スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

全日本の王者として!羽生結弦が世界フィギュアへの抱負を語る代表会見

皆様、おはようございます。

昨日、全日本フィギュアの結果で世界フィギュア代表発表と会見が行われたので、一緒に振り返ってきましょう。

そして本日はメダリストオンアイス。羽生結弦ら上位選手達が出演するわよ。

TV放送、配信などのスケジュールも合わせて見ていきましょ!

スポンサーリンク

羽生結弦が世界フィギュアへ向けての抱負を語る!代表発表会見

世界選手権代表

男子シングル

羽生結弦
宇野昌磨
鍵山優真

女子シングル

紀平梨花
坂本花織
宮原知子

アイスダンス

小松原美里 / 小松原尊

ペア

三浦璃来 / 木原龍一

スポンサーリンク



――代表入りした感想を

「世界選手権代表に選ばれました、羽生結弦です。今回、世界選手権の代表というのは、やっぱり全日本の王者として行く世界選手権になると思いますので、しっかりと日本代表として、まずは、まあいろんな世の中の情勢ありますけれども、まず日本代表の日本人の1人として、胸を張ってその試合で行動できるようにしていきたいな。その上でいい演技もしっかりとやって、もちろん北京オリンピックに向けての枠も懸かってくると思いますし、全力で自分の役割をまっとうしたいなと思っています

――世界選手権は初めて海外勢と闘う。自分のライバルになりそうな選手、目指す順位は

「はい、まあ、一緒に闘ってみないと実際分からないというのが正直なところです。もちろん基準も、ある一定のフィギュアスケートのルールっていうのはある程度、基準はありますけれども、実際に闘ってみないとその場の空気感とか、その場のリンク、または点数の出方、もちろん基準がまた違ったりもしているんで。まあ、その場にいないと分からないところは、実際に単純に比較はできないとは思っています。え~、まあ、そういう意味でたぶん全日本っていうのは公認記録になっていないわけですし。

で、今回グランプリシリーズ、スケートアメリカとか、まあカナダとかいろいろなくなってしまいましたけれども、でも、それでもう、今回はグランプリシリーズの点数をISUは公認しないと言っているんで。それは単純に比較するものではないと思いますし、僕自身が出したこの318でしたっけ、5でしたっけ、8くらいか、もやっぱ公認であるわけではないので。そこを単純に比較して、自分自身が今、勝っているとか、自分自身がこの順位に立ちたいとか、そういう気持ちは今とりあえずはないです。

ただ、もちろん、ネーサン選手の動向はもちろん気になっていますし。ただ、僕自身がやること、僕自身がレベルアップしていきたいことはそれだけじゃなくて、やっぱり4回転アクセルだったりとか、そもそも、このプログラム自体をどういう風に進化させていくのか、深めていくのかということが大切なんで、まずはそこが一番大事かなと思っています」

――初出場の鍵山へのアドバイスは

「はい。さっきあの、気になる選手いますかとか、どういう風な順位目指したいですかって質問されていた時に、すごいなんか(鍵山が)自分の気持ちに嘘つこうとしていたんで。(鍵山の方を振り返り)そういうことはいらないよって。僕はやっぱり、彼の強さはその負けん気の強さだったり、向上心だったり、勢いだと思っているんで。もちろん、それだけでは勝てないかもしれないけど、

だけど、そこが今の一番の武器なんで。そこは大事に大事に。僕が世界選手権初めて出て、銅メダル取れた時はもちろん、自分にとってものすごく大きな分岐点でもあった。年と、もう、そのシーズン自体がすごく大きな分岐点になったことがあったんですけど。やっぱりあの時の演技は一生、忘れていないですし、あの時のエネルギッシュさとか、あの時にしかできない勢いだったりとか、そういうものであそこの順位に行けたと思っているんですよ。だから(鍵山は)全日本でも優勝したいって言っているくらいなんで、その気持ちは嘘つかないで欲しいし、しっかりその気持ちを胸に頑張って欲しいなって僕は思っています」

――まだまだスポーツの大会は先行きの見通しが立っていないが、スポーツが持つ力をどう考えるか、その上で世界選手権ではどのような演技をしたいか?

「もちろん今回まあ、全競技が終わった上でやはり、全選手できる限りの感染対策をし、あの、もちろん、フィギュアスケーターの中では新型コロナにかかってしまって、あの、まあ今ロシアの、えーっとナショナル、全ロシア選手権とかもやっていたりしますけれども、その中でやっぱり苦しんでしまって出られなかった方とか、逆にそれから復活して頑張っている子とか、もちろんいろいろいると思うんですね。ただ、僕らアスリートとしては、やっぱり後遺症っていうのがある限りは、感染してはいけないと思いますし、それを広げる若い世代にもなってはいけないと思うんです。それは僕たちの責任だとすごく思っています。なので、僕たちアスリートがまずは感染しない、それがなによりも一番だと。

で、今回僕は全日本を、まあ僕がその立場かは分からないですけど、総括して考えてみた時に、選手たち一人一人がもちろんキスアンドクライですぐにマスクをつけて頑張って感染防止をしている選手たちもいましたし、そういう姿を見て、これからも頑張って自分自身も気を付けていこうとか、今回会場に来て下さった方々も含めて、ずっと感染防止に努めてくださっている方が非常に多く見られたっていうのが何よりも良かったと思います。あの、もちろん、

イベント開催ということに関しては、競技会も含めてですけど、やっぱりフィギュアスケートってエンターテイメントな部分がかなり大きいと思っているので。そういうことに関しては感染拡大のリスクは、やっぱりあるとは思うんです、ただ、これを見た時に、これをきっかけに、これからさらに感染が拡大しないように気を付けようっていう風に思ってくださる方がたくさんいらっしゃったのが、僕は本当にあの、全日本選手権、全日本フィギュアスケート選手権っていうものが開催されてよかったなと思うのと同時に、これから世界選手権がどうなるか分かりませんけれども、僕らこのメンバーでしっかりとその姿を、世界にも、日本にも見せていかなきゃいけないんだなっていう風に思っています」

