スポンサーリンク

スポンサーリンク

エリザベータ・トゥクタミシュワ フィギュアスケート

投稿日:

コーチの暴力が衝撃すぎる!ロシアファンらが解雇と生涯資格停止を訴える

深夜の速報ニュースで、コストルナヤがエテリグループに復帰したことがロシア「チャンネル1」で発表されたわね。

けれども、今朝はロシアで大問題となっているコーチの暴力のお話をさせて頂きたいわ。

教え子の少女を、首元を掴んで投げ飛ばす衝撃映像が波紋を呼んでいるのよ。五輪元金メダリストも声を上げて怒りをあらわに。

そしてコーチと長い信頼関係を築いているトゥクタシェワの独占インタビューの一部もご紹介していくわね。

スポンサーリンク

コーチの暴力が衝撃すぎる!ロシアファンらが解雇と生涯資格停止を訴える

 


 

「誰にも子供に暴力を振るう権利はない!」

ソチ五輪ペア金メダリスト、タチアナ・ボロソジャル(マキシム・トランコフ氏の奥様)が、

モスクワのあるスケートスクールのコーチが、トレーニング中に教え子の少女の首元を掴み、氷の上に投げ飛ばした衝撃映像について怒りをぶちまけた。

映像は、この少女と同じ学校に通う母親によって記録されたもので、コーチが少女の首元をつかんでから乱暴に突き飛ばし、氷の上に飛ばされる様子が映し出されている。

非道な瞬間をカメラに収めたショックを受けた母親は、スクールの経営陣にそれを見せ、そのコーチを解雇するよう要求した。

スキャンダルが明らかになるにつれ、子供達がコーチの手でさらに荒い扱いを受けていることが明らかになった。

罵ったり、彼女の指令に従わなかった場合に体罰をしていたと。

名前が明らかにされていない女性コーチは、すでにプロ意識の欠如のために2週間の停職処分を受けたが、苦情があったにもかかわらず、仕事に戻ってきた。

ロシアのフィギュア界に衝撃を与えたこの事件で、多くの有名選手がコーチの酷い体罰を非難の声を上げているが、スクール側からはまだコメントが出ていない。

ボロソジャル氏は、コーチが子供たちに暴力を振るう権利はなく、このような非道な行為の言い訳はできないと強調した。

「フィギュアスケートは非常に自制心と規律を必要とする過酷なスポーツです。しかし、誰も子供に暴力を振るう権利はありません。それは問題外です!」

と自身のインスタグラムに投稿した。

「コーチは厳しいかもしれないが、体罰とは何の関係もない。暴力を振るったコーチは、これ(体罰)が彼女のトレーニング方法であると報告しています。これらは方法ではなく、これはプロとしての資質の欠如であり、子供たちと一緒に仕事をする能力の欠如である」と彼女は付け加えた。

この動画はネット上で広く共有され、ロシアでは騒ぎになっており、ファンはフィギュアスケート上層部にコーチを解雇するだけでなく、彼女のコーチ資格を生涯停止にするよう求めている。

※出典・参照:RT


 

まず、コーチが教え子の少女に暴力を振るっている動画を見て絶句したわ!

ねえ? いい大人が、まだ小さな少女に一体何をしているの!?

ロシアではこんな酷い暴力が横行していないわよね?このオンナがいるスクールだけが異常なだけよね??

そして保護者がいる目の前で平然と暴力を振るう。

しかもポケットに手を突っ込んだまま!なんてふてぶてしいオンナ!!

こんなオンナ、問答無用で生涯リンクへ出禁にしてしまいなさいよ!!!

なんでこのスクールの上層部は、たった2週間の停職処分でまたリンクにコーチとして戻したの!?甘すぎるわ!

恐らく苦情がなければ、そのままスルーしていたでしょうね。

おまけに、体罰がわたしの指導方法です!と居直ってる始末。

こんな日常茶飯事に暴力を振う輩は、全く反省もしていないだろうし、どうせ同じことをまた繰り返すわよ。

これ大至急スクールにスケ連が調査に入って厳重な処罰を課した方がいいでしょう。

まだ小さな子達が、スケートを一生懸命習おうとしているのに、首元掴んで投げ飛ばす!?

