スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート ミハイル・コリヤダ

投稿日:

フィギュアは芸術性も大切よね!男子フリーの結果は?ロシアカップ

皆様、こんばんは。

スケートアメリカ、ロシアカップと競技日程が重なると追っていくだけで精一杯だわ汗

今宵はロシアカップの続き、男子フリーについて一緒に見ていきましょう!

注目のコリヤダはヌレエフを演じ切ることができたのかしら!?

スポンサーリンク

ロシアカップはコリヤダがV!フリーではジャンプミスを感じさせない独自の世界観に!

総合第1位 ミハイル・コリヤダ 

【プロトコル】

ジャンプでややミスがあったけれども、

それすらも気にならないぐらい、コリヤダが演じたヌレエフの世界観に浸ってしまっていたわ。

2本目の4Tはゆくゆくは4Lzへと難度を上げてきそうな感じよね。

コリヤダの動きには、ロシアバレエの基礎がしっかりと入っているのが、よくわかるわね。

観客を引き込む力。彼の演じる芸術性には心が惹きつけられるものがあるのよ。

観る者の胸に迫る、天才ダンサー決死の亡命

パリ公演を終えたバレエ団一行が、ル・ブルジェ空港から次の公演地ロンドンへ出発しようとしたその時、ヌレエフだけはモスクワで踊るよう帰国を命じられる。

本やドキュメタリー映画などで話には聞いてはいたが、実際のあの決死の亡命を、このように映画でリアルに再現してもらうと、あの瞬間、天才舞踊手の頭をよぎったのは何だったのか、亡命せざるを得ない状態に追いつめられた状況が迫ってきて、非常なリアリティがある。

※ONTOMOより一部引用

https://ontomo-mag.com/article/event/white-crow-ballet-nureyev/

コリヤダのフリー演技の楽曲である、映画「ホワイトクロウ」について、とても興味深くまとめてある記事なので、

お時間ある方はぜひ読んで見て頂戴ね!

フィギュアスケートって、確かな技術のその土台の上で、人々の感性に訴えかける芸術性って大切だなって改めて感じたわ!

総合第2位 アンドレイ・モザリョフ

【プロトコル】

また謎の曲編集だわ。

最後はおもわず宇宙との通信のように聞こえてしまったわ笑

不思議な感覚で演技を見終える感じよ。

モザリョフはフリーだけでは1位と、ジュニアから上がってきた勢いがあるわよね。

多彩なクワドを持っているのもこれから武器になるものね。まだまだ伸び盛り、今後が楽しみよ。

総合第3位 ドミトリー・アリエフ

【プロトコル】

怪我から競技に復帰したアリエフ。

まだ本調子ではない感じがするけれど、果敢に冒頭4ルッツを跳んできたわね。

彼もコリヤダ同様、芸術性で魅せるスケーターだと思うので、これからのブラッシュアップに期待したいわね。

スケートアメリカの結果!男子はネイサン、女子はマライアがV

スケートアメリカの結果は、順当通りという感じね。

ジャッジスコアについては、ロシアカップ共に思うことがあるので、すべての競技が終わってからまた改めてお話させて頂くわね。

スポンサーリンク

勝負の女子フリーは今夜!ロシアカップ第3戦タイムスケジュール、ライスト

10月25日(日)

※日本時間

23:15~25:00

ショートは僅差で、フリー次第で勝負が決まるわね。

シェルバコワはクワド、エロスは3Aと成否によって順位が変わってくるでしょうし、ウサチョウは大技がない分、安定した演技が求められるわね。

今夜のフリーにまた注目していきたいわね。

皆様、わたくし昨夜友人とロシアカップを見ながら、深酒をしてしまい、まだ抜けず、、、

この後のフリーまで少し仮眠して備えるわね笑 もっと全体的にしっかりとレビューを書きたかったわ涙

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。

共感して下さることや応援のお気持ちを

ぜひ、下のブログランキングバナー2つをクリックして下さると励みになります。

【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つポチっとお願い致します。

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート, ミハイル・コリヤダ


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. おばちゃん 2020年10月25日 9:21 PM

    オネエさま ロシアカップで深酒、渋いわ〜女子は昭和みが多かったので、お酒もすすんだでしょうか笑
    コリヤダくん、ジャンプの修正は別として始まった途端スッと手を上げ‥‥もう物語に入り込んだ感じでした。スケーティングも、姿勢が先ず良いわよね。頸椎から腰のライン、股関節も柔らかく開いてバレリーナみたいだったわ。
    モザリョフくんも去年からグッと大人っぽくなりましたね。
    確かに謎編曲、ニュル〜っとしたスケーティングでトワイライトゾーンにいっちゃいそうな。

    採点の話題にもなりますが、そもそもISUが採点競技として混乱させてるとしか言えないわ。
    どの選手もキャリアや方法論は別としても試合に向けて必死に練習してるんだしさ。
    シリアスエラーも消えたらしいし(¬_¬)
    個人的に思うのは、こないだの4CCだったかジェイ子が280位だったでしょ。
    例えばだけど、そこ基準でみただけで採点の整合性が全体に取れなくなってないかしらね。
    ジャッジにはちゃんとギャラ払って、プロフェッショナルな仕事するような競技になれば良いのにね。(ジェイ子は好きよ〜)

    • オネエ 2020年11月1日 2:16 AM

      >おばちゃん様

      昭和っぽさを感じると、自然とお酒が進んでしまいます笑
      芋焼酎飲んでました~。
      採点といえば、シリアスエラーなんだったんでしょうね!?
      昨季のユヅ狙いうちにしか思えないのですが!

