スポンサーリンク

スポンサーリンク

アリーナ・ザギトワ フィギュアスケート マリア・ソツコワ

投稿日:

フィギュア界の組織的な闇!ついにドーピング問題に言及したソツコワだが?

皆様、おはようございます。

以前お話したソツコワのドーピング問題。ソツコワ本人がノーコメントだった為に、真相がわからないままだったけれど、

今回初めてインタビューに応じ、違反薬物であるフロセミドについての使用を認めたのよ。

インタビューの中で核心に迫る質問に対しては触れず、感じたいくつかの矛盾を一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

ソツコワはフロセミドの服用をコメントしたが、ドーピング違反とは認めず!

ロイター通信によると、ロシアのアンチ・ドーピング機関(RUSADA)は、ロシアのフィギュアスケート選手であるマリア・ソツコワ氏が、ドーピング違反を説明する文書を改ざんしたため、10年間の資格停止処分をする計画があると、状況を把握している2つの情報筋がロイターに語った。

情報筋によると、この文書は今年初めにRUSADAに送られました。ソツコワは、昨年の大会に最後に参加した7月に引退を発表しました。
入手可能な情報によると、ソツコワは禁止物質のWADAリストに含まれている物質のドーピング検査に引っ掛かり、その後、その物質の存在を説明する偽の文書を提出しました。物質名は明記されていない。

RUSADAは、ドーピング検査の結果に関するいかなる情報も、世界アンチドーピング機関(WADA)によって公表されるまで機密のままであると述べた。 WADAは質問をRUSADAに照会しました。

ロシアフィギュアスケート連盟は、ロイターからの問い合わせに応じて、「RUSADA Webサイトにマリア・ソツコワに関する公式情報がない場合、連盟はこの事件についてコメントすることはできない」と述べた。国際スケート連盟(ISU)は、ドーピングに関連するものを含め、未解決の懲戒手続きについてはコメントしないと述べた。

今年4月に20歳になったソツコワは、2017ロシア選手権で銅を獲得し、2018年全国選手権で銀を獲得しました。彼女はまた、2013/14ジュニアグランプリファイナルの勝者であり、2015/16ジュニア世界選手権とユースオリンピックの銀メダリストでもあります。2018年のオリンピックでは、フィギュアスケート選手は8位でフィニッシュしました。

ソツコワはこの件に関してはノーコメント。

※参照:ロイター通信

ソツコワのドーピング問題。

彼女は違反薬物である「フロセミド」を服用し、ロシアのアンチドーピング機関RUSUDAに提出した違反に関する説明文書を改ざんしたとして、

10年間の資格停止処分になる可能性が報じられていたのよね。

ソツコワ本人がノーコメントだった為に、真相はわからずじまいだったのだけど、今回初めて彼女がロシアメディアのインタビューに応じたのよ。

その前に、娘様がアスリートである読者様より貴重なご意見を以前頂いているので、

まずはこちらをお読み頂いてから、インタビュー記事で感じる矛盾について見ていきましょう。

こんにちは。娘がアスリートなので、ドーピング問題にはちょいと詳しいです。

利尿剤って昔からロシアの選手が一般的に競技を問わず使用しては、とっつかまるんですよね。本当に健康上の理由で、その利尿剤が必須であるならば、TUEと呼ばれる申請書を年度始めに提出すれば使用できるんです。でもそのTUEが気が遠くなるくらい面倒くさい書類で、かつ、申請しても通らないケースが多い。英語での書類なので、うちも医師に断られた事もあります。

日本では、どの競技もドーピング検査対象選手(だいたいナショナル強化レベル)になると、本人どころか保護者も研修に参加させられます。葛根湯は完全にアウトだし、目薬の市販薬すらアウトがあるので、出席しない親はいないと思います。

ロシアはドーピング勉強会ってやらないんですかね?もし選手が知らずに違反薬物を使用していたら可哀想です。あと、勝手に引退を宣言するのは自由ですが、登録は1年間なので、今、引退しても正式引退は3月末です。なので、本人は引退してもそれは正式ではないので、普通にドーピング対象です。ちなみに登録期間は3月中旬から6月末まで。なので移籍したければこの期間に移籍しないといけないです。これは日本だけでなく世界共通ルール、かつ全競技対象のはずです。でもロシア、中国はなんでもありって話も耳にした事あります…

本当に為になる貴重なご意見をありがとうございます!

