スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 町田樹 羽生結弦

更新日:

独特の発想がユニーク!町田氏のアワードに大切なヒントを見た!

皆様、こんばんは。

読者様より「BSフジスポーツセレクションフィギュアスケートTV」でスペシャルゲストに、町田樹氏が出演すると教えて頂き、

彼オリジナルの「町田セレクション スペシャルアワード2019 各賞」の解説がとてもユニークで興味深いものだったので、

ここで皆様とご一緒に見ていきたいのよ。

やっと別の話題が話せるわ~!

スポンサーリンク

たとえジャンプがなくとも、作品の世界観を表現できるスケーター!

【マチュアプログラム賞解説】

羽生結弦

マチュアプログラム賞 by町田樹

出たわね、町田節が満載の美学すら感じる賞の名前ね笑

このようなタイトルはきっと彼にしか思い浮かばないんじゃないかしら?

羽生結弦氏のエキシビジョン「SEMEI」について、こう語っているのよ。

「マチュア」というのは「成熟」を意味するのですけれども、

羽生選手はこの「SEIMEI」というプログラムを、足かけ2シーズン競技会で使用していますが、昨年の全日本のエキシビションであるメダリスト・オン・アイスでは、それをショー・ナンバーとして演じました。本当に音楽に没入していましたし、熟練の技がこの中にいろいろ詰まっていて、本当に見ていて感銘を受けた演技でした。トリプルアクセルも天下一品ですよね。彼はともすれば、世間が期待する羽生結弦像を自分がどれだけ満たせたか、あるいは体現できたかというところで、最近自分を評価されているんですけれども、そうではなく、この時の羽生選手は純粋に「SEIMEI」を踊るという心でいたような気がしますし、何よりこの「SEIMEI」というプログラムを楽しんで滑っているのだろうなというのが体からひしひしと伝わってきたので、本当観ていて、難しい技は入っていないのですけれども、羽生選手はジャンプなくとも、しっかり作品世界を体現できるスケーターなのだと思いました。これは若手スケーターには出せない演技だと思います。

世間が期待をする羽生結弦像ではなく、純粋にプログラムを楽しんで滑っていると。

そしてジャンプなくとも、しっかり作品の世界を体現できるスケーターなのだと。

これは多くの様々な経験を積んできたからこそ、出せる演技の本日「味わいや深み」であるのよね。

難しいジャンプを跳ぶ。これもこれでもちろん素晴らしいことなのだけど、

演技という作品を通して、何を伝えたいのか?

ここが一番大切だし、そのような演技をするスケーター達は、例え表彰されないことがあったとしても、

ずっと記憶に残っていくのよね。

わたしもそうした演技に数は多くないけれど出逢ってきたのよ。今度改めてご紹介するわね。

【四体フィギュア直前インタビュー】

羽生結弦自身も

「心から滑りたいなと思えるプログラムを選びました。自分のフィギュアスケートをやってる感じがすごくしたんですよね。これが自分のやりたかったことなんだって。」

と言っているわよね。

町田節の中に、本来のアワードの在り方に対する大切なヒントがある!

【町田セレクション各賞】

町田氏って、独自のきちんとした観点を持っているわね。

解説をしていても、決して人に流されない、自分を持っているのよ。

ありきたりのことをそうですね、良かったですよねという解説は、あたし聴いていても何にも耳に入ってこないのよ。

ときには町田氏の言葉の美学が、キザすぎて(誉め言葉よ)、見ているこちらが照れ臭くなってしまうこともあるけどね笑

エロスの演技に対しての彼の解説を見てみたいわ笑

「相貌(そうぼう)の輝き賞」。町田節炸裂ね笑

友野一希が受賞ね。

八木沼氏は「相貌」の言葉通りに、外見やカタチを指していたわね、

でも、町田氏は、「身体の内面から溢れ出るムーブ(ムード?ここ聞き取りづらくてどちら?笑)やオーラも含めての総合です。プログラム終始一部の隙なく、油断することなく表現者であった、その心意気にわたしはこの相貌の輝き賞を贈りました」

内面から溢れ出るもの、そして表現者である心意気。

うん、深いわ。

そしてもうひとつ、

「ブレークスルー賞」で鍵山優真と佐藤駿を「差」をつけることなく、双方に甲乙つけがたい称賛と期待をしているところが素晴らしいわ。

町田氏も言うように、

自分のポテンシャルを最大限発揮できる作品の方向性、可能性、そして周りの振り付け師やコーチ陣のプロデュース能力も求められていると。

選曲やプログラム選定は非常に大事です!言い切るところが好きよ笑

でもひとつだけあたし突っ込みを入れたいところがあるのよ!いいかしら?

