スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アレクサンドラ・トゥルソワ フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

バトルが止まらないわ!トゥルソワ移籍騒動でプルシェンコ痛烈批判

皆様、こんばんは!

今日一日暑かったわよね、体調などは大丈夫かしら?

ロシアではトゥルソワ移籍を巡って、場外乱闘バトルが激化し、こちらも熱くなっているわよね。

SNSでプルシェンコが、エテリチームに対して「馬鹿げたスタッフを大人しくさせろ!」と痛烈批判!

ロシアはコーチ陣がヒートアップして、思ったことは我慢せずに言うスタイルは好きだわ~。




プルシェンコがエテリチームに「馬鹿げたスタッフを大人しくさせろ!」と痛烈批判!

ロシアのフィギュアスケーター、アレクサンドラ・トルソワ選手(15)がエテリ・トゥトベリーゼコーチのもとを去った件で、それをめぐる騒ぎは増長するばかりだ。トゥトベリーゼチームの振付師アレクセイ・ジェレズニャコフ氏は、インスタグラムでトルソワ選手のフォローを外し、今後彼女が新しいコーチと成功を掴めるかは疑問だとの考えを示した。一方、トルソワ選手の新コーチとなったエフゲニー・プルシェンコ氏は、それに対し反撃を見せた。

2つの五輪金メダルを持つプルシェンコ氏は、インスタグラムのストーリーで「またチームの下っ端が出てきて好き勝手吠えている。トゥトベリーゼチーム、滑稽なスタッフを大人しくさせてくれ!アリョーシャ(ジェレズニャコフ氏)、大変よくできました、座ってよろしい!」と反応した。

ジェレズニャコフ氏は「うちの選手が皆そうであるように、サーシャ(トルソワ選手)の成長の原動力となったのはチーム内の激しい競争だったと思う。進歩のための本物のエンジンはここにある。今後はどうなるだろうか?弱い選手の中で一番になる?」と自身の意見を書き込んだ。また同氏はプルシェンコ氏に対し、トルソワ選手の新しい作品の振付にトゥトベリーゼコーチを雇ってはどうかと投げかけた。
ジェレズニャコフ氏はトルソワ選手の移籍について「今回のようなことは個人的に大変不愉快。自分にとって選手たちは家族のようなもの」と受け入れられない気持ちを説明した。

トルソワ選手がトゥトベリーゼコーチのもとを離れたニュースは6日(水)に明らかになった。移籍の理由については様々な説が流れるが、同選手に対するコーチの関心不足だったとも言われている。

昨シーズン、トルソワ選手は1つのプログラムで4回転ジャンプを複数回実施し世界中を驚かせたが、成績は同門3選手の中で最も低かった。欧州選手権はコストルナヤ選手(16)、シェルバコワ選手(16)に次いで3位。またグランプリファイナル、ロシア国内選手権でも3位だった。

※sputnikより一部引用

https://jp.sputniknews.com/figure-skating/202005107442913/

※元記事は「CNOPT」

今回のバトルの発端は、エテリチームの振り付けジェレズニャコフ氏が(舌噛んで名前言えないわ笑)SNSで、

「エテリチームで切磋琢磨してきたからこそ、宇宙人は宇宙人であり続けたのに、プルアカデミーにいったら、地球人になってしまうぞよ!」

と移籍を批判したことに対して、プル様がこれに激しく反論し、

「チームの下っ端がしゃしゃり出てきやがってワンワンわめいてやがる、座って大人しくお手してろ!」

ということよね。

プル様もはっきり物申す方だから、黙っちゃいられないわよね。

でも陰でコソコソと陰湿なこと言うよりも、メディアまで巻き込んでズバッと反論するのはすごく良いことだと思うわよ。

こればっかりはトゥルソワの移籍がどうだったかの議論は、結果を見てみないことにはわからないものね。

コーチとの相性もあるだろうし、プル様の元でより輝ける可能性だってあるわけだし。

ただひとつ気になったことは、振付のジャレズニャコフ氏が(「猫がじゃれてる」ってイメージに変換すると覚えやすいわよ)

猫がじゃれてる氏が、

「今回のようなことは個人的に大変不愉快。自分にとって選手たちは家族のようなもの」と、

家族のようなつながりを大事にと言っているところに、もちろんトゥルソワ本人の移籍の意志があったのだろうけれど、

周りの大人たち、親、コーチ、チーム陣営で思わぬ方向に動いてしまったこそを示唆しているような気がするわね。

だって、もううちには必要ない!って感じなら、どうぞご自由に~ってなるでしょ?