「私の家にドーピング担当官がいるとは思っていませんでした。」フィギュアスケーターのソツコワは、フロセミドを使用したことを認めた

2018年のオリンピックの参加者であるフィギュアスケーターのマリア・ソツコワは、ドーピング防止規則に違反したためにRUSADAによって10年間失格となったという情報に初めてコメントしました。

メディアの報道によると、ソツコバは彼女の体に禁止物質が存在することを説明する医療文書を偽造した。彼女ドーピングテストに引っ掛かった為に、偽の証明書を提供したと言われています。7月8日、20歳のフィギュアスケーターが引退を発表しました。

ーこの減量用物質が禁止されていることを知って、フロセミドを服用したのはどうしてですか?

もちろん、私は知っていました。フロセミドは医者によって私に処方されました。私は重病になり、普通に食べて眠ることができませんでした。私は嘔吐していました。その時には、私はすでにスケートを終えており、コーチのスヴェトラーナ・ソコロフスカヤにそのことを知らせていました。この決断は、昨年11月にフランスで開催されたグランプリステージの後で行いました。そこで私は非常に悪いパフォーマンスをしました、そして私はそれ以上続けることに意味がないことに気づきました。私はウラジヴォストクの友人に会いに行きましたが、もう訓練を受けていません。

ーこれを連盟に報告しましたか?一部のジャーナリストは、代表チームのメンバーとして、そこで給与を受け取り続けているとあなたを非難しています。

それは本当ではない。昨シーズン、私はもはや代表チームのメンバーではなく、連盟から給与を受け取っていませんでした。

ーしかし、あなたはフランスのグランプリで私たちの国のためにプレーしました

私はISUから招待されて出場したのです。私はロシアを代表しましたが、私はもはや正式にフィギュアスケーターではありませんでした。私は余分なお金が欲しいと非難されることはありません。

ードーピング担当官があなたの家を突然訪れたとき、あなたは驚きましたか?

どうやって!?2020年3月でした。私はもはや現役アスリートではないと彼らに話しました。さらに、私は医師の処方に従ってフロセミドを含む薬を服用していたという事実を隠しませんでした。私はテストを受けたくありませんでしたが、彼らは私が受けることを承認しなければ、彼らは去らないと言いました。途方に暮れました、私は彼らが私のアパートに現れるとは思っていませんでしたから。

ーあなたは医療証明書を偽造したと非難されました

それは嘘です!治療を受けた医療機関から証明書を持ってきました。私はそこで薬を処方されました。このクリニックに免許がないことをどうやって知ることができますか?!RUSADAでの私の訴訟はまだ終了していませんが、インターネット上ではすでに誰もが私について話し合っています。彼らは約10年間の失格を書いています。

ーこのサービス情報をWebに漏らしたのは誰だと思いますか?

-私は知らない。しかし、東京オリンピックへのロシア代表チームの参加において、私の話が同国のアスリートに反映されないことを本当に望んでいます。ドーピングはいらない。私はそれを取ったことがありません。

ーあなたの女性の直感はあなたに何を伝えますか:あなたは厳しく罰せられるのでしょうか、それともすべてが大丈夫でしょうか?