一生のトラウマになるわ、こんなの。

いくら幼いとは言え「人」として見ていない。

いまコーチへの移籍が問題となっているけれど、

コーチと教え子の間での「信頼関係」こそが大切な繋がりだと思うのよ。

ただ自分の思い通りにならないから、まるで所有物のように扱って、気にくわないと投げ飛ばす。

どこに愛情があるの?そこに信頼関係は生まれる!?ただの憎しみと傷しか残らないわ。

ロシアはドーピング、移籍問題、そして暴力と、もう次から次へまたか!というぐらいトラブルが絶えないわよね。

ソチ五輪ペア金メダリストのボロソジャルが声を上げてくれた。

金メダリストという影響力のある方達が、どんどん声を上げていってほしいし、世界中のフィギュアファンが知るべきことだと思うわ。

今回スクール側はなかったことにしようとしているけれど、決して闇に葬ってはいけないのよ。

一人でも多くのスケートを学ぶ子供たちが、心からスケートを愛して成長していってほしいわ。

NEW!3月13日発売

☆フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2021 シーズンクライマックス

[独占インタビュー]
羽生結弦「絶対王者の証」

[全日本選手権レポート]
羽生結弦「プログラムに思い込め、圧巻の王座奪還」他、、、

↓ご予約はこちらよ↓

現在羽生結弦ダイアリーは予約品切れ状態よ。

突然再販したりすることもあるので、こちらから在庫状況を常にチェックして頂戴ね。

楽天ブックス・Amazon・セブンネットショッピングの3社で取り扱い中よ。

スポンサーリンク

トゥクタミシェワ「わたしはオリンピックに行くことを夢見ています」

朝から重い話になってしまったので、ぜひ15年もの師弟関係が続いている、トゥクタミシェワとミーシンのお話を少し。

彼女の独占ロングインタビューから気になったところだけを一部ご紹介していくわね。


 

ーライバルを知っていますか?

ロシアカップでは14~15歳の選手が表彰台を独占していたわ。今は年齢の関係で世界選手権には行けないが、来年は直接のライバルよ。

若い選手が勝っているのも、スポーツが変わってきた証拠よ。デメリットよりもメリットの方が多いわ。フィギュアスケートは前に進み、進歩を止めることはできない。そこへの関心は多くの国で絶えず高まっているんですもの。

そして、今日までいろいろなことが変わってきということが私にはよく見えているのよ。

ーアレクセイ・ミーシンはあなたのことを「20歳以上のすべての女性スケーターへの道を照らす自由の女神」と呼んでいました。事実、あなたと一緒に始めた人はみんな、ずっと前に引退しています。でもあなたはまだまだ難しい要素をこなしていますね。それはトレーニングなのか、才能なのか、ランクに留まりたいのですか?

すべてよ。スケートの技術はもちろん、ミーシンが教えてくれた優れたテクニックも大切なの。15年近く一緒に仕事をしてきたけど、その間にお互いのことが一目でわかるようになったわ。

振付師、チームのスペシャリストの方々にも大変お世話になっているわ。自分の能力も重要よ。例えば、3Aの動きは幼い頃に覚えたもの。

ー大事なファイナルの直前に、MAXIM誌でのセクシーな写真撮影がありましたね。写真は綺麗ですが、スポーツとヌードは相性が悪いのが気になりませんか?

何事もほどほどが良いのよ。例えば、スチュワーデスの格好をして、ジャケットを脱ぐナンバー(TOXIC)は、お客にも好評だったわ(笑)。

写真撮影については、自分のため、自尊心のためにやったことだし、誰にも何かを証明するつもりはない。私は批判も予想してるけど、このような状況では議論しても無駄だと経験上知っているのよ。

誰にでも意見はあるし、私の考えと必ずしも一致するわけではないもの。自分を愛し、あるがままの自分を受け入れ、あまり雲の上の理想を目指して努力しないことが大切だと思うわ。

ー世界選手権に戻ろう。ストックホルムでは、ヨーロッパ選手権で金メダルを獲得した2015年と同じ会場で競技を行います。良い兆候?