不愉快に思わないだろうし、家族のようなものってわざわざ発言しないと思うのよね。

一番大切なことは騒動にトゥルソワ本人が傷つくことなく、新しいチームで伸び伸びと練習できる環境作りを、周りが提供することじゃないかしら。

トゥルソワもこれからの成績によっては、プルとの新タッグが功を奏す!と言われることもあれば、移籍は間違いだった!と

メディアに書かれていくことも出てきてしまうであろうことが、予想できるわよね。

これも注目されるトップスケーターとしての宿命なのかしら。

そしてもうひとつ、「女子のクワド論争」も間違いなく出てくるでしょうね。

成功すれば良いのだけど、失敗をいちいちメディアが、クワド〇本構成はプル陣営の作戦ミスだったとか

いかにも書きそうでしょ。

とりあえず見守っていくしかないわよね。

NEW!5月21日発売

・ICE PRINCE フィギュアスケート

↓ご注文はこちらよ↓

羽生結弦プレイバックvol.6「ロミオとジュリエット」

【2014世界フィギュアフリー】

6/17本まで来たわね。まだあと11作品あるわよ。

今宵は2014世界フィギュアの「ロミジュリ」を。

2012年のロミジュリと比べて、スタミナもシニアとしてしっかりとついてきたし、

より演技もより大人っぽくなったわよね。

あたしはニースのロミジュリは何か鎧のようなものを身にまとっているイメージで、

この2013-14シーズンの衣装は、何か解き放たれたようなイメージなのよね。

皆様はどちらの衣装がお好きかしら?

最後は「味の素」勝ち飯でのユヅの食事シーン癒されましょ!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

下のブログランキング2つをポチっとして頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つ押していってくださいまし!

【ブログランキング第6位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第2位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-アレクサンドラ・トゥルソワ, フィギュアスケート, 羽生結弦


 

愛のオネエサロン

  1. セッキー 2020年5月11日 10:38 PM

    オネエたま、こんばんみ!

    バトってますな~!
    良いぞーもっとやれ~!!笑

    いやもうさ、メディアでもSNSでも何でも使って徹底的にやったら良いと思うのよ。
    日本人てこういう時相手にしないのが大人の対応とかいう風潮あるけどさ、選手に対する熱い思いがあるコーチ同士とことんやり合ったら良いんじゃないかな。

    あと俺思うんですが、猫じゃら氏だっけ?が言ってるのは本心なのかな。
    つまり本当は「どうぞご自由に」なんだけど敢えて「トルソワは勝手にファミリーを抜けた恩知らずなんだニャ」とアピールしてフィギュア界に悪印象を与え、ひいてはジャッジの心象を操作してトルソワの採点を抑えようという周到な作戦という可能性もあるのでは?

    あ、そういえば日本でもバトルあったじゃないですか!
    ちょっと次元が違うけど信成VS美栄のモラハラ騒動。
    あれどうなりましたかね?

    • ナミ 2020年5月11日 11:55 PM

      信君ママのチームから濱田先生チームに移籍した莉子ちゃんはどうしているかしら?悪い影響無く平穏に練習に打ち込めているといいんですけど。今はリンク練習は出来ていないでしょうけどそれは皆同じで(っつーか、メドさんと一緒に練習していた日本女子選手って誰なんでしょ。一部では若葉っちやかおちゃんがそうだと言われているけど、彼女達も自粛でお家トレーニングしているみたいだし。地元のクラブの子達かしら。)、話がずれてしまいましたが、好きなスケートをおもいっきり練習できる環境にいさせてあげたいんです。私はファンレター書いたり、アイスショーが出来る状態になったら莉子ちゃんを出演させてくださいって主催側にメールして応援することくらいしか出来ないけど。

