スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

来季の出場はどうなる?羽生結弦のショートが今季最高とロシアで紹介に!

今月8日のISU評議会で、来季のチャレンジャーシリーズ競技会のスケジュールが発表になったわよ。例年オータムクラシックに出場している羽生結弦は、練習拠点次第でのエントリーになりそうね。

そしてロシア記事で羽生結弦の今季ショート「レミエン」が最高のプログラムと絶賛されているので、ご紹介するわね。

いよいよ本日から世界国別対抗戦の公式練習がスタートするので、スケジュールを確認しておきましょう。

スポンサーリンク

来季の出場はどうなる?羽生結弦のショートが今季最高とロシアで紹介に!

スポンサーリンク

【チャレンジャーシリーズ2021/22スケジュール】

※スマホは横スクロールして頂戴ね

競技会 開催地 日程
ロンバルディアトロフィー イタリア・ベルガモ 9/10-12
オータムクラシック カナダ・モントリオール 9/16-18
ネーベルホルン杯(五輪最終選考) ドイツ・オーベルストドルフ 9/22-25
ネペラ記念 スロバキア・ブラチスラヴァ 9/30-10/2
フィンランディア杯 フィンランド・エスポ― 10/7-10
アジアンオープン(五輪テストイベント) 中国・北京 10/13-17
デニス・テンメモリアルチャレンジ カザフスタン・アルマトイ 10/28-31
チロル杯 オーストリア・グラーツ 11/11-14
ワルシャワ杯 ポーランド・ワルシャワ 11/17-20
ゴールデンスピン クロアチア・ザグレブ 12/8-11

※参照:ISU Communication No.2390

今月8日に行われたISUオンライン評議会で、来季のチャレンジャーシリーズのスケジュールが発表になったわね。

ネーベルホルン杯が、北京五輪の最終選考を兼ねていて、アジアンオープンでは五輪のテストイベントの開催。

例年オータムクラシックに出場している羽生結弦は、スターズ・オン・アイスを終えた後に、練習拠点をどこに置くかでエントリーするかどうか決まってきそうね。

やはり直近の世界国別対抗戦については何もアナウンスがなかったわね、大阪ではすでに1,000人の感染者数を超えている危機的状況は議題に出なかったのかしら?

羽生結弦の「レミエン」は今季ベストプログラムとロシアメディアが大絶賛!


 

羽生結弦のレザーパンツのロックなプログラムは、今シーズンのベストプログラムです!

オリンピック2連覇中の羽生結弦選手が、今季どのようなプログラムを選択したのかは、シーズン中になってようやく判明しました。また、スケーターのフリースケートのプログラムが伝統的なものであるとしたら、ショートプログラムの選択は観客を驚かせました。

ロビー・ウィリアムスの「Let me entertain you」のヒットは、いつものユヅルのショートプログラムとは違っていた。滑らかなオリンピックショパンやメロディアスなオトナルは、誰もが覚えているだろう。これらのプログラムは、ユヅルが1シーズン以上使用し、数々の世界記録を打ち立ててきたものだ。ショートプログラムのクラシックなスタイルは、日本人の特徴となっています。しかし、ユヅルは4年前アメリカのプリンスの「Let's Go Crazy」を選んで観客を驚かせた。この選択は期待を裏切らなかったと言わざるを得ません。ファンはプログラムそのものと、かなりクールな紫色の衣装の両方を気に入り、愛しました。それもあって、ユヅルはキャッチーな衣装でオフビートな曲を演じるという、これまた珍しいナンバーを自分で決めました。

「振り付け師のジェフリー・バトル とショートプログラムについて話し合い、みんなが楽しめるものを考えていました。そこでこのプログラムを考えたのですが、観客の前で演じ、拍手や声援を受ければ、さらに素晴らしいものになるでしょう。残念ながら、今では誰もがインターネットでフィギュアスケートを見るようになりましたが、それでも観客のエネルギーを感じることができました。

私は最初、ピアノ音楽を取ることを本当に考えていました。私はピアノのメロディーを解釈するのがとても得意で、それを表現するのがとても楽しいのです。しかしロックは、私の心の芯まで感じ、私の鼓動や息遣いがその音楽と共に存在しています。そこから生まれてくるものを楽しんでいるんです」