2年前、私は感情的に、「私は戦いをやめないで、私は戻ってくるだろうと」書いたのよ。 そして、私は戻ったわ!私にとって幸運だったアイスアリーナで、再び幸運が訪れることを願っているわ。結局、今度の選手権では、2022年に北京で開催される冬季五輪の出場枠も決定することになる。私は隠れないし、五輪に出場することを夢見ているのよ。だからこそ、ストックホルムでの大会に向けて、これからも全力で準備をしていきたいと思います。

※出典・参照:SPB.AIF.RU


 

このインタビューを読んだ感想は、「エロス、かっこええ!」(笑)

・若い世代の活躍も、変わりつつあるものも、フィギュア界全体をでっかい視野で見据えてる!

・大切な競技前にセクシー写真が出ようが、批判なんぞ気にせず、ゴーイングマイウェイ!肩の力を抜いて自由に生きてる!

・2年前に代表選考で落ちた時に「あたしは必ず戻ってくるわ!」を有言実行したエロス、ドラマティックでカッコ良すぎる!

以前のインタビューで彼女はミーシン氏との関係についてこう語っていたのよ。

私たちの関係をどう表現すればいいか分かりませんが、間違いなく信頼で満ち溢れています。一人のコーチと長年練習してくれば、彼を信じずにはいられなくなります。そのため、今は温かく敬意に満ちた関係にあります。

アレクセイ・ミーシンは私を信じ、私を指導するのが好きだと分かります。コーチを変更することが私にはわかりません。なぜならアレクセイ・ミーシンは最高だからです!

なんかふたりの写真を見ているだけで、そこに言葉は不要だわね。

お互いの「信頼の深さと温かい敬意に満ちた関係」。これこそが選手をのびのびと育て、一人の女性としても大きな成長に繋がっているのよね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

いつもブログランキングバナーの応援クリック、心から感謝しています。

励みになっています!

清楚な人差し指で、1日1回応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-エリザベータ・トゥクタミシュワ, フィギュアスケート


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. 燦太 2021年3月7日 10:21 AM

    やはりこのニュースを取り上げましたね!
    映像を見ると、ヒステリーを起こしてるオバハンにしか見えません!
    最近、ヒステリーって言葉も耳にしなくなりましたが…
    何を教えようとしてこうなったのか?
    ちょっと酷いですね。

    • オネエ 2021年3月8日 3:08 PM

      >燦太様

      燦太さん、こんにちは。
      いち早く反応しました。このコーチがその後、どのような処分になるのかも
      続けて報道してほしいですね。スクール自体がおかしくないですか?

  2. てんこ盛りパフェ 2021年3月7日 11:35 AM

    昔、悪さした猫をこんな風に首筋摘んで部屋から追い出してましたよね〜。
    猫と人間の体格差だからできる事で、まさかいくら小さな子どもと言えど、首筋持って放り投げられるとは今の今までで知りませんでしたよ(+_+)
    片手でヒョイ。ホント〜に手慣れてますね。今ずーーっと日常的に繰り返してきたってことですよ。
    きっと本人は2週間の停職処分すら、何が悪いの?ダメな生徒の親に限って煩いのよね!くらいにしか思ってなかったんでしょうね。もっと酷い事もいっぱいしてたみたいだし。

    都築先生の話からも、子どもたちにとって「最初のコーチ」がどれだけ重要かを知ったからこそ、より一層怒りが湧きます。
    クラブには隠蔽させず、コーチも実名公表しなきゃ。チャンと反省して変わる可能性ってどれくらい?別の場所に移って同じことを繰り返すんじゃないかなぁ?

