スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

最低の行為よ!スケ連はストーカーを断固許さず早急に対処すべきだわ

皆様、こんばんは!

女性自身から出た羽生結弦についての記事。彼のプライベートな練習に深夜まで張り付いて晒すなんて、

もはや言語道断!許しがたい最低のストーカー行為だわ。

ねえ、芸能人じゃないのよ?アマチュアの現役アスリートに一体何をしているのよ!

スポンサーリンク

断固許せない最低なストーカー行為!スケ連は選手ファーストを有言実行し、至急対応すべきよ

羽生結弦 午前0時の極秘特訓…原点リンクで見た家族サポート

杜の都・宮城県仙台市は霧に包まれていた。霧が晴れた9月上旬の深夜0時ちょうど、スケートリンクの建物に1台の車が横付けされ、数人の人影が降りてきた。

人影のひとつは、姿勢のいい細身の男性─―。それは羽生結弦(25)の姿だった。

黒いスポーツウエアの上下に黒のキャップを目深にかぶり、顔にはマスク。トートバッグを手にした彼は、慣れた様子でためらいなく建物のなかへと入っていた─―。

「例年の羽生であれば、今ごろは練習拠点のカナダで、まもなく始まるシーズンの開幕戦に向けて調整している時期。多くの選手がコロナ禍で予定がずれているところはあるとはいえ、ほかの日本選手でいうと、宇野昌磨選手(22)は9月上旬に練習拠点のスイス入り。紀平梨花選手(18)もイタリアで練習をしている様子をSNSにアップしています」(スポーツ紙記者)

羽生がカナダに戻らず、日本にとどまっている理由はというと、

「ぜんそく持ちだということもあって、ほかの選手よりも新型コロナウイルスを非常に気にしています。移動に伴う感染のリスクもあるでしょうし、日本を出るのにも細心の注意を払っているのでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

本誌が羽生を目撃したリンクは、彼が’12年にカナダに渡る前に練習拠点にしていた思い出深い、いわば“原点”とも言える場所。’11年3月11日、羽生はここで練習中に被災。壊れた建物の再建のため、多額の寄付をしている。

羽生がリンクに入ってからちょうど1時間後。中年男性が建物から出てきた。羽生の父親だ。寒いリンク内で息子の練習を見守っていたのだろう。着ていたダウンジャケットを脱いで車のトランクへ。

次に20代後半ぐらいの女性が車に乗り込み、3人目に羽生本人が登場。最後に出てきたのは羽生の母親だ。彼女が乗り込むと、車は発進。深夜1時すぎのことだ。

一緒に車に乗り込んで帰っていったのを見るに、父親の後に出てきた女性は、羽生の4歳年上の姉だろうか。姉はこのリンクの職員だと過去に報じられたことがある。

「羽生選手は父、母、姉の4人家族。家族仲がいいことで有名です。例年のシーズン中は、羽生選手とお母さんがカナダにいるので、家族でいられる時間は少ないようですが、2人が日本に帰ってくると、普通の家族のように一緒にテレビを見たりして過ごしていると聞いています」(地元関係者)

さて、羽生が深夜にリンクを訪れたのはこの日だけではない。翌日もまったく同じ時間にやって来た。車から降りると、母親、羽生本人、姉らしき女性、父親の順番でリンクに入っていく。出てくる順番は前日と一緒。服装もほぼ同じで、習慣化しているようにも見えた。

「羽生選手は8月末にコロナ禍を理由にGPシリーズ欠場を発表。今シーズンは初戦をどの試合にするかを明言していません。新型コロナウイルスの感染状況次第では、シーズン全試合欠場の可能性もあると噂されています」(前出・スポーツ紙記者)

めどが立たぬなかの地元・仙台での練習だったというわけだ。

「ブライアン・オーサーコーチ(58)は現在カナダにいますから、羽生選手は指導者がいない状況で練習をしているはず。ただ、オーサーコーチは8月上旬の米国メディアの取材で、自国からカナダに戻れない教え子たちとは、リモートでライブセッションを行っており、選手からも映像を送ってもらっていると話しています。そのときには“羽生とはそういったやりとりをしていない”と話していました。