「ダンサブルステップ賞」の樋口新葉の今季フリー「ポエタ」。

【2018年全日本ショート】

樋口新葉

あたしは断固として、昨季ショートの「エナージュ」を表彰したいのよ!笑

2:50~のマサイ族仕込みの「新葉ジタバタダンス」!

ここがハイライトなのよ!!!

・・・・・

でもこのジタバタダンスに辿り着くまでに、ジャンプを含めたすべての要素を完璧にこなしてこそ、

躍動感が出てくるし、彼女の表情や動きも全く変わってきているでしょ!これこそ彼女の真骨頂だわね。

あたしよく考えてみたのよね。

「アワード」の本来の在り方を、町田氏がこの場にて示してくれているんじゃないかしら?

冒頭で、町田氏は、

「競技者の時代にたくさんの解説者の方々に解説を通してエールを送って頂いた。選手にとっては力になる。競技成績だけでは、美質や魅力を伝えきることができないスケーター達の良さ、プログラムの美質というものを独自の観点で賞を付けてお送りしている。」

「それは選手達に対してのエールであるし、見る人達にとって、こんな見方もできるんだという新しい見方になるきっかけになればという想いでやっています。」

ここ重要~~~!by IKKO姐

選手達の個性を最大限に発揮できる「エキシビジョン」を削ってまでして、

各審査員の息がかかった出来レースの「ISUアワード」に執着し、スターを造ろうとしているアリ氏に、

爪の垢を煎じて飲ませてやりたいぐらいよ!

選手達にとって力となるエールとなり、見ている方達がフィギュアスケ―トってこんなに面白いんだ!という

もっと内面的なもの、フィギュアの本質を伝えることこそがアワードなのではないかと!

あたしはそう思うのよね。

町田樹セレクション、全日本選手権スペシャルアワード2019についての詳細は「ワールド・フィギュアスケート88」に書かれているわよ。

スポンサーリンク

・ワールド・フィギュアスケート 88

【羽生結弦関連の書籍について】

NEW! 5月29日発売

「フィギュアスケートLife」

↓ご注文はこちらよ↓

5月18日発売

「フィギュアスケートマガジン2019-2020 シーズンハイライト」

↓ご注文はこちらからよ↓

紀平梨花から見事な4サルコウと共に、メッセージが届いたわよ!

「みなさまこんにちは。フィギュアスケートの紀平梨花です。今、このような状況で自宅で過ごす時間が多くなってきているかと思いますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?。私は勉強したり料理をしたり、トレーニングをしたり、掃除をしたりと充実した毎日を送っています。」

4サルコウ、美しく決まっていたわね。ステイホームで出来ることも限られていると思うけど、

頑張ってほしいわね!

今日は一日暑かったわね笑

こんなときにお出かけできないのは辛いけど、スケーターの演技を見て楽しみましょうね。

そうは言っても、あたし暑いの苦手だから、出かけたくない派だったわ笑

それでは素敵な連休をお過ごしくださいね、くれぐれも体調にはお気をつけて。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

下のブログランキング2つをポチっとして頂けると励みになります!

【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つ押していってくださいまし!

【ブログランキング第5位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-フィギュアスケート, 町田樹, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. 杉姉 2020年5月2日 8:16 PM

    オネエさま

    アワード本来の目的を果たしてるのが、マッチーのセレクションなんですね。 
    もう読んでて、町田語録炸裂&選手への愛情炸裂で笑い転げつつ感動です。 
    マッチーは自分で考えて行動するし、また言葉が独特なセンスですよね。

    新葉ちゃん、ダンサッブルステップ賞はぴったり。2019は絞ってよかったですけど、ジタバタダンスと007がやはり、脳裏に焼き付くプロですよね。
    (マサイ族仕込みのジタバタダンスのネーミングはオネエさましか出来ないセンスです) 

    アリ氏は町田樹に弟子入りでもしてほしいです。

    そして、紀平りかちゃんの4Sが試合で早く見たいですね。
    あ、新葉も試合で3A決まるはず。 
    楽しみでーす!

