スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 紀平梨花 羽生結弦

投稿日:

また煽りが始まったわ!4回転ジャンプばかりに特化する日本のメディアって?

皆様、こんにちは。

全日本フィギュアが終わり、18年ぶりに紀平梨花が4サルコウを成功させてたことで、ロシアメディアも

自国の選手達のライバルだと騒ぎ始め、日本メディアも「4回転に特化」させた煽りを例によって始めたわね、、、

そしてメダリストオンアイスで羽生結弦と紀平梨花が観客を喜ばせるために、片手側転のコラボを披露したわよ。

スポンサーリンク

日本メディアの煽りが始まったわ!4回転に特化した話ばかりはやめてほしいわ

スポンサーリンク


紀平梨花は「シェルバコワの主要なライバル」 露メディアも“日露女王対決”に注目

ライバル国メディアが特集「キヒラは唯一無二のチャンピオンに」

フィギュアスケートの全日本選手権は27日、長野・ビッグハットで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位だった紀平梨花(トヨタ自動車)が154.90点、計234.24点をマークし、2度目の優勝を連覇で飾った。安藤美姫以来17年ぶりとなる日本女子2人目の4回転ジャンプに成功した18歳にフィギュア大国ロシアメディアも注目。ロシア選手権で3連覇を飾ったシェルバコワのライバルになると注目している。

3回転アクセルに続き、4回転サルコーという新たな武器を手にした紀平。代表に内定した世界選手権(スウェーデン)でもメダル候補として脚光を浴びている。

キラ星のごとく新星が登場するロシアとっても、紀平の存在は脅威のようだ。ロシアメディア「sportsdaily.ru」では「キヒラ――2021年世界選手権におけるシェルバコワの主要なライバル」と題した記事で特集を組んでいる。

「彼女は唯一無二の達成とともに日本のチャンピオンになった」。こんな書き出しで始まった特集では、ロシア選手権と同じタイミングで行われていた、全日本選手権の結果にも注目していた。

「同じ期間に2つの重要なフィギュアスケートの国の選手権が行われた。一番強いスケーターがロシアだけではなく、日本でも決定した」とし、過去10年世界選手権の女子シングルで両国がいかに多くのメダルを獲得したかに触れている。

1位ロシア(9個、金4、銀2、銅3)
2位日本(8個、金3、銀2、銅3)

4回転ジャンプ習得は「シェルバコワに戦いをしかけるための申請書だ」

こうしたデータを紹介。そして「2021年の全日本選手権の女子シングルの覇者にリカ・キヒラがなった。18歳の彼女にとってこれは2年連続の優勝である。そして“たった”2つ目のチャンピオンの称号とは言わないだろう。サトコ・ミヤハラ、カオリ・サカモト、ワカバ・ヒグチ――日本における競争のレベルは、もしロシアの現実に劣るとしても、ほんの少しだ。だから余計に今回の勝利はキヒラにとってより貴重なもので、新年の本当のプレゼントである」と日本の現状を考慮しつつ、紀平の優勝の価値に触れている。

さらに続けて、「キヒラは自身のキャリアにおいて初めて大会で4回転ジャンプを成功させた! もしキヒラが以前は、トリプルアクセルを素晴らしく跳ぶことによって勝利を得るスケーター、エリザベータ・トゥクタミシェワの日本バージョンだったとしたら、今はその彼女の武器にさらに4回転サルコーが加わったことになる。そしてこれはすでに2021年の世界選手権でシェルバコワに戦いをしかけるための申請書だ。シェルバコワとキヒラはその国のチャンピオンとして世界選手権に実際に出場する」とシェルバコワ×紀平のバトルにスポットを浴びせている。

新たな武器を手にした日本の女王との対決に、フィギュア大国メディアもイメージを膨らませているようだ。

THEANSWERより一部引用

紀平梨花の全日本フィギュアでの4サルコウの成功は、とてもインパクトのあるもので、

ロシアメディアも早速食いついてきたわよね笑 フィギュア大国で注目されること自体は非常に良いことだとあたしは思うわ。

でもね、日本のメディアが便乗して、「クワドジャンプ」の勝負と、ジャンプばかりに特化して煽るのは、

今後彼女が国内大会などをこなしていく上での大きなプレッシャーや負担にならないか心配よ。

メディアは必ず次の大会では「出るか?4サルコウ?」と煽ってくるでしょ。

あたしは今大会の4サルコウは、満を持して、彼女が演技のトータルバランスの流れの中で決めたジャンプのうちの1つだと認識しているわ。

もちろんすごいジャンプよ!