    • オネエ 2021年3月8日 3:10 PM

      >てんこ盛りパフェ様

      パフェさん、こんにちは!
      わたし猫でさえ、首筋掴むのはなんかできなくて、
      抱きかかえたら、引っ掻かれる始末、、、
      そんな話はさておき、さらにひどい体罰を日常的にしていたようですね。
      名前を公開してもいいんじゃないでしょうか?

  3. 杉姐 2021年3月7日 12:41 PM

    てんこ盛りパフェさまが言われるように、人間が猫を放り投げてるような写真です、
    でも、(私が猫をずっと飼っているせいもありますが)猫犬にもそんな振る舞いするのは許せない。
    私は大学は体育会剣道部出身ですが、体育会ではだいたいキチガイじみたしごきがあります。それゆえ体育会出身はだいたい大人で剣道やめてしまうのです。
    逆らえない力に投げ飛ばされるのは、本当に怖くトラウマになります。 
    私も故意に吹っ飛ばされ、脳震盪起こしたりしたので。
    相手が悪魔に見えました。 
    集中出来ずどんどん弱くなっていきました。そして、ご多分に漏れず大学卒業と共に、いったん辞めました。 
    剣道を再開出来たのは、高校時代の恩師が見守ってくれて、再開を勧めてくれたからなのです。
    そんな経験からもこんなコーチは、スケート界から永久追放されるべきと思います。

    話変わり、エロスが今回のワールド決定で脚光を浴びて嬉しい。
    ミーシンと15年ですか。そういう長いスパンで信頼して師弟関係を続けてスケートでも花を咲かせられるのは、もちろんエロスの努力や才能があっての事ですが素晴らしいですよね。
    エロス輝いてます。

    • オネエ 2021年3月8日 3:12 PM

      >杉姐様

      わたしが学生の頃、運動部に所属していたので(ちなみに女バレ笑)
      水は飲むな!とか厳しい指導がありました。いまでは水分補給は欠かせないですものね。
      小さい子に体罰を与えるのって、その後もずっとトラウマのように残っていくものです。

  4. TonTon 2021年3月7日 12:51 PM

    まさにオネエさまのいう、トラウマ化、必至だわ!
    身体的に大きなケガを負わないのは分かる。
    ブレードが氷の上でうまく滑ってあたりはそれほどきつくないでしょう。
    でも、子供にも自尊心があります。
    それが傷ついちゃうと思うんです。

    教えられた側、特にそれがまだ幼い子供で、なにか上手くできなかった時、
    必ず理由があります。それを見抜いて、技術的なハードルを一つ一つ越えられるようにしてやるのがプロの指導者だと思います。

    癇癪をぶつけても上手くなるわけないですよ。

    とはいえ、昔は日本でも体罰つきで指導していたようですね。
    佐野稔を指導していた時の佐藤信夫御大は常に竹刀を片手にしていたとのことだし、
    荒川静香を指導する長久保先生も静香がうまくできないと、身体ごと静香にアタックしていたみたいだし笑
    でもいずれもこの映像の子よりはるかに大きくなってからのはずです。

    小さな子は自分の思いや心を上手く言葉で表現できませんので、
    下手に傷つけたりしないよう細心の注意を払ってほしいですね。

    • オネエ 2021年3月8日 3:14 PM

      >TonTon様

      親御さんが見ている前でよくやるな!と思いました。
      見ていないところではもっと酷いことしてそうですね。
      今では時代が変わり、昔のような指導法xでは通用しない部分がありますね。
      信夫氏が竹刀って!有香のケツひっぱたたいてたのかしら!?

