それは私たちが決めることではありません」

参照:https://m.sport.business-gazeta.ru/article/254165/

現実的にはジュニアグランプリの開催は厳しそうよね。

前から疑問に思っていたけど、アリ氏って自分のインスタに起業家と記しているけれど、

あくまでスポーツエージェントよね。

なんでISUはアワードにしろ、彼にそこまで委ね、舵を取らせるのかしら?

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

下のブログランキング2つをポチっとして頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つ押していってくださいまし!

【ブログランキング第8位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第1位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 佐藤駿, 鍵山優真


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. ローイ 2020年4月27日 9:06 AM

    おはようございます^_^各、Tvニュースをみていて……『医師出身…』という肩書の方々がいる。最近…思うのが、スーツをぬいで防護服を着る。海猿じゃないですが…人員確保!と叫んでしまう。

  2. ローイ 2020年4月27日 9:14 AM

    日本中のアイスリスクの空調設備。ダイアモンドクルーズ船で有名になった、岩田医師←アドバイザーとして、地味に快適な空間にならないか?わかりやすい日本語でYouTubeで流してほしい。

  3. マシュウ 2020年4月27日 11:04 AM

    こんにちわ!
    おネエさま、わたしもポスト、第二の◯◯って大キライです!政治家じゃないんだから~…結局、第一人者と言われる人の名前出さなくちゃ、認められないような気がして。最近では、誰かを誉めるときに羽生さんの名前使うパターン、やめてほしいです。
    ISU会議、アリ氏の独壇場にならないことを祈りますが…選手の組合みたいなの、あるといいな~と思いますf(^_^;
    為末大さんが、アスリートも声をあげてほしいとおっしゃってましたが、フィギュアは難しいのでしょうね。

    • オネエ 2020年4月28日 1:58 AM

      >マシュウ様

      そうなんです。常にだれかを引き合いに出して、
      その人と比べるというメディアのやり方がすごく嫌いです。
      人は人、自分は自分でその選手の個性や良さをもっと取り上げてほしいですね。

  4. ちょび助 2020年4月27日 11:23 AM

    オネエ様、皆様こんにちわ。
    本人が全くメディアに露出してない間も、あっちこっちで名前出るわ出るわ!羽生結弦に頼りすぎ!!「ポスト〇〇」なんて言われても複雑だろうし、その子によってはプレッシャーになってよろしくない。西城秀樹の後を狙った川崎麻世、ポスト加勢大周の坂本一生、マッチの流れを組んだ新田純一…etc.「ポスト〇〇」はあかん!優真も駿も大人が勝手に言ってることなんて無視して自分のスケート道を歩んでね〜!

    • オネエ 2020年4月28日 2:03 AM

      >ちょび助様

      ちょび助さん、こんばんは。
      そうそう、まだふたりはジュニアなのですから、
      過度なプレッシャーをマスコミが与えるのはよくないですね。
      自分の道を目指せば良いですし!
      西城秀樹の後を狙った川崎麻世!にちょっと笑ってしまいました。

  5. ジゼル 2020年4月27日 11:43 AM

    ポスト百恵、ポスト錦織、ポスト羽生結弦・・その道極めた誰もが認める第一人者しか入れられないので安易になれるもんじゃないし、「⚪⚪二世」の解釈ではなく「目指せ⚪⚪さんの位置」位の意味あいに脳内変換してます(-_-;)
    二人の日本人若手選手がやはりイタリアでも注目されてるんですね!自分らしい個性を磨いて更に上に行ける様に頑張ってもらいたいですね。

    • オネエ 2020年4月28日 2:05 AM

      >ジゼル様

      イタリアのスポーツ紙の若手5名の中にふたりも
      日本人選手が入ったことは嬉しいですね!
      身近に切磋琢磨できるライバルがいることは成長に繋がりますから、
      怪我には気をつけて、頑張ってほしいですね。

  6. ローイ 2020年4月27日 12:46 PM

    こんにちは。世界中、特に…日本国内では、テレワーク推奨ですね。ところが…ニュースで、ハッカー事件があるそうです(汗)我が家は、フィギュアYouTubeしかみてませんが(^^ゞ、外出した時に行動履歴を思い出せるよう…買い物にも気をつけたいと思います(^^♪

