スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 坂本花織 樋口新葉

投稿日:

大げさなのよ!NHK杯フィギュアで急激に上がった点数にロシアが反応?

皆様、こんにちは!

NHK杯フィギュアが終わり、様々なメディアが大会の振り返りを報じているわけだけど、

あたしが少し気になった女子フリーの結果に、ロシアメディアが反応しているという記事について少しお話をするわね。

そして羽生結弦展から新たなオフィシャルグッズ「シュシュ」が発表になったわよ!

スポンサーリンク

大げさなのよ!NHK杯で日本女子がロシアを驚愕させた!?

「日本女子がトゥクタミシェワとコストルナヤを凌駕した」坂本花織&樋口新葉の高スコアに露メディアが驚愕!

女子シングルを制したのは、初優勝の坂本花織。ショートプログラム(SP)で75・60点で首位となった坂本は、翌日に行なわれたフリースケーティング(FS)でも首位をキープ。最終滑走で映画『マトリックス』の音楽にのせ、ダブルアクセルなどのジャンプ要素をミス無しで滑り切り、FS153・91点、総合229・51点で優勝を手にした。  2位には、SPを2位(69・71点)で終えた樋口新葉は、フリーではトリプルアクセルを組み込んだプログラムを演技。冒頭のトリプルアクセルは、回転不足がついたものの着氷し、131・27点、総合200・98点。銀メダルを手にしている。

上位ふたりのスコアに驚きの声を上げているのが、ロシア・メディア『Sportsmail』だ。「日本の女子が、トゥクタミシェワとコストルナヤを凌駕した」と驚きをもって報じている。 「日本のスケーターたちは、先日のGPシリーズ、ロシア大会(ロステレコム杯)のふたりを凌駕した。世界の舞台では真剣勝負の相手となるだろう。日本で行なわれたGPシリーズの大会は、フランスとカナダが中止になり、ファイナルの見通しは立っていない。だが、ロシアのスケーターたちがとても良い状況であったように、日本のスケーターたちもまったく悪くなく、とても良い出来であった」  事実、ロステレコム杯で優勝したエリザベータ・トゥクタミシェワとアリョーナ・コストルナヤは、前者が総合223・39点、後者が総合220・78点であり、確かに坂本はふたりを上回った。樋口に関しては、コストルナヤが同大会で行なわなかったトリプルアクセルを組み込んだことが評価されているようだ。

もちろん単純に数字や構成だけで実力の比較はできないが、ほぼ国内大会となったGPシリーズにおいて、坂本&樋口の日本女子勢が、ロシア大会の上位2位に迫ったことは、ロシアのメディアにとっても驚きだったようだ。  GPファイナルは延期され、国際大会が今後いつ開催されるのか見通しは立っていない。だが、いつかまた開催された際に、日本人スケーターの存在が、ロシア勢にとって油断のならない相手になる可能性は十分に秘めているといえそうだ。

※THE DIGESTより一部引用

https://thedigestweb.com/topics_detail13/id=29510

今回のNHK杯女子シングルを振り返ってみて、

ジュニアの松生理乃の躍進や、三原舞依の復活と明るい兆しがありながらも、

やはり今後ロシアと表彰台を競い合っていくという視点で見ると、まだそこまでの選手は出てきていないというのが正直な感想よ。

だから「日本女子がトゥクタミシェワとコストルナヤを凌駕した」という記事が出ると、なんて大げさな!と思ってしまうわ。

優勝した坂本は試合前から自信に溢れていたように、あたしには見えたわ。

彼女はメンタルに左右される部分も多くあり、今回のように波に乗ると、会心の演技を見せることができるパワーも備えている頼もしいスケーター。

ただやはり何かが足りないのよ。

それはジャンプなのよね。彼女、本当に幅、高さ、そして流れのあるダイナミックなジャンプを決めるでしょ!?