いいえ、罰せられることはありません。人が故意にドーピング防止規則に違反した場合と、誤って違反した場合は、分離する必要があります。

※参照:sports24

まずソツコワのインタビューの中で、一番重要なのは、

なぜ違反薬物であるフロセミドを何故使用したかの核心に触れる部分の質問には答えていないという点。

フロセミドとは、、、

心不全、肝硬変、腎疾患による浮腫の治療に用いられるループ利尿薬の一つであり、降圧を目的とした処方も行われる。

医者によって処方されたとは言っているけれど、フロセミドが違反薬物であることをソツコワも知っていると答えている、当然よね。

そして違法薬物を服用しながらも、

昨年の11月のフランス杯の時には彼女自身、引退を決意しており、すでに現役選手ではないと勝手に彼女の中では終わらせていたつもりが、

選手の登録は1年間であり、今年の3月末までは現役選手だということを知らないはずがない。

要はもう現役選手じゃないから(登録上は選手!)、フロセミド服用しても問題ないでしょうという彼女自身の勝手な見解。

インタビューの最後に、

「人が故意にドーピング防止規則に違反した場合と、誤って違反した場合は、分離する必要があります」

とあるけれど、

誤って違反もなにも、フロセミド=違反薬物と知っていながら、医師に処方されたからという理由で処方してしまったというのは問題でしょう。

彼女の言い分としてはもう現役選手でないという認識があったからになるのだろうけど。

何の為にフロセミドを服用したのか?について答えない部分に、あたしはロシアの組織的な闇を感じるのよね。

だって、体調の改善の為に服用するはずなのに、服用後に体調を崩していたと言っているわよね?

食事ができなくなり、嘔吐した、、、

それって減量が目的だからではないの!?そしてどう考えても彼女だけの決断でこの違法薬物を摂取したとは到底思えないのよ。

彼女のようなトップアスリートが所属する養成校には、ロシア国家が専属のチームドクターを配置しているはず。

ただソツコワ本人が、医療証明書の偽造は否定している点については、偽造されていることさえも本人も把握していなかったんじゃないかと。

医師の処方ってチームドクターのことよね。

もっと組織的なものとして、このドーピングに対する抜け道ルートが確立されているのでは?

彼女が話さない何かもっと裏に大きな闇が潜んでいる気がしてならないのよね。

往生際悪いわ、全部話しておしまい!って思うけど、そんなこと話したらロシアのフィギュア界では、やっていけないんでしょうね、、、

いずれにせよ、RUSADAから何らかの処分が下された時に明らかになることでしょう。

ソツコワは好きなスケーターだったから、本当に嘘であってほしいし、残念に思うわ。

スポンサーリンク

新しいキャリアを歩み始めたザギトワ!「アイスエイジ」の舞台裏に迫る

ロシアのフィギュア番組「アイスエイジ」の舞台裏動画のザギトワがあまりにも美しかったので、、、、

映像から伝わるニュアンスでぜひ彼女の新しいキャリアへの道を感じて頂けたら。

本番前のメイキャップ。

一枚一枚が絵になるわよね。

え!? 皆様、3:04秒にご注目よ。

ミーシン爺もメイクしてるわ~笑

なんかすごく違和感なく、映像に溶け込んでいるミーシンコーチが!!!

それでは皆様、今日もどうか良い一日をお過ごしくださいね。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。

共感して下さることや応援のお気持ちを

ぜひ、下のブログランキングバナー2つをクリックして下さると励みになります。

【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つポチっとお願い致します。


フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村

-アリーナ・ザギトワ, フィギュアスケート, マリア・ソツコワ


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. ジゼル 2020年10月14日 9:56 AM

    彼女の言い分からすると、引退試合後にチームドクターじゃない所で処方されたのだと。引退したつもりだったから飲んだし、チームと無関係のクリニック(正規と認められる医療証明を出せないような所…だから無効の偽文書になってしまうのよね?)で処方されたのだと。
    「チーム無関係の引退後」と押し通すしかないというのがね(・_・;)不自然です。彼女が選手登録期間を知らないわけないし、、。
    ただね、国家の闇の部分を正直に告白したらどうなると思います?
    こないだある勢力の方が移動中に毒盛られてドイツに搬送されましたよね?彼女消されてしまいますよ…。そんなバナナと日本人の私も最近まで思っていたクチです。
    彼女はとても誠実な性格だと思ってます。が、正直に吐け!と日本人の感覚で追及することは命の危険をもたらす。そういう国もあるので責め立てる事ができません。

    • オネエ 2020年10月17日 8:45 PM

      >ジゼル様

      ソツコワの言い分には不自然な点が多すぎますよね。
      選手登録期間は知っているでしょうし、事実を話してしまえば、ロシアフィギュア界での
      仕事や立ち位置はなくなってしまうでしょうね。