ただ、それから1カ月。シーズンが本格的に近づいてきたいま、羽生選手もリモートのライブセッションを始めていてもおかしくはないでしょう」(フィギュア関係者)

羽生が深夜に練習していたのは、ここに理由があるのかもしれない。人気者ゆえに人が集まってしまうのを防ぐこと、日中は働いている家族の協力を得やすいことなども理由として考えられるが、日本時間0時は時差13時間のカナダ・トロントでは午前11時。オーサーコーチに時間を合わせている可能性は高い。

家族の献身的なサポートを受けながらの深夜0時の極秘特訓。そういえば、前回の五輪で金メダルを獲得したあとに、羽生はこう言っていた。

「環境が変わっても常にそばで支えてくれる家族は、僕にとって本当にありがたい存在です。家族のサポートがなければ、ここまでこられませんでした」

※女性自身より引用

https://jisin.jp/sport/1894195/

記事内容なんて、読まなくても、もはやタイトルだけでわかるわよね。

女性自身って一体何してるのよ!?もはやただのストーカー行為じゃないの!

深夜までスケート場に張り付いているなんて、最低よ。

何が「目撃」よ。ずーっと張り付いてストーカーし、「盗撮」してただけでしょ。言葉を変えるんじゃないわよ。

何が「極秘特訓」よ。極秘と書いて、読ませたい心理を煽っているだけ。

本来の拠点でもないわけだし、他の選手たちとの接触を控えたり、空き時間を使っている「練習」でしょ!?

女性自身と張り込みをしていた輩は、

羽生結弦がスケ連を通して発表したコメントをあと1000回読み直してほしいわよ!

※出典:日本スケート連盟公式

「私が動くことによって、多くの人が移動し集まるかの性があり、その結果として感染リスクが高まる可能性もあります。感染拡大のきっかけになってはいけないと考え、私が自粛し、予防に努めるとなれば、感染拡大防止活動のひとつになりえると考えております」

週刊誌が練習場所を公にしてしまうことで、また練習拠点を変える必要であったり、警備を強化しなければいけない問題だって出てくるでしょう。

どこまで迷惑極まりないのかしら!?

捏造、デマ、執拗なストーカー、いい加減にしてほしいわ!

こうして反応することで、ファンを煽っているのもわかっているから尚更腹が立つのよ。

早急にスケ連に対応をお願いして、この週刊誌の記事を削除してほしいわ!

そして安心して練習ができる整備を整えるべきよ。

懲りずに立て続けにまた記事を投下してくるあたり、もう確信犯なんじゃないの?

羽生結弦 元トレーナー語る“コロナ禍で体幹強化”励む理由

「羽生選手は8月末にコロナ禍を理由にGPシリーズ欠場を発表。今シーズンは初戦をどの試合にするかを明言していません。新型コロナウイルスの感染状況次第では、シーズン全試合欠場の可能性もあると噂されています」(スポーツ紙記者)

まもなく始まるフィギュアスケートシーズン。出場試合のめどが立たぬ羽生結弦(25)だが、本誌は9月上旬、彼の姿をキャッチした。

場所は地元・仙台のアイスリンク。深夜0時ちょうどに両親らとともにリンクに入っていき、深夜1時には練習を終えて帰っていく――。そんな姿を2日連続で目撃したのだ。

本誌目撃の両日ともにリンクに滞在したのは1時間ほどで、これは短く思えるが……。

「1時間では氷になじむくらいしかできないのでは」と話すスケート関係者がいる一方で、別の関係者は、「羽生選手はもともと練習時間が短いことで知られている」と話す。

「日本の多くの選手は日に4時間前後は氷上練習をしていますが、羽生選手は1日2時間程度、1週間で10時間ほどです。彼は幼いころからぜんそくがあり、ケガも多かった。病気やケガを避けるためもあり、短い時間での練習を心がけてきたようです」(別のスケート関係者