ユヅルは2021年世界フィギュアの記者会見で語りました。

ウィリアムズのヒット曲のロシア語訳は「私があなたを連れて行きましょう」ですが、実際にユヅルはプログラム全体を通して観客を連れ去ることしかしませんでした。ユヅルは、自信に満ち溢れたロックスターのような表情で、スタートポーズから音楽に合わせています。プログラムには明確な筋書きはなく、すべて観客との交流のために作られています。ジェフリー・バトルがオンラインでプログラムを振り付けたにもかかわらず、非常に質の高い仕上がりになっています。

すべての音楽的なアクセントは、特徴的なロッカージェスチャーで強調され、ロックスターのように突き進み、ジャンプして着地します。例えば、「お尻を振ってここに来る」での特徴的な腰の動きや、最後のスピンで鋭い手の振り方など、様々な振付にファンは感心していた。そのエネルギーはプログラム全体に行き渡り、テンポの良いクライマックスで最高潮に達します。技術的な要素をすべて演じきった譲は、完全に自分を解放し、荒々しいスピードで加速し、観客を大いに沸かせ、膝をついて両手を広げてプログラムを終えます。

プログラムの特徴は、衣装によっても強調されています。黒のキラキラしたパンツ(パテントレザー製の可能性が高い)、半袖の黒のジャケット、ユヅルにはかなり少量のラインストーン(ほとんどが襟についている)、そして革製のグローブレット(指なし手袋)です。この衣装は、羽生選手がプログラムで見せるロックのイメージを見事に再現しており、ファンを魅了していました。ユヅルが4年前に履いていた紫のパンツから変わり、黒くて光沢のあるほぼタイトなパンツはほぼ全員が満足していた。

ユヅルのクラシカルと違う音楽の実験は、2017年に引き続き成功したと言っていいでしょう。ユヅル自身がプログラムを楽しみ、スケートをする度に観客は大喜びします。

また、ユヅルがオリンピック前のシーズンにショートプログラムでの音楽を使った実験にも注目したい。前回の「Let's go crazy」の時のように、「Let me entertain you」のエネルギーがユヅルのオリンピックに向けてのエネルギー源になると信じたい。

※出典・参照:sport24.ru


 

ロシアメディアが羽生結弦のショート「レミエン」を今シーズンのベストプログラムだと紹介しているわね!

やはりロシアから見ると日本のスケーターは、ショートはクラシカルな曲のイメージが強いのね。

今回の衣装がファンを魅了し、プログラムをさらに引き立てて強調しているという点にもロシアが注目していることが、とても興味深いわ。

観客との一体感や盛り上がりによって、生まれてくるエネルギッシュなものが、毎回このプログラムにどんな変化をもたらすのか?

本来であればそのパワーを会場で体感したいわよね!

スポンサーリンク

いよいよ本日公式練習がスタート!男子シングルは10:10から

本日4月14日(水)スケジュール

07:30~08:30 アイスダンス公式練習①
08:40~10:00 女子シングル公式練習①
10:10~11:30 男子シングル公式練習①
11:40~12:40 ペア公式練習①
12:50~13:50 アイスダンス公式練習②
14:00~15:20 女子シングル公式練習②
15:30~16:50 男子シングル公式練習②
17:00~18:00 ペア公式練習②
18:30~19:30 表彰式リハーサル
19:30~20:30 オープニングセレモニーリハーサル

本日の公式練習は有料配信はないそうよ。

明日からの競技スケジュールはまた改めて、1日毎にご紹介するわね。

TV放送、ライスト

【テレ朝】

【テレ朝有料配信】

※本日以外の公式練習&全競技をすべて生配信

購入サイトはこちら

公式練習の様子などがアップされ次第、ブログでも随時更新していくわね。

競技期間中は、コメントへの返信ができなくなってしまいますが、しっかりと読ませて頂きますので、一緒に応援していきましょうね!

最後までお読み頂きありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

清楚な人差し指で、1日1回応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.