スポンサーリンク

ここをクリックして頂けるとオネエパワーがアップするわよ!!

あなたの清楚な人差し指で
愛の一票を頂戴

↓↓↓

↑↑↑


気軽にフォローして頂戴

スポンサーリンク

フィギュアスケート

怒涛のグラン・フェッテ 氷上のプリマ!オクサナ・バイウル

投稿日:

リレハンメル五輪、
世間の注目は、
全米ビッチアバズレ対決!ケリガンVSハーディング
一色だったのよね。





そんな中、16歳の若さで
優勝をかっさらったのが、
氷上のプリマこと、

オクサナ・バイウルなのよね。

バレエを生かした手足の先まで、
神経を行き届かせた16歳とは
思えない黒鳥表現力なのよ。

彼女の若さでここまで卓越した表現力を
兼ね備えているのは何故なのかしら!?と

彼女のルーツを辿るとね、
父親とは離別、母親もご病気で亡くし、

連邦解体に巻き込まれ、コーチは亡命、
練習するリンクすらままならない状況と、

若くして、人生の様々な困難を
乗り越えてきたのよね。

だからこそ、

彼女にしか表現できない世界があるんじゃないか

って思うのよね。

魔性のオンナ、
オディールが乗り移り、

観客すべてを翻弄し
始めるのよ。

そして圧巻のフィナーレ、
グラン・フェッテ!

これバレエでは32回転するのよね。

バイウルは実際あたしが数えたところ、
10回転なのよ。

演技時間に合わせてだけど、
あたしが延長許可するから、
32回転まわってほしかったわよ!笑

バレエを舞うかのごとく、
ジャッジ席を横断する、

彼女を観たジャッジ達は、
どんな印象を受けたのかしらね!?

あたしなら、ジャッジであることを忘れて、
ただただ彼女の魔法に
かけられてしまうでしょうね。

6.0を押しなさいとね笑

彼女の演技の中で、
確かにジャンプは2回転に
なったりしてるのよね。

技術面での評価が低いとも言われてね。
でも全くそんなことが気にならないのよ。

採点ルールなんて、
彼女の前ではないにも等しいんだもの。

エキシビジョンでは、
清純で情感溢れる白鳥を。

バレエの世界でもこのふたつを分けて演じるのは
とても難しいのよ。

まるで氷上の上で、
滑っていることを忘れてしまいそうだわ。

彼女のような独特の世界観を
作り出せる才能は唯一無二よね。

バイウル、フリーの演技前に
接触で針を縫うほどの
怪我をしてしまうのよね。

痛み止めを打ち、
でもそんな怪我を微塵も

感じさせない、コミカルな
ブロードウェイミュージカルナンバー。

あたしの大好きな

「マイフェアレディ」

のナンバーもやるのよ。

余談だけど、
神田沙也加主演のこのミュージカル、

あたし渋谷のシアターオーブに、
3回も足を運んだのよ。
観すぎかしら!?笑

クラシカルからコミカルな演技まで、
弱冠16歳で、
ここまで幅広く表現できるなんて、

もしかして、彼女は

「千の仮面を持つオンナ!?」

これまた余談だけど、
月影センセーなら野際陽子よね。

キスクラでは大号泣だったわよね。
すべてから解放された涙に、
世界も涙したはずよ、

たったひとりのオンナを除いては、、、

「化粧直しまだなの?表彰式でまた泣くんだから、早くなさいよ!」

優勝確信していた矢先の出来事に、
ビッチぶりを発揮するケリガン。

バイウルの表彰の時の
ケリガンのこのツラ!

橋田寿賀子劇場始まるんじゃないかしら!?

ってあたし、
ハラハラドキドキしたの、
今でも覚えてるもの。

あの時は若気の至りだったとケリガンは
すっかり今では丸くなったとか、、、

プロに転向してからもこの独特の世界観よ。

あんた、媚薬を売る
どこぞのアラビアのオンナかと思ったわよ笑

最後に、
アナタの清楚な人差し指で、
ポチっと押して頂けたら光栄よ!
↓↓↓

アナタの清楚な人差し指のポチでアタシの順位を押し上げて頂戴!

↓↓↓

↑↑↑

ここをクリックでオネエパワーがアップ!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

-フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.