でも彼女の良さはここじゃない、演技全体のバランス、苦手なジャンプを持たずに、ひとつひとつの技、ステップ、スピンと

どれを取ってもオールラウンドにこなしていける力があるのよ。

日本のメディアにはここをもっと強調してほしいぐらい笑

まだ北京五輪がどうなるか、先行きは見えないけれど、紀平梨花のライバルはあたしは今でもコストルナヤだと思っているし、

もしかしたら五輪が延期されるようなことがあれば、

シェルバコワ、ワリエワ、さらにその次に控えている世代が本当のライバルになっていくかもしれないしね。

日本のメディア、そしてスケ連は彼女を大切に育てていってほしいわ。

羽生結弦と紀平梨花が「片手側転」コラボをフィナーレで披露!

紀平梨花は、片手側転が今季ショートの代名詞になってきているわよね。

メディアが切り取るのはどうしてもこの部分のみだけど、

演技全体の中の流れでステップが始まる前の素晴らしいアクセントになっていることもぜひ強調して頂きたいわ笑

観客を喜ばせるために、事前に二人で打ち合わせいたのね!

全日本フィギュアで優勝し、ますますメディアは彼等に注目していき、今回のように煽られることも多くなっていくでしょうけど、

スケ連にはあまり期待できないので、どうか身近な方々がしっかりと守っていって頂けたらなと思うわ。

スポンサーリンク


最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ、下のブログランキングバナーをクリックして下さると励みになります。

【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つポチっとお願い致します。

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート, 紀平梨花, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. 燦太 2020年12月29日 8:13 PM

    自分は紀平梨花の音の取り方が素晴らしいと思います。
    全ての動きが音楽と合ってるんですよね~!
    音に合わせられる体力がすごいなぁ~!
    とも思うんですよ!
    そこにショートとフリーで3Aを3本、4Sを1本、4Tを1本…

    しかしロシアのメディアが正確な分析してやがるぜ!!
    「ロシアの現実に劣るとしても、ほんの少しだ」
    これって日本人スケーターの、しっかり伸びのある美しい滑りを脅威に感じてる証拠かなと思えてならんです。
    坂本の加速の力強さとスピード感、知子ちゃんの情感溢れる表現力、そしてステップ!
    日本のトップ12は、スピードと伸びがある滑りが素晴らしいと思いました。
    そう言えば、イタリアの記者が
    「宮原知子をパートナーは誰でもいいのでペアでの滑りを見てみたい」
    って書いてますが、どんな意味だろ?
    誉めてるのは間違いない様ですが

  2. 燦太 2020年12月29日 9:14 PM

    あっ!!
    オネエ様! 今日深夜、地上波でニューシネマパラダイス放映しますよ!
    自分は見ませんけどね!

  3. ゆきっちょ 2020年12月29日 10:29 PM

    シェルバコワと紀平を比較するのはちょっと違うんじゃないかな?>ロシアメディア

    紀平さんは見ている者がビデオでスローやストップをかけなくても明確に
    飛び分けを見分ける事のできるルッツとフリップ。
    そしてスケーティングスキルで同格なのは今の所コス美だけ。
    パフォーマンスは進歩の余地があるのと重要な試合でミスをしやすい
    弱点はあるとは思いますが・・・。
    紀平さんの売りはやはりトータルパッケージでしょう。

    みどり時代から思ってますが大技にこだわる記事を書くのって
    決まって新聞とTV、通信社なんですよね。
    フィギュアがたいして好きでもないのに仕事で取材するから、自社の過去記事を
    テンプレにするのかしら?