スポニチより一部引用

世界フィギュアが開催されるかも不透明な中で、しっかりとその想いを語ってくれた羽生結弦。

まずはアスリートが感染しないことが何より、そしてこの全日本での感染予防対策なども世界に示していきたいと。

どの言葉を切り取っても、彼の考え方はいつでもフィギュアだけじゃない様々な事を教えてくれるのよね。

ここまで視野が広く、全体のことを考えているスケーターってそうそういない。

そして、鍵山に対しても嘘はいらないと、自分が経験してきたその世代だからこその勢いであったり、負けん気であったり、

そうしたものを素直に出せるように、そっと諭すように促したり。

「4回転半というとても険しい壁、手すりとか何もないんじゃないかなというくらい高い壁。だけど、幻想のままにしたくない。絶対に自分の手でつかみ取ってその壁の先の壁を見たい。それだけが今、この世の中で自分がスケートをやれる理由かなと思っています」

自身の唯一の目標である4アクセルをこれからも追い求めていってほしいし、

その未知のジャンプが完成された時に、最高の喜びと共に、もうやり残したことがないという寂しさが同時に来るのではと考えると、

成功はしてほしいけれど、、、すごく複雑な気持ちになってしまうのよね。

これからもしっかりと彼の演技は目に焼き付けていきたいわ。

本日のメダリストオンアイス出場選手とTV配信スケジュール

男子シングル

羽生結弦(全日本優勝)
宇野昌磨(2位)
鍵山優真(3位)
田中刑事(4位)
佐藤駿(5位)

本田ルーカス剛史(全日本ジュニア優勝)
三浦佳生(2位)
三宅星南(3位)
中田璃士(全日本ノービスA優勝)

女子シングル
紀平梨花(全日本優勝)
坂本花織(2位)
宮原知子(3位)
三原舞依(5位)
河辺愛菜(6位)

松生理乃(全日本ジュニア優勝)
吉田陽菜(2位)
島田麻央(3位)
柴山歩(4位)

アイスダンス

小松原美里&小松原尊(全日本優勝)

吉田唄菜&西山真瑚(全日本ジュニア優勝)

12月28日(月)

【フジ地上波】

15:45~17:43
メダリストオンアイス(生放送)※関東地区ほか

【FODプレミアム】

15:00~17:45 メダリストオンアイス

↓おすすめはFOD初回2週間無料トライアルで。↓


メダリストオンアイス、羽生結弦はどんなプログラムで来るのか楽しみよね。

フジ地上波は途中からの放送になるので、FODプレミアムでの視聴がベストかしらね。

全日本フィギュアで気になったその他の選手や、同時開催していたロシア選手権についても、

これからしばらくまたフィギュア砂漠期になってしまうので、少しづつお話していけたらと思うわ。

それでは皆様、今年もあと残り4日。どうか素敵な毎日になりますように、、、

スポンサーリンク


最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ、下のブログランキングバナーをクリックして下さると励みになります。

【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つポチっとお願い致します。

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. ライトファン 2020年12月28日 8:55 AM

    おはようございます!オネエサマ、サロンの皆様(^^)
    オネエサマ、書き起こしお疲れ様です。なかなかニクい内容ですね(^^)
    私は、今回のノーカン問題、織田さん、無良さん、小塚さんなど、最近まで現役をされていた方たちが、疑問を公式メディアで発信したことに、拍手を贈りたいと思います。
    まだまだ、国内の関係者はヘタレが多い中ですよ。
    海外の識者も議論が加速しそう。皆で注視!ですよね。
    あと、私は応援したいです!!

    必ずや技術部隊の援軍が参りますから!
    ペンペンペンペンッ♪←琵琶の音。

  2. ゆきっちょ 2020年12月28日 9:28 AM

    あとはエキシを残すのみですが、FODとCS放送はお勧めです。
    ジャッジ側のセンターのカメラアングルだけを使用して
    上半身アップなどなく、常に全身が映ってる状態で見れるのはストレスフリーですね。

    羽生君の凄さは多くの人達が触れてるので、私が言うまでもないので省略しますが
    他に印象が残ったのは、宇野君が精神的に成長したコメントができるようになり、
    平昌時と比べて彼自身の立ち位置を把握してもっと頑張りたいとファンに伝えくれた事です。

    試合の方で気になったのは、ネイサン仕様改悪ルールの影響か?
    羽生くん以外は、ジャンプの入り出に工夫している人達が少なく、スカスカな印象を
    受けた男子シングルでした。
    再来シーズンのフィギュア界が抜け殻にならないようISUには自浄を望みます。

    • オネエ 2020年12月28日 8:27 PM

      >ゆきっちょ様

      ゆきっちょさん、こんばんは!
      ユヅの演技がとても心地よく感じるのは、あの濃い繋ぎをいかに難しく見せずに、自然な流れの中で緻密で繊細さが凝縮されているからだと感じています!

      • ゆきっちょ 2020年12月28日 11:40 PM

        そうなんですよ。シングル版パパシゼみたいでエアリーなのがまたいい♪
        エテリの所も繋ぎモリモリなんですが、メドべがクリケ移籍当初は
        「最初のスケーティングレッスンでは凹んだ。ロシアではジャンプばかりやってたので」
        と言ってたらしいので、もっと基礎強化に時間を割けば宇宙人が何人も出てくるのに
        あ、コス美は例外ですよ。早く戻って来いコスコス

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.