氷上での練習時間が短いぶん、羽生は氷上以外でのトレーニングも重要視してきた。特に外出がはばかられるコロナ禍では、自宅トレーニングに力を入れていたようだ。ある取材で、羽生は次のようにコメントしている。

《最近は体幹を鍛えることを頑張っています。プランクであったり、腹筋背筋の運動を心がけて自宅でやっています》

プランクとは、うつぶせになって前腕と肘、つま先を地面につき、体を浮かせるエクササイズのこと。このプランクのやり方を羽生に教えたという、元専属トレーナーの菊地晃さんに話を聞いた。

「特にフィギュアの場合、体幹がしっかりしているかどうかは、演技の出来を大きく左右するのです」

羽生の場合、日本人離れして手足が長い。見栄えはいいが、体の中心軸がブレやすく弱点にもなりうる。中心軸のブレは、ジャンプやスピンでも傾きが生じたり回転が遅くなってしまうのだという。

「結弦は、体幹を鍛えたことでケガが減り、成績が伸びるという経験をしています。これまでケガなどでスケートがしたくてもできなかったことは何度もありますが、彼は気持ちの切り替えがとてもうまい。一度は落ち込んでも、すぐに立ち直り、ケガへ影響のない範囲で上半身を鍛えるなど、今やるべきことを淡々とこなしていく。このコロナ禍こそ体幹を鍛える時期だと考え、トレーニングをこなしているでしょう」(菊地さん)

羽生が近年最大の目標としているのが、4回転アクセルの完成。その挑戦について、“技術はすでにあるが、身体能力を高める必要がある”と、コーチのオーサー氏もあるインタビューで語っている。

体幹を鍛え、夢の4回転アクセルを成功に導く。さらにその先を見据えている可能性は高い、とは前出のフィギュア関係者。

「思うように試合に出られないとなれば、今シーズンは羽生選手にとって不完全燃焼のシーズンになりそうです。そうなれば、次のシーズンに予定されている北京五輪への出場を狙う可能性は、ますます高まってきた。出るからには、4回転アクセルをひっさげて、当然、金メダルを狙うでしょう。彼は負けず嫌いですからね」

4年前のインタビューで羽生本人もこんなふうに語っている。

《オリンピックと世界選手権で優勝した次の年は何も得られなかったけど、悔しかった次の年は、僕、成長できるんですよ。そう思うと、来年が楽しみ(笑)》(「クーリエ・ジャポン」WEBより)

4回転アクセルの次は、“王者復活”の五輪3連覇を――。家族の献身的なサポートを受けながらの深夜0時の極秘特訓で羽生は次なる武器を磨いていた――。

※女性自身より引用

https://jisin.jp/sport/1894291/

今度は菊池トレーナーにインタビューまでどんな形でしたのか知らないけど、トレーナーという言葉で巻き込ませ、さもこの女性自身のストーカー2記事に信憑性を持たせようとしているだけでしょうが!

2日連続で深夜に目撃したって、一体どれだけ張り付いているの!?

彼は芸能人ではないのよ!

アマチュアの現役アスリートなのよ。ただでさ、この状況下において神経質になっているでしょうに、

ストーカーのごとく張り付いて、練習場所を晒して、ファンを煽って、さぞ満足かしら!?

毎回お約束の「フィギュア関係者」。もういい加減実名出したらどう!?

週刊誌の取材が来た時点で、スケート連盟に報告し、このようなクソ記事が出る前に、手を打つように進言するのが普通でしょうが。

長島会長は、すぐに今回の件について動いてくださるわよね。

何度も何度も豪語した、アスリートファースト!そして練習環境の整備、選手を精神面からもサポートするんでしょ?

すぐに環境整備の為に、クソ週刊誌の輩どもを排除してくださるのよね?

これで何も動かないのであれば、本当に口先だけの有言無向になってしまうわよ!