      • オネエ 2020年5月12日 6:15 AM

        >ナミ様

        新葉も坂本もSNSの発信などで家でのトレーニングを
        しているようですね。
        あのロシア誌の写真は巻き込まれたような感じがしました。

    • オネエ 2020年5月12日 6:14 AM

      >セッキー様

      モラハラ騒動どうなったんでしょうね?
      なんだか日本で起きるフィギュア界の問題って、
      うやもやになってそのまま消えてしまうかのようなことが多いですよね~。

  2. フクスケ 2020年5月12日 2:14 AM

    オネエ様、深夜にこんばんは‼️

    さっきまで認知症のマミーの妄想に付き合わされて、やっと炸裂するオネエ様節を拝んだところです。

    まあ、バトルはヒートアップするばかりなんだけど、不毛な罵詈雑言はあまり目にしたくないです。ワタシはもともと、エテリ女史(というよりサンボ70)のような方向性が苦手なんですが、去るにせよ留まるにせよ、一度は縁あって師弟関係があったのだから、せめてはなむけの言葉をかけてあげるくらいは…と考えています。ま、彼女ならムリかな。

    ところでいよいよ来ましたね、ニースのロミジュリ。
    ミッションインポッシブルで度肝を抜かれ、アゴが下がったのが、このロミジュリでした。
    コッチのお衣装は、YUZくんのママンの手作り部分が多かった、と後で聞きました。だからなのかな、母性のオーラが、あの袈裟懸けのキラキラから放たれているように感じます。そう、あのキラキラがママンの両手に思えてしまう。考え過ぎでしょうか。(上半身部分がシーズン前半では少し長めでヒラヒラしていましたね)
    加えてあの編曲と振付け、観衆のハートをわしづかみにしましたね。
    お名前は失念しましたが、ある著名な女性作家が、この時の演技を『時分の花』と書いたそうです。正に言い得て妙。

    ソチ五輪のお衣装も素晴らしかった。見事にロミオとジュリエットの二役を、一目で解らせてしまうデザインは、YUZくんだからこそ着こなしてしまえるし、演技と併せてこの物語を印象付けるには十分でした。中性的な、否、性別を越えた美しさと言ったら良いでしょうか。

    実に甲乙つけがたく、悩みますねぇ。

    • オネエ 2020年5月12日 6:17 AM

      >フクスケ様

      エテリ陣営とプルの応戦はまだまだ続きそうですね。
      また新たなスケーターが移籍になりましたし、裏では駆け引きなどが
      あるのでしょうね。
      ロミジュリの衣装はどちらも素晴らしく、ひとつを選ぶのが難しいですよね~。

  3. フクスケ 2020年5月12日 2:19 AM

    オネエ様

    訂正。
    ✕アゴが下がった
    ◯アゴが外れた

    ついでに言うと、このニースでワタシは『YUZくんの手袋になりたい‼️』
    と真剣に思いましたがな。

    • オネエ 2020年5月12日 6:18 AM

      >フクスケ様

      手袋になりたい!
      そのお気持ちわかります笑

  4. ジゼル 2020年5月12日 4:02 AM

    出ていく者に冷たいのは仕方ないけど、代表者でも無いのに猫じゃらしコーチはわざわざ外部にコメする必要ある?内部でこぼすならともかく。ドロドロは腹に
    しまっといて冷たい視線投げるだけにしなさいよって感じ。
    まあトルソワは何言われても覚悟の上というか、割り切りが出来てるから移籍したと思うけど。というか、割り切る強さないと移籍して成功なんて無理だし。
    ロミジュリは旧ロミジュリが全てに於いて神すぎて、新は衣装も今一だなあ~(ごめんよ、好みです)もっとキリッと凛々しいのが好き。
    なのでしばらくショートの方にググッと目が向いてましたね。

    • オネエ 2020年5月12日 6:22 AM

      >ジゼル様

      ロシアって前からこんな感じですよね~。
      それだけ選手への愛着心が強いからならいいのですが、
      メディアも巻き込んでの応戦はトゥルソワ本人の耳にも入るでしょうし、
      何よりこれから結果を残していかなければというプレッシャーにもなるでしょうね。