ここに3Aが入れば、どれだけ変わるだろうって何度思ってきたことか。

クワドにも実戦でチャレンジしたことのある彼女。ぜひ、五輪プレシーズンだからこそ、どんどん高難度ジャンプに挑戦していってほしいのよ。

もちろん、高難度ジャンプを入れることで、演技全体のバランスが崩れてきてしまうかもしれない。

でもロシアのトップスケーターはその上で完璧な演技を目指しているわけじゃない!?

【全日本フィギュアフリープロトコル】

【西日本選手権フリープロトコル】

坂本のNHK杯とひとつ前に出場した演技構成点にはなんと「7.6点」もの開きがあって、GOEだけでもかなりの加点があったことが、今回坂本が高得点で優勝した要因なのよね。

NHK杯フリーは本当に素晴らしい演技だったわ。

でもたった1試合で、ここまで演技構成点が上昇することにジャッジへの疑問も生まれてしまうし、

これが妥当なのかどうかは、よくわからないけれど、

スコアだけ見て、ロシアと互角に渡り合っていけると報道するメディアにはやはり違和感を感じるのよね。

彼女が苦手としているルッツジャンプで「e」が付いていないけれど、国際大会だとどうなるかわからない。

そしてジャンプ構成はほぼ以前から変わってきていないわ。

彼女のバネは天性のものだと思うし、ぜひもう一皮剥けて化けてほしいのよね。

そして樋口新葉。

実戦で3Aが完成する日は近いと思っていたけれども、それがNHK杯だとは!

これからはショートでもしっかり決めることによって、ぜひ2本入れた構成を見せてほしいわ。

確かにロステレコム杯でコストルナヤは3Aを入れてはこなかったけれども、次のロシア選手権では必ず入れてくれるでしょし、

昨季のあの高い「質」の3Aはやはり桁違いに素晴らしいわ。そしてジャンプだけでない全体のトータルバランス力。

そしてエロスはショート、フリー合わせて3本構成。次戦では4Tも視野に入れていると話しているし、

ロシアは3Aを安定させた上で、さらにその上を目指しているところに、日本勢と比べてまだ「差」をどうしても感じてしまうのよね。

ロシアを本当に驚愕とさせるような、日本女子フィギュアが高いレベルに到達してほしいという願いは強くあるわよ。

そして今季まだ実戦を迎えていない、紀平梨花。

彼女は当然、これまでの大会を見てきていると思うけれど、何を感じているのかしらね!?

スポンサーリンク

羽生結弦展オフィシャルグッズ第10弾は「シュシュ」!

これは女性なら欲しいわよね!

あたしはさすがに髪に付けられないけど、バッグや旅行用のトランクなどにアクセントで付けても素敵よね。

NEW!12月7日発売

「フィギュア・スケーターズ20 FIGURE SKATERS vol.20」表紙:羽生結弦

↓ご注文はこちらよ↓

NEW!2021年3月21日発売

羽生結弦大型写真集 光 -Be the Light-

↓今すぐご予約はこちらよ↓

オネエコラム「異変を感じたら、とっとと歯医者へお行き!」

なんでパフェの画像かですって!?

コラムを最後まで読めばわかるわ笑

これは新宿三丁目夜パフェ「ベル」の新メニュー「越冬白鳥」。

こんな感じで、構成表を渡されるのよ。まるでフィギュアのジャンプ予定構成みたい!と思ったあたし、、、

NHK杯フィギュアについて、皆様とお話したいこと沢山あったのですが、

少し更新ができずに申し訳ございませんでした。

私事なのですが、本日歯医者にて「歯根端切除術」を行ってきたのよ~。

要は歯茎をメスで剥がして(ひいーん)、根の先端の炎症している組織を除去する手術。小一時間で終わるのだけど、

チョーびびりなあたしは、もう1週間前からガクブル状態で、手術中に目を閉じながら、

そうだ!美しいことを考えようと思い、ユヅのこれまでの演技を脳内で勝手に流しながら、現実逃避していたわ。

(実際には麻酔をしているので、痛みもな~んも感じないのよ)

縫合が終わり、先生と一緒にモニターで今日の行程を一緒に確認していくのだけど、

まるでマグロの解体ショー状態!笑 そのまま気絶しそうになったわよ。

皆様、歯に少しでも異常を感じたら、すぐに歯医者へ行くことを強くお薦めするわ!