選手の練習環境が乱されているのよ、おまけに選手の家族やトレーナー、プライベートのことまで、平気で晒されているのよ。

どうか早急の対応をお願いしたいわ。

スポンサーリンク

9/26(土)再放送!羽生結弦プログラムコンサート~Music with Wings~

【番組内容】

4歳でスケートをはじめて、大会で初めて披露した「ウルトラマンガイア」
全日本ジュニア、ジュニアグランプリファイナル、世界ジュニアと、ジュニアの全タイトルを獲得した「パガニーニの主題による狂詩曲」
羽生結弦の存在をアピールした2012年世界選手権「Romeo & Juliet」
平昌五輪金、66年ぶりの五輪2連覇「SEIMEI」
そして、羽生結弦の原点「Origin」

数々の名シーンと共に、貴重な映像と音楽で楽しめる新たなコンサート!
幼少期から現在に至るまでの羽生結弦選手のプログラムをフルオーケストラによる演奏でお届けします。

羽生選手の「音を纏う」瞬間とフルオーケストラの演奏が融合する感動のコンサートをもう一度お楽しみください!

※公演への羽生選手の出演はありません

※TVasahi公式より一部引用

https://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/sports/0431/

【放送日時】

テレ朝CS2

9/26(土) 18:30~21:00

こちらの再放送は嬉しいわよね。お時間がある方はぜひご覧になって見て頂戴ね。

スポンサーリンク

皆様、本日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

共感して下さることがあれば、

ぜひ、下のブログランキングバナー2つをクリックして下さると励みになります。

【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つポチっとお願い致します。


フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. tokokya! 2020年9月15日 8:03 PM

    こんばんは、おネエ様。
    時間や場所まで晒すなんて酷い。
    この本の会社、読み手の気持ちわかっているのかな。
    スケ連には、本当に頑張っていただきたいですね。

  2. agatha56 2020年9月15日 8:06 PM

    オネエ様、私もこのクソ記事を読んでしまい、心底腹立たしい思いをしたひとりです。
    女性自身といいガセブンといい、心配してるような振りをして足を引っ張る、いつものパターン。
    羽生結弦は日本の宝、2度も五輪王者に輝き世界にその名を知られた数少ない日本のメガスターじゃないですか。どれ程の苦難の上に今の地位があるのかを考えたら、連日夜中まで羽生一家に纏わりついて盗撮するなんて、申し訳なくて出来るわけない。本当に恥知らず。
    それにスケート連盟も期待できない。聖子さんは五輪相に横滑りらしいから、会長もあの長島氏のままなんでしょう、きっと。あの人は考えが足りない上、八方美人なのか誰にでもハイハイ頷いてしまう。そもそもスケートに関心あるのかも疑わしい。自ら先頭に立って選手の心身を護ろうなんて考えたことあるのでしょうか?スケ連がこんな有り様だから羽生選手は先に欠場コメントを出さなければならなかったんですよね。
    羽生選手とご家族の暮らしが、どうか護られますようにと祈るばかりです。

  3. ゆきっちょ 2020年9月15日 8:08 PM

    先月でしたっけ?
    ゆづが日本にいると判明した時点でイヤな予感がしたのですけど
    ついにその日が来ちゃった
    だって仙台のショーの時だって自宅周辺はカメラマンだらけで帰宅できず
    ホテル滞在だったって話だったし

    こういう記事って、追っかけの為に親に仙台市内にマンション買ってもらったストーカー女を
    初めとした出待ちを増やす行為だし、そのせいで1度仙台でも深夜練習ができなくなってるんですけどね
    父さんや姉さんだって昼間働いてて、母さんだって家の掃除や買い物食事の支度で
    疲れた体での送り迎えでこういった家族の苦労がメチャメチャになりましたね

    下手したら今後の試合の調整にも悪影響が出ますよ
    というかここって羽生sageメディアの1つですよね。わざと?