  2. ナミ 2020年10月14日 12:55 PM

    こんにちは。だいぶ涼しくなって過ごしやすくなりましたね。ドービング問題はやったことを隠す選手もいればやってなくても誤判定や第3者からの陰謀でやったとされた選手もいたり。大変ですね。私がもしスポーツやっていたら違反するしない以前にドーピング検査方法に耐えられずに選手やめて趣味程度にしてしまうと思います。よけいなお話しでした。それはそうと、こちらもよけいなお話しですけど、おねえ様は昨夜のNHK「うたコン」という番組は観ましたか?SNOWMANという男性グループが少年隊の「まいったネ!今夜」という楽曲を歌い踊ったんですけど、もうカッコよくって!しばらく放心状態に近い感じで心が震えました。ちょうど羽生君の2017年世界選手権FSを観た時のようでした。10月18日のお昼に再放送があるようなので興味があったらご覧になってみてください。私は録画します。「まいったね!今夜」もそうですけど、昔の楽曲って好きです。最近は筒美京平さんが亡くなられて国の宝が失われたような気がします。昔の楽曲って4分位の中で短編映画や小説を読んだような気持になったり(羽生君のスケートもそうよね~♡)、情景が浮かぶ物が多いんですけど、2000年以降の楽曲にはそれを感じられる作品が少ないように思います。私、FaOIに「ドラマティックレイン」を歌った方(名前ド忘れ)が出演されたらいいなと以前から思っていました。その方はデビュー前は仙台市泉区のお店でライブなさっていたんですよね。羽生君と地元繫がりがある方だし、私その方の楽曲が大好きなので共演を望んでいました。羽生君がコラボするなら「メモリーフラッカー」がいいな。若者の青春の光と切なさを感じる楽曲です。メロディーだけなら「ロングバージョン」も凄くいいんですけど、歌詞がちょっとエロいため会場が鼻血で染まりそうです。

    • ナミ 2020年10月14日 7:13 PM

      稲垣潤一さんでした。「メモリーフラッカー」ではなく「Memory Flickers」でした。

      • オネエ 2020年10月17日 8:53 PM

        >ナミ様

        ナミさん、ご丁寧にありがとうございます!
        稲垣潤一氏と言えば、クリスマスキャロルの頃には♪です。

    • ジゼル 2020年10月14日 10:57 PM

      おおお~ナミさん!
      「まいったネ今夜」は仮面舞踏会と並んで大好きな曲です!!ジャズをベースにした今風のメロディーがかっこよすぎて。クチずさんだり、ピアノでテキトーに弾いても洒落ていました。超名曲だと思います!!サビでぐっと盛り上げてからの~「少しポーズを~つーけながら」にシブく戻って行く所がツボでしたね、カッコよすぎます。
      昭和は名曲が多いですね。「ドラマティックレイン」もいいですね!
      学校の机を思い出します(爆)机に歌詞とイラストを落書きしながらずっと歌ってましたw
      &~ティックつながりで「ロマンティックが止まらない」も思い出しましたww歌いだすと本当に「止まらない」です。

      • ナミ 2020年10月15日 7:47 PM

        ジゼルさんこんばんは。
        本当にかっこいいんですよ。
        是非録画をお薦めします。必ずもう一度観たいと思うはずです。
        私は既に予約録画設定完了しています。
        「ドラマティックレイン」いいですね~。胸がドキュンとします。
        「ロマンティックが止まらない」も聴いていてノリノリになります。
        どちらも筒美京平さんの作品ですね。他の筒美さんの作品では「九月の雨」が大好きです。「木綿のハンカチーフ」よりも絶対に「九月の雨」の方が好きです。

    • オネエ 2020年10月17日 8:47 PM

      >ナミ様

      ナミさん、こんばんは!
      今夜は急に冷え込んできましたね。体調などはお変わりはございませんか?
      「うたコン」見逃してしまいました!でも明日再放送なのですね、わたしも予約したいと思います。
      素敵な情報ありがとうございます。筒美京平氏がお亡くなりになられて、またひとつ昭和の素晴らしい方が
      と悲しい気持ちになりました。

  3. ナーヤの下僕 2020年10月14日 7:01 PM

    おネエ様、ドーピングについて取り上げて下さり、ありがとうございます。

    ソツコワちゃんの記事を読む限り、やはり闇は深い感じですね…。本人もドーピングに抵触する薬だと自覚していたとなると、最初は彼女自ら手を出したというより、やはり痩せる為に誰かに与えられ、それで成功したもんだから次第に自由に処方してくれる闇医者みたいな所に頼み出した…という流れを想像してしまいます。