  4. マダム こむらさき(小さなボムシェル投下かも、、、) 2020年12月29日 11:48 PM

    あまりにもご無沙汰のコメお伺いでございます。でもずっとおネエ様のこちらにはお邪魔しておりました。数回こむらさきとは名乗らずに思わずコメしたことも(ご存じの様に)。今回の紀平さんのオールラウンダーとしての美しく柔軟な強靭な演技には素敵な楽曲のCHOICEも相まってただただ見惚れましたし、こんな困難な現状の時代に於いてスイスで粘り強くTRAINING続けてきた18歳のリカちゃんの内面の成長が頼もしく、おネエ様指摘の無責任で安直な4回転煽りばかりのマスコミにはウンザリです。また、皆様と同様、羽生結弦さんの、言葉には簡単に表現不可能な演技そして人格の崇高さとも思ってしまう純正な言葉と態度の数々。ホントにこの国の(まつりごと)をやっている(つもり)の政治屋!サンどもに、ゆづ君の爪の垢でも飲んでほしいくらいです。それから、これからこの私メが貴重なおネエ様のコメ蘭を拝借して書かせて頂く内容ですが。。。。没にして下さっても勿論構いませんので。。。。。あれから約3年位経ったのでこうして書かせて頂く気も気持ちになりまして。
    それはこちらのコメ蘭に私が書いたことに対して、このランキング上位のあるブロガーが、吐き気がする、いい年をしてこんなところにちょくちょくコメ書きして、他にやることがないのか。と要点縛るとこういうことをブログUPしたのですわ。何故これが私に対してなのかわかるの?と言われるかも知れませんが、虐めを受ける身にはね、そりゃ分かります。確かに私もオネエさまの寛容さに甘えてアホなこと書いてたしなあと、自覚もありましたが、しかし 吐き気、いい年して他にやることがないのか、というのは、HEY!私という人間の何を知ってるっていうの?!という怒りが込み上げました。同時に実にイヤーーーな気分に陥り、そうか、では3年待とうと思ったのですわ。冷静になるまでね。で、今年のこのコロナPANDEMIC年末!になったというわけ。おまけにこのブロガーサンどしたものか、近頃はランキングが上位3位から下にいってるという、、、タイトルいう訳にはいかず、でも万が一奇跡的に!GEUSSして誰だ推測してそれが鯨飲でRANKING下方したら大変だどとも懸念していたのですが偶然にも下降されていかれた、、、ということもあり、今年中にこちらに告白させて頂くことに。。。。私が一つ協調したいのは羽生選手を尊敬、礼賛 彼の考え方を理解して支持しているからこそのここのブロガーさんなんですよね?少しお調子者の〈イイ歳〉したシニアをこのような場所で一方的に(虐め)をして、、肝心の羽生選手に対してどういう顔向けが出来ますか?羽生さんが最も嫌う行為だと思いますよ。もう一つ私の体験談を。札幌N杯でのこと、彼の優勝で最後にリンクを周回したとき熱狂ファンがリンク最前にわーーと走り、私も行ったのですが何とか前に隙間あって、わたしの後ろで残念そうなお顔の女性がいたので、(どうぞ、体を斜めにすればはいれますよどぞ)と、それで彼女も斜め姿勢で前でまじかに羽生さんを見ることが出来て!しかしその方が後で言ったお話には本当に悲しくなりました、(はじめ何とか前にいけそうだったのに陣取っていた女性たちが、痛い!痛い!と、私が押してもいないのに、、、、それで自分は傷つぃて、、羽生さんのファンの人たちってこんな人たちもいるんですね、、、)と。札幌近郊の方で、今日はご主人が子供のお守してるから行っておいでといってくれた、。でも席のお隣の女性は笑顔で挨拶しても物の怪につかれた様に無言、そして大きなお守り袋を出だして独り言を唱えていた、、とか、私は笑ってしまいましが、その方は 自分はもう観戦には来ないと言っていました。私自身も海外感染で非常識極まりない羽生ファンによる嫌な体験ありますが。。。一番ゆづくんから真逆な考え、態度、行為、悲しいです。勿論素敵な素晴らしいファンの方もいらっしゃるのは事実でもありますが、、、?長文、本当にごめんなさいおネエ様の寛容さに甘えてます今回も!!

    • オネエ 2021年1月1日 1:23 PM

      >マダムこむらさき様

      マダムこむらさきさん、お返事が遅くなり申し訳ございません。大変ご無沙汰しております。こむらさきさんが以前コメントをくださったのは、私がお黙り小塚崇彦と書いた頃でしたね。
      私は他のブログはあまり見ていないので、何が起きているのか把握できていないのですが、もし非難される事があろうとも、自分という人間について何を知っているのか?というこむらさきさんのご意見に強く同意します。と同時に、何も気にされずにいることが一番なのかなと。せっかくここを通してこむらさきさんとも出逢えたので、このご縁を大切にしたいと思っています!一緒に前向きにいきましょう!

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.