    • オネエ 2020年5月2日 9:54 PM

      >杉姉様

      杉姉さん、こんばんは!
      町田氏のアワード、本当に賞の名前からユニークですよね。
      フィギュアを知らない人でも、なんなんだろう?と興味を持つこともありそうな気がしますね。
      来季の女子の活躍も期待したいですよね。

  2. 燦太 2020年5月2日 8:53 PM

    「身体の内面から溢れ出るムーブ…」
    と言ってました。
    ムーヴ、ムーヴメント!
    「身体の内面から溢れ出る“動き”」と言うのを、あえて“ムーヴ”と言うセンスが「町田ワールド」を構築し、聞く者に考えさせ、尚且つ演者の内から放つメッセージを見る者に的確に伝える為の重要なプロセスですね!
    そして三宅咲綺さんについても
    「2.3年の内に3Aを飛べるんじゃないかと…」
    と、将来有望な選手にフューチャーし、エブリバディにメッセンジャーとしてのセールスも忘れず、町田ワールドを展開してました。
    (町田樹風に)

    • オネエ 2020年5月2日 10:12 PM

      >燦太様

      わたし耳が遠くなったかも笑
      ムーヴですよね、ムードとも聞こえたし、でもムードって変ですものね笑
      のりえさんの町田ワールド、ルー大柴風に聞こえたのはあたしだけ?

      • 燦太 2020年5月2日 10:25 PM

        ルー大柴って言うな!!
        自分でも書いてる途中で気が付いたわ~!

        • オネエ 2020年5月2日 10:29 PM

          >燦太様

          ユーもトゥギャザーしようぜ~!

  3. ゆづき 2020年5月2日 9:13 PM

    初めまして。いつも楽しく読ませてもらってます。
    有難うございます。
    気になった点が1つだけ。。
    『彼はどうすれば、世間が期待する羽生結弦像を自分がどれだけ満たせたか』→『彼はともすれば。。。』ではないかと思います^^
    違ってたらごめんなさいです。

    • オネエ 2020年5月2日 9:47 PM

      >ゆづき様

      ゆづきさん、はじめまして!
      いつもブログをご覧下さりありがとうございます。
      「も」が「う」になっておりましたね、大変申し訳ございませんでした。
      一文字違うだけでも意味が変わってしまうのに、、、
      すぐに訂正させて頂きました。
      わたしが間違っておりましたので、ゆづきさんが謝ることではございません!
      感謝です。またいつでも遊びに来てくださいね。

  4. nao 2020年5月2日 9:13 PM

    オネエさん、こんばんは。
    町田さん解説のアワード、素敵ですね!
    羽生選手に町田さんが贈った「マチュアプログラム賞」、ファンとしても、とても嬉しく思います。
    「町田節」は独特な感じですが、愛に溢れた語りがいいですね。羽生選手への愛もすごく感じられました。
    羽生選手は、町田さんの言われる通り、ジャンプ抜きの演技でも観客を惹き込む演技力がありますよね。以前、「Continue」で、ジャンプ抜きでの演技を披露していましたが、ノービスやジュニアの時代のプログラムでも、すごくカッコよくて、この人は、本当にすごい表情者であり役者だなあと思いました。本当はアマチュアのアスリートなのに、プロ顔負けの仕事ぶり、これからも、羽生結弦のフィギュアスケートを、世界観を見せ続けてくれたら、ファンとしては、こんなに幸せなことはないのですが。
    それにしてもオネエさん、今日は暑かったですね。お天気が良かったので午前中にベランダの掃除をしていたのですが、強い日差しと暑さに危険を感じ、20分程でギブアップ、なぜか無性にバナナが食べたくなり、冷蔵庫に保管してあったのを食べたら、これが本当に美味しくて。バナナ、カリウムが豊富で熱中症予防に効果があるらしいですね。身体が欲していたのかな?と思いました。
    明日も暑くなりそうですね。オネエさんも暑さと熱中症、そして、コロナにお気を付け下さいね。

    • オネエ 2020年5月2日 10:18 PM

      >nao様

      naoさん、こんばんは!
      解説からパワーを貰ったと言っていましたから、やはり
      選手の気持ちがわかるからこその愛が伝わってきますよね。
      そうですね、そもそも競技の域を超えた表現力を、いまのジャッジに判定できることなど、
      できないのかもしれないですね。
      暑かったですよね、バナナいいですね。わたしはバナナにヨーグルトとハチミツをかけて
      頂いたりします。お肌の代謝へのビタミンB群も豊富に含まれているので、美肌効果も期待できますものね!