    • オネエ 2020年4月28日 2:06 AM

      >ローイ様

      ローイさん、こんばんは。
      お返事こちらにまとめて失礼します。
      フィギュアYouTubeだけご覧になられているのですね、素敵です。
      なかなか外出できませんが、いつでもリンクのあの時の感動の演技に戻れることは幸せですよね。
      おうち時間楽しみたいと思います。

  7. 通りすがり 2020年4月27日 2:06 PM

    佐藤駿君のファイナルのロミジュリは私も鳥肌立ちました!
    4Lz降りたのはもちろんですが、ジャンプが全てクリーン!
    ノーミスといいながら多少は着氷が流れる選手が多いなか、彼は完璧な着氷でした!
    あとはスピンやステップですかね?
    本当にロミオの年代にぴったりな勢いと若さ!
    表現も決して悪くないと思うし、これからも楽しみです!

    鍵山優真君はお父様にソックリ!
    膝と足首が柔らかくて(五十嵐文男さん談)スケーティングがよく伸びます。
    ちなみにお父様は30年以上前に4回転トゥーループに挑戦していたんですよ!(1989NHK杯→1/4回転程足りなくて転倒)

    二人は同学年…なんだかジュニア時代の佐藤有香さんと八木沼純子さんみたいな感じ…

    • オネエ 2020年4月28日 2:13 AM

      >通りすがり様

      何か二人の間には運命的なものを感じますね。
      佐藤駿のファイナルは、久々に鳥肌が立ちました。
      国内の試合の方が演技構成点が抑えられる傾向がありましたよね。
      スピン、ステップなどレベルを取れるところをさらに上げていけば、
      全体の総合力でも決して優真に劣らずのトータルバランスの良い選手になるのではと期待しています!

  8. ローイ 2020年4月27日 3:41 PM

    自宅待機…WorldラグビーTv観戦だったら、にわかファンで盛り上がってたのに(T_T)ラグビーにビール、ラグビーの盛り上がり←世界中のラグビーファンが教えてくれた。海外の方々をみて、雰囲気を味わった。各国の名前とユニフォームの色もわからず(・・;)ただ、感覚だけでみていたラグビー。世界中のラグビー代表が、笑顔でいられますように……

  9. みすな 2020年4月27日 3:58 PM

    オネエさま、駿くんのこと、、、ありがとうござます(号泣)
    わたしは優真くんだって、ルーカスくんだって、吉岡くんだって大好きです。
    でも駿くんが大大大好きなのです!
    そして優真くんと駿くんがいつまでも仲良くいられることを願ってやみません。

    点数に関して、もう何十年も前から問題あるフィギュアですから、細かいことでぐずぐず言うまい!と誰の演技に対しても思ってきました。
    しかーし!
    羽生くんのことに関してはもう絶対おかしい!とわかり、(この前のパパシゼの採点で今のジャッジがよーくわかりました。彼らも羽生くんと同じ目に遭いましたしね。)いまさらですが、圧倒的に勝つ!って羽生くんが言ったのは、そうか、そう言うことも含まれていたんだなってわかったんです。
    有無を言わせぬ演技ね。
    だからね、クリーンな採点になるのを望めない未来なら、駿くんもその言葉を引き継いでくれて、圧倒的に勝ってくれるのを楽しみにしてます。
    誰にも文句言わせないのをね!

    〇〇二世は言われた人が嫌でしょうね。
    特に羽生くんは無理でしょう。
    顔や足の長さや技術以前に、性別なんてない天使のような人が他にいるか?と勝手に思ってます。

    ところで、わたしはジュニア時代の羽生くんを知らないのでゆづって言えないんです。
    羽生くんのジュニア以前からのファンやプロトコル暗記しちゃってるファンの方々がゆづって呼べるんだろうなあとわたしの中だけで勝手に思ってます。
    そして羽生くんファンが大勢のこのブログで彼にメロメロなことを書けないズレた人のようですみません。
    でもわたしは羽生くんをめちゃくちゃ尊敬しています!