  4. ちょび助 2020年9月15日 8:38 PM

    オネエ様、こんばんわ。
    ドリームオンアイスを皮切りにシーズンが始まったからでしょうか。
    あちらも動き始めましたね。我々羽生ファンもだいぶ羽生砂漠が辛くなってきたのと同様にあちらも相当、羽生に飢えているのでしょう。やっぱりマスコミも我々も羽生を見ずしてワンシーズンともたないんですね。にしても本当に最低な雑誌。書籍が売れずに廃刊が多い中、未だにこういう雑誌が生きながらえていることが信じがたいです。時間と場所が晒されているようですが、まともな羽生ファンなら、ゆづが仙台にいる限り押しかけたりはしないでしょう。でも一部ストーカーのようなファンもいるし、他のメディアは大丈夫でしょうか?練習も安心してできないなんて本当にゆづがかわいそうです。

  5. 宣伝にならないようにね 2020年9月15日 9:28 PM

    お姉様。
    私達が出来ることは、こういう記事にアクセスしないことです。迂闊な1クリックが、相手に広告収入をもたらし、次のストーカー行為の活動資金になるのだから。週刊誌はアフィカスなんです。
    だからお姉様の怒りには同意するけれど、相手の記事の宣伝になりうる書き方は、ちょっといただけないです。相手へのリンクを貼らないのは当然ながら、ロゴやアドレスも伏せたほうが良いと思います。

  6. nao 2020年9月15日 10:03 PM

    オネエさん、こんばんは!
    羽生選手の記事、これは完全にプライバシーの侵害に当たると思います。場所の明記はないですが、分かる人が読めばすぐに分かるような内容です。このような記事に対してスケート連盟は、すぐにでも動くべきだと思いますし、予防策も講じるべきです。羽生選手自身、どれほど気分が害されていることでしょう。ご家族までもが巻き込まれています。健全な取材記事とは言い難い、このような犯罪まがいの行為が、どれほど羽生選手を傷つけ追い詰めているのか、考えただけでも苦しく悲しくなります。とにかく、連盟には早急に対処して欲しいですね。

  7. みい 2020年9月15日 10:16 PM

    お姉様
    政治ですよね?
    羽生選手云々以前に日本人が嫌いな人達で(-.-)す

  8. リン 2020年9月16日 10:52 AM

     怒り心頭のあまり おねえさまのアップ前に、コストルナヤのコメントと一緒に前のページに書いてしまいました。すみません。  この件て まさか、例のお友達?アンチ のリベンジ案件ではないわよね。   ずっと前から日本にいるとわかってたのに、すぐに記事を出さなかったのはなぜ????   きっと今のタイミングで どっかから、この記事にゴーサインが出たのよね。 そして、この週刊誌が、彼の練習や身の安全を脅かすようなプライバシーの侵害をしたことは事実。しかもご家族まで巻き込んでいますよね。なんだか、ファンやご本人に対するとおまわしの脅迫みたいですよね。  なぜこのタイミングで できるようになったのかしら。 スケレンや新スポーツ省の対応は? 新政権もスタートしました。 ぜひ、アスリート界の健全化と誹謗中傷対策にも目を向けていただきたいですね。 世界もスポーツ界の浄化に動き出しています。  羽生さんに対する国内アンチの誹謗中傷は、世界でも有名のようですから、野放しはちょっとまずくないですかね。
     個人的には、もう訴訟案件とおもいます。  ご本人の反撃がないことに安心してエスカレートしすぎですよね。 かえってここまでして何もないことの方がこわくないのでしょうかね。  そして、週刊誌、ご家族のことを絡めたのは大きな誤算ではないかしら。
     ないとは思いますが もし万が一、戦うと決めたら、その時はきっと最後まで徹底的にされると思いますよ。 彼の辞書には多分ですが、なあなあまあまあの 妥協 という二文字はない気がします。 
     もう今のうちに だれかがアンチ活動にストップをかけてあげた方がいい気がしますが。

  9. てんこ盛りパフェ 2020年9月16日 11:15 AM

    三流週刊誌。相変わらずですね。ちょび助様の仰るとおり、紙媒体の業界が厳しく廃刊が相次ぐ中、何故まだ生き残っているのか?
    人は所詮下世話な話が好きで、事の真偽に関係なく暇つぶしにその場限りの噂を楽しみたいものなのでしょうね。最近この手の雑誌は医院の待合か美容室くらいしか見ません。若い世代ほど雑誌を手に取らずスマホばかりで対象年齢は高そう。…アタクシとかターゲットですか?お生憎様!!