  5. おばちゃん 2021年3月7日 3:24 PM

    ショッキングな映像ですね、コレは体罰と言うより1人の人間に対峙している扱いが雑過ぎて、指導者にはあり得ない行為です。小さな子供は何故違うか注意深く指導してあげないとわからない部分も多いと思いますが、今回のは体罰、野蛮なコーチかと思います。

    エロスのインタ、カッコイイわ〜!
    長く現役で努力してきたものが身に付いて、言葉も誠実でクールね(^.^)
    そしてミーシン爺、歴史の荒波を生き抜いてフィギュアの全てを知る、稀有な存在かと思います。どうかお元気で、美しいフィギュアの智慧を伝えて下さい!
    (タラママはヒスりすぎ笑)
    時々に見かける羽生くんへの絶賛のメッセージも嬉しい♡

    • オネエ 2021年3月8日 3:16 PM

      >おばちゃん様

      おばちゃんさん、こんにちは。
      体罰というよりも虐待といってもいいんじゃないでしょうか?
      エロスのインタ、ほんとかっこいいですよね。
      自由な中にも彼女なりの考え方やポリシーが垣間見えて、
      すべてのスケート人生を謳歌しているように見えました!

  6. ひなた 2021年3月7日 9:43 PM

    6分間練習なんか可愛いくらいに混雑したリンクで無雑作に放り投げるって……(絶句)
    リンクにいるすべての人間が2枚の重く分厚く頑丈な刃物を身に着けて滑り跳んでいる中でやっちゃならんことですよ!
    たまたま、他のスケーターと接触しなかったりブレードが上手く滑って衝撃が緩和されただけで、トップスケーターでも体勢を崩された状態で落下や転倒をすれば大怪我どころか命にも関わりますよ。
    しかも巻き込み事故にもなりかねない。
    そんな当たり前のこともわかってない人間が指導者で上司も見逃しているとかゾッとします。

    • オネエ 2021年3月8日 3:35 PM

      >ひなた様

      ひなたさん、こんにちいは。
      ホントに危ないですよね。大きな怪我に繋がる可能性もあるというのに、
      自分の思い通りにならないだけで、虐待だなんてありえないですね。
      指導者としての基本的なものがなってないですね。これがわたしの指導ですなんて居直ってますしね。

  7. miyu 2021年3月7日 10:06 PM

    古風な言い方ですが、癇癪やヒステリーの発作のように見えます。
    罰だけではなく、治療が必要なのではないでしょうか。

    • オネエ 2021年3月8日 7:39 PM

      >miyu様

      miyuさん、こんばんは。
      指導者としてはリンクに立ってほしくないですね。
      反省も全くしていないようですし、これは施しようがないのかもしれないですね。

  8. fujino 2021年3月8日 12:02 AM

    ここに出てくるコーチは問答無用でアウトです。暴力・体罰、罵声・罵倒などで生徒を精神的に追い詰める、パワハラモラハラ上等の指導方法。ミーシンやその弟子のプルシェンコなら切って捨てます。プルも実際エンジェルのコーチをこれで何人も解雇してます。ただロシアスポーツ界では程度の差こそあれよく聞く話でもあります。私も昔中学の部活で先生に殴られてました。リオ五輪新体操金メダリストのロシア人選手マムーンのドキュメンタリー映画「オーバー・ザ・リミット 新体操の女王マムーンの軌跡」
    https://www.youtube.com/watch?v=p1tjHiYptHA
    の予告編でコーチの罵倒ぶりを見たときショックで、フラッシュバックのように気持ち悪くなったくらいです。そういう経緯もあってミーシン先生の科学的根拠に基づいたジャンプメソッドと、単なるど根性物語ではない理知的な指導方法が好きになったんですよね。ロシアでは少数派ですけれど。

    ミーシン先生とリーザとの師弟関係を取り上げてくださってありがとうございます。リーザは本当に素敵な選手、人間として素敵な女性です。カッコイイですね!
    ミーシンはプルは貧乏の底から、リーザは幼くして父親を亡くして父親代わりのように、引き上げて指導してきました。ミーシンはプルを「人生の半ばを過ぎて出会った金の魚」と表現しましたが、ロシアで金の魚は幸せを呼ぶとか、贈り物とかそんな意味合いがあるそうです。才能のある選手との出会いを贈り物とか宝物と言って感謝する、ミーシンはそういう方です。