  2. てんこ盛りパフェ 2020年10月26日 8:54 AM

    アメリカは一通り確認として流し見。キーガンだけ戻って鑑賞し直しました(笑)
    キーガンはベテランッぽくない滑りが良いのよね。無鉄砲な感じの思い切りの良いジャンプに、上手く降りられたときだけ殿の猫足着氷味が少しあって。今回は羽生君の春来いハイドロをリスペクトしてましたね。もう28才だけど、30才でNHK杯初優勝のヴォロ兄さんの例もあるから期待して見るわ。

    アメリカも忖度と虐めジャッジが横行してるみたいですよね?
    優遇組=ネイサン・ブラウン・ベル
    継子組=ジョウ・テネル
    ラファ組はジャッジもだけど、フィギュアをゲームみたいに、いかにリスクを減らして点を稼ぐかに特化してますね。たとえやれたとしても、点に繋がらない無駄な事はせず、費用対効果を突き詰める省エネスケートって感じ。

    ロシアはコリヤダ戻ってくれて嬉しい。今回は彼の目線がとても細やかに演技に織り込まれてるのを発見しました。衣装、もうちょっと頑張れ。

    • オネエ 2020年11月1日 2:11 AM

      >てんこ盛りパフェ様

      キーガンの無鉄砲っていう言葉、わかります笑
      まだまだ現役で見ていたい選手ですね。
      アメリカはジャッジ推しとそうでない選手があからさまになってきましたよね。
      そこで選手達がジャッジ採点に納得してしまうのも、またどうなのかな?と。

  3. fujino 2020年10月26日 5:06 PM

    コリヤダ君の演技よかったですね。所作や視線の動かし方など表現面で洗練されてきましたね。ワガノワの校長にご教示いただいた甲斐があったわ~
    これから演技を重ねるたびに、楽しみになるプロです。
    ジャンプの安定が望まれますが、それは以前からの話ですしミーシンと二人三脚で頑張って欲しいですね。
    コリヤダ君はラファへの移籍を希望していたけど、アメリカに練習拠点を移すのは高額になるため露スケ連が資金提供を断ったのとコロナが影響して断念、ミーシンに変更したという話がありますよね。私はラファの合理的すぎる戦術は好きではないので、結果的ではありますが、このように美しいロシア芸術が凝縮されたプロに出会えることができて本当に嬉しいです。何より軽やかで繊細。最高ですね!
    プルシェンコが平昌五輪よりも前からミーシンのもとへ行けと何度も助言していたのを思い出します。たらればですけど、ミーシンと平昌を戦っていたら何か変わっていたのかしら

    ※てんこ盛りパフェ様
    横からですが、コリヤダ君の衣装はヌレエフからインスパイアされたものと思います。
    http://www.nureyevlegacy.com/silver-prints.asp
    に小さな写真が12枚あるのですが、左上の最初の画像をクリックするとヌレエフが胸もとをはだけた今回の衣装のような写真が出てきますよ。

    • てんこ盛りパフェ 2020年10月26日 10:51 PM

      fujino様
      丁寧にありがとうございます。ヌレエフリスペクトだったんですね? ヌレエフの舞台スタイルでリンクに上がったら1点減点どころかレッドカード。退場させられそうですもんね(笑)
      最近コリヤダ君が好きって声をよく聞きます。ラファの元でネイサン2号にならなくて良かった。

      • fujino 2020年10月27日 12:52 AM

        てんこ盛りパフェ様
        いくらヌレエフリスペクトといっても、際どいのは衣装に選べませんものね。プルのセッボンらしきものとか。確かにレッドカードくらいそうです笑。ミーシンも弟子になりたてのコリヤダ君にエキシのご無体は働かないと思いますが、実は楽しみにしていたりします笑
        いやー、コリヤダ君がネイサン2号になっていたら凍えるところでした。メドベージェワのクリケ2年間が後進の選手たちに暗い影を落としてますよ。今回に限っては結果的に露スケ連グッジョブでしたが

    • オネエ 2020年11月1日 2:09 AM

      >fujino様

      コリヤダの表現面、どんどん洗練されてきていますね。
      惹きこまれます。
      今季の試合を見ているとジャンプも以前に比べ、安定してきていますね。
      あとは4ルッツが入った状態でどうなるか。期待したいです!

  4. あじさい 2020年10月27日 8:19 AM

    コリヤダの演技&世界観にうっとりしました。
    さすがこれでこそロシアだなぁ。えーラファのところに行きたかったんですか! それは命拾いしましたね(^_^*) 今回いろんな演技を見てコーチはただのマスクズラす親父じゃないんだと尊敬してます。 ジャンプが失敗したとしても こんなに芸術的な演技が出来る選手たち…1度ジャンプ無しの大会でもやってみたら? 

    • オネエ 2020年10月29日 3:20 AM

      >あじさい様

      ジャンプ無しの大会ってすごく興味あります!
      昔でいうコンパルソリーに近いものですね。
      ジャンプだけでない、スケーティングの良さは際立つ選手は、表現力も素晴らしいですよね!
      まさに基礎の土台の上にありますから。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.