  5. おばちゃん 2020年5月2日 9:20 PM

    オネエさま お天気は良かったのに、自粛で調子滅茶苦茶で、昼寝して夕方になってしまいました。
    町田氏賞、コアな試みだし選手にエールを送る目線がいいですよね!
    SEIMEIは平昌はステップから自分が号泣して涙で画面も見えなかったです。
    このエキシは本当に素晴らしかったですね、まさにマチュアでアーティスティックでフィジカルアートの極み。
    佐藤選手の「難曲踏破賞」が凄い笑 マッチーならではのこだわりが炸裂してます!
    解説の時も丁寧で個性的ですが、オイオイもう次行っちゃってるよ⁉︎ってなるのもフィギュア愛ゆえでしょうか。

    毎日ブログありがとうございます、ステイヘルシーにお過ごしくださいね。

    • オネエ 2020年5月2日 10:21 PM

      >おばちゃん様

      おばちゃんさん、こんばんは!
      ゆっくりお休みはできましたか?
      わたしもこの頃昼寝をすることが増えました笑
      マチュアでアーティスティックでフィジカルアート!!!
      そしてファビュラス!
      どれだけの言葉を並べても足りないですね。
      難曲踏破賞ってネーミングもすごい!楽しくなりますね。

  6. ゆきな 2020年5月2日 9:21 PM

    オネエ様、初めまして、こんにちは!

    オネエ様のこちらのブログを以前から拝見させていただき、いつかお話したいな・・・と思いつつ、なかなか勇気が出ずに、今日、初めてコメントさせていただきました!オネエ様の、愛情溢れる、時に正義感を持って発信してくださる、このブログが大好きです!いつも色んな情報を発信してくださってありがとうございます!

    町田さんのスペシャルアワード、本当に素晴らしいですね!羽生選手の、SEIMEIに込めた思いや、心の内側まで汲んでくださったような言葉の数々に胸が熱くなりました・・・!そして、羽生選手だけではなく、他の選手にも、とても励みになる、それぞれの選手の魅力に触れた輝かしい賞を!

    本当に、オネエ様の言う通り、フィギュアの本質を伝えることこそがアワード、と、強く強く思いました・・・。「各審査員の息がかかった出来レースの「ISUアワード」に執着し、スターを造ろうとしているアリ氏」。本当にまさに、その通りだと思います!スターというのは、造るものじゃない!スターを造るための賞じゃなくって、もっとスケーターたちの「内側から輝く魅力」を感じ取って、その魅力に合った賞を、ぜひあげてほしいです・・・。

    今、フィギュアスケート界では、いろんな人が、いろんな力で、スター選手を作り上げようとしていると思います・・・。その陰謀や、コネクション、権力を感じるたびに、苦しくなるのですが、、、とにかく様々な出来事を注視して見ています。色んな出来事を見るたびに、やりきれない思いだったのですが、オネエさまのこのブログを読んで、共感させていただいたり、おだまり!コメントにスッキリしていました(笑)色んな情報を伝えてくださる記事も、そして、今日の明るい記事も、いつもたくさん伝えてくださってありがとうございます!!

