スポンサーリンク

スポンサーリンク

ザギトワ フィギュアスケート 紀平梨花

許せないわ!過熱するファンとスルツカヤの新時代論争について

更新日:

ロシアの女王として長年君臨した、

イリーナ・スルツカヤ。

イリーナ・スルツカヤの軌跡はこちらを読んで頂戴!

彼女はグランプリファイナルに
ついて言及。
その発言内容が、
大きな波紋を呼んでいるのよ。



 

技術的にはザギトワは
もう一番ではない。

彼女のアドバンテージは
オリンピックチャンピオンで、
いくつかの点で見過ごしてもらえること、
でもそれは長く続かないわ。

あたしはね、
これはスルツカヤから見た、

あくまで個人としての意見

と捉えているのよ。

彼女の発言が正しいか間違ってるかなんて、
誰にも決められないのよ。

フィギュアスケートって
十人十色。

感じる方の感性によって、
様々だと思うのよね。

だから面白いし奥深い魅力があるのよ。

もちろん何を言うのも許されるのか!?
ってこともあるわよ。

16歳の少女にこの発言は酷だって、
意見が多く出ていると思うけど、

あたしたちが想像している以上に、
大きな目に見えないものを背負い、
国の威信をかけて日々頑張っている彼女に、

まだ幼いからって
言葉は失礼なんじゃないかなって。

覚悟を決めて、

厳しい世界、
本当に厳しい世界よ。

その中で命を懸けている彼女達は、
本当に立派だし、

あたしは一人の人間としてのリスペクトは
どの選手に対しても持っているつもりよ。

スルツカヤもザギトワを
一流のアスリートと、

認めた上での発言なんじゃないかしら?
って思うのよね。

むしろ、ジャッジの不透明な採点は
フィギュア界全体において言えるはず。

たった一度の試合でつまづいたからって、
それだけで女王崩壊だとか、

そういうのを軽々しく
口にするのがどうかしてるわ!

どうして長い目で、
見守ることができないのよ。

発言がエスカレートして、

スルツカヤとその子供まで
死んでおしまいみたい!

こんな事を平気で言う
過熱するファンまで
出てきているのよ。

同じ人間としてすごく悲しいことだわ。

命を粗末にするんじゃないって!

声を大にして言いたいわ。

この発言をした輩に、
往復ビンタ食らわせてやりたいわよ。

命を懸けてリンクに、
みんな上がっているのよ。

スルツカヤも大病を抱えながら、
わたしたちに生きる勇気を示してくれたわ。

そんなことを発言する輩に
本当のファンだなんて言う資格ないわ。

SNSが便利な世の中で、

スルツカヤの意見は違うと思います、
わたしはこう思います!

ではどうしてダメなのよ?

フィギュアスケートは
言葉の暴力を助長するような

ものなんかでは
決してないはずよ!

スルツカヤは続けて、

キヒラは新しい
スタンダードを課した。

自分のプログラムをミスなしで
きれいに滑っても、
いずれにしろ紀平に届かない。

新しい何かを考え出すのが
必要不可欠。
それか後ろでとどまっているか、、、

 

締めくくりとして、
彼女は、

彼女のシニア参戦によって、
フィギュアスケートを見るのが
とても面白くなった。

我々ロシアの女子スケーター達に
とっても相応しいライバルが
現れたと言えます。

紀平は彼女達を神経質にさせるし、
彼女達は付加的な重圧と責任を
背負うようになります。

そう、これはもう本物の戦いよ!

4回転、トリプルアクセルと言った技術、

そして卓越した表現力、

この二つを兼ね備えた実力者が、
これからの女子フィギュア界を
引っ張っていくのは
間違いないわね!

どのようなドラマテックな展開が
北京オリンピックで待ってるのか、
楽しみで仕方がないわよ。

ザギ子も上向きなさいよ!
もっと強くなれるんだから、あんたは。

北京オリンピックに心ときめく
紳士淑女の皆様、下のランキングバナーを
ポチっと押して頂戴!

スポンサーリンク

アナタの清楚な人差し指のポチでアタシの順位を押し上げて頂戴!

↓↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑

ここをクリックでオネエパワーがアップ!!

スポンサーリンク

-ザギトワ, フィギュアスケート, 紀平梨花

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.