    ああ、もう何かいてるか分からなくなってきました。
    駿くんのことを語るとどうしても師匠の羽生くんに及んでしまうのですよ〜。

    • オネエ 2020年4月28日 2:24 AM

      >みすな様

      みすなさんの熱いお気持ち伝わってきますよ!
      ファン歴って人それぞれですし、どう呼ぼうが好きで応援する気持ちは
      同じなのですから、そんな謝ることではないですよ~。
      ジャッジのおかしな採点が元で、フィギュア人気が下がっていることをISUは理解してほしいですね。

  10. フクスケ 2020年4月27日 5:41 PM

    オネエ様、こんにちは。

    ホントにもう、メディアはポスト◯◯とか第二の◯◯とか、やめて欲しいです。
    他に言い方ないの?
    彼らは言葉/文章のプロなのに、ボキャブラリーの貧弱なこと!!
    こんな呼ばれ方、書かれ方されたら、言われた選手はソッコーで抗議すべき!!、まあ本人たちはまだまだ若いので、このくらいはスケ連がピシッと物申さなければ。なにしろなんだかんだで現状は、選手とファンに寄生して(失礼!)成り立っているようなものですからね。
    こんな記事読んで、ヘラヘラ笑っているスケ連の運営メンバーは猛省せねば。

    ところで佐藤君の特別強化選出もれには、ワタシもムカムカしています。
    完成度から言えば、あと少し…という印象もありますが、このあと少し、にワクワクさせられるんですよ。ジュニアでこんな子は、なかなか見当たらない。
    いつか突然、スパークしてくれないかなーと考えています。
    個人的にはダニエリヤンが好みなのですが、彼とてYUZ君とは全く違う個性を持っていてそこが魅力なのも確か。
    ちょっと危なっかしいジャンプや、忙しそうなステップはこれから改善するかなー。強豪ロシアのアキレス腱が男子シングルなんだけど、これを太く補強してくれる可能性を期待しています。
    (コーチのブヤノワ先生は、前から良い意味で気になっていて。)

    まあ、有望な新人たちも、怪我や病気で思わぬ停滞を強いられることもあります。でもその療養(逼塞)期間に、どれだけ成長できるか?
    ポストや第二じゃなく、オンリーワンの選手を目指して、ワタシたちファンはいろんな面から応援していきたいです。

    それからアリ氏。
    もう、クソなインタビュー記事の他に、取り柄がなくて、笑うしかないwww

    ではまた!!

    • オネエ 2020年4月28日 3:25 AM

      >フクスケ様

      フクスケさん、こんばんは。
      あと少しというところに期待値を込めるのがスケ連の仕事であり、
      選手の成長の手助けになるはずなのにと常々思うのです。
      ダニエリヤンも今後が楽しみな選手のひとりですね!

  11. ねこの肉球 2020年4月27日 8:51 PM

    オネエ様、こんばんは。
    海外で、駿くんと鍵山くんを同じように
    記事にしてくれたのは嬉しいことですね
    でも、2人とも立派なアスリートなのだし、
    プロ記者として言葉選びには充分気を付けて欲しいですよね。

    人一倍謙虚な雰囲気でものすごくガッツがありそうな駿くん。
    そして、2シーズン前の選曲が
    まさかの大河ドラマ「龍馬伝」で頑張っていた鍵山くん。
    2人ともスケレンの闇に染まらず健やかに育って欲しいです。

    演技は個々それぞれに、
    人間フィギュアスケーターとしては、あえて「ポスト羽生」を
    目指して頑張って欲しいと願っています。

    それではまたお邪魔させていただきますね❤

    • オネエ 2020年4月28日 3:29 AM

      >ねこの肉球様

      ねこの肉球さん、こんばんは。
      メディアもそうですが、スケ連もふたりはこれからの日本男子フィギュアの
      期待の選手達なのですから、大切に育てていってほしいですよね。
      今季の競技はまだ未定ですが、シニアに入って、どうふたりが成長していくのかを
      楽しみに見ていきたいです。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.