スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

分析がヤバすぎて脱帽!羽生結弦レミエンショートがロシアブログで話題に

羽生結弦の今季ショート「レミエン」が、ドイツで大反響なのに加えて、

なんとロシアでもブロガーのレミエン分析が、メディアで取り上げられているのよ。羽生結弦愛をひしひしと感じるほど、演技の最初から終わりまでの細かすぎる分析は必見よ。

その一部を翻訳したので、分析記事のロシアの方々の反応も合わせて一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

分析がヤバすぎて脱帽!羽生結弦レミエンショートがロシアブログで話題に



氷上のロックスター!LMEYのビートに合わせて踊る

羽生結弦選手の新作ショートプログラムは、ロビー・ウィリアムスのポップロック曲「Let Me Entertain You」に合わせて制作されました。振付はジェフリー・バトル氏、音楽の編集はサウンドエンジニアの矢野桂一氏と共同で行いました。

もともとユヅルは、ショートプログラムではピアノ曲を使いたいと考えていました。

ジェフリーが提案したいくつかの選択肢の中で、ユヅルはまだ適切な作品を見つけることができなかった。一方で、パンデミックの影響で世界が緊迫している状況を見て、お客さまにポジティブな感情を与え、辛さや悲しみを一時的に忘れさせてくれるような、軽快で明るい曲を選ぼうと考えました。

いくつかの選択肢の中から、ユヅルはロビー・ウィリアムスのシングル「Let Me Entertain You」を選び、振り付けに大きく貢献するとともに、プログラムの音楽編集にも積極的に参加した。

「今の状況では、明るく楽しい感情がとても大切です。観客の皆さんには、それらを十分に感じ取っていただきたいと思います。このエネルギッシュな構成の中で、私たちはリズムに対応し、音楽と曲のシンガーによって示されたすべての振り付けのアクセントを示さなければなりません」 ( Ice Jewels Vol.13より)

ジェフリー・バトル(Number1019号より)によると、プログラムの作業は2020年7月に電子メールのビデオ交換で始まった。彼は振付のビデオを送り、ユヅルは必要なコメントや追加を加えた自分のバージョンを送り返す。このようにして、プログラムは2週間で完成されました。カナダと日本の時差の関係で、ユヅルとジェフリーのオンラインセッションはありませんでした。

サウンドエンジニアの矢野氏は、同誌のインタビューで、10月に結弦から「Let Me Entertain You」の編集を依頼するメールが届いたことを明かしている。ユヅルからのリクエストは、プログラムの途中での修正と、トレードマークであるツイズルの部分に明るいギターのアクセントを加えることでした。 音楽の編集を容易にするために、ユヅルはパフォーマンスビデオを送りました。

さらに、矢野氏がプログラムの最後の部分を手直ししました。ジェフリーのバージョンでは、曲の最後は徐々にフェードアウト(音の強さが減ること)していきました。ステージパフォーマンスの効果を出すために、矢野氏はギターの低音を加え、シンバルやドラムの音を重ねています。

アレンジの最終版を受け取ったユヅルは、ジャンプやスケートの振り付けのタイミングを確認した後、ジェフリーに明確な質問のメールを出した。なぜかバトルは反応せず、ユヅルは一人でプログラムを完成させました。

「ジェフリーがスケートの振り付けのビデオを送ってくれました。音楽の編集や、要素の配置やそのタイミングなどの空間的な振り付けは、ほとんど私に任せていました。 ジェフの意見を聞きたい部分もあったのですが、答えは返ってきませんでした(苦笑)。だから、振付けは試行錯誤しながらやっていました」(スポニチインタビューより)。

その結果は、ファンの期待を上回る素晴らしいものでした。

ロックコンサートの雰囲気を完璧に伝え、会場と画面の反対側にいる(お茶の間)観客の心に響く。振り付けの構造は、様々なスケートのラインや要素で満たされており、それらがプログラムの構成に調和的に織り込まれ、音楽を表現する主な手段となっています。