    いろんなことが巻き起こっていますが、どうか、オネエさまも心も体も健康でいてくださいね。これからも、応援しています(*><*)

    • オネエ 2020年5月2日 10:27 PM

      >ゆきな様

      ゆきなさん、はじめまして!
      以前よりブログをご覧下さっていたとお聞きして、とても嬉しいです。
      そして勇気を出して頂いて、コメントどうもありがとうございます。
      フィギュアスケートの本質ってなんだろうと考えたときに、
      やっぱりリンクの中の選手が創り出す世界観だったり、時には自分の人生に置き換えたり、
      感性を豊かにしてくれるところが大きいかなと個人的には思っています。
      それを造り上げたスターなどを称賛する場は全く持って不要ですし、ファンなど決して増えないですよね。
      またいつでも、ここにも気軽に遊びに来て頂けたら嬉しいです。
      ゆきなさんも季節の変わり目ですから、どうぞご自愛くださいね。

  7. ローイ 2020年5月2日 9:40 PM

    町の公園に散歩に行きました。夏日の上空に…音のうるさい乗り物が飛行します。公園で遊んでる子供達は、なんて?思うかな~~~と、自宅に帰り、SEIMI をみています。そ~~~~~いえば、町のショッピングセンター、最後に行ったの、いつ???だったかな(・・;)と。今、あいてるのかなぁ………

    • オネエ 2020年5月2日 10:29 PM

      >ローイ様

      今日は本当に暑かったですよね。
      外に出る気にもならなかったです。
      SEIMEI何度見ても良いですね~。

  8. ドングリ 2020年5月3日 1:16 AM

    オネエ様
    マッチー節炸裂してますね。いいわぁ〜このねちっこさとイミフな英単語取り混ぜ感もいいわぁ〜。思うに、マッチーの頭の中にはきっと彼だけが操る町田語というのがあって、それを発信する際に一般人にも理解できるように翻訳しているのでは?だからあの哲学的とさえとれるヘンテコな言葉遣いが暑苦しい想いをクールぷるぷるゼリーで覆った仕上がりで供されるのでは?と、ドングリも何言ってるのか分からなくなってきましたが、どにかくマッチー解説は好きです。お決まりのことしか言わないタケシにもしーちゃんにも見習って欲しいです。
    そしてマッチー、お肌綺麗になってきました。

    • オネエ 2020年5月3日 11:25 AM

      >ドングリ様

      ドングリさん、こんにちは!
      マッチーの脳内ではさらに理解不能な美学的言語が
      繰り広げられていて、それをわかりやすく伝えてくださってるのですね!笑
      解説に個性があることって、一見万人受けしないこともありますけど、
      選手への愛が感じられるので、わたしは彼に解説もなんちゃらアワードも
      仕切ってほしいぐらいです。

  9. ジゼル 2020年5月3日 8:17 AM

    ルー大柴…もとい燦太さん、オネエ様紹介ありがとうございます。面白かったー!
    オネエ様のいわれる通り町田アワードの中にアワードの在り方のヒントがあると思います。対してアリ氏の構想するISUアワードは組織票、スポンサーの力等が介在する商業ビジネスISUという中央組織が試合外で格付けする事にも疑問です。特に最優秀賞、新人賞…これは試合そのもの、それを見る中にあるのではないですか?
    もしやるならウェブ上でこの町田アワードのようにやって欲しい。
    ジゼル案として、タラソワアワード、ディック爺アワードw、ヤグプルアワードはいかがでしょう?複数織り交ぜて、カナダからカート、日本からは樋口豊がねっとりイン。中央組織じゃないから個人的な偏りおkだし、バッサリ歓迎ww 評価おこなう側の感性や見方が味わえて面白いし。
    デザインや振付部門は振付師やデザイナー座談会でも…ディクソンみやけんカメ連語がわいわいととかでもいいし。
    このオネエ様のサロンでも「これ素晴らしいよ~」と思い入れと共に伝えてくれたじゃないですか。改めてその演技やプログラムの良さを嚙み締めてフィギュア愛が深まったり、次のシーズンのプロが楽しみになったし♡まっちーの言う様に選手自身も誰かに評価される(だれかの心に届いたという事、組織の人気投票ではなくて)事が励みになりやる気と質の高いパフォーマンスに繋がるなら、意味があると思います。

    • オネエ 2020年5月3日 11:39 AM

      >ジゼル様

      ジゼルさん、こんにちは。
      その提案おもしろいですね!ディック爺毒舌アワードにしません?笑
      豊姐はもう見た目のタイプで選んでしまいそう!
      ISUアワードでやろうとしていることはあくまで商用のため。そこに選手のためなどと
      いう理由はないのですから。

ゆづき にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.