    • オネエ 2021年3月8日 7:47 PM

      >fujino様

      ちょうどコーチの師弟問題が出ていたので、
      ミーシン爺とリーザのような15年にも渡る信頼関係の素晴らしさをぜひ
      知って頂きたく、共有させて頂きました。
      そしてfujinoさんがご紹介くださった映画の予告編、これは酷いですね。

  9. fujino 2021年3月8日 12:56 AM

    再びfujinoです。ミーシン先生ラブが暑苦しく長くなってしまったので、2つに分けました笑 ミーシン先生80歳記念のアイスショーが昨晩ありました。私は疲れていて途中寝落ちしていましたが笑 TVでも放映されるようです。ショーの内容を現地で撮影した方の動画を幾つかご紹介します。

    リーザ(カッコイイ)
    https://www.youtube.com/watch?v=xgK3SC3trls
    サモ江(これ大好き)
    https://www.youtube.com/watch?v=1Nphrg_4pSw
    コリヤダ(痺れる!)
    https://www.youtube.com/watch?v=Hmzf413nUQY
    セメネンコ(プルや羽生くんを尊敬している選手です。さらっとですがハイドロも♪)
    https://www.youtube.com/watch?v=6PsaC-p44sA
    トゥルソワ(SPからクリムキンがなくなり、かなり良くなってます)
    https://www.youtube.com/watch?v=lXKwA9L02xs
    ザギトワ
    https://www.youtube.com/watch?v=jjVauWtUCnQ
    シニカツ
    https://www.youtube.com/watch?v=SQeBe_ncdhw
    プルシェンコ
    https://www.youtube.com/watch?v=oSL9GeqlLcM
    リーザたちの群舞からプルの登場(4分20秒あたり笑)からのミーシン・ミーシナを囲んで。ミーシンの挨拶(ミーシンがプルの手を握って…この師弟は見事なソウルメイトっぷりです)
    https://www.youtube.com/watch?v=xe86HuP2q0A

    探すと幾つも出手来ますし、とても豪華です。なぜか今のところガチンスキーの演技がが見つけられてませんが、風船を使ってとても良かったですよ。ルイ・アームストロングのこの素晴らしき世界にのせて、ほろっと涙が出ちゃいました。
    ミーシン先生お元気でいつまでもご活躍を願っています!

    記事(アリエフやサーシャなどの動画、プルのスピーチあり)も上がってましたね
    https://sport24.ru/news/figureskating/2021-03-06-shou-alekseya-mishina---alina-zagitova-yelizaveta-tuktamysheva-aleksandr-trusova-yevgeniy-plyushchenko-gnom-gnomych---video-vystupleniy
    …本当ならこのショーにコストルナヤも出るはずでした涙

    • オネエ 2021年3月8日 7:48 PM

      >fujino様

      わー、ご丁寧にすべてリンクを貼ってくださり嬉しい限りです。
      本来であればブログでご紹介しようと思っていたのですが、
      コストルナヤの移籍騒動と被ってしまいましたね汗
      そして本日はミーシン爺80歳のお誕生日です!

  10. 杉姐 2021年3月8日 7:52 AM

    連続すみません。
    リーザの言葉がカッコ良くて真実ついてます。
    意見の違いに対して議論しても無駄。
    誰にでも意見はあるし、私の考えと必ずしも一致するわけではないもの。自分を愛し、あるがままの自分を受け入れ、あまり雲の上の理想を目指して努力しないことが大切だと思うわ。 
    地に足ついてて、すごい。
    これまで、辛い思いをしながらも、前向きに自分の出来るスケートをしてきた自信もあると思います。
    見習いたいです。

    • オネエ 2021年3月8日 7:55 PM

      >杉姐様

      いえいえ、コメント嬉しいですよ!
      この意見の違いについては、すべての物事についても当てはまりますよね。
      様々な紆余曲折があったからこそ辿り着いた境地ですね。
      ぜひロシアの若い世代も見習ってほしいですね!
      エロス的な部分は人によりけりですが笑

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.