だからこそ、羽生結弦選手が得意とするスケーティングとジャンプの難易度がバランスよく組み合わされた、豊かで重層的な振り付けになっているのです。

ユヅルによると、このプログラムの強みは、観客との交流にあるそうです。そのため、振付には会場の観客と向き合う動きが多くあります。プログラムの振り付けパターンは、ジャッジと他のスタンドの両方に均等に向いています。ユヅルのロックスケートには、とても意欲的でポジティブなエネルギーがあると同時に、自然で有機的であり、彼の動き、鼓動、呼吸は音楽と一体化し、彼の見事なカリスマ性は、観客の強い相互感情を呼び起こす。だからこそ、『Let Me Entertain You』は何千人ものアリーナの歓声の中で披露されるべきなのです!

この豪華なショーは、豪華なプログラム風の衣装で完成します。ゴールドのリベットで縁取られたベルトが付いた黒のラテックス製パンツ。スケートシューズには、同じ黒のラテックス製のシースが付いていて、ユヅルのイメージを作る上で、大切な部分です。スタイリッシュなスリークォータースリーブのスエードジャケットは、肩にラインストーンをあしらい、袖、袖口、ラペルを輝くリベットで縁取っており、衣装をより華やかにしています。また、指の部分がクロップされた手袋は、調和のとれたルックを完成させます。

氷上のロックスター!ゴージャスかつ大胆でいて、自由!ブルースやロック、クラシックなど、あらゆる音楽スタイルに対応できる多面的なパフォーマー。どんなイメージでも自然で、常に羽生結弦であり続けるユニークなフィギュアスケーターです。

※参照・出典:sports.ru

この分析をされたロシアのブロガー・ユレナ氏は度々羽生結弦の「ノッテステラ―タ」や「マスカレード」などについての分析記事も書いていて、

最も詳細でゴージャスな分析!とコメントでも称賛されているほどなのよね。

【ロシア読者の反応コメントの一部】

ユレナ、あなたは素晴らしい、素晴らしい投稿であり、ユズルの詳細な分析をありがとうございました!
このプログラムは、とても明るく、遊び心があり、意味があり、感情的で、不可欠なものであり、日本選手権の最初の演技から征服されました。ユヅルは200%のイメージを "再生 "したが、その驚異的な音楽的直感は彼の期待を裏切ることはなかった。
ビーズのような要素が次々と連なっていくので、すべてがシンプルに見えますが、ユヅルの演技は決してシンプルではありません。音楽の一拍ごとに完璧な動きのアイデアを持っており、結果として複雑な要素が氷の上で踊ることになりました。彼のダンスは素晴らしく、プログラムの意味が完璧に伝わってきました。衣装!これは別格の喜びで、噂通りのポイントを押さえています!
来シーズンに残すかどうかは、譲さんの判断を信じますが、こんなかっこいいプログラムと、それを使った素晴らしい3本の演技(全日本、世界フィギュア、国別)が今シーズン見られたことは、とてもとても嬉しかったです。もう懐かしいですね・・・。
p.s. そして、あなたが選んだ写真も素晴らしいです。

この楽しいプログラムを分析していただき、本当にありがとうございました。
ユヅルさん、私たちを楽しませてくれてありがとうございます
個人的には、LMEYは最高のクリスマスプレゼントでした。ユヅルは、必要な時に必要なだけやってくる本物の魔法使いのように、最も必要な時に世界に一筋の光と喜びを与えてくれました。
彼は、この音楽と振り付けの中で、本当に生きているのです。彼は尊い! そして、この純粋な感情は、例外なく誰にでも伝わります。パフォーマンス中に、まるで競技ではなく、盛り上がるショーナンバーのように演じることができる人は他にいません。
超飽和状態のトラックの最も難しいステップを、観客とのコンタクトを失うことなく、音楽のペースを崩すことなく展開できるのは誰なのか?
ユヅルのみです!