  5. ドングリ 2020年5月12日 5:38 AM

    ロシアのドロドロは相変わらず表立ったバトルになっていて、それはそれでわかり易くてよろしいかと思いますが(日本みたいに闇で色々というよりは、という意味で)巻き込まれる選手がどうか凹まず前向きに行って欲しいですね。来シーズンは新たな宇宙人の爆誕に期待します。
    そしてユヅ君のもぐもぐタイム、きましたね〜。なんてお上品で可愛いの?白魚のような指の箸使いの美しさ、一口の少なさ、我が家のハングリータイガーと同じ人間とは思えないです。そういえば以前に母の日イベントか何かでユヅ君が「一番好きな食べ物はなんですか?」と聞かれて、「こんなこと言ったら恥ずかしいんですけど、怒られるかもしれないんですけど、母の手料理です。」って言ってましたね。こんな事言われたら、母は泣く(T_T)もう何でも作る!なんなら田植えからするわ!
    羽生結弦…究極の人たらしです(^o^;)

    • オネエ 2020年5月12日 6:23 AM

      >ドングリ様

      ドングリさん、一緒に田んぼアートから始めましょ!笑
      今年は中止になっちゃったけど、ふたりで田植えするのよ。
      ロシアのドロドロは表立ってるところがいいですよね。メディアも批判に使っちゃうところもすごいけど、
      日本は裏でドロドロですからね。

  6. マルタ 2020年5月12日 5:44 PM

    Tomoさん、こんにちは。
    ロシアの場外バトル、相変わらず激しいですね。
    でも、陰でコソコソより、潔くて嫌いじゃないです。

    猫じゃらし氏(笑)、大人げないですね。つい最近まで同じリンクにいた大人に、こんな扱いを受けた少女の気持ちを考えて欲しい。
    プル様に対しても失礼。せめて結果が出てから意見すればいいのに。

    あ、ガラリと変わってロミジュリ衣装ですが…申し訳ないのですが、断然、ニース派です。こちらの方が、ちょっと中世ぽくないですか?
    ソチのはジョニーのデザインですよね。乙女チックなジュリエット寄りのデザインは、今より細身の羽生くんにしか着こなせないと思います。

    • ジゼル 2020年5月13日 3:20 AM

      マルタ様
      そおなんですよお~ ソレソレ
      ニースの衣装デザインは「中世」のあの世界に一気にいざなわれるんですよ~
      胸のバッテンも騎士団や教会大聖堂の十字を思わせるというか。色味も袖の感じもいいですよねー
      あの時代の若人でしかない若々しさ凛々しさがほとばしっていてドラマティック。17歳の羽生君にしか着こなせない神衣装ですわ
      ああ好きすぎて、熱く語ってしまった・・(^^;;なにやってるんだろ

      • マルタ 2020年5月13日 7:52 AM

        ジゼル様 おはようございます。
        分かっていただけて嬉しいです!
        年代的にロミジュリは映画だとディカプリオよりオリビア・ハッセーの方がしっくり来るので、衣装もニース派なんです。まさに、ジゼル様の仰る騎士団のイメージですね。
        やはり、ロミジュリは10代の瑞々しさ・未成熟さが必要な演目かと。
        でも、continueの時にニース衣装着てた時は鼻血ものでした!
        結局、羽生君は何でも着こなせちゃいますね。また熱く語って下さいませ!

        • ジゼル 2020年5月13日 6:55 PM

          マルタ様
          おお、映画もオリビア・ハッセーのやつ。一緒です!目を閉じるとあのテーマ曲と一緒に瑞々しいジュリエットが甦ってきます。小学生のころ深夜テレビで観たあの世界観。だからあのメロディーは大大好きなんですけども、不思議なものですね…ニースロミオは衣装も音楽も状況もピタピタとはまってしまいました。
          10代の瑞々しさ未成熟さが必要、わかります涙
          その未成熟さとそれ故の有り余る情熱や覚悟も。羽生君以降演じる選手増えましたけどロミオもジュリエットも何かが足りなかったりして中々はまらず、やはりあの時の羽生君は凄かったなとしみじみ。
          長々と失礼しました^^;また熱く語りませう(^^♪

    • オネエ 2020年5月13日 7:30 PM

      >マルタ様

      マルタさん、こんばんは。
      移籍がどうかというのはあくまで結果がどうだったかで
      決まりますし、選手自身が後悔がなければたとえ結果がついてこなくても、
      それは本人次第なんじゃないのかなって思います。
      ニース、確かに中世っぽいですね。ソチの衣装は胸元に広がるカラフルさが
      控えめでも素敵ですね。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.