    週刊誌のいい加減さと言えば、YouTubeに「日刊ゲンダイの闇」という告発動画がUPされてました。捏造記事を書かれた被害者が責任者に記事削除を求めた顛末を削除覚悟で上げたモノで、約10日間で50万回再生されてましたが、予想通り今朝8時に削除されました。
    それだけ相手にとって都合の悪い内容だったということです。
    なぜならそれは、お金を払えば取材無しの捏造記事をネット上に掲載するというものだったんです。トライアルコースの60万円円から5万アクセス保証の200万円まで、各種取りそろえてご要望にお応えしまーすってなモンでした。
    前々から羽生君に関しては捏造記事が多いと感じてましたが、こういうカラクリカラクリだったんですね。
    書いてる側にしてみれば「そんなのみんなヤッテルコトだし」でしょう。つまりお金さえ貰えれば何だって載せますよという媒体が多いって事です。

    今回告発動画を上げてた方は、1億円の私財を投入して「死ぬな!生きろ!SNS誹謗中傷撲滅基金」を立ち上げた方、捏造による誹謗中傷で自殺に追いやられる人がいる社会を変えようと動いてる人です。

    どうせ下世話なタブロイド紙レベルのものなんか、社会の垢みたいなモノ。手に取らなきゃ良いと思ってましたが、こういうシステムがあるって言うことは、雑誌が売れれば良い、ネット記事のアクセスが増えれば良いという出版社の思惑以外に、羽生君やその他の成功している人達を貶めたいと願う勢力や、この国の闇の部分の力が加わるって事です。
    羽生君がアマチュアアスリートだからと言うだけでは無く、誰にとっても捏造による誹謗中傷をするメディアは滅びなければいけません。そういう記事ばかり上げる出版社は衰退するしかない社会にならないと。それにはみんなが広く事実を知って、意識が変わることですよね。

  10. マルタ 2020年9月16日 4:37 PM

    Tomoさん、毎日更新ありがとうございます。お変わりないですか?
    いつもサロンの皆様のコメントも読みながら、うんうん、その通りと頷いております。
    マスコミの下劣さは今に始まったことではないですが、芸能人でもないアスリートへの過度な踏み込み(それも汚い土足で)は、許せませんね。
    羽生くんはこれまでも何事にもぐっと辛抱してきたので、マスコミはそれが分かってやっているのでしょう。
    毎度の事ながら、デリカシーのかけらも無いやり方にウンザリです。本来なら守ってくれる後ろ盾も都合の良い時にしか動かないし…それも滅多に無いけど。

    早く、羽生くんはじめ、フィギュア本来の演技や試合の事のみを、Tomoさんやサロンの皆様と語り合う日が来て欲しいですね。
    Tomoさんもお元気でお過ごし下さい。

  11. nao 2020年9月16日 6:19 PM

    オネエさん、再びお邪魔します。
    この記事を読んで改めて思うのは、取材する側は「仙台ルール」をしっかりと胸に刻む必要が有るということ。羽生選手や彼のご家族に対して、このルールを忘れず真摯に誠意ある行動を取ることが、羽生選手の生活を守り、信頼関係も築けて良い記事が書けるはずなのに、なぜこのような記事を書くのか理解に苦しみます。
    それに、この記事が元で人が移動し集まってしまったら、羽生選手の練習環境を脅かすのはもちろんですが、コロナの感染拡大にも繋がってしまうかもしれません。感染拡大に繋がる行動を取らない選択をした、羽生選手の周囲に対する思いやりまで踏みにじるような事を平気でしている週刊誌。法律でしっかりと取り締まって欲しいです。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.