今回のレミエンの演技も冒頭から最後まで、素晴らしい写真のチョイスと共に、本当にここまで細かく分析するのか?笑

というほど、技術的な細かい要素、そして表現の部分を感じたままに綴られているのよね。

お時間のある方はぜひ一度ご覧になってみて頂戴ね。

※YouTubeなどで許可なくブログ記事の転載を禁止します。

【羽生結弦関連書籍ご案内】

5月17日発売

☆KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち 国別対抗戦2021&世界選手権2021総力特集号

5月18日発売

☆フィギュアスケート通信DX 国別対抗戦2021 最速特集号

再入荷!5月19日発売

☆羽生結弦写真集 The Real 美しき練習着の勇姿

練習着だけの写真集が話題に!

NEW!6月20日発売

羽生結弦写真集 再生 REGROWTH(仮題)~最新フォト満載! ~

☆合わせてお読み頂きたい

表紙が決定に!「ICE PRINCE」羽生結弦はオールカラーで特集





5月21日発売のICE PRINCE フィギュアスケート vol.2。

表紙が決定し、羽生結弦の「天と地と」になったわよ!

2020〜2021年シーズンの羽生結弦
全日本選手権2020…5年ぶり5度目の優勝を果たす
世界選手権…3位に終わるもクワッドアクセルへの意欲を見せた
世界国別対抗戦…誰かの光になりたいと挑み魅せた美しい演技

練習から試合本番まで徹底リポート。
試合前の表情、SPとフリーの圧巻の演技、表彰台の笑顔まで…羽生結弦のすべてをオールカラーで完全収録します。

↓Amazon↓

↓楽天ブックス↓

ICE PRINCE フィギュアスケート

Vol.2

/ アストロノート 【ムック】

価格:1,430円
(2021/5/11 20:25時点)
感想(0件)

こちら新ペア誕生のお知らせが!!!

「うたじ」だそうよ。

最後までお読み頂きありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

スポンサーリンク

清楚な人差し指で、1日1回応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. もみじ 2021年5月12日 8:57 AM

    オネエ様おはようございます。ユレナさんの文章紹介いただきましてありがとうございます。なんて愛にあふれたレポートなんでしょうか!涙、涙、涙です。日本の週刊誌、スポーツジャーナリストは、見習って欲しいわ!この分析力!日本を代表する宝なのに、誰の指示かわからないけど、ケチばかりつける。誰から、お金もらってるんだか!ほんとバカばかり!ちゃんとみる人には、わかるんですよね!ゆづ様の努力!素晴らしいパフォーマンス!まさに世界の光!世界の宝です。

    • オネエ 2021年5月13日 7:30 AM

      >もみじ様

      もみじさん、おはようございます。
      全文をご紹介することはできなかったのですが、レミエンについてとても細かく分析されています。
      日本のメディアは捏造ばかりで、このような海外の方の記事を一度読んでもらいたいですね。

  2. おばちゃん 2021年5月12日 1:56 PM

    オネエさま Yuzu愛溢れた分析文章ご紹介ありがとうございます☺︎読みながらレミエンの映像と音楽が浮かんできました♪
    全日本で観た時は嬉しい驚き⁉︎一時でも楽しい時間をって羽生くんからプレゼントをもらいましたね(^.^)イチイチカッコいいし、凄いのはどんな瞬間も身体の軸がブレてなくて、頭の角度も明確だからお写真いつ撮ってもどこ撮っても絵になるのよね〜。ショーナンバーのようでいて試合の規定を上回るパフォーマンスにジャッジが追い付いて行けないのよぉ、フンっ(¬_¬)
    Blinging light とレミエン続けて観ると気分もアガります♪
    そして「天と地と」を観る時は頭の中で4A入りになっております。
    ワールドから続いてましたし、身体のメンテしてお休み出来てるといいですね。

    • オネエ 2021年5月13日 7:32 AM

      >おばちゃん様

      ユヅ愛がひしひしと伝わってくる、そんな素敵な分析でしたよね。
      ジャッジが追い付いていけていない、ホントにそうだと思います。
      競技が終わって、判定までの短時間にここまでの分析など到底できないでしょうし、正当な採点なのか
      本当に疑わしいですね。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.