    それから登録については、コストルナヤの件が記憶に新しいですよね。彼女の移籍は7月だったので、登録関係にグレーなロシアでも、さすがに期間を過ぎているから…と問題になりましたよね。選手登録は、選手として公式の大会(日本の場合だと各都道府県の◯◯協会主催大会以上を指す)にエントリーする選手は、早ければ小4くらいから登録するので、登録のシステムや流れを知らない選手は、コストルナヤの年齢では、日本にはいないと思われます。でも、そこはロシア、そういった事はあまり選手側に公表してないかもしれないので、コストルナヤが衝動的に移籍した際、登録について後々面倒になる…とは知らなかった可能性もありそう。

    • オネエ 2020年10月17日 8:52 PM

      >ナーヤの下僕様

      こんばんは!こちらこそ、詳しい情報をお教えくださり感謝しています。
      このブログで皆様と共有させて頂きたかったので、引用させて頂きました。
      わたしも誰かに痩せるために、難度の高いジャンプを挑むために与えられたのではないか?と思います。
      伸び悩んでいる時期なら尚更ですよね。
      ロシアは移籍の時期などの詳細は選手は知らないということもありそうですね。

  4. fujino 2020年10月15日 6:39 AM

    オネエ様、皆様おはようございます。
    ジゼル様がおっしゃるように、ソツコワは全てをつまびらかにする事はできないと思います。国がドーピングに積極的に関与してきたロシアですから。ソツコワが全てを語れば彼女以外のスケーターにも問題が及ぶでしょうし、今回のコメントを出す際だって露スケ連や所属クラブが関与していないとは考えにくい。彼女が10年間もの資格停止処分(可能性とはいっても)という事実上フィギュア界と縁を切る重すぎる泥を被る代償はいったい何なのでしょう。この世から消されないということなら、あまりにも切ないです。
    タス通信によると、6月中旬~7月末までの間に14人、8~9月に10人の選手がドーピングの検査を受けていて、8~9月分のメドベージェワ、ザギトワ、リーザなど10人が合格したと出ています…
    https://tass.ru/sport/9691797

    あとスケカナの中止、残念ですが至極妥当な判断です。ISUが早い段階でもっと真剣に考えるべき内容でした。もっと状況の悪いアメリカの無観客試合は、アメスケ連が他競技で導入しているbubble(隔離空間)の制度をマスコミだけでなく選手や関係者にも導入するなら分かります。ですが、仏杯も厳しいでしょうし、GPFやワールドなどの国際大会も無理でしょうね。ISUに引っかき回された選手たちが可哀想です

    • オネエ 2020年10月17日 9:09 PM

      >fujino様

      fujinoさん、こんばんは。
      今週また競技会のいくつかの中止が発表されましたね。
      選手は複雑な気持ちでしょうけど、なんとか目標を見失わずに頑張ってほしいです。
      ソツコワの件は恐らくずっと真実が判明することはないでしょうね~。
      ロシアスケーターのドーピング検査の件、ありがとうございます!

  5. ドングリ 2020年10月15日 8:13 AM

    オネエ様
    読んでて少し前に見た映画、レッドスパロウを思い出しました。元ロシアバレエのプリマドンナがロシアの女スパイとして闇に落ちていくストーリーは怖いのなんの…でもこれは映画の中だけでなく現実でもあるんだろうなぁと薄ら恐ろしくなりました。コリヤダ君の今期のフリー、ホワイトクロウもロシアの闇から自由への開放がテーマですよね。
    ソツコワちゃん…ここまで言っちゃって大丈夫かな?きっと今までドングリなどが想像もできないような努力と鍛錬を積んできた彼女のこれからに幸多かれと願うばかり。まだ20歳だもの…ドングリなんてワンレンかき上げて徹夜でファミコンやってましたよ。

    • オネエ 2020年10月17日 9:15 PM

      >ドングリ様

      ワンレンかき上げてファミコンに大爆笑してしまいました~
      わたしも徹夜でファミコンした挙句、視力が下がり涙、何故か怪しい謎の
      視力回復センターに通わされた記憶が笑
      確かにソツコワの件は、レッドスパロウを思い起こさせますよね~。闇が深そう。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.