そんなわけで、あたしは歯の手術でお口がおかしくなってしまう前に、お友達が今のうちに美味しいパフェでも食べておきなさい!と

いう指示の元、前日夜パフェへと繰り出したってわけ笑

ちなみに友人が頼んだのは、

「煙山さん。」

ここの夜パフェ、以前もネーミングが「明菜」(中森明菜からよ)とか「ブラックスワン」とか

オネエ心をくすぐるお店なのよね。

なんかフィギュアに全然関係ない話でごめんなさい。そして歯を大切に!と言いながら、結局甘いパフェの話になってしまうという、、、

これから少しづつフィギュアのお話に戻していくわね笑

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ、下のブログランキングバナーをクリックして下さると励みになります。

【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つポチっとお願い致します。


フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート, 坂本花織, 樋口新葉


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. あじさい 2020年11月30日 5:49 PM

    こんばんは!
    なんて美味しそうなパフェ!と思ったらオネエ様がお気の毒なことに。こわい思いしましたね。切った貼ったは頭に近いほど恐怖…きっと何回か痛かったり腫れたりを我慢した末の手術になったのでは? 私も先月膝をチョイと切開したものでお察しします。余談ですが切った次の日からシャワーでバンバン洗って下さいと言われて そんなこと出来ない!と思ったんですが昔と違い傷口を清潔にすると言う意味で今の時代はそうなんですね。酷い火傷した知り合いも洗いなさいと言われてびびってました(笑)オネエ様も歯磨きOKと言われたら磨いてね^_^ というわけで私もフィギュアの話から脱線でーす。
    ところでカスタマイズカレンダー申し込んだのに個人情報流出で販売中止のお知らせが来ました。残念です!皆様お気をつけて…

    • オネエ 2020年12月1日 3:40 AM

      >あじさい様

      あじさいさん、こんばんは!
      お気遣いありがとうございます。膝の方はその後どうですか?お大事になさってくださいね。
      わたしは歯を被せていたところの神経に炎症を起こしていて、あまりにも複雑だった為に、
      歯茎を切開するしか手段がなかったそうです。ただ麻酔をしているので、手術中は実はいびきをかいて寝てしまいました笑
      口はマウスピースで固定していましたし、今はロキソニンを飲んでいるので痛みは全くないです。
      モニターを見て、あまりのエグさに気絶しかけたくらいです笑

  2. おばちゃん 2020年11月30日 7:07 PM

    オネエさま 歯医者さん大変でしたね^^;
    ウズウズするかもですが、お大事に。
    夜パフェ☆越冬白鳥美味しそうだわ、GOEは食べて加点したいところですが笑 スワンだから芸術点は満点で!
    先日アップされてたマリーアントワネットみたいなスイーツブッフェも凄かった!

    坂本っちゃん頑張りましたね、ギュインギュイン滑ってて気持ちよかったです。
    日本の選手全般に素人目線で恐縮ですが、身体の使い方が雑いのが散見され何か?体幹をキープしたまま美しい動きを目指す客観性があればもっと良くなるだろうにな‥‥なんて。
    宮原ちゃんのレイバックスピンとかレース編みみたいに繊細でキレイだし、それぞれの個性に合った練習環境がもっとあればな〜なんて思います。
    フィギュアの練習とかよく知らないのに書いちゃった(^◇^;)

    • オネエ 2020年12月1日 3:43 AM

      >おばちゃん様

      おばちゃんさん、こんばんは!
      お気遣いどうもありがとうございます。
      越冬白鳥とにかく甘いです笑 甘いだけにGOEもすべて+5!笑
      宮原の体の使い方は本当に素敵ですよね。特に若い選手はぜひお手本にしてほしいですね。

  3. Kakao 2020年11月30日 8:22 PM

    おねえさま、初めまして。
    毎日、ドイツから楽しみに拝見しております。海外なのでNHK杯も英語の解説版でしかみていないのですが、「何かがたりない」にお姉様に同感です。私は全くの素人なのですが、ロシアにくらべて、今回の日本勢の演技の振り付けも...残念ながら、物足りないです。ロシアトップ選手は、滑走中でも腕が手持ち無沙汰にぶらぶらしている、っていうことがないですし、顔の付け方、胸の開き方、背中の表現力、指先への繋がりが「常に」美しく、ストーリーがありますよね・・・。でもこれは、多分、トレーニング体制が国は公にどこまでトータル・サポートされているか(補助金含め)、の違いでもあるのでしょう。もっと、公が、選手が安心して練習に打ち込めるシステムとビジョンを提供してあげれればいいのに、とおもっています。

    • オネエ 2020年12月1日 3:45 AM

      >Kakao様

      Kakaoさん、はじめまして!
      いつもブログをご覧下さり、どうもありがとうございます。
      ドイツにお住まいなんですね♪
      日本女子の選手達は潜在能力がありながらも、それを十分に引き出せていない、
      それがもどかしくて、そこにはスケ連だったり、練習環境だったり、コーチなど様々な要因があるのでしょうけど、
      もったいないなと思うことが多々あります。
      またいつでもここに遊びに来てくださいね!

  4. したく 2020年11月30日 8:33 PM

    たいへんでしたね。どうぞお大事に。私も同じ手術をしました。
    いつも清楚な(?)人差し指のみで愛をお贈りしていましたが、
    痛い思いをなさったと知り、コメントでも愛をお贈りしたくなった次第です。
    毎回ブログを楽しみに拝見しているオネエさまの健康と幸せを、常に願っていますよ。

    • オネエ 2020年12月1日 3:50 AM

      >したく様

      したくさん、こんばんは!
      お気遣いありがとうございます。
      そしていつも清楚な(!)したくさんの人差し指で愛を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
      したくさんも同じ手術されたのですね。何度か歯茎を切開する前段階で、神経の治療を試みたのですが、
      一向に回復する気配もなく、ただ毎回痛みに耐える施術でしたので、思い切って受けた次第です。
      先生の腕は良いのですが、なんせ独り言をよく喋る先生で、「今からメスで3・6ミリ切開して~」とか聞こえてくる度に
      びびりなわたしは恐怖のあまり、体が硬直しっぱなしでした。実際は麻酔で何にも感じませんでしたが笑

  5. フクスケ 2020年11月30日 9:29 PM

    こんばんは、オネエ様。

    パフェ、美味しそうですね。
    今日健診で、かかりつけ医から「今後のことを考えるなら、甘いものは控えてください!」とクギを刺されたばかりのワイにとっては、目の毒でした~。

    でも、歯科治療で大変な思いもなさったのだから、頑張ったオネエ様にとってはこれはご褒美ですよね。

    さて、ロシアの記事ですが。
    うーん、ロシアのみならずアメリカでも自国の選手に対し、ここぞとばかりの爆盛りのスコアで今後のジャッジに印象操作してます感を覚えたのは、ワイばかりではないと思いますが。
    技術的にも表現力でも物足りない日本女子に対するオネエ様のもどかしさはよく解りますが、男子はほぼ自爆状態、女子もドングリの背比べ(失礼!!)の中、ほぼノーミスでやりきったかおちゃんには、このくらいのスコアをつけてあげないと、今後の国際大会でたとえクワドや3Aを投入したとしても、ジャッジから加点をひきだせるかどうか。
    日本だけは公正なジャッジをします、みたいなアピールしても、世界から見たら「ああ、そんなもんか。なら、日本女子には少しくらいPCS低めでも構わないや」みたいな空気が出てきますよ。

    フィギュアは確かに、芸術と技術が融合したスポーツですよね。
    でも選手によっては、得手不得手のパートがあるのは事実で、トゥルソワのクワドLzでさえ角度によっては『軽業師』と見る人もいます。

    コロナ禍で氷上に乗れない間、体幹を鍛え、やったる‼️と練習に燃えていたかおちゃんは、ある意味本当のアスリートであり、彼女の演技を見ているとフィギュアがスポーツなんだとつくづく考えさせられます。

    ジャッジやファンの評価、あるいは其々の好みにより、甲論乙駁は当然です。
    オネエ様の仰る通り、日本女子はこのまま加点頼りにもできないし、もしかしたらロシアどころかアメリカ娘達の後塵を拝す事になりそうです。
    それでもなお、正確なジャンプとスピード感を持ち味と捉え、(ワイの私見では、国際ジャッジの偏重を映す鏡としての)高得点を、ワイは非難したくはありません。

    それに。
    あやしげなクワドもどきジャンプや、ワンパターンのタケノコJ、そしてバレエの美しさとは程遠いせわしげなコレオやトランジションを、いつまでジャッジが飽きないでいられますかね?

    もういいかげん、ジャンプのAI判定だけでも受け入れるべき時代だというのに?

    • オネエ 2020年12月1日 3:53 AM

      >フクスケ様

      フクスケさん、こんばんは!
      アメリカやロシアは自国大会で選手に爆盛りをし、それこそ世界にアピール!状態なのに対して、
      日本のジャッジは渋めという印象が強かっただけに、今回の坂本のフリーでは大盤振る舞いだったので、びっくりしました!笑
      高難度のジャンプを入れつつ、さらに加点を取り、演技全体の完成度を高めていくことが求められている今、
      ぜひ日本女子にも頑張ってほしいですね。
      タノってそこまで加点対象でなくなってきたような気がします、、、

  6. トモキチ 2020年12月1日 7:32 AM

    姐さん。背中を押されました。
    少し前から歯が痛みます。
    けれど、コロナ下の歯医者は
    本人と家族の渡航歴から始まり発熱&風邪症状の有無と
    チェックの嵐。すぐ鼻とノドを痛めるので
    (市中感染の度合いも見計らうと)
    なかなか受診出来ずにいます。
    診察受ける前にはプールの消毒槽か?っていう位の
    消毒液を口に含まされますし。
    難儀ですねぇ。
    姐さん、経過をお大事に12月を楽しんでね!

    • オネエ 2020年12月1日 8:45 PM

      >トモキチ様

      わたしが通う歯医者では手消毒と検温ですね。
      歯医者側は徹底した消毒を細目に行っているようです。
      どうしても痛み出すと、処置が長引いてしまうことも多く、早く行かれることをお勧めはしたいのですが、
      なにせこの状況下ですからね汗

  7. 敏感汗 2020年12月1日 8:25 AM

    オネエ様のおっしゃる「ロシアに比べて物足りない」がわかる反面、今回私は坂本が「ロシア並の点取り作戦に成功」したって感じたんです。大技無しでJrワールド銀メダルを獲ったウサチョワのように。
    FPの演技構成点が高いのもジャッジ受けを研究し尽くしたコーチ園子の作戦勝ちというか…点数で上位に立って世界にアピールするために必要なこととは思うけれど、SPのくるくるループを封印して、ルッツで高得点狙ったのが寂しかったんです。その選手らしい個性と、失敗しても挑み続ける闘志が好きなものでして。
    関係ないけどキスクラの園子の布マスク姿、小池百合子と重なって仕方ありませんでした。

    • オネエ 2020年12月1日 8:57 PM

      >敏感汗様

      敏感汗さん、こんばんは!
      確かに、ロシア並みの点取り作戦をすることで、海外にアピールできる部分もありますね!
      今回NHK杯に対するロシア記事をいくつか読んだ中で、日本のジャッジは海外に比べ、スコアが厳しいところ、
      高い評価だったというのが気になりました。
      確かに園子と百合子のマスク